ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「キヤノン」最新記事一覧

キヤノン、APS-C判で光学3倍ズームのコンパクトデジカメ「PowerShot G1 X Mark III」
キヤノンが、APS-Cサイズのコンパクトデジタルカメラ「PowerShot G1 X Mark III」を発表した。(2017/10/16)

キヤノン MM100-WS:
APIも公開予定、キヤノンから業務用の小型多目的モジュールカメラ
キヤノンは、小型多目的モジュールカメラ「MM100-WS」を発表した。カメラ本体が40×21.6×40mmと小型で、1ルクス程度の低照度環境下でも撮影できる。さまざまな環境に対応するカメラとして、カスタマイズにも対応する。(2017/10/16)

デジタルカメラ総合販売ランキング(10月2日〜10月8日):
「EOS Kiss」強い デジタル一眼ランキングの半分がキヤノン勢に
ソニー「α6000 ダブルズームキット」が3連勝。キヤノン勢は「EOS Kiss X9」の2種類のキットがトップ10入りするなど、半分を占めた。(2017/10/18)

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月25日〜10月1日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α6000 ダブルズームキット」2連勝
前回初トップのソニー「α6000 ダブルズームキット」が今週も制した。キヤノンのエントリーモデル「EOS Kiss X9 ダブルズームキット」は着実に順位を上げてきている。(2017/10/7)

組み込み開発ニュース:
カスタマイズ可能な小型多目的モジュールカメラ、キヤノンが新開発
キヤノンは、小型多目的モジュールカメラ「MM100-WS」を発表した。カメラ本体が40×21.6×40mmと小型で、1ルクス程度の低照度環境下でも撮影できる。さまざまな環境に対応するカメラとして、カスタマイズにも対応する。(2017/10/2)

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月18日〜9月24日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α6000 ダブルズームキット」が初のトップ
ソニー「α6000 ダブルズームキット」が発売から3年以上たって初の首位。前回初登場のキヤノンのエントリーモデル「EOS Kiss X9 ダブルズームキット」は今回も10位キープ。(2017/10/4)

キヤノン/宮崎キヤノン:
デジカメの新たな生産拠点を宮崎県に建設、自動化への取り組みを加速
キヤノンと宮崎キヤノンは、宮崎県児湯郡高鍋町にデジタルカメラの新たな生産拠点を設立すると発表した。(2017/9/25)

PR:写真プリントがキレイに、そして思う存分楽しめる! PIXUSプレミアムモデル「XK」シリーズ徹底分析
キヤノンの最新プリンタは「高画質」で「低ランニングコスト」だから、写真プリントを心ゆくまで楽しめる!(2017/9/22)

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月11日〜9月17日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X9 ダブルズームキット」が初ランクイン
デジタル一眼ランキングに、2017年7月発売のキヤノンのエントリーモデル「EOS Kiss X9 ダブルズームキット」が初登場。(2017/9/28)

キヤノンITS、メールの情報漏えい対策ソリューション「GUARDIANWALLシリーズ」を強化
キヤノンITソリューションズが、新バージョンの「GUARDIANWALL Mailファミリー」を発表。クラウド型メールとの連携を拡充した。(2017/9/13)

工場ニュース:
キヤノンが宮崎県に新たなデジカメ生産拠点を建設、自動化技術をさらに強化
キヤノンは宮崎県児湯郡高鍋町にデジタルカメラの新たな生産拠点を建設することを決定した。操業開始は2019年8月を予定する。(2017/9/11)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月28日〜9月3日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が11連覇
デジタル一眼ランキングはトップ3に5週ぶりに動きがあった。「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」は11連勝。(2017/9/12)

Microsoftの技術サポートを装った詐欺サイトにも注意:
主流がJavaScriptからVBAへ マルウェア脅威「VBA形式のダウンローダー型」が急増
キヤノンITソリューションズが、2017年7月のマルウェア検出状況に関するレポートを公開。「ダウンローダー型マルウェア」の主流がこれまでのJavaScript形式から「VBA形式」に代わったという。(2017/9/7)

キヤノンITソリューションズ/PTCジャパン:
製造業のワークスタイル変革を支援する「スマートPLMサポートサービス」
キヤノンITソリューションズとPTCジャパンは、“いつでもどこでも”設計業務を行うことができる「スマートPLMサポートサービス」の提供を、2017年9月上旬から開始すると発表した。(2017/9/4)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月21日〜8月27日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が10連覇
デジタル一眼ランキングはトップ3は今回も変わらず、「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が10連勝。4位以下はかなり動いた。(2017/9/6)

キヤノン、新6色インク採用「PIXUS XK70」など6製品 低ランニングコストでより鮮やかに
キヤノンは、家庭用インクジェットプリンタ「PIXUS」のラインアップに高画質/低ランニングコストを両立させた“プレミアムシリーズ”モデルを追加した。(2017/8/31)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月14日〜8月20日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」9連勝
デジタル一眼ランキングは1位から6位まで前回と変わらず。前回突然4位に浮上した「LUMIX DMC-GF7W」は順位キープ。(2017/8/29)

