ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「業務」最新記事一覧

「EC」「ブログ」「アプリ」をワンストップで提供:
GMOメイクショップとアパレルウェブが業務提携
GMOインターネットグループは、GMOメークショップと、アパレルウェブが、アパレルに特化したITソリューションの共同事業展開で業務提携を行うことに合意したと発表した。(2016/5/2)

Weekly Memo:
業務システムのクラウド化、成功のカギは「松・竹・梅」の見極めにあり
既存の業務システムのクラウド化はどう進めればよいのか。多くの企業が悩むこの課題に対し、ガートナーのフォーラムで明快な対策を聞いたので、その内容をもとに考察してみたい。(2016/5/2)

社内からの問い合わせを大幅削減
ボタンクリックで簡単回答を実現、クラウド時代のヘルプデスク効率化の“秘策”
社内/社外問わず、連日届く問い合わせ。多くの企業が膨大な手間と時間をかけて対応している。この対応業務を効率化するにはどうすればいいのだろうか。(2016/4/28)

4億件のオーディエンスデータからサンプルを抽出:
PR TIMESがインティメート・マージャーと業務提携、PR効果の定性調査を実施
PR TIMESは、インティメート・マージャーのパブリックDMPを活用し、PR活動に対するブランドリフト効果測定を可能にするサービスの提供を開始したと発表した。(2016/4/27)

オンキヨー、業務端末向けの10.1型Androidタブレット端末「TA2C-74Z8」
MOLジャパンは、OSとしてAndroid 5.1を導入した業務端末向けの10.1型Androidタブレット「TA2C-74Z8」を発表した。(2016/4/27)

即席!3分で分かるITトレンド:
これ1枚で分かる「情シスが知っておくべきAIの知識」
IoTと並んでIT業界で大きな注目を集めている人工知能。この技術は今後、情報システム部門の業務にどのように関わってくるのか、情シスはその日に備えて何を学んでおけばいいのか。(2016/4/27)

ハノーバーメッセ2016:
「生産落ちてますね、あそこ直した方がいいですよ」と会話する人工知能
富士通は、ハノーバーメッセ2016において、製造業としての業務データや生産データを一元管理し統合的に表示する「環境経営ダッシュボード」に、人工知能機能を搭載し、会話しながら工場の問題を解決する提案を行った。(2016/4/26)

医療機器ニュース:
医用情報のビッグデータを扱うクラウドサービス
シーメンスヘルスケアは、医療施設の業務効率改善に役立つ情報を提供するクラウドサービス「teamplay(チームプレイ)」の販売を開始した。全世界から収集される医用情報を基に、医療施設のさらなる改善や取り組みを安全にサポートするものだ。(2016/4/26)

「対等な立場で業務提携」:
ザインとアクセルが業務提携で基本合意
ザインエレクトロニクスとアクセルは、2016年4月25日、業務提携を結ぶことで基本合意した。(2016/4/25)

製造IT導入事例:
人工知能技術による臨床試験解析のセミオートメーション化に着手
SAS Institute Japanは、塩野義製薬が、SASの機械学習エンジンを活用し、臨床開発業務で使用されるSASプログラムとその関連文書を自動生成する人工知能(AI)アプリケーションの開発に着手したと発表した。(2016/4/25)

複雑化するインフラのセキュリティ課題を解決するには:
PR:仮想化による「インターネット分離」でインフラのセキュリティ強化を
ワークスタイルが多様化し、デバイスやアプリケーションの在り方が複雑になってきた。さまざまな利用シーンをサポートし、要件に応じた最適な環境を提供するために、多くの企業担当者が従来型システムに課題を感じている。特にインフラ管理とセキュリティ管理の難しさは、スムーズな業務を行う上で大きな妨げになっている。そんな中で、企業での需要が高まっているのが仮想デスクトップ/仮想アプリケーションソリューションだ。(2016/4/25)

都内の猫カフェに全国初の業務停止命令 劣悪な環境で多数の猫が病気に
病気にかかっている猫たちが一日も早く元気になりますように(2016/4/22)

第2回 国際ドローン展:
ドローンの“弱点”と解決へのアプローチ
小型無人機(ドローン)の専門展示会、「国際ドローン展」が開催された。業務向けへの提案が多く盛況であったが、展示の中にはドローンが抱える課題の解決を目指すものも見受けられた。(2016/4/22)

製造IT導入事例:
スマートフォンを利用した道路舗装維持管理業務の支援を開始
富士通グループは、岐阜大学や岐阜県建設研究センターと協力し、スマートフォンを利用したクラウドサービスによって、岐阜県内の道路舗装維持管理業務を支援する取り組みを開始した。(2016/4/22)

