ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「キヤノンマーケティングジャパン」最新記事一覧

キヤノングループ、Kinectを利用した運動測定ソリューションを発売
キヤノンMJとキヤノンIMは、運動機能測定システム「ロコモヘルパー」を発売する。Kinectを利用したユニークなソリューションだ。(2016/5/31)

医療機器ニュース:
キヤノンMJが「ロコモ」予防を目指す、高齢者の運動機能測定を自動化
キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)グループは、介護スタッフによる高齢者の運動機能測定を効率化するシステム「ロコモヘルパー」を開発した。今後3年間で、累計1000施設の介護予防関連事業所への納入を目標としており、「ロコモーティブシンドローム(運動器症候群、ロコモ)」予防への貢献を目指す。(2016/5/31)

キヤノンMJ Medical Image Place:
クラウド上で閲覧・保管・管理が行える医用画像システムサービス
キヤノンマーケティングジャパンは、医用画像クラウドサービス基盤「Medical Image Place」を拡充。医療施設内の医用画像をクラウド上で閲覧・保管・管理できる「医用画像システムサービス」を開始した。(2016/5/18)

医療機器ニュース:
医用画像をクラウド上で閲覧、保管、管理できるシステムサービス
キヤノンマーケティングジャパンは、医用画像クラウドサービス基盤「Medical Image Place」を拡充し、医療施設内の医用画像をクラウド上で閲覧、保管、管理できる「医用画像システムサービス」を開始した。(2016/5/2)

300メートル先のドローンも検知:
情報窃盗、ドローン盗撮、万引き――進化する犯罪防止技術
セキュリティ関連機器とサービスの総合展示会「セキュリティショウ2016」が11日まで、東京都江東区の東京ビッグサイトで開かれた。最新のセキュリティ機器は情報窃盗、ドローン盗撮など新たな犯罪へも対応できるよう進化を遂げていた。(2016/3/14)

キヤノンMJ/3D Systems ProJet MJP:
最終製品の製造にも使える3D Systems製マルチジェット3Dプリンタ
キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は、3D Systems製マルチジェット3Dプリンタの新モデル「ProJet MJP 3600/3600 Max」および「ProJet MJP 5500X」の販売を2016年3月上旬より開始する。(2016/3/2)

キヤノンMJ、同社ショールームでハイアマチュア向け「A3ノビプリントで楽しむ風景写真」イベントを開催
キヤノンマーケティングジャパンは、EIZOとのコラボレーションによるハイアマチュア向けイベント「〜EIZO×PIXUSPROカラーマッチング〜『A3ノビプリントで楽しむ風景写真』」を開催する。(2016/2/17)

キヤノンMJ、「imagePROGRAF PRO-1000」先着購入者100名にキャリングケースをプレゼントする発売記念キャンペーン
キヤノンマーケティングジャパンは、A2対応インクジェットプリンタ「imagePROGRAF PRO-1000」の発売を記念したプレゼントキャンペーンを開始する。(2016/2/16)

キヤノンMJ、手のひらサイズのWi-Fi対応モバイルプロジェクター「C-10W」
キヤノンマーケティングジャパンは、小型プロジェクター「ミニプロジェクター」シリーズの新モデルを発表。Wi-Fi接続に対応した小型軽量のモバイルモデルだ。(2016/1/21)

キヤノン、Wi-Fiでケーブルレス投写対応の「ミニプロジェクター C-10W」
キヤノンマーケティングジャパンは、Wi-Fi対応でバッテリー駆動ができる持ち運び可能な小型プロジェクター「ミニプロジェクター C-10W」を発表した。(2016/1/21)

省エネ機器:
“絞ったぞうきん”は運用でまだ絞れる、13%の電気代削減に成功した節電支援策
キヤノンMJは、節電支援サービスとして展開する「節電コンシェルジュ」で医療機関および介護事業者向けの節電ソリューションを新たに提供する。(2015/12/9)

