ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「業務」最新記事一覧

Access VBAで学ぶ初心者のためのデータベース/SQL超入門(8):
Accessのコントロールに値集合タイプ/ソース、SQLでデータを表示する基本
Accessを通じて、初心者がリレーショナルデータベースやSQLの基本を学び、データベースを使った簡単なシステムの作り方を習得する本連載。今回は、業務アプリ作成のためのAccess基本フォームの基礎と共に、値集合タイプ/ソース、SQLで各コントロールにデータを表示する方法を解説する。(2016/2/12)

ビッグデータによる精度の高い課題分析と解決策の提供へ:
デジタルガレージがカスタマー・コミュニケーションズと資本業務提携
デジタルガレージは2016年2月10日、カスタマー・コミュニケーションズに出資し、合わせてデジタルガレージのマーケティング事業領域での資本業務提携を行ったと発表した。(2016/2/12)

ホワイトペーパー:
妥協は要らない! PDFツールの導入を成功に導く重要条件とは
PDFファイルを作成・編集するツールはさまざまな種類が存在する。だが、企業でPDFツールを選定する場合、IT管理者が考慮すべき点は多数ある。PDFの業務活用を成功に導くためのヒントを紹介する。(2016/2/12)

製造マネジメントニュース:
エレクトロニクス事業のオペレーション機能強化に向け、新会社を設立
ソニーは、モノづくりに関するオペレーション機能強化のため、子会社のソニーEMCSとオペレーション業務担当組織を統合し、新たに「ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ」を設立する。(2016/2/12)

エプソン、ムダな印刷を削減して業務を効率化できる認証印刷オプション「Epson Print Admin」
エプソンは、同社製ビジネスプリンタ用の認証印刷オプション「Epson Print Admin」を発表。印刷コストの削減機能や情報漏えい対策機能などが利用可能となる。(2016/2/10)

電力供給サービス:
東電包囲網を築く東京ガス、37社と新たに提携しガス連合を形成
東京ガスは、低圧電力の販売に関して、新たに都市ガス供給先のガス事業者10社、LPガス販売事業者27社と業務提携し、電力販売体制を強化する。(2016/2/10)

製造IT導入事例:
分析・計測機器メーカーが業務基幹システムを13カ国で稼働
日本IBMは、堀場製作所に対し、業務基幹システム導入のコンサルティングの提供とシステム構築を支援したと発表した。同システムが日本で稼働開始したことで、13カ国20社への展開が完了した。(2016/2/10)

3つの障壁をどう乗り越えるか
BYODで会社ケータイのコストを削減 押さえるべきポイントとは?
携帯電話やスマートフォンを社員に配布している企業にとって究極のコスト削減ともいえる「BYOD」。しかし、私物端末を業務に使う社員の不安や情報漏えいリスクがあり、なかなか進んでいない。解決策はあるのか?(2016/2/8)

ホワイトペーパー:
今すぐ始める「ITプロセス自動化」ガイド
企業のIT担当にとって、繰り返しの多いIT業務の効率化は、永遠の課題だ。定常的なIT業務のプロセスを自動化することで運用負荷から解放されよう。(2016/2/8)

「百度」の検索ランキングデータを中国人観光客向けに活用:
中国人観光客向けインバウンド販促施策「百度クレジット」を全国展開
オプトホールディング、ソウルドアウト、バイドゥの3社は中国最大手検索エンジン「百度」の検索ランキングデータを中国人観光客向けに活用するインバウンド販促施策で業務提携すると発表した。(2016/2/5)

Access VBAで学ぶ初心者のためのデータベース/SQL超入門(7):
Accessで作成した「顧客管理データベース」アプリへ、「ラベル印刷」機能を実装する簡単な方法
Accessを通じて、初心者がリレーショナルデータベースやSQLの基本を学び、データベースを使った簡単なシステムの作り方を習得する本連載。今回は、顧客管理業務における「資料/DM送付」の苦労を解決する、「ラベル印刷機能」の実装方法を解説する。(2016/2/5)

3つの事例が示す情シスの今後の在り方
ノンプログラミング開発ツールで変わる「情シスの立場と役割」
業務部門自らがアプリケーションを開発する“情シス不要”のノンプログラミング開発ツールを導入する企業が増えてきた。情シスの果たす役割も変化しつつある。実際の導入現場を例にその変化を確認してみよう。(2016/2/2)

Pepperと福祉業務支援ソフトを連携、介護分野でのロボット活用に向けた実証実験
ソフトバンク「Pepper」と福祉業務支援ソフトウェアを連携させ、介護老人福祉施設での実証実験が行われる。入居者の変化や介護職員の補助ツールとしての有用性を調査する。(2016/2/3)

ヤマダ電機でサービスロボット「NAVII」の実証実験、業務支援の貢献度を確認
日本ユニシスは米Fellow Robotsのサービスロボット「NAVII」(ナビー)を用いた実証実験を、家電量販店のヤマダ電機で行う。来客への効果の他、従業員の業務支援貢献を検証する。(2016/2/3)

