ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「キヤノン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

キャリアニュース:
精密機器業界で残業の短さランキング1位は月平均7.2時間、入社以来残業なしの人も
企業口コミサイト「キャリコネ」が「精密機器業界の残業が少ない企業ランキング」を発表。ランキングトップ3は「SCREENホールディングス」「ブラザー工業」「キヤノン」だった。(2018/11/19)

キヤノン、DCI 4Kネイティブ対応のハイエンドプロジェクター「4K6020Z」
キヤノンは、ネイティブ4K解像度対応のLCOSパネルを採用したハイエンドプロジェクター「4K6020Z」「4K5020Z」を発表した。(2018/11/8)

デジタルカメラ総合販売ランキング(10月22日〜10月28日):
デジタル一眼ランキングに、キヤノンのフルサイズミラーレス「EOS R」が初登場
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が13週連続トップ。注目のキヤノンフルサイズミラーレス一眼「EOS R」は3位に。(2018/11/15)

製造マネジメントニュース:
東芝デジタルとキヤノンが協業、スマート工場向けに生産技術と画像技術を生かす
東芝デジタルソリューションズ(以下、東芝デジタル)とキヤノンは2018年11月6日、東芝デジタルのIoTソリューションとキヤノンのイメージング技術を組み合わせたスマートファクトリー分野での協業を始めると発表した。(2018/11/7)

デジタルカメラ総合販売ランキング(10月15日〜10月21日):
デジタル一眼ランキング、ニコン「D5600 ダブルズームキット」がキヤノン勢のトップ3独占崩す
トップはキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が12連勝。3週続いたキヤノン勢のトップ3独占はニコン「D5600 ダブルズームキット」が阻止。(2018/11/13)

デジタルカメラ総合販売ランキング(10月8日〜10月14日):
デジタル一眼ランキング、3週連続でキヤノン勢がトップ3独占
トップはキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」で11連勝。キヤノン勢のトップ3独占が続いている。(2018/11/5)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
今一番注目されてるフルサイズミラーレス一眼、キヤノン「EOS R」
ソニー、ニコンに続きキヤノンから登場したフルサイズミラーレス一眼「EOS R」である。AFはすごく速くて暗所にも強いなど基本性能は高い。コントロールリング付きのマウントアダプターも使ってみた。(2018/10/27)

工場ニュース:
中国遼寧省大連でメディカル事業の新工場が稼働
キヤノンメディカルシステムズは、中国遼寧省のキヤノン医用機器(大連)の開所式を開催した。大連工場はキヤノン大連事務機内に拠点を構え、2018年6月からCT、MRI、X線診断装置などを生産している。(2018/10/19)

デジタルカメラ総合販売ランキング(10月1日〜10月7日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」10週連続1位
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が10連勝。通算24回目のトップ。前回に続いてキヤノン勢がトップ3を独占した。(2018/10/22)

ついに1億画素も登場 ミラーレスカメラ 高級化でさらに競争激化 ニコン、キヤノンも参入
デジタルカメラ市場が低迷する中、好調なミラーレス一眼カメラで各社が高価格帯へシフトしている。ソニー、パナソニック、オリンパスに加えて、この分野で出遅れていた業界2強のニコン、キヤノンが近く参入する。(2018/10/15)

高価格帯に勝算:
ついに1億画素も登場 ミラーレスカメラ 高級化でさらに競争激化 ニコン、キヤノンも参入
デジタルカメラ市場が低迷する中、好調なミラーレス一眼カメラで各社が高価格帯へシフトしている。ソニー、パナソニック、オリンパスに加えて、この分野で出遅れていた業界2強のニコン、キヤノンが近く参入する。ミラーレスは反射鏡がないため、一眼レフに比べて小型で軽量。技術の進歩で弱点も解消されつつあることから、一眼レフカメラから切り替えるプロカメラマンも増えており、高価格帯にも勝算を見いだしているようだ。(2018/10/15)