キヤノンMJ、超短焦点プロジェクター「LV-WX300UST」に100型スクリーンボード付属のセットモデル
キヤノンキヤノンマーケティングジャパンは、同社製の超短焦点プロジェクター「LV-WX300UST」と大日本印刷製スクリーンボードをセットにしたディスプレイシステムを発売する。(2015/12/2)

製造IT導入事例:
見える、見えるぞ! 空気の流れが!――三機工業がキヤノンのMRを採用
空調など総合エンジニアリング企業である三機工業は、空調の気流や温度シミュレーションを3次元で体感できるように、キヤノンのMR(Mixed Reality)技術を採用したことを発表した。(2015/11/19)

Canon EXPO 2015 Tokyo:
キヤノンが“ばら積みピッキング”の次に狙うのは“ロボットアームの目”
キヤノンは「Canon EXPO 2015 Tokyo」において、2014年に新規参入したマシンビジョンの新たな技術展示などを行った。(2015/11/5)

Canon EXPO 2015 Tokyo:
キヤノン独自の出力方式を採用した3Dプリンタ、3年以内に製品化を目指す
キヤノンは「Canon EXPO 2015 Tokyo」において、自社開発したハイエンド3Dプリンタのコンセプトモデルに関する展示を行った。汎用樹脂素材とサポート材からなる「材料シート」の生成工程と、材料シートを溶着し積層していく工程を同時に行うことで、精度と強度の確保、造形速度の向上を実現しているという。(2015/11/4)

医療IT最新トピック
「健康長寿社会」実現にケーブルテレビを活用、広島県三原市で実証実験始まる
生活習慣病発症予防に向け、広島県三原市では同市で普及しているケーブルテレビを中心にITを利用したサービスを提供する実証実験を開始。医療IT関連の最新トピックを紹介します。(2015/10/27)

三井、明治安田の生保2社 キヤノンMJ開発のSFAを導入
キヤノンMJがSalesforceを活用した金融機関向けの法人営業支援システムを新たに開発し、三井生命と明治安田生命が先行導入している。(2015/10/21)

豪華プレゼントやキャッシュバックを用意した「All Canon プラチナ・キャンペーン」を開催
キヤノンマーケティングが2016年1月12日までの期間限定で、対象商品の購入者にプレゼントやキャッシュバックを実施。(2015/10/13)

定額制ビジネス支援のZuoraが日本法人設立 「あらゆる業界にサブスクリプションモデルを」
サブスクリプションビジネス向け顧客管理クラウドサービスを提供する米Zuoraが日本法人を設立。欧米で培ったノウハウを基に市場拡大を目指す。(2015/9/29)

キヤノンMJ、IaaSに参入 西東京DCからサービス提供
キヤノングループ向けシステム運用ノウハウを生かし、セキュリティ対策を標準で組み込んだサービスを提供するという。(2015/9/29)

産業用カメラ:
キヤノンがマシンビジョンを拡充――小型部品対応で電機・精密への普及拡大へ
キヤノンは、3Dマシンビジョンシステムの新製品として、小型部品の3次元認識が可能な2機種を発売した。(2015/7/17)

キヤノン、169グラムの軽さで胸ポケットにも入る「ミニプロジェクター C-5」
キヤノンマーケティングジャパンは、超小型筐体を採用したコンパクトプロジェクター「ミニプロジェクター C-5」を発表した。(2015/7/13)

キヤノン、“ズーム全域”5000ルーメンの高輝度表示を実現したLCOS液晶プロジェクター「WUX500」
キヤノンは、光学1.8倍のズーム全域での5000ルーメン表示を可能としたLCOS液晶プロジェクター「WUX500」を発表した。(2015/6/25)

写真で見る「PowerShot G3 X」――「EOS M3」とどっちが大きい?
ハイスペックなプレミアムコンパクトデジカメ「PowerShot G3 X」の実機を写真で紹介。ついでに「EOS M3」と並べるとどれくらい大きさが違うのかもチェックしてみよう。(2015/6/18)