製造ITニュース:
設計者の働き方改革に必要なのはクラウドPLM、キヤノンITSとPTCがサービス提供
キヤノンITソリューションズとPTCジャパンは、製造業の設計・開発業務に携わる技術者が、在宅でも安全かつ安心にリモートで作業を行える「スマートPLMサポートサービス」の提供を始める。同サービスの鍵になっているのは、PTCのクラウドPLM「PTC PLM Cloud」だ。(2017/8/24)

廉価なEOSというより“徹底した入門機”、キヤノン「EOS Kiss X9」
つい先日、「EOS X9i」が出たばかりで、今度は「EOS Kiss X9」である。X9iより初心者向けとなる一番のエントリーモデルで、イマドキの一眼レフに進化した。(2017/8/23)

キヤノンMJ、Wi-Fiワイヤレス投写もできるAndroid内蔵の薄型モバイルプロジェクター
キヤノンマーケティングジャパンは、手のひらサイズの小型軽量筐体を採用したモバイルプロジェクター「ミニプロジェクター M-i1」を発表した。(2017/8/23)

製造ITニュース:
輸出入許可通知管理システムの最新版、第6次NACCSの変更点に対応
キヤノンITソリューションズは、同社の「輸出入許可通知管理システム」の最新バージョンを発表した。2017年10月から運用開始となる第6次NACCSのさまざまな変更点にも対応しており、修正や検証に要する作業を大幅に軽減できる。(2017/8/15)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月31日〜8月6日):
デジタル一眼ランキングに、新フルサイズ機「EOS 6D Mark II」が初登場
デジタル一眼ランキングに、8月4日に発売されたばかりのキヤノンのエントリー向けフルサイズ機「EOS 6D Mark IIボディー」がランクイン。(2017/8/15)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月24日〜7月30日):
デジ一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X8i」6連勝、コンデジは「FINEPIX XP120」が初のトップ
デジタル一眼ランキングはキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が6連勝。コンパクトデジカメランキングでは富士フイルム「FINEPIX XP120」が初めて1位に。(2017/8/8)

キヤノンMJ、スマートデバイスから印刷できる業務用薄型モバイルプリンタ
キヤノンマーケティングジャパンは、Bluetooth接続に対応した薄型デザインのA6対応モバイルプリンタ「BP-F600」を発売する。(2017/8/1)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月17日〜7月23日):
デジ一眼ランキング、超ベストセラーキヤノン「EOS Kiss X7」が世代交代で急落
デジタル一眼ランキングはキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が5連勝。これまで長期間にわたってトップ3以内にいた「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」は5位に後退。(2017/8/1)

キヤノンMJ、60枚/分の高速スキャンを実現したビジネス向けA4ドキュメントスキャナー「DR-M260」
キヤノンマーケティングジャパンは、同社製ドキュメントスキャナー「imageFORMULA」シリーズの新モデル2機種など計3製品の発表を行った。(2017/7/25)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月3日〜7月9日):
デジ一眼ランキングは前回から変化なし コンデジランキングはニコンが久々トップ
デジタル一眼ランキングは前回とまったく同じトップ10。キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が3連勝。コンパクトデジカメランキングはニコンが9カ月ぶりの1位。(2017/7/15)

デジタルカメラ総合販売ランキング(6月26日〜7月2日):
ソニーとオリンパスの激しい3位争い続く、今回はソニー「α6000 ダブルズームキット」
デジタル一眼ランキングはキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が2連勝。このところ毎週のように入れ替わる3位はソニー「α6000 ダブルズームキット」に。(2017/7/10)

デジタルカメラ総合販売ランキング(6月19日〜6月25日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が3週ぶりトップ
デジタル一眼ランキングはキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」からトップを奪い返した。(2017/6/30)

デジタルカメラ総合販売ランキング(6月12日〜6月18日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」2連勝
デジタル一眼ランキングは前回トップに返り咲いたキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」が連勝。「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」も再びトップ10に入ってきた。(2017/6/23)

デジタルカメラ総合販売ランキング(6月5日〜6月11日):
デジタル一眼ランキングはキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」が6週ぶりトップに
デジタル一眼ランキングはキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」の連勝が5週でストップ。キヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」が6週ぶりに1位に返り咲いた。(2017/6/16)

ベンチャーニュース:
「がんばらない介護」をIoTで安価に支援、キヤノンMJとベンチャーが共同開発
キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は、IoT関連ベンチャーのZ-Worksと資本業務提携を行い、IoTを活用した介護支援ビジネスを本格展開すると発表。安価な非接触センサーを複数使うことで入居者の状態を検知する「居室見守り介護支援システム」を共同開発し、大手〜中堅の有料老人ホーム向けに展開する。(2017/6/9)

デジタルカメラ総合販売ランキング(5月29日〜6月4日):
デジタル一眼ランキング、パナソニック「LUMIX DC-GF9W」が2度目のランクイン
デジタル一眼ランキングトップはキヤノン「EOS Kiss X8i」が5週連続。パナソニック「LUMIX DC-GF9W」が約4カ月ぶり2度目のトップ10入り。(2017/6/9)

