ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プリンタ複合機」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
プリンタ/複合機 - ITmedia PC USER
質問!プリンター&スキャナー→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でプリンター&スキャナー関連の質問をチェック
「複合機」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

エプソン販売、エコタンク搭載A4複合機「EP-M570T」購入で5000円をキャッシュバック――5月31日まで
エプソン販売は、同社製A4インクジェット複合機「EP-M570T」の購入者を対象としたキャッシュバックキャンペーンを発表した。(2017/4/24)

Renesas DEVCON JAPAN 2017:
複合機の故障予測が組み込みAIで可能に、センサーは多め
ルネサス エレクトロニクスは、「Renesas DEVCON JAPAN 2017」において、プリンタや複合機などOA機器の故障予測アルゴリズムをマイコンに実装したデモを披露した。故障予測を行うため、デモ機には現行のOA機器よりも多くのセンサーを搭載している。(2017/4/17)

製造業IoT:
サーバ付き複合機から始まる、コニカミノルタのIoTプラットフォーム構想
コニカミノルタは、企業のITインフラを統合/管理できるIoTビジネスプラットフォーム「Workplace Hub(ワークプレイスハブ)」を発表。サーバ付き複合機を中核としてに2017年秋からオフィス向けに販売を始める。同社の汎用的なIoTプラットフォームとして構想されており、医療分野や製造業に向けた開発も進んでいる。(2017/3/29)

CeBIT 2017:
コニカミノルタがサーバ付き複合機の投入で「コト売り」を加速する
コニカミノルタは、「CeBIT 2017」において、オフィス内に設置したサーバで、さまざまな社内ITシステムや社内プロジェクトなどのコラボレーションを行うシステムなどを統合管理できる「Workplace Hub」を展示した。第1弾モデルとして、同社が多数の顧客を持つ複合機にこのサーバを組み込んで2017年秋に発売する計画だ。(2017/3/23)

PR:A3インクジェットの伝道師も納得の進化――ビジネス力を強化したブラザーの「MFC-J6995CDW」
ブラザーから登場した新型A3インクジェット複合機「MFC-J6995CDW」は、従業員50名程の中小企業(SMB環境)までもカバーする意欲的な製品だ。“ビジネスインクジェットの伝道師”こと小川夏樹氏が新モデルを斬る!(2017/2/20)

思い出の音源を手軽にデジタル化――ティアックのCD/カセットデッキ「AD-850」
ティアックは、カセットデッキとCDプレーヤーの複合機「AD-850」を3月中旬に発売する。USBメモリーへの録音も可能で、懐かしいカセットテープやCDを活用できるという。(2017/2/8)

エプソン、エコタンクに新フラッグシップモデル「EW-M770T」登場 5色インクで写真印刷も
エプソン販売は、大容量インクタンクを採用したエコタンクシリーズの新モデルとして、染料/顔料の2種類のブラックを含む5色のインクを搭載したA4インクジェット複合機「EW-M770T」を発表した。(2017/2/8)

オフィスの革新を提案:
毎分100枚印刷 エプソン、高速インクジェット機を投入
セイコーエプソンは、オフィス向けインクジェット複合機の新商品を5月に投入。オフィスに対して、インクジェット機器導入の提案を強化する。(2017/2/2)

エプソンが「100枚/分」の高速印刷ラインインクジェット複合機を投入
「エプソンのスマートチャージ」を製品、販売プランともに拡充。(2017/2/2)

ペットボトルを「複合機」に再利用!? コニカミノルタの“アップグレードリサイクル”
地球温暖化防止や循環型社会への対応など、環境負荷低減に取り組んでいる。(2017/1/30)

トラブルも自分で簡単に解決:
PR:その無駄は省ける! いますぐ見直したい複合機コスト
私たちのオフィスに複合機は欠かせない。コピー、プリンター、スキャナーなどを利用している人は多いと思うが、メンテナンスなどで必要以上のコストを支払っているケースがあることをご存じだろうか。こうした課題解決に真っ向から挑んでいるのがプリンター・複合機メーカーのOKIデータである。複合機のコストダウンが可能だというが、どのような特長を持っているのだろうか。また年度末に向けてキャンペーンを展開しているが、どのような内容なのだろうか。(2017/1/30)

