ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

業務 に関する記事 業務 に関する質問

「業務」最新記事一覧

2か月で脱Excel、70社以上のバックエンド業務を統合するサイバーエージェント
スピード経営を実践するバックエンド業務では情報共有に自由度の高いExcelが使われていた。しかし、ガバナンス強化にExcelだけでは難しく、スピードを落とさず新環境を構築する必要があった。(2015/7/3)

公安調査官を疑似体験 大学生のツアー参加者募集
公安調査官の分析業務などを体験できる大学1・2年生向け疑似体験ツアーが8月に開かれる。(2015/7/3)

M&A:
パナソニックと自動車部品大手のフィコサ、資本業務提携を開始
パナソニックは、スペインの自動車部品大手メーカーのフィコサ・インターナショナル(以下、フィコサ)と、資本業務提携した。これによって、パナソニックはフィコサ株の49%を取得した。(2015/7/2)

FAニュース:
製造現場でガンガン使える“堅牢”タブレット、5年の長期供給で追加導入も自在に
NECは業務用堅牢デバイス「ShieldPRO(シールドプロ)」シリーズの新製品として、OSにWindowsを搭載する10.1型タブレット端末「ShieldPRO G11A」を発表。2015年7月2日より販売を開始する。(2015/7/2)

車載情報機器:
パナソニックが欧州自動車部品大手フィコサと提携、電子ミラーに注力
パナソニックはスペインの自動車部品メーカーであるフィコサ・インターナショナルS.Aとの資本業務提携を発表した。次世代コックピットシステムを見据え、電子ミラー事業の立ち上げを急ぐ。(2015/7/2)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
第3回 マイナンバー対応「税理士と企業の役割分担」のポイント
マイナンバー制度は全ての企業、さらにその先、例えば税理士の業務にも関係する。特に中小企業は「税理士への委託を考慮した対策」が必要だ。今回は「税理士と企業の役割分担」のポイントを説明する。(2015/7/1)

スマートデバイスの業務利用に関する調査リポート
「スマートデバイス導入済み」は7割弱、業務変革への期待がにじむ
TechTargetジャパン会員を対象に、「スマートデバイスの業務利用に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、その概要をまとめた。(2015/7/1)

イーブックイニシアティブジャパン、中国に続きインドネシアでも電子書籍配信事業を展開
インドネシア国内最大手の総合メディア企業グループ「コンパス・グラメディアグループ」傘下の2社と業務提携した。(2015/6/30)

ホワイトペーパー:
BCP対策のプロが指摘する、業務継続と災害対策におけるレプリケーションの注意点
「いわば保険である事業継続対策に、高額なコストは掛けられない」。一般的な企業にとって正直な考え方だ。BCPソリューションの多くの実績を持つリコージャパンは、レプリケーションソフトウェアの活用が低コストと確実な事業継続の両立のための重要な要素だと指摘する。(2015/6/30)

膨大な人工透析データ、iPadで“手間なし入力・管理”へ 病院自らシステム開発
膨大な人工透析の情報、入力と管理の手間を軽減して患者と向き合う時間を増やしたい――。そんな思いから、自力で透析業務支援システムを開発したクリニックがある。(2015/6/30)

CTOに問う(5)弥生編:
業務ソフトベンダーから「事業コンシェルジュ」への戦略的転換を図る弥生――改革を断行するCTO兼CIOが社内に浸透させるベンチャーマインド
CTOとは何か、何をするべきなのか――日本のIT技術者の地位向上やキャリア環境を見据えて、本連載ではさまざまな企業のCTO(または、それに準ずる役職)にインタビュー、その姿を浮き彫りにしていく。第5回は弥生の開発本部長を務める安河内崇氏にお話を伺った。(2015/7/1)

トランスコスモスとグランドデザインが提携:
スマホ版カプセルトイでリアル店舗に送客、「Gotcha!mall」をASEANへ展開
トランスコスモスは2015年6月26日、スマートフォン向けショッピングモールアプリ「Gotcha!mall(ガッチャモール)」を提供するグランドデザインと資本・業務提携をした。(2015/6/29)