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月24日〜9月30日):
デジタル一眼ランキング、ニコン「D5300 AF-P ダブルズームキット」4位後退で3カ月ぶりキヤノントップ3独占
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が連勝を9に伸ばした。ニコン勢は4位に下がり、キヤノン勢がトップ3を独占した。(2018/10/19)

キヤノン 3U5MGXSMAA、3U5MGXSCAA:
グローバルシャッター搭載の産業用CMOSセンサー
キヤノンは、グローバルシャッター搭載のCMOSセンサー「3U5MGXSMAA」「3U5MGXSCAA」を発表した。全画素読み出し時のフレームレートは最大120フレーム/秒で、動く被写体もゆがみなく、正確な形状で撮像できる。(2018/10/10)

キヤノンMJ、高速A3スキャンを実現した業務用ドキュメントスキャナー「imageFORMULA DR-G2140」など5機種を投入
キヤノンマーケティングジャパンは、企業利用などに向く高速スキャン対応のA4ドキュメントスキャナー「imageFORMULA DR-G2140」「同 G2110」など計5機種を発表した。(2018/10/4)

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月17日〜9月23日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」3カ月ぶり2位浮上
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」は8連勝。7週2位を守ったニコン勢に替わって、キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が2位。(2018/10/5)

キヤノンMJ、ディスプレイ内にカーソル表示ができるレーザーレス仕様のプレゼンツール
キヤノンマーケティングジャパンは、ディスプレイ内に表示されるカーソルでポインティングを行えるプレゼンツール2製品を発表した。(2018/10/1)

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月10日〜9月16日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」7連勝
トップは変わらずキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」で7週連続。2位は前回に続いてニコン「D5300 AF-P ダブルズームキット」。(2018/10/2)

製造ITニュース:
マルハニチロが国内7工場のスマート化へ、キヤノンITSがシステム構築を支援
キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は、マルハニチロが国内の直営7工場に導入した、食品製造に用いる新たなデータ統合管理基盤「新生産管理システム」を共同で構築したと発表した。(2018/9/25)

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月3日〜9月9日):
デジタル一眼ランキングの激しい2位争い、ニコンが入れ替わりながらも6週連続死守
トップはキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」で6連勝。今回も動き、2位にニコン「D5300 AF-P ダブルズームキット」が入った。(2018/9/28)

スマートアグリ:
AIプラットフォームを活用したスマート農業ソリューションの実証試験開始
キヤノンITソリューションズは、AIプラットフォーム「LaiGHT」を活用したスマート農業ソリューションの技術開発と実証試験を開始する。LaiGHTは、生育状況の数値化や未来の収穫量を予測するAIの開発などに活用される。(2018/9/18)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月27日〜9月2日):
デジタル一眼ランキング、ニコン「D5600 ダブルズームキット」が2位返り咲き
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」5連勝。2位以下はまたも動きがあり、2位にニコン「D5600 ダブルズームキット」が2週ぶりに上がった。(2018/9/25)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月20日〜8月26日):
デジタル一眼ランキング2位「D5300」3位「D5600」、ニコン勢約2年2カ月ぶり
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」4連勝。2位と3位はニコン「D5300 AF-P ダブルズームキット」と「D5600 ダブルズームキット」。トップ3内にニコン勢2機種が入るのは約2年2カ月ぶり。(2018/9/11)

6年以上にわたる法廷闘争の末:
キヤノンが勝訴、フラッシュメモリカード読み取り装置に関する特許侵害訴訟で
キヤノンとCanon U.S.A.は、米TPLとMCMから提起された特許侵害訴訟において、6年以上にわたる法廷闘争の末、最終的に勝訴したと発表した。(2018/8/31)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月13日〜8月19日):
デジタル一眼ランキング、「EOS Kiss M ダブルズームキット」3連勝
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が3連勝。ニコンは「D5300 AF-P ダブルズームキット」が2週ぶりにランキングに帰ってきてトップ10に3機種が入った。(2018/9/3)