ブラザー初の全色顔料インクでビジネス文書の画質を向上――A3インクジェット複合機「PRIVIO」新モデル発表会
耐久性を向上し、ファーストプリントも大幅短縮。SMB市場の拡大を目指す。(2017/1/19)

ブラザー、ビジネス文書に適した全色顔料インクを採用するA3インクジェット複合機3機種
ブラザー販売は、同社初となる全色顔料ベースインクを採用するA4インクジェット複合機計3機種の発表を行った。(2017/1/19)

ブラザー、インクジェットプリンタ「プリビオ」に複合機モデル8製品を追加
ブラザー販売は、同社製インクジェットプリンタ「プリビオ」シリーズのラインアップに受話器付き複合機モデル計8製品を追加した。(2017/1/11)

JIMTOF2016:
オークマが参入した金属3Dプリンタの複合機、工程集約の立役者は柔軟なスポット径
オークマは「JIMTOF2016」において、金属3Dプリンタ機能を備えた複合加工機を出展。ミーリングや旋削、研削加工、焼入れ、金属積層造形などの工程に1台で対応することで工程集約できる利点を訴えた。(2016/11/18)

組み込み採用事例:
組み込み機器向けのUIオーサリングツールを小型複合機に搭載
エイチアイは、セイコーエプソンのプリンタ「カラリオ EP-879AW/AB/AR」に、同社のUIオーサリングツール「exbeans UI Conductor」が搭載されたことを発表した。(2016/11/2)

エプソン、さらに耐久性を高めたポスター印刷対応のA3カラー複合機「LP-M8170」シリーズ
エプソンは、A3カラー印刷対応のレーザー複合機「LP-M8170」シリーズを発表した。(2016/10/19)

エイチアイ exbeans UI Conductor:
エプソンの新型カラリオに採用された組み込み機器向けUIオーサリングツール
エイチアイは、セイコーエプソンのインクジェット複合機「EP-879AW/AB/AR」に、同社UIオーサリングツール「exbeans UI Conductor」が搭載されたことを発表した。(2016/10/19)

シャープ、「複合機事業の売却検討」報道を否定 「事実に反する」
シャープが複写機事業の売却を検討しているという一部報道を否定した。(2016/10/6)

これは買い替えのタイミングだ:
PR:家族みんなで使うプリンタの決定版!! 使って分かった「PIXUS TS9030」の実力
キヤノンのインクジェット複合機「PIXUS」が5年ぶりにフルモデルチェンジ。しばらくプリンタを買い替えていない家庭で、最新モデルに置き換えてみるとどんなメリットがあるのか、実際に体験してみた。(2016/10/6)

PR:その複合機コスト、本当に妥当? OKIデータが提案するトータルコストを削減する方法とは
業務の現場で広く利用されている複合機(MFP)。ただし、そこで課題となるのがトータルコスト(以下、TCO)の正確な把握が困難なことである。その最大の理由は、従来型のカウンター方式による契約では、リース期間内での月々の料金変動が避けられないことだ。そうした中、OKIデータがコストの正確な把握を支援するために提供しているのが……。(2016/9/30)

製造IT導入事例:
複合機販売大手にIoTデータ分析環境を提供
SAS Institute Japanは、コニカミノルタジャパンが同社の「SAS Analytics」を導入したと発表した。複合機データなどのIoTデータの分析環境を構築し、導入後1年未満で、システム投資額を上回る効果を上げているという。(2016/9/21)

キヤノン、クラウド連携機能などを強化したビジネスA4モノクロレーザー複合機「Satera MF249dw」など5機種
キヤノンは、ビジネス向けとなるA4モノクロレーザー複合機「Satera MF249dw」など計5機種を発表した。(2016/9/7)

エコタンクにも新モデル:
史上最小サイズを実現したA4複合機「EP-879A」など、最新カラリオの特徴まとめ
エプソンが家庭向けインクジェット複合機の最新モデルを投入。2年分のインクタンクを付属する“エコタンク”のラインアップにも新モデルが登場した。(2016/9/2)

日本HP、印刷速度を向上したビジネス向け省スペースA4複合機「OfficeJet 250 Mobile AiO」
日本HPは、ビジネス向けとなる省スペース設計採用A4カラーインクジェット複合機「OfficeJet 250 Mobile AiO」を発表した。(2016/7/28)