Tech TIPS:
バッチファイルの基本的な使い方
Windowsの管理業務では、コマンドプロンプトを使った作業も少なくない。いつも決まったことを行う定型処理が多ければ、バッチファイルにしていつでも簡単に実行できるようにしておこう。本記事では、基本的なバッチファイルの作成/利用方法についてまとめておく。(2015/6/26)

女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:
じかんのほうそくがみだれる!? プロジェクト管理はSFのセカイ?
やっとのことで在宅ヘルプデスク業務開設プロジェクトの「プロジェクト・スコープ記述書」が完成したと思ったら、早くも次なる難関が……。4種類の論理的順序関係って何だ? 先行の作業の開始によって後続の作業が終わる「開始−終了(SF)」関係ってどういうこと?(2015/6/26)

Apple―IBM連合とは別のアプローチ
Appleが仕掛ける次の一手は「Android for Work」への対抗策?
「AirWatch」と「MobileIron」がiOSへの対応を強化する。ビジネスアプリの安全な配布を可能にする米Appleの今回の協業は、米IBMとの業務提携とは異なったアプローチである。(2015/6/26)

メディアドゥ、講談社作品の北米向け電子書籍配信業務を受託
詳細は「第19回 国際電子出版EXPO」で説明される。(2015/6/25)

業務用モバイルアプリの調達手段を徹底比較
“世界に1つだけのモバイルアプリ”を一から開発? 「App Store」との使い分けを考える
業務用のモバイルアプリは社内開発すべきなのか、既存製品を購入すべきなのか。それとも他の手段を選ぶべきなのだろうか。各アプローチの利点と課題を整理する。(2015/6/25)

高い可搬性はサーバだけでなくデータにも必要
“クラウド移行宣言”のローソンが進める「オンプレミスストレージ改革」の中身とは?
業務系システムの全面クラウド移行を表明したローソンは、同時にオンプレミスストレージ基盤の見直しを進めた。オンプレミス投資が限られる中で同社が進める、当面のハイブリッドクラウドを見据えたストレージ変革とは。(2015/6/23)

Boxに保存したコンテンツ、Watsonで分析も――IBMとBoxが提携
IBMとBoxが、クラウドを活用した企業の業務変革を進めることを目的とするグローバルパートナーシップを締結した。(2015/6/24)

FAニュース:
“業務用”スマートグラスはこう使う
セイコーエプソンは同社のスマートグラス「MOVERIO」シリーズを、業務用途に特化させた新製品「MOVERIO Pro BT-2000」を発表した。製造、物流、建設など幅広い分野での活用を提案していく。(2015/6/24)

スマートグラスは個人ではなく現場から:
“現場のプロ”のために見た目でなく実用性を向上したスマートグラス「MOVERIO Pro」
個人ユーザーのホビーユースとして映像やアプリを楽しめるエプソンのシースルー型スマートグラス「MOVERIO」が、製造業の現場といった業務用向けとして登場。プロが納得する“道具”となるべく、実用的な部分を強化した。(2015/6/24)

製造マネジメントニュース:
設計現場で20型4Kタブレット端末を使う意味
パナソニックは、20型で4K解像度の業務用タブレット端末「TOUGHPAD 4K」の新製品を発表。その中で2014年夏に発売した設計現場向け製品の導入状況などを明らかにした。(2015/6/24)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(9):
現代の業務システムバックアップで知っておくべき基礎知識
業務システムのバックアップでは、アプリケーションやストレージへの理解、業務インパクトの想定など、理解して検討すべき項目が多数あります。基本的な用語から仮想化環境下でのバックアップの考え方まで、全体像をざっと理解できるeBookを用意しました。(2015/6/24)

エプソン、業務用スマートヘッドセット「MOVERIO Pro」 工場や作業現場での利用に特化
シースルーレンズを通して、視界を遮らず画像や映像を表示できる業務用スマートヘッドセットをエプソンが発売する。工場や作業現場での長時間利用に特化する。(2015/6/23)

特集 情シスが率先して実施する「企業のマイナンバー対応」:
「マイナンバー対応、大丈夫?」関係者に聞く、企業のいま
マイナンバー制度への対応は、マイナンバーを扱う業務やシステムの見直しとともに、“管理”の徹底に向けた情報セキュリティの強化が不可欠となる。今、企業の現状はどうか。実務関係者の話をまとめた。(2015/6/23)

