ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「キヤノン」最新記事一覧

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月12日〜9月18日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が3週連続トップ
デジタル一眼ランキングは、キヤノンの「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が3連勝。先週発売即ランキング入りしたフルサイズ機「EOS 5D Mark IV」はトップ10外に後退した。(2016/9/26)

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月5日〜9月11日):
フルサイズハイエンド機キヤノン「EOS 5D Mark IV」が発売即ランクイン、その順位は?
デジタル一眼ランキングの6位に、9月8日発売のキヤノンのフルサイズハイエンド機種「EOS 5D Mark IV」が登場。コンパクトデジカメランキングではカシオ計算機「EX-ZS28」がついにトップに。(2016/9/19)

キヤノンの本気ミラーレス「EOS M5」を写真でチェック!
キヤノンのハイエンドミラーレス「EOS M5」の実機を、写真で見ていく。(2016/9/15)

キヤノン、EVF内蔵の“本気”ミラーレス「EOS M5」発表
キヤノンから、ミラーレス一眼としては初めて「デュアルピクセルCMOS AF」を搭載したハイスペックモデルが登場。デジタル一眼レフのミッドレンジ機並みの性能をコンパクトなボディに凝縮している。(2016/9/15)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月29日〜9月4日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が4カ月ぶり1位
デジタル一眼ランキングは、オリンパス「PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット」の7連覇はならず。キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が5月以来の1位に。(2016/9/12)

キヤノン、クラウド連携機能などを強化したビジネスA4モノクロレーザー複合機「Satera MF249dw」など5機種
キヤノンは、ビジネス向けとなるA4モノクロレーザー複合機「Satera MF249dw」など計5機種を発表した。(2016/9/7)

キヤノンがドローン市場に参入、映像解析ソリューション提供へ
キヤノングループのキヤノンマーケティングジャパンが、ドローン開発製造のプロドローンに1億円を出資、産業用ドローン市場に参入する。(2016/9/5)

キヤノン:
グローバルシャッター機能を搭載したCMOSセンサー
キヤノンは、グローバルシャッター機能を搭載したCMOSセンサーを新たに開発したと発表した。(2016/9/5)

キヤノンMJ、企業コンプライアンスを支援するサービス「こんぷろカスタム」を提供開始
キヤノンマーケティングジャパンは、コンプライアンス推進の特化した資料や最新情報の提供を行う企業向けサービス「こんぷろカスタム」を発表した。(2016/8/31)

産業用画像技術:
弱点である“ゆがみ”解消で産業用途に期待、新駆動方式採用のCMOSセンサー開発
キヤノンは、グローバルシャッター機能を搭載したCMOSセンサーを新たに開発。信号読み出しの新駆動方式と新たな画素構造により、広いダイナミックレンジを実現する。(2016/8/31)

清原工業団地エネルギーセンター(仮称):
キヤノンら3社、「電気+熱」で複数工場をまとめて省エネ
栃木県宇都宮市に東京ガスエンジニアリングソリューションズが「清原工業団地エネルギーセンター(仮称)」を建設する。ガスコージェネと蒸気ボイラーで、都市ガスから作った電力と熱を、カルビー、キヤノン、久光製薬の工場にEMSで最適に供給して省エネを図る。内陸型工業団地で異業種かつ複数事業所向けに電力と熱を合わせて供給するのは国内初の事例になるという。(2016/8/31)

開発体制をマイクロサービス化
AWSの最大の魅力はAPI、キヤノンのサービス開発部隊がクラウドで実現したこと
キヤノンの開発チームは、顧客向けサービスのシステム基盤を自社運用からAWSへ切り替えた。運用の自動化、開発体制の刷新を図り、機能実装のスピードを大幅に向上することに成功した。(2016/8/31)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月15日〜8月21日):
デジタル一眼ランキングにキヤノン「EOS M10 ダブルズームキット」が初登場
デジタル一眼ランキングはオリンパス「PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット」が5連覇。キヤノン「EOS M10 ダブルズームキット」が10位に初ランクインした。(2016/8/29)