リコー、“再生処理済み”のA3カラー複合機2機種を発売
リコーは、A3カラー複合機計2製品「imagio MP C4001RC SPF」「imagio MP C2801RC SPF」を発表。ともに使用済み製品を回収し再生処理を行って製造されたモデルとなる。(2016/7/19)

「エコタンク」搭載モデル活用事例(1):
PR:もしもケーキ屋さんが「エコタンク」搭載モデルを使ったら――大容量インクでカラー印刷の負担を削減
2年間インク交換不要を実現した「エコタンク」搭載モデルのモニター企画第一弾は洋菓子店。店頭POPやチラシ、納品書の印刷など、日々の業務にプリンタをフル活用する現場で、インクジェット複合機「EW-M660FT」の使用感を聞く。(2016/5/31)

XYZprinting ダヴィンチ Jr.1.0 3in1:
低価格なパーソナル向け“3Dプリンタ複合機”発売
XYZプリンティングジャパンは、3Dプリンタに3Dスキャン機能、レーザー刻印機能(オプション)を搭載した「ダヴィンチ Jr.1.0 3in1」の販売を2016年6月1日から開始する。(2016/5/27)

キヤノン、利用者毎の最適化機能も備えたオフィス向けA3カラー複合機「imageRUNNER ADVANCE C5500」
キヤノンは、同社製複合機「imageRUNNER ADVANCE」シリーズの新モデルを発表。35枚/分〜60枚/分の中高速印刷をサポートしたビジネス向けモデルだ。(2016/5/19)

3Dプリンタニュース:
手ごろで小さな“3Dプリンタ複合機”、10万円を切って登場
XYZプリンティングジャパンが、3Dプリントに3Dスキャン機能、レーザー刻印対応機能も搭載した「ダヴィンチ Jr.1.0 3in1」を発売する。(2016/5/17)

SMB市場の開拓を目指す:
60万枚の装置寿命をうたう高耐久A4モノクロレーザーがブラザーから登場
ブラザー販売は、ビジネス向けの「JUSTIO」シリーズに、従来比約2倍の耐久性を実現したA4モノクロレーザープリンタ/複合機を投入。よりプリントボリュームの大きいSMB市場を狙う。(2016/5/16)

ブラザー、最大60万枚の高耐久設計を採用したA4レーザープリンタ/複合機計5機種を発表
ブラザー販売は、同社製A4レーザープリンタ/複合機「JUSTIO」の新モデル計5機種の発表を行った。(2016/5/16)

3Dプリンタニュース:
3Dスキャナーを搭載した“3Dプリンタ複合機”、XYZから
XYZプリンティングジャパンが、3Dプリントに3Dスキャン、レーザー刻印対応機能も搭載した“3Dプリンタ複合機”「ダヴィンチ 1.0 Pro 3in1」を発売する。(2016/4/6)

IDC Japan 国内レーザーMFP出荷台数:
2016年は不透明!? 国内レーザープリンタ複合機市場、維持拡大のカギは?
IDC Japanは、日本国内におけるレーザープリンタ複合機市場に関する2015年の実績をまとめた「2015年国内レーザーMFP市場動向」を発表した。(2016/3/18)

2年間印刷し放題!?:
PR:エコタンク搭載プリンタを使ってみませんか? 「EW-M660FT」(5万円相当)の無料モニター大募集!
2年分の大容量インクを付属したエプソンの“エコタンク”搭載A4対応カラー複合機「EW-M660FT」を使って、インク交換の手間なく、カラーもモノクロも気兼ねなくプリントできる快適な生活を送ってみたいモニターの方を募集します。計5台用意しましたので、奮ってご応募ください。(2016/3/7)

保守コストを抑える裏ワザ教えます
誰でも簡単にメンテナンスできる「保守契約いらず」な複合機とは?
複合機を導入する際、販売店に勧められるがままにオプション機能を契約したものの、使いこなせていないという企業は少なくない。標準機能で誰でもメンテナンスが簡単にできる複合機はないだろうか?(2016/3/4)

これがA3の決定版:
PR:プリンタの達人がA3インクジェット複合機「MFC-J6973CDW」をおススメする理由
SOHO/SMB環境においてビジネスプリンタに求められるニーズを1台でまかなえるのが複合機だ。中でもA3用紙対応でマルチファンクション(スキャン/コピー/プリント/FAX)なインクジェット複合機は、さまざまなビジネスシーンで活躍してくれる。(2016/2/29)