金銭目的の攻撃が目立つ:
対象がWindows以外の機器に広がる傾向、キヤノンITSがマルウェア動向レポート公開
キヤノンITソリューションズが2018年上半期の国内マルウェア動向に関するレポートを公開した。全体の検出数は減少傾向にあるものの、ネットバンキングや仮想通貨を狙ったマルウェアが増えている。SMBの脆弱(ぜいじゃく)性を狙った攻撃も続いている。(2018/8/27)

CAD/GIS:
タッチパネル一体コントローラー搭載のCAD向けプリンタ3機種、キヤノン
キヤノンは2018年8月下旬、CAD向けの大判インクジェットプリンタ「imagePROGRAF(イメージプログラフ)」シリーズ3機種を発売する。(2018/8/22)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月6日〜8月12日):
デジタル一眼ランキング、「EOS Kiss M ダブルズームキット」2連勝
前回トップ奪還のキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が連勝も、ニコン「D5600 ダブルズームキット」も2位に踏みとどまった。(2018/9/1)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月30日〜8月5日):
デジタル一眼ランキング、「EOS Kiss M ダブルズームキット」がすぐさまトップ奪還
前回ニコン「D5600 ダブルズームキット」に奪われたトップを、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が奪い返す。(2018/8/20)

知財ニュース:
キヤノンが6年越しの特許訴訟に勝訴、メモリカードの読み取り装置での侵害で
キヤノンとCanon U.S.A.は2018年8月8日、米国Technology PropertiesとMCM Portfolioから提起された特許侵害訴訟において、6年以上にわたる訴訟の末、最終的に勝訴したと発表した。(2018/8/13)

キヤノン 35MMFHDXSCA:
産業用途で求められるアスペクト比に対応、35mmフルサイズ超高感度CMOSセンサー
キヤノンは、35mmフルサイズの超高感度CMOSセンサーの新製品「35MMFHDXSCA」を発売する。(2018/8/9)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月23日〜7月29日):
デジタル一眼ランキング、「D5600 ダブルズームキット」がニコン勢1年5カ月ぶりのトップ
ニコン「D5600 ダブルズームキット」がトップで、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」の9連勝を阻止。(2018/8/14)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2018:
キヤノンが提案する豊富なカメラ・レンズ群を使った「AIひび割れ検知」と「ドローン点検」
キヤノンとキヤノンマーケティングジャパンは、一眼レフカメラを用いたAIによるひび割れ検知やドローン点検の開発に注力している。2018年7月18〜20日に東京ビッグサイトで開催された「メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2018」内の「第10回インフラ検査・維持管理展」で、インフラ構造物の点検ソリューションを提案した。(2018/8/6)

その場でプリントできる、スマホ専用ミニプリンタ キヤノンから
キヤノンは、9月6日にスマートフォンで撮影した画像をその場でプリントできる専用ミニフォトプリンタ「iNSPiC PV-123」を発売。アプリを使って画像の加工やテキスト挿入、フレームやスタンプの追加も可能で、各種SNSと連携した印刷も行える。(2018/8/2)

キヤノン、薄型軽量のA4フラットベッドスキャナー
キヤノンは、A4スキャン対応の薄型フラットベッドスキャナー「CanoScan LiDE 400」を発売する。(2018/8/2)

キヤノン、A3対応のビジネスインクジェット複合機「TR9530」など2製品
キヤノンは、ビジネス向けのA3対応インクジェット複合機「TR9530」など計2製品を発表した。(2018/8/2)

LINEのトーク画面やスマートスピーカーからも印刷可能に キヤノン「PIXUS」プリンタ6機種
2018年の年末商戦に向けて、キヤノンは家庭向けインクジェットプリンタ「PIXUS」シリーズの新ラインアップを発表。スマートフォンとの連携強化の他、スマートスピーカーからのプリントにも対応した。(2018/8/2)