DLP製品の投資対効果を徹底チェック
情報漏えい対策の決定打「DLP」が役立つ企業、不要な企業の境界線
機密情報の流出で業務の継続に深刻な影響が出る企業では、「Data Loss Prevention(DLP)」製品はどのように役立つのか。DLP製品が不要な企業とは。徹底解説する。(2015/6/23)

特集:UWPとは何か:
Windows 10 UWPで業務デスクトップアプリ開発はどう変わるのか?
Windows 10で登場するUWPにより、業務アプリはどう変わるのか、そのメリットとデメリット、移行戦略などについて解説する。(2015/6/23)

VBA/マクロ便利Tips:
VBAにおけるワークシート関数――INDEX、MATCH、VLOOKUPの使い方
業務効率化に役立つVBA/マクロのさまざまなTipsをコード例を交えて紹介していきます。今回は、Excelの数式で使う関数INDEX、MATCH、VLOOKUPを、VBAのコード上で、WorksheetFunctionオブジェクトのメソッドとして使う方法について解説する。(2015/6/19)

メインフレームが時代遅れとは言わせない
メインフレームでワークスタイル変革、どこからでもアクセスして新たなイノベーションを実現する方法
今なお多くの企業の基幹業務を支え続けているメインフレーム。グリーンディスプレイで操作をしている人も多いだろう。既存のアプリケーション手を加えず、どこからでもメインフレームにアクセスし、新たなイノベーションによりレガシーな環境から解放される秘策を紹介する。(2015/6/23)

まずは2020年の東京オリンピックに向けて:
パナソニックとNTTが業務提携、映像配信など新たなサービスの創設へ
パナソニックとNTTが、映像配信やセキュリティの分野で業務提携を行う。パナソニックが家電で培ってきた映像処理技術と、NTTのネットワーク技術を組み合わせ、新しいサービスの創設を目指す。(2015/6/17)

NTTとパナソニックが業務提携 通信と映像を融合した新サービス目指す
NTTとパナソニックが映像エンターテインメントと防犯分野で業務提携。通信と映像分野で相互に技術提供し、新たなサービスを開発を目指す。(2015/6/17)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
第2回 マイナンバー対応、税理士業務の現状と課題を知る
マイナンバー制度は全ての企業、さらにその委託先──例えば税理士の業務にも深く関係する。中小企業のマイナンバー対応は「税理士への委託を考慮した対策」が必要だ。2回目は、税理士が企業に対してどう考えているかを説明する。(2015/6/17)

ソネット・メディア・ネットワークス、ゼータ・ブリッジと業務提携:
放映中のテレビCMと連動した広告を視聴者のスマートフォンに配信
ソネット・メディア・ネットワークスは2015年6月16日、ゼータ・ブリッジとの業務提携を発表した。(2015/6/16)

富士通、持ち運べるUSB手のひら静脈センサー
富士通がポータブル型の手のひら静脈センサーを発売。モバイルPCやタブレット活用の業務シーンに向け、USBポートへ直接差せるよう小型化した。(2015/6/16)

6万店舗利用のネットショップ運営サービスと連係:
Web接客のKARTEがカラーミーショップからワンクリックで利用可能に
Web接客プラットフォーム「KARTE」を提供するプレイドは2015年6月16日、GMOペパポとの業務提携を発表した。(2015/6/16)

雑誌読み放題「タブホ」に講談社『FRIDAY』など6誌追加
講談社との業務提携で同社から4誌、ブックビヨンドも新たに『BMW COMPLETE』『野菜だより』の2誌を追加した。(2015/6/13)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JRの運転士が「水を飲んだら報告」だった理由
業務上、世間の常識とはちょっと違うルールがある。それは運輸業だけに限らず、さまざまな業界に多少はつきものだ。ただし、それが「今までそうだったから」で続いているとしたら、再検証が必要だ。あなたの会社にも、理由が曖昧なまま続いている「悪しき慣習」があるかもしれない。(2015/6/12)

【連載コラム】医療ITの現場から
電子カルテ導入で医師が楽になるケース、ならないケース
業務の効率化を期待して進める診療所のIT化。しかし、思ったほど効果がなかったり、かえって負担が増えてしまったりすることもある。医師が楽になるケースとならないケースの実例を紹介する。(2015/6/12)