エネルギー管理:
国内初、「電気+熱」で複数工場をまとめて省エネに
栃木県宇都宮市に東京ガスエンジニアリングソリューションズが「清原工業団地エネルギーセンター(仮称)」を建設する。ガスコージェネと蒸気ボイラーで、都市ガスから作った電力と熱を、カルビー、キヤノン、久光製薬の工場にEMSで最適に供給して省エネを図る。内陸型工業団地で異業種かつ複数事業所向けに電力と熱を合わせて供給するのは国内初の事例になるという。(2016/8/26)

“ポスト1D”の画質を目指したフルサイズ一眼レフ「EOS 5D Mark IV」発表
キヤノンから、高画質領域で「EOS-1D X Mark II」に迫る性能を備えたハイエンドデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark IV」が登場。(2016/8/25)

オンラインフォトブックサービス「PHOTOPRESSO」がリニューアル 雑誌のような「Grande」の作成も可能に
キヤノンのフォトブックサービス「PHOTOPRESSO」が9月にリニューアルすると発表。リニューアルに合わせて新たにB5変形サイズの「Grande」が作成可能になる。Grandeは雑誌のようなフォトブックが作れる。(2016/8/24)

「Webサーバを立ち上げたらまずはWAFを」という世界を目指して:
PR:Webサイトを強固なだけでなく“楽に”守る――キヤノンITソリューションズから見た「SiteGuard」
キヤノンITソリューションズがセキュリティ戦略を強化し、WAFをラインアップに加えた新ソリューションの提供を開始した。そこで選ばれたジェイピー・セキュアの「SiteGuard」。最近の脅威の動向やSiteGuard採用の理由などを聞いた。(2016/8/25)

四角い小顔にリニューアル:
キヤノン、「PIXUS」プリンタシリーズを刷新 プレミアムデザインモデルの「PIXUS TS9030」が登場
キヤノンは8月9日、家庭用インクジェットプリンタ「PIXUS」シリーズの新製品、「TS9030」「TS8030」「TS6030」「TS5030」の計4製品を発表した。2016年9月下旬から発売する。(2016/8/9)

キヤノン FPA-3030EX6:
IoT関連機器やパワーデバイス向けの半導体露光装置
キヤノンは、アナログ/センサー/通信などのIoT関連機器やパワーデバイス向けに、半導体露光装置「FPA-3030EX6」の販売を開始した。(2016/8/4)

キヤノン、通期見通しを下方修正 円高で利益悪化
キヤノンが16年12月期の連結業績予想を下方修正。(2016/7/26)

中古デジタルカメラ販売ランキング(7月14日〜7月20日):
キヤノン「EOS-1D X」が首位を継続 11週連続でランクイン中
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。キヤノンの旧フラグシップ機「EOS-1D X」が首位を獲得した。(2016/7/26)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月11日〜7月17日):
一眼ランキングまた首位が交代、キヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」1週で返り咲き
デジタル一眼ランキングは、またトップが替わった。先週、ニコン「D5500 ダブルズームキット」に奪われた1位の座をキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」が奪い返した。(2016/7/25)

FAニュース:
直径200mm以下の小型基板に対応した半導体露光装置を発売
キヤノンは、アナログ/センサー/通信などのIoT関連機器やパワーデバイス向けに、半導体露光装置「FPA−3030EX6」を発売した。直径100/125/150/200mmのウエハーサイズが搬送可能で、解像力は150nmとなる。(2016/7/21)

中古交換レンズ販売ランキング キヤノン編(7月7日〜7月13日):
安価な標準域の単焦点レンズ「EF50mm F1.8 II」が首位を獲得
 マップカメラで取り扱う中古交換レンズのランキング。今週はキヤノンのEF/EF-S/EF-Mレンズのランキングをお届けする。(2016/7/20)

中古デジタルカメラ販売ランキング(7月7日〜7月13日):
在庫潤沢なキヤノン「EOS-1D X」が首位 ミラーレス、コンデジ勢の巻き返しも
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。中古市場に在庫が潤沢なキヤノンの旧フラグシップ機「EOS-1D X」が首位を獲得した。(2016/7/20)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月4日〜7月10日):
一眼ランキング、ニコン「D5500 ダブルズームキット」が首位に
デジタル一眼ランキングは、キヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」がトップから後退。替わって8週ぶりにニコン「D5500 ダブルズームキット」が制した。(2016/7/18)