資本・業務提携を発表:
ソフトバンクとマイクロアドがスマートデバイス向け広告事業で協業
ソフトバンクとマイクロアドは資本提携およびスマートデバイス向けの広告事業での業務提携を発表した。(2016/4/21)

マーケティングオートメーションの導入支援:
グリードナーチャリングとマルケト、MA市場活性化に向け業務提携を発表
グリードナーチャリングは2016年4月21日、Marketo日本法人であるマルケトと業務提携に合意したことを発表した。(2016/4/21)

キヤノン、毎分62枚出力のレーザープリンタ「Satera LBP352i」
キヤノンは、業務向けレーザープリンタなど10製品を発表した。業界シェア1位のキヤノンだが、これまでのラインアップにはなかったモデルを投入することでよりシェアを伸ばして行きたい考えだ。(2016/4/21)

電力供給サービス:
2015年度の販売電力量は前年から3.2%減少、17年前の水準に戻る
電力会社10社が2015年度に販売した電力量は7970億kWhにとどまり、1998年度以来17年ぶりに8000億kWhを下回った。前年度と比べても3.2%の減少で、震災後の4年間では最大の減少率を記録した。オフィスなどの業務用が5.0%減ったほか、工場で利用する産業用の需要も2.8%減少した。(2016/4/20)

物流支援ロボットを活用した業務効率化、ZMPとSAPジャパン、凸版印刷が提供
ZMPと凸版印刷、SAPジャパンの3社が物流支援ロボット「CarriRo」を利用した業務効率化ソリューションを提供する。企業基幹システムと物流支援ロボットを連携させることで、効率化を図る。(2016/4/20)

3D技術事例:
iPadで表示・データ入力可能な建物維持管理ツールを発表、膨大なBIMデータを軽量化
大林組とラティス・テクノロジーは「BIMobile」を共同開発した。タブレット端末にインストールした同ツールを用いて点検現場に情報を携帯し、かつ現場の情報をその場で収集してまとめられることで、点検業務や報告書作成の効率を大幅に向上できるという。(2016/4/20)

新人のための「クラウド」基礎講座(1):
「クラウド」とは何か
あなたは、「クラウド」を本当に正しく理解していますか? 新卒エンジニアやいきなり業務で必要になった若手、IT業界で働く営業担当者などのために、“やさしい先輩”が順番に「クラウド基礎講座」をお届けします。「そんなの知ってるよ」という人も、あらためて知識を確認・整理してみてはいかがでしょうか。(2016/4/22)

JAL、「Microsoft HoloLens」を活用した業務用プロトタイプアプリを開発
JALは、Microsoft製となるAR対応ヘッドマウントディスプレイ「Microsoft HoloLens」を用いた業務訓練用のプロトタイプアプリを開発したと発表した。(2016/4/19)

アジア初の導入事例:
3Dホログラムでパイロットの訓練を――JALの「HoloLens」用業務アプリ、その狙い
JALが米Microsoftのホログラフィックコンピュータ「Microsoft HoloLens」を使った業務アプリを開発。パイロットや整備士の訓練に3Dホログラムを活用し、場所や時間を問わない学習を実現するという。(2016/4/19)

ソニー、業務用4K有機ELモニターに55V型を投入
ソニーから、業務用4K有機ELモニター「PVM-X550」が登場。価格は未定で7月発売予定。要望が多かったという大型化を実現した。(2016/4/18)

「ビジネスを強くする格安SIMを探せ」【第2回】
ビジネスにおけるMVNOサービスの適材適所を理解する
仮想移動体通信事業者(MVNO)のサービスは通信費を抑えたい法人にとってメリットが多い。しかし、全ての業務を移行するのは無理がある。MVNOのビジネス導入では、その得手不得手の理解が重要だ。(2016/4/15)

1キロの水ようかんにプリンやレアチーズ 攻勢をかける業務スーパーの「牛乳パックデザート」のウワサを探る
飲み物かと思って間違った人は本当にいるの?(2016/4/17)

これがグランプリのお弁当だ 国内最大級の“食べもの”イベント開催
国内最大級の業務用食品、食材、機器、容器の総合イベント「ファベックス2016」が開催された。各ブースで展示されているおいしそうな食べ物を紹介しながら、イベントの様子をお伝えする。(2016/4/15)