専門知識やスキルが一切不要で、運用の負担を大幅に軽減
Notes移行の切り札は、業務アプリとワークフローの簡単移行ツール
長年使ってきた「IBM Notes」環境を最新のシステムに移行したいと考える企業が増えている。しかし、メールやワークフローとして日々使われるNotesの移行は一筋縄ではいかない。ベストな解決策を探る。(2015/6/3)

売り上げ倍増へ:
ポカリ6億本の流通を止めない秘策、大塚倉庫の「ID戦略」とは?
ポカリスエットやオロナミンC、ボンカレーなど、大塚ホールディングスの多種多様な商品を全国の消費者に届けるべく、その物流業務全般を担うのが、グループ会社の大塚倉庫だ。近い将来、現状の倍となる売上高1000億円を狙う同社が推進する事業改革に迫った。(2015/6/11)

日経新聞とウォンテッドリーが資本業務提携
ソーシャルリクルーティングサービス「Wantedly」を運営するウォンテッドリーと日本経済新聞が資本業務提携した。(2015/6/10)

トランスコスモスとSOCIAL GEARが資本・業務提携:
日本人がシンガポールで作ったFacebook広告運用システム「social gear Ads+」、世界展開を本格化
トランスコスモスは2015年6月9日、シンガポールに本社を置きソーシャルメディア運用支援ツールを提供するSOCIAL GEARと資本・業務提携することで合意したことを発表した。(2015/6/10)

SEOとクラウドソーシング:
コンテンツマーケティング支援でアイレップとランサーズが業務提携
アイレップは、日本最大級のクラウドソーシングサービス「ランサーズ」を運営するランサーズとコンテンツマーケティング分野で業務提携に合意したと発表した。(2015/6/10)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
第1回 「マイナンバーと税理士」の密接な関係
マイナンバー制度は全ての企業で、さらにその委託先、例えば税理士の業務も考慮して対応しなければならない。中小企業はもともと、税務を税理士に委託している実情があるからだ。「税理士への委託」を考慮した実践的な対策方法をできるだけ分かりやすく解説していく。(2015/6/10)

ウェブ魚拓でIPアドレス開示請求 運営会社が応じる
業務妨害が原因とのこと。(2015/6/8)

コラボツール導入でビジネスは伸展
メール不達にCEOが激怒、“メール廃止”企業 決断の裏側は
フランスのある大手旅客会社では、メールの業務利用で支障が生じるようになったため、コラボレーションソフトウェアを導入し、最終的にメールを廃止した。(2015/6/8)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】ストレージの利用状況に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「ストレージの導入・検討状況、業務利用の状況」についてお伺いします。(2015/6/8)

IT部門のためのデスクトップ仮想化導入の勘所【第3回】
設計/開発業務に革新を System x CAD on VDIが切りひらく新たな地平
設計/開発部門で利用される3D CAD/CAEソフトには高機能なワークステーションが必須であり、新しいIT技術を活用しにくい状況にあった。これを打破するのが「CAD on VDI」である。現場業務はどう変わるのか。(2015/6/8)

マイナンバー収集、複合機で簡単に コニカミノルタが新サービス
マイナンバー対応で最初の壁となる「収集」業務。コニカミノルタビジネスソリューションズが自社の複合機を活用して負担を軽減するサービスをはじめる。(2015/6/5)

DMS2015開催直前! ブース出展情報:
人・場所・業務が“つながる”! モノづくりへのICT活用を提案する富士通
富士通は「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」で、「設計から生産までをつなぐエンジニアリングICT」をテーマに、同社最新のモノづくりICTソリューションを展示する。(2015/6/5)



国民ひとりひとりに番号を割り当てて行政手続きに利用する電子化施策。一般企業も行政とのやりとりのために、従業員やその家族のマイナンバーを把握・管理しなければならず、2016年1月のスタートに向けて対応が本格化している。

テレビ等のHDMI端子に差すだけで使えるスティック型のPC。マウスコンピューターのm-Stickの登場以降、各社から同様の製品が発表されており、Lenovoも提供を決めるなど注目が高まっている。

ヤフオクが強いC2C分野だが、スマホでは新興のフリマアプリも存在感を持っている。ネットオークションの独特の作法からは距離を置いた、シンプル/直観的な使い心地が女性に好まれているようだ。