キヤノン、フォトストレージ「Connect Station CS100」の発売を延期
6月に発売予定だったフォト&ムービーストレージ「Connect Station CS100」の発売が9月に延期になった。(2015/6/17)

最安プランで月額3980円から:
キヤノンマーケティングジャパン、ネットワークカメラ映像をクラウド上で管理できる「VisualStage Type-Basic」を発表
キヤノンマーケティングジャパンは、同社のネットワークカメラで撮影した映像をクラウド上で再生や、管理できるサービスを7月1日より開始する。(2015/6/15)

マイナンバー法改正案、採決当面見送りへ 年金機構の漏えい事件影響
先日衆院を通過したマイナンバー法改正案の採決が当面先送りになることが分かった。(2015/6/9)

マイナンバー対応、一手におまかせ キヤノンMJグループ一体でサポート
キヤノンマーケティングジャパンが、マイナンバー対応ソリューション事業を開始。複合機、セキュリティ、コンサル、人事給与システムなどグループ各社の強みを生かし、全方位のアウトソーシング請け負い体制を構築した。(2015/6/9)

キヤノン、50.6Mセンサー搭載の「EOS 5Ds」「EOS 5Ds R」を6月18日に発売
かつてない解像感を実現したEOS 5Dシリーズの最高画素モデル、「EOS 5Ds」と「EOS 5Ds R」の発売日が6月18日に決まった。(2015/6/4)

キヤノン「EOS 5D」シリーズが誕生から10周年
ハイアマチュア向けとしては初めて、35ミリフルサイズCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラとして発表された「EOS 5D」の登場から10年。EOS 5Dsの発売を前に、改めて5Dシリーズの10周年が告知された。(2015/5/28)

スマートオフィス:
電力浪費が止まらぬ中小企業に対し、キヤノンが低価格な節電サービスを提供
改正省エネ法などの省エネに関する法律はあるものの、中小企業に対しては規制する法律がなく節電が進んでいない。そこでキヤノンMJでは中小企業向けの低価格な節電コンサルティングサービスを開始した。(2015/5/28)

ムダの可視化とこまめな節電で大幅コストカットも 中小企業向けの「節電コンシェルジュ」
大がかりな機材を導入することなく、電力ムダ使いの“見える化”と節電の“ルール化”で電力コスト削減へ――。キヤノンマーケティングジャパンが、中小企業向けの節電支援サービスを提供する。(2015/5/26)

キヤノン、パスポートや硬質カードも読み取れるA4ドキュメントスキャナ「DR-C240」
キヤノンマーケティングジャパンは、A4対応ドキュメントスキャナ「DR-C240」を発表。カラー時30枚/分の高速スキャンを実現するコンパクトモデルだ。(2015/5/25)

SSDとはここまで違う、オールフラッシュストレージの実力
「オールフラッシュこそ基幹系に使う!」速さだけでない理由
クラウド&ビッグデータ時代を迎え、コスト削減や効率化に加え、ビジネス価値の創出を目的としたITインフラの見直しが急務だ。増え続けるデータを経済的に保管しつつ、高速なI/O性能を実現する具体策を示す。(2015/5/18)

3Dプリンタニュース:
東京理科大学「トライボロジーセンター」に金属3Dプリンタ導入
キヤノンマーケティングジャパンは、米3D Systems製の金属粉末焼結方式3Dプリンタ「ProX 300」を、東京理科大学の「トライボロジーセンター」に納入したことを発表した。(2015/4/28)

キヤノン「EOS 8000D」「EOS Kiss X8i」の発売日が4月17日に決定
キヤノンマーケティングジャパンが、4月下旬発売予定としていた「EOS 8000D」「EOS Kiss X8i」の発売日を4月17日に決定したと発表。(2015/4/13)

キヤノン、「IXY 640」と「IXY170」の発売日を4月9日に決定
キヤノンマーケティングジャパンが、4月下旬発売としていたコンパクトズームデジタルカメラ「IXY 640」と「IXY 170」の販売を、4月9日に開始すると発表した。(2015/4/3)