キヤノンMJがSMPを販売:
シャノンとキヤノンマーケティングジャパン、デジタルマーケティング分野で販売提携
シャノンは、MAツール「SHANON MARKETING PLATFORM」(以下、SMP)の販売ならびに導入運用支援において、キヤノンマーケティングジャパン(以下、キヤノンMJ)との販売提携に合意したと発表した。(2017/6/8)

デジタルカメラ総合販売ランキング(5月22日〜5月28日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X9i」3週連続トップ10入り
デジタル一眼ランキング、コンパクトデジカメランキング共に前回からほとんど動きがなかった。デジタル一眼ランキングはキヤノン「EOS Kiss X8i」が4週連続トップ。(2017/6/2)

明日から使えるITトリビア:
あなたは正しく書ける? 「キヤノン」や「ビックカメラ」が新人記者泣かせな理由
「キヤノン」「富士フイルム」「ビックカメラ」などの企業に共通する特徴、あなたは分かりますか?(2017/5/30)

ESEC2017&IoT/M2M展:
ソフトウェアの検証にハードウェアまで開発、キヤノンITSが狙うテスト自動化
キヤノンITSおよびキヤノンソフトウェアは「第20回 組込みシステム開発技術展(ESEC2017)」に出展し、同社が取り組むテスト自動化と品質検証サービスへの取り組みを紹介した。(2017/5/29)

デジタルカメラ総合販売ランキング(5月15日〜5月21日):
デジタル一眼ランキングはキヤノン「EOS Kiss X8i」が3連勝
キヤノン「EOS Kiss X8i」「EOS Kiss X7」が3週連続の1位2位。3位には久しぶりにソニー「α6000 ダブルズームキット」が入った。(2017/5/26)

デジタルカメラ総合販売ランキング(5月8日〜5月14日):
デジタル一眼ランキングにキヤノン「EOS Kiss X9i」登場、EOS Kiss Xシリーズ3世代そろい踏み
4月に発売されたばかりのキヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」がデジタル一眼ランキング8位に初登場。これで「EOS Kiss X7」「EOS Kiss X8i」「EOS Kiss X9i」と三世代がトップ10に顔をそろえた。(2017/5/19)

キヤノンITソリューションズ/サイバネットシステム BIGDAT@Viewer:
どのデータを活用すべきかを支援するビッグデータ可視化ソリューション
キヤノンITソリューションズは、サイバネットシステムとの間で、同社のビッグデータ可視化ツール「BIGDAT@Viewer」の販売代理店契約を締結したと発表した。(2017/5/9)

デジタルカメラ総合販売ランキング(4月24日〜4月30日):
ニコン反撃開始、新レンズキット「D5300 AF-P ダブルズームキット」が初登場
4週ぶりにキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」がトップ。キヤノンの優勢は変わらないが、ニコンの新レンズキット「D5300 AF-P ダブルズームキット」が初ランクイン。(2017/5/10)

デジタルカメラ総合販売ランキング(4月17日〜4月23日):
デジタル一眼ランキング、好調のキヤノンにオリンパスが迫る
「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」と「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」が3週連続で1位2位を守った。(2017/4/29)

ロボットを自分で組み立てて動かせる小中学生向けプログラミング教室を開始――キヤノンITS
キヤノンITソリューションズは、小中学生向けとなるプログラミング教室「キヤノンITソリューションズ 特別プログラミングラボ」を開始した。(2017/4/27)

キヤノン、「東芝メモリ」出資に否定的 「日本を救うのなら次元は別だが……」
キヤノンは「東芝メモリ」への日本企業による共同出資案について、「参加する状況ではない」と否定的な見解を示した。(2017/4/27)

ミラーレスも台数伸ばす:
キヤノンが通期予想を上方修正、事務機など回復
キヤノンは、2017年12月期の通期業績予想を上方修正した。(2017/4/26)

デジタルカメラ総合販売ランキング(4月10日〜4月16日):
総合ランキング、キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が連勝
「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」がトップ。しかし「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」もぴったり2位に付けている。(2017/4/21)

FAニュース:
「IoTといってもどのデータを見るの?」を解決する産業用データソリューション
キヤノンITSはサイバネットシステムと共同で、産業用ビッグデータ可視化ツールの提供を開始する。(2017/4/19)

デジタルカメラ総合販売ランキング(4月3日〜4月9日):
絶好調キヤノン、総合ランキングは「EOS Kiss X8i」と「EOS Kiss X7」のトップ争い続く
今回のトップは2週前にトップだった「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」。「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」と週替わりでトップ争いを演じている。(2017/4/17)

デジタルカメラ総合販売ランキング(3月27日〜4月2日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」がすぐさま返り咲き
前回3カ月半ぶりの1位となったキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」はわずか1週でその座をキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」に返した。デジタル一眼/コンパクト両ランキングにおけるキヤノン勢の好調は続いている。(2017/4/10)

キヤノンMJ、多目的カメラを搭載し夜間撮影にも対応した災害対策用ドローン「PD6E2000-AW-CJ1」
キヤノンマーケティングジャパンは、プロドローン製の産業用ドローンに同社製高感度カメラを搭載したモデル「PD6E2000-AW-CJ1」を発表した。(2017/4/4)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。