製造IT導入事例:
研究開発業務のユーザーPC環境に仮想デスクトップ環境を導入
富士通は、日本たばこ産業医薬事業部の医薬研究開発業務のユーザーPC環境として、仮想デスクトップ環境を構築したと発表した。基盤サーバに、富士通のブレードサーバ「FUJITSU Server PRIMERGY BX400」を採用している。(2016/4/14)

ローソンとスリーエフ、資本・業務提携 一部店舗を「ローソン・スリーエフ」に転換
ローソンとスリーエフが資本・業務提携。一部店舗を「ローソン・スリーエフ」に転換する。(2016/4/13)

君は「しくじって」ばかりいる彼女を救えるか?
こんなはずではなかったバックアップ、超簡単で“なるほど”な運用術とは
企業のバックアップは地味ながらも重要な業務だ。しかし、ビジネスデータが急増し続ける現状で処理時間と必要な容量の予測は困難だ。しかも、災害対策は必須。急速に変化するバックアップを確実にこなす方法とは。(2016/4/7)

NEC、業務システム構築のための基盤ソフトを強化
システム内資産の可視化や帳票開発の効率化などを実現する、業務システム構築基盤ソフトウェアの新製品を発売した。(2016/4/12)

市販機ベースの業務用、東芝が「65Z20X HDRプロフェッショナルモデル」販売開始
東芝は、液晶テレビの“REGZA”「Z20X」をベースに機能を追加したプロユースモデル「65Z20X HDRプロフェッショナルモデル」を発表した。映像編集、とくにHDRコンテンツ作成時の製作・評価に威力を発揮する。(2016/4/12)

3D Systems ProJet MJP 2500:
イグアス、オフィス導入も可能な業務用3Dプリンタの取り扱い開始
イグアスは、米3D Systems製プロフェッショナル3Dプリンタ「ProJet MJP 2500シリーズ」の取り扱いを2016年4月5日から開始した。(2016/4/12)

今度こそ会計業務のペーパーレス化【第2回】
ペーパーレス経理業務フローを整備しよう――3カ月の準備期間で用意する4ステップ
電子帳簿保存法改正のポイントと実務について解説する本連載の第2回では、「書類をスキャナー保存する行動を、経理業務フローにどのように落とし込むか」という観点で、準備作業や運用フローについて解説する。(2016/4/11)

コミュニケーションを通じて生成されたデータをマーケティングに活用:
アライドアーキテクツとセガネットワークスが戦略的業務提携
アライドアーキテクツとセガゲームス セガネットワークス カンパニーは、SNSを活用したマーケティング分野で業務提携した。(2016/4/8)

業務アプリInsider 読者調査レポート:
「2020年のアプリ開発環境の予想図」から見えてくるもの
2016年の技術トレンドと業務アプリ開発について2016年3月に実施したアンケートの調査結果を紹介する。(2016/4/5)

最大1300億ドルもの価値を創出
スマートグリッドテクノロジーと予測分析が電力会社を変える
公益事業会社は、以前にも増して高度な分析手法を業務管理に取り入れるようになっている。本稿では、あるプロバイダーが大成功を収めた方法を紹介する。(2016/4/5)

実業務でちゃんと使えるAndroidアプリ開発入門(2):
知らずに作って大丈夫?Androidの基本的なライフサイクルイベント31選
本連載では、バージョンの違いに左右されないスタンダードなアーキテクチャで実業務で使えるAndroidアプリ開発のノウハウを提供していきます。今回は、Androidアプリ開発において必ず押さえておかなければならないライフサイクルイベントについて解説します。(2016/4/4)

電力供給サービス:
寒かった2月に電力の需要が回復、東北や九州など6地域で前年を上回る
減少を続ける電力会社の販売量が2月に少し回復した。10社の合計では前年比1.7%の減少ながら、東北・北陸・中国・四国・九州・沖縄の6地域では前年を上回った。ただしオフィスで利用する業務用は多くの地域で落ち込みが大きく、北海道・東京・関西では7%を超える減少率になっている。(2016/3/31)

契約業務の電子化が、ビジネススピード向上の鍵に
無理だと諦めていた――契約プロセスの電子化を簡単に実現する方法とは
業務のIT化が当たり前となった現在でも、いまだに紙の商習慣が根強く残っている領域がある。「契約プロセス」だ。だが、紙の使い勝手を維持しつつ、デジタルならではの優位性を得る方法がある。(2016/3/31)

2カ月で既存システムをモバイル対応化
業務システムのモバイル対応、全面刷新してはならないその理由とは
システムのモバイル対応やUI改善といった「モダン化」を進めようにも、作り変えるという作業は容易ではなく、コストも掛かってしまう。これらの問題を解決する方法はあるのだろうか。(2016/3/31)