製造IT導入事例:
複合機部品の製造ラインにBIツールを活用したモニタリングシステムを構築
ウイングアーク1stは、富士ゼロックスマニュファクチュアリングが、鈴鹿事業所の生産現場に同社のBIダッシュボード「MotionBoard」を導入したと発表した。2015年8月より、複合機部品の製造ラインで活用を開始した。(2016/2/26)

新しい働き方にフィットするOKIデータの複合機:
PR:社内の無駄とストレスを削減! A3カラーLED複合機「COREFIDO MC883dnwv」モニターインタビュー(開発部門編)
OKIデータの「COREFIDO3」シリーズを実際のビジネス現場に導入し、その使い勝手を確かめてもらうモニター企画。前回に続き、今回はGameBankの開発部門の方に話を伺った。(2016/1/26)

モニター企画で仕事コストのダイエットを体験:
PR:社内の無駄とストレスを削減! A3カラーLED複合機「COREFIDO MC883dnwv」モニターインタビュー(管理部門編)
5年間無償保証とメンテナンス品5年間無償提供という手厚いサポートに加え、シンプルな構造のLED方式であることを生かした「メンテナンスバリアフリー設計」と「クラウドメンテナンスプラットフォーム」により、高いメンテナンス性を誇るOKIデータの「COREFIDO3」シリーズ。スマートフォン向けゲームを開発する先進IT企業で、A3カラーLED複合機「COREFIDO MC883dnwv」を実際に導入していただき、その感想を聞いた。(2016/1/14)

「インクが高い」はもう古い:
2年間インクの購入が不要! 大容量インクタンク搭載プリンタがエプソンから
大容量インクタンクを採用した新システムで、インク交換の手間を省き、低コストを実現した「エコタンク」搭載A4対応複合機など3モデル登場した。(2016/1/12)

エプソン、2年分のインクを付属した「エコタンク」搭載A4インクジェット複合機など3製品
エプソンは、A4カラーインクジェット複合機の新モデルなど計3製品を発表。いずれも、手軽にインクを交換できる「エコタンク」を側面に備えたモデルだ。(2016/1/12)

シャープ、複合機事業売却は「現時点で計画なし」 報道を否定
シャープは、同社が複合機事業を売却するという一部報道について「現時点で売却の計画はない」と否定するコメントを出した。(2016/1/6)

コスト、性能、機能に迫る:
PR:ビジネスプリンタ革命か!? 「エプソンのスマートチャージ」を導入して分かった本当の実力
レーザー複合機に比べてプリントコストを大幅に削減できるという「エプソンのスマートチャージ」。実際にITmediaで導入して試した結果を現場の声とともにお届けする。(2016/1/5)

ブラザー、受話器も備えた実売2万円台のエントリーA4複合機「MFC-J730DN」など4モデル
ブラザー販売は、「PRIVIO」複合機モデルのラインアップに電話機/ファクス機能付きのベーシックモデル4タイプを追加した。(2015/12/8)

ウイルス感染を狙うバラマキメールの特徴――10月に大量流通
注文書や複合機の通知などになりすまして、ウイルスに感染させるための添付ファイルを開かせようとする。(2015/12/1)

日本HP、複合機モデルなども用意したテクニカル向けA0判対応プリンタ/複合機5機種を発表
日本HPは、テクニカル向け大判プリンタ「HP DesignJet」シリーズの新モデル計5機種の販売を開始する。(2015/11/26)

OKIデータ、40枚/分印刷対応のA4カラーLED複合機「MC780dnl」
OKIデータは、A4判印刷対応のビジネス向けLED複合機「MC780dnl」を発表。従来モデル「MC780dn」をベースに価格引下げが行われている。(2015/11/4)

日本HP、多彩なモバイルプリント機能を備えた個人向けインクジェット複合機3モデル
日本ヒューレット・パッカードは、インクジェット複合機のラインアップにモバイルプリント対応の個人向けモデル計3製品を追加した。(2015/10/28)

テクノロジーを知れば納得:
PR:オフィスプリンタに「エプソンのスマートチャージ」を選ぶべき3つのポイント
“おトク”なオフィスプリンタ/複合機の利用サービスとして注目されている「エプソンのスマートチャージ」。それはエプソンが長年培ってきた独自技術に支えられて、初めて実現可能なサービスだった。(2015/10/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。