0.001luxの低照度でもカラー動画:
10等星も撮影可、キヤノンが超高感度センサーを発売
キヤノンは2018年8月1日、35mmフルサイズ超高感度イメージセンサー「35MMFHDXSCA」を同日より発売すると発表した。同センサーは、肉眼では被写体の識別が困難な低照度環境であってもカラー動画を撮影できる高感度性能を特長とする。(2018/8/2)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月16日〜7月22日):
デジタル一眼ランキング、「EOS Kiss M ダブルズームキット」8連勝
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」は8週連続のトップ。キヤノン、ニコン、オリンパス、それぞれ3機種ずつがトップ10入り。(2018/8/2)

IGAS 2018:
UV機特有の“隆起印刷”のデータ作成を大幅に簡易化、キヤノン
キヤノンは、UV硬化型フラットベッド機「Arizona 1280GT」を用いた隆起印刷ソリューション「Touchstone」を国内初出展した。(2018/7/31)

製造マネジメントニュース:
イメージング技術と監視制御システムの連携により、スマート工場実現を促進
キヤノンは、生産現場の自動化分野でアヴィバと協業を開始する。アヴィバの監視制御システムとキヤノンのイメージング技術の連携により、スマート工場の実現を推進する。(2018/7/30)

米中摩擦の影響は大きくない:
キヤノンが業績予想を下方修正、有機EL調整やカメラ平均単価下落で
キヤノンは、2018年12月期の連結業績予想を下方修正した。(2018/7/26)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月9日〜7月15日):
デジタル一眼ランキング、8週ぶりにニコン3機種がランクイン
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が7週連続トップ。トップ3は前回と変わらず、3位にニコン「D5600 ダブルズームキット」。(2018/7/31)

「プロ仕様」続々投入……ミラーレスレンズ高級化バトル熱く 一眼レフから乗り換えの流れ加速
ミラーレスデジカメの市場拡大に合わせ、本体だけでなくレンズの「高級路線」も広がってきた。先行するソニーと富士フイルムが、“プロ仕様”の大口径超望遠レンズを相次ぎ投入。キヤノンとニコンも巻き返しを目指す。(2018/7/24)

企業動向:
キヤノンとアヴィバがFA領域で協業し、スマート工場の実現を推進
キヤノンは、FA領域において英国アヴィバと協業を開始し、キヤノンのイメージング技術によって、スマート工場の実現を推進すると発表した。(2018/7/19)

定番の攻撃が拡大:
キヤノンITSが2018年6月のマルウェア検出状況を公開、複数のワールドカップ関連詐欺メールも
キヤノンITソリューションズは、2018年6月のマルウェア検出状況を公開した。「VBA/TrojanDownloader.Agent」が継続して数多く検出されていることや、WannaCryが突いてきたWindowsの脆弱性に対する攻撃が増加していることに注意を呼び掛けた。(2018/7/18)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月2日〜7月8日):
オリンパス好調、デジタル一眼ランキングに3機種ランクイン
トップはキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」で6週連続。トップ3のキヤノン勢独占は3週で崩れ3位にニコン「D5600 ダブルズームキット」。(2018/7/24)

出荷検査アルゴリズムを新開発:
8Kパネル検査にも対応、高品質1.2億画素CMOSセンサー
キヤノンは2018年7月10日、1.2億画素モノクロCMOSイメージセンサー「120MXSM」を同年7月下旬より発売すると発表した。FPD(フラットパネルディスプレイ)検査での活用をにらみ、センサーの出荷検査基準を従来よりさらに高めたことが特長だ。(2018/7/12)

デジタルカメラ総合販売ランキング(6月25日〜7月1日):
デジタル一眼ランキング、「EOS Kiss M ダブルズームキット」が5週連続トップ
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が5連勝。オリンパス「PEN E-PL9 EZダブルズームキット」が上位に入ってきた。(2018/7/17)

NEWS
「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」公開 医療のクラウド利用は加速するか
キヤノンITソリューションズ、NECなど、医療情報システムベンダー4社が共同で「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」を作成し、2018年7月をめどに提供開始する。医療業界のクラウド活用の追い風となるか。(2018/7/2)

デジタルカメラ総合販売ランキング(6月11日〜6月17日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」3連勝
トップはキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」。またもキヤノン勢のトップ3独占状態に。(2018/6/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。