クラウドインフラがコモディティ化した今:
PR:フツーのWeb系受託企業がB2Bで急成長を遂げた秘訣に見る、業務アプリエンジニアの生存戦略
クラウドを活用したシステム受託開発を中心に業績を伸ばす注目の企業、フレクトの事業戦略から「市場に求められる」「本当の価値を持つ」エンジニアであるために必要な考え方や、手法をITアーキテクトの視点で考察したい。(2016/3/31)

コスト、セキュリティ、コンプライアンスを一度に失わないために:
PR:ベンダー、SIer、企業・組織――全ての組織に「ソフトウェア資産管理の知見」が不可欠な理由
およそ全てのビジネス、社会インフラをITが支えている以上、自社・自組織の業務基盤の信頼性、安全性、効率性は、ソフトウェア資産をいかに正しく管理できるかにかかっている。一般社団法人ソフトウェア資産管理評価認定協会(SAMAC)が認定する公認SAMコンサルタントの資格「CSC」は、こうした時代に何を約束してくれるのか。(2016/3/31)

ランキング集計やトラフィック分析、レポート作成まで一括管理:
SEO担当者の業務効率化をサポートする「Refract」、ナイルが提供開始
SEOのコンサルティングを手掛けるナイルは2016年3月30日、SEOレポーティングツール「Refract」の提供を開始した。(2016/3/30)

企業の競争力アップの最後の砦
「紙の使い勝手のままデジタル化」がコツ、意思決定を速めるドキュメントマネジメントとは
クラウド時代といわれる昨今においても、紙の文書は企業全体の業務の中でそこかしこに点在している。だが紙による業務のデジタル化は、企業の意思決定を迅速化し、競争力を強化する上では欠かせない。(2016/3/31)

スライド認証にも対応:
IIJ、企業およびサービス事業者向けの二段階認証サービスを提供開始
IIJは2016年3月29日、二段階認証サービスの「IIJ SmartKeyマネージメントサービス」を発表した。これは、一般企業およびWebサービス運用者向けのサービス。一般企業は、自社で業務上利用しているWebサイト/クラウドサービスへのログインを二要素認証へ移行し、セキュリティを強化できる。また、Webサービス運用者も、自社サイトを同サービスと連携させるだけで二要素認証に対応できるという。(2016/3/29)

新社会人の必須知識 「Excel ピボットテーブル」超入門(5):
慣れてくると効く「数秒でピボットテーブルを作る」方法
Excelを通じて、「ピボットテーブル」の基礎を学び、データ分析を実践するまでを習得する本連載。今回は、ピボットテーブルで実現する多様な視点で分析する方法を「実際の業務で普通に使えるようになる」までのテクニックを解説する。(2016/3/29)

YouTuberの次に来るのはInstagrammer? GYAOとドレスイングが業務提携
Instagramモデルが増える?(2016/3/28)

「すごい」「気分転換になる」――新オフィスに驚きの声
米国式の「ひろびろデスク」はもう古い? デルがオフィス環境をゼロから見直した理由
デルは2016年1月にオフィスの大改装に踏み切った。ワンフロア全体を1つの業務空間と見立て、さまざまなビジネスシーンに合わせてオフィス空間を設計したという。大規模リニューアルに込めた狙いを聞いた。(2016/3/22)

UBIC Lit i View PATENT EXPLORER:
人工知能で特許の分析業務を効率化する知財戦略支援システム
UBICは、トヨタテクニカルディベロップメント(TTDC)と共同開発した人工知能による知財戦略支援システム「Lit i View PATENT EXPLORER」の提供を開始した。(2016/3/25)



余っているリソースを、主にはお金を介してソーシャルな形でシェアできるように仲介するサービス。インターネット上では以前からそうした要素を持ったサービスは存在していたように思うが、概念として名付けられることで一挙に注目が高まっている。

不正会計問題の発覚と対処、リストラ発表とその影響も含めた赤字の拡大というように、日本を代表する家電大手の一角がもろくも崩れようとしている。日本企業の苦戦が続き、それに伴う再編の進行は予想されていたが、この展開は想定外であり、どのような形で落着するものか、予断を許さない。

ビットコインの基幹技術としても知られる、P2Pネットワークを活用した台帳技術。これもまた昨今注目の的となっているFinTechのひとつとして、金融、IT・セキュリティ界隈では今やビットコインと同じくらいの頻度で取りざたされている。