中古デジタルカメラ販売ランキング(6月30日〜7月6日):
キヤノン「EOS 7D Mark II」が首位続投
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。継続的にランクインしているキヤノンの「EOS 7D Mark II」が2週連続首位を維持。2位にはキヤノン「EOS 5D Mark III」が続く。(2016/7/13)

長寿命なレーザー光源プロジェクター「LX-MU800Z」 キヤノンから
キヤノンは7月12日、レーザー光源を採用した長寿命なプロジェクター「LX-MU800Z」「LX-MU600Z」計2製品を発表した。(2016/7/12)

サファイアやガラスなどの特殊基板にも対応:
200mm以下基板に対応したIoT向け半導体露光装置
キヤノンは2016年7月5日、IoT(モノのインターネット)機器に搭載され、市場拡大が見込まれるアナログ半導体やセンサー、通信デバイス向け半導体露光装置「FPA-3030EX6」の販売を開始した。(2016/7/7)

中古デジタルカメラ販売ランキング(6月23日〜6月29日):
1位はキヤノン「EOS 7D Mark II」、2位にはニコン「D7000」 APS-Cサイズの人気機種がワンツーフィニッシュ
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。継続的にランクインしているキヤノンの「EOS 7D Mark II」が首位を獲得。2位はニコンの「D7000」が獲得した。(2016/7/5)

医療機器 メルマガ 編集後記:
公取委が認めてもまだ終わらない、キヤノンの東芝メディカル買収
まだもう少しかかりそうです。(2016/7/4)

製造マネジメントニュース:
キヤノンの東芝メディカル買収、公取委が“渋々”承認
公正取引委員会(以下、公取委)は、キヤノンによる東芝メディカルシステムズの株式取得を承認したと発表した。キヤノンから計画届出書の提出を受けて審査を行ってきたが、「一定の取引分野における競争を実質的に制限することとはならないと認め、キヤノンに対する排除措置命令を行わない旨を通知した」(公取委)という。(2016/7/1)

中古交換レンズ販売ランキング キヤノン編(6月16日〜6月22日):
F4通しの望遠ズームLレンズ「EF70-200mm F4L IS USM」が首位を獲得
 マップカメラで取り扱う中古交換レンズのランキング。今週はキヤノンのEF/EF-S/EF-Mレンズのランキングをお届けする。(2016/6/28)

中古デジタルカメラ販売ランキング(6月16日〜6月22日):
キヤノン「EOS-1D X」が首位 ニコン「D500」が初登場7位
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。好調な売れ筋のキヤノンの「EOS-1D X」が首位を獲得。そして4月末に発売されたばかりのニコン「D500」が7位に初ランクインした。(2016/6/28)

CADニュース:
3D映像を広画角・高精細で再現するMRシステムの新製品
キヤノンは、現実映像とCGをリアルタイムに融合するMR(複合現実感)システム「MREAL」の新製品「MREAL Display MD-10」を発売した。従来機種と比べて画角やディスプレイ上に映し出す面積が拡大し、解像度も大幅に向上している。(2016/6/27)

中古デジタルカメラ販売ランキング(6月9日〜6月15日):
キヤノン「EOS 7D」「EOS 7D Mark II」が1位と3位獲得 「EOS-1D X」も人気続く
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。キヤノン「EOS 7D」と「EOS 7D Mark II」が1位と3位を取る中、2位には富士フイルム「X-T1」が滑り込んだ。5位のキヤノン「EOS-1D X」も好調で、6週連続でランクインを果たした。(2016/6/21)

キヤノンITソリューションズ:
SOLIDWORKSとVectorworksを融合させた設計製造業向けCADソリューション
キヤノンITソリューションズは、機械系CADのSOLIDWORKSと建築系CADのVectorworksを融合させた設計製造業向けCADソリューションの提供開始を発表した。(2016/6/17)

「AWS Summit Tokyo 2016」レポート
AWSは大企業をどう変えたか――KDDI、キヤノン、ジャパンネット銀行に起こったビジネスインパクト
「AWS Summit Tokyo 2016」で開かれた招待制講演「エグゼクティブトラック」より、KDDI、キヤノン、ジャパンネット銀行の事例を紹介する。3社がAWSによって新規事業にどう挑んだかに注目だ。(2016/6/15)