5種類の測定器を1つの筐体に:
R&D投資の積み重ねが生んだハンドヘルドオシロ
ローデ・シュワルツ・ジャパンは2016年1月、ハンドヘルドオシロスコープ「R&S Scope Rider」を発表した。多くの機能を搭載し、電子機器の設置やメンテナンス業務だけでなく、開発用としても使える最適な1台という。同社の関野敏正氏に製品の概要や特長、今後の展開について聞いた。(2016/2/4)

ホワイトペーパー:
クリニック内の情報伝達を“一方的な情報提供”から“双方向の情報共有”に変えた社内SNS
医療に対する社会的関心が高まる中、全国に10万施設あるとされるクリニックは、医療やサービスの質はもとより一般企業と同様に業務効率を向上させることが求められている。いち早くIT化に取り組み、業務効率向上を実現した柴垣医院の社内SNSの活用術を紹介しよう。(2016/2/3)

PR:スマートグラスの“真打ち” 東芝「Wearvue」が現場業務を効率よくサポート インフラ・物流から伝統芸能まで
眼鏡型ウェアラブル端末の普及が進むBtoB市場だが、かけ心地や視認性の悪さから、どの端末も“決め手”にかけるとの声も。そんな従来端末の課題を克服する東芝「Wearvue TG-1」の特長を、実際の活用シーンとともに紹介しよう。(2016/2/3)

実業務でちゃんと使えるAndroidアプリ開発入門(1):
ACTION_OUTSIDEが切り開くAndroidアプリ間連携の可能性
本連載では、バージョンの違いに左右されないスタンダードなアーキテクチャで、セキュリティやパーミッション、テストのしやすさ、開発効率の向上などを考慮した、実業務で使えるAndroidアプリ開発のノウハウを提供していきます。初回は、連載の今後を紹介し、アプリ間連携でさまざまなことができるACTION_OUTSIDEイベントの使い方を解説します。(2016/2/4)

2016年秋ごろにPaaSで提供予定:
GMO、ブロックチェーン技術を使ったゲーム用バックエンドを開発
GMOインターネットはテックビューロと業務提携し、ブロックチェーン技術を使ったゲーム用バックエンドエンジンを共同開発する。運用コストを従来比2分の1未満に削減できる上、ダウンタイムも抑えられるとしている。(2016/2/1)

VBA/マクロ便利Tips:
ExcelグラフをPasteSpecialメソッドでWordに貼り付ける
業務効率化に役立つVBA/マクロのさまざまなTipsをコード例を交えて紹介していきます。今回は、Excelで作成したグラフを、Selection.PasteSpecialメソッドでWordに取り込んで表示させる方法と、ParagraphFormat.Alignmentプロパティを紹介。(2016/2/1)

PR:業務部門 VS. 情シスでガチレビュー! 企業で「Surface Pro 4」はどれだけ使えるか?
「Surface Pro 4はどれだけ仕事で使えるか」という視点で業務部門とIT部門のそれぞれでSurface Pro 4を1カ月試してもらいました。使う側と管理する側、互いの評価はいかに!?(2016/2/1)

AppBank、元役員による1億4000万円横領の調査報告書公開 不正送金プロセス明らかに
AppBankが経理部門の元役員による業務上横領の調査報告書を公開した。被害額は1億4000万円を超え、不正送金のプロセスを明らかにしている。(2016/1/29)

電力供給サービス:
電力需要が12月に前年比6.3%減、関西と四国は業務用が10%以上も
電力会社10社が2015年12月に販売した電力量は前年同月から6.3%も減り、過去15カ月間で最大の落ち込みを記録した。家庭用が6.9%、業務用が8.0%の減少で、産業用も4.6%減と振るわなかった。地域別では四国が8.5%減、関西が8.2%減と大きく、東京も7.5%減で販売量の低下が著しい。(2016/1/29)

ネイティブ広告プラットフォーム「Hike」を運営:
フリークアウト子会社がLINEと資本業務提携、LINE広告プラットフォーム事業を共同運営へ
フリークアウトの子会社であるM.T.BurnはLINEと広告プラットフォーム事業における共同事業推進を目的とした資本業務提携契約の締結に合意したと発表した。(2016/1/29)

マーケティング部門のデジタル化を統合的に支援:
アビームコンサルティング、「マーケティングBPRソリューション」提供開始
アビームコンサルティングは2016年1月27日、企業のマーケティング部門のあるべき姿を示し、マーケティング業務の変革・改善を継続的に支援する「マーケティングBPRソリューション」の提供を開始した。(2016/1/28)

Windows 10との連携が鍵に:
PR:企業のモバイル活用時の課題、「利便性」と「セキュリティ」をどう両立する?
昨夏にリリースされたMicrosoftの最新OS