キヤノン、「EOS M3」と周辺機器を3月26日に発売
有効約2420万画素のCMOSセンサーを搭載したミラーレス一眼「EOS M3」の発売日が3月26日に決まった。(2015/3/19)

オンプレWeb会議でコスト半減、ワークスタイル変革に挑む旭日産業
総合商社の旭日産業が国内外21拠点で利用する会議システムを刷新した。運用コストの半減と社員の利用に成果を上げている。(2015/3/2)

3Dプリンタニュース:
ヘッド長寿命化と省スペース化を実現したSLA 3Dプリンタ新製品を販売
キヤノンマーケティングジャパンは3Dプリンタ製品群「SLA プロダクションシリーズ」の新モデル「ProX800」の販売を開始すると発表した。(2015/2/20)

“世界最広角”を実現したズームレンズ「EF11-24mm F4L USM」 2月26日発売
広角端では水平方向で117度、対角線方向で126度の画角をカバーする、人間の視界をほぼ1カットに収められる広角ズームレンズの発売が2月26日に決まった。(2015/2/19)

CP+ 2015:
「CP+ 2015」を彩る女神たち
「CP+ 2015」といえば、写真の祭典。カメラを見るだけでなく、写真撮影も堪能できるイベントだけに、多くのモデルさんやコンパニオンさんが華を添える。(2015/2/13)

どこから見る?:
2月12日開幕! CP+ 2015の出展概要と見どころまとめ
2月12日から15日までの4日間、パシフィコ横浜でカメラと写真用品のイベント「CP+ 2015」が開催される。主要なカメラメーカーや用品メーカーが勢ぞろいするイベントの見どころをまとめた。(2015/2/12)

データ増量やiPhone効果で好調の「IIJmio」、純増数は2Qの倍以上に――IIJ決算会見
2014年度第1〜第3四半期の業績は増収増益となり、好調を維持しているIIJ。同社がMVNOとして提供している「IIJmio高速モバイル/Dサービス」の契約数も順調に推移しており、個人向けサービスは33万9000回線に達した。好調の要因はどこにあるのか?(2015/2/11)

キヤノン、望遠ズーム「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」を12月19日に発売
16年ぶりのリニューアルを果たした望遠ズームレンズ「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」の発売日が決まった。当初の予定より若干繰り上がっての発売となる。(2014/12/12)

キヤノン、ビジネス市場向けに低コストなLTEデータ通信SIMを提供開始
キヤノンマーケティングジャパンは、ビジネス市場向けの低価格なLTEデータ通信SIMの提供を開始。定額4プランを用意し、Wi-FiルーターやPCなどのセットモデルも提供する。(2014/12/9)

「世界遺産の森と木 フォトコンテスト」応募受付開始
キヤノンマーケティングジャパンが特別協賛し、「日本人が守ってきた森林の大切さ、木を取り入れた暮らしの素晴らしさ」を啓蒙する「世界遺産の森と木フォトコンテスト」への応募受付が開始された。(2014/12/2)

16年ぶりのリニューアル:
キヤノン、防塵・防滴になり画質と性能が向上した「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」を発表
キヤノンが、超望遠ズームレンズ「EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM」の後継モデル、「EF100-400mm F4.5-5.6L II IS USM」を発表した。16年ぶりのリニューアルで画質や性能が大きく向上。ズーム機構は直進式から回転式に変わった。(2014/11/11)

キヤノン、「EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM」など新EFレンズの3本の発売日を発表
キヤノンから、EFレンズの新モデル3本の発売日がアナウンスされた。一部モデルは当初の予定よりだいぶ繰り上げての販売開始となる。(2014/11/10)

産業用画像技術:
キヤノンが狙う“産業の目”、カメラや事務機で培った技術力を製造ラインへ
キヤノンは2014年4月に参入した3Dマシンビジョンシステムの動向について記者説明会を開催した。2017年までに年間300台の販売台数を目指す。(2014/11/6)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。