デジタルカメラ総合販売ランキング(5月30日〜6月5日):
一眼ランキングにキヤノン「EOS 80D」が再登場、オリンパス勢も好調
ランキングのトップは3連勝のキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」。先々週に初ランクインしたあと後退したキヤノン「EOS 80D EF-S18-135 IS USM レンズキット」が再びトップ10入り。オリンパス勢は順位を上げてきた。(2016/6/13)

気軽に持ち歩ける、画質くっきりの1型コンデジ「Powershot G7 X Mark II」
キヤノンの1型センサー搭載コンデジ「PowerShot G7 X Mark II」は、モニターのチルト形状が進化したり、USB充電が可能になったり、メニューがEOS風になったりと細かく改良が施され、確実にハイエンドっぽさが上がった。(2016/6/12)

介護スタッフの作業を大幅軽減 運動機能を自動測定 キヤノンITSメディカル
赤外線によって自動的に運動機能を測定するシステム「ロコモヘルパー」を開発。(2016/6/9)

キヤノンITソリューションズ RobustFinder Suite:
マウス操作で産業用検査装置向け画像処理アプリを構築できる統合型開発環境
キヤノンITソリューションズは、統合型の画像処理アプリケーション開発環境「RobustFinder Suite」の販売を2016年6月24日から開始する。(2016/6/9)

CADニュース:
機械系CADと建築系CADを融合した設計製造業向けソリューション提供へ
キヤノンITソリューションズが提供開始する設計製造業向けCADソリューションは、機械系CADのSOLIDWORKSと建築系CADのVectorworksを融合。商品が置かれる空間全体を視覚化することで、使用感覚をイメージしやすくした。(2016/6/7)

デジタルカメラ総合販売ランキング(5月23日〜5月29日):
総合ランキングの上位陣変わらず、キヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」2連勝
総合ランキングは先週返り咲いたキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」が今週も制した。オリンパス「PEN Lite E-PL7 EZレンズキット」は6週ぶりにトップ10入り。(2016/6/6)

設計プロセス改革で競争力強化を支援:
PR:最大70%まで設計工数を自動化できる驚きの3Dソリューション
CADやCAEなどを活用した3D設計プロセスを革新するには何が必要なのだろうか。設計現場に密着してのプロセス分析、工数削減や効率化などに求められる課題解決に向けた具体的な提案、そしてその提案を実現するシステム開発力によって、最大70%まで設計工数を自動化した事例がある。その背景にはキヤノングループ内で培ったノウハウがあった。(2016/6/1)

キヤノングループ、Kinectを利用した運動測定ソリューションを発売
キヤノンMJとキヤノンIMは、運動機能測定システム「ロコモヘルパー」を発売する。Kinectを利用したユニークなソリューションだ。(2016/5/31)

医療機器ニュース:
キヤノンMJが「ロコモ」予防を目指す、高齢者の運動機能測定を自動化
キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)グループは、介護スタッフによる高齢者の運動機能測定を効率化するシステム「ロコモヘルパー」を開発した。今後3年間で、累計1000施設の介護予防関連事業所への納入を目標としており、「ロコモーティブシンドローム(運動器症候群、ロコモ)」予防への貢献を目指す。(2016/5/31)

中古デジタルカメラ販売ランキング(5月19日〜5月25日):
キヤノン「EOS 5D Mark III」が3週間ぶり1位
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。キヤノンの人気一眼レフ「EOS 5D Mark III」が3週間ぶりに登場し、1位を獲得した。(2016/5/31)

デジタルカメラ総合販売ランキング(5月16日〜5月22日):
キヤノン「EOS 80D」がランキング初登場、順位は?
3月発売のキヤノンの今春モデル「EOS 80D EF-S18-135 IS USM レンズキット」が、ランキング10位に初登場。トップは同じくキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」。(2016/5/30)

シーン別ポイント解説:
PR:ドキュメントスキャナのある生活――「imageFORMULA DR-C240」徹底活用
性能、機能、品質のすべてで高く評価されているキヤノンのドキュメントスキャナ「imageFORMULA DR-C240」。ここでは家庭にDR-C240があると生活がどう便利になるのか、動画を交えながら活用シーン別に解説していく。(2016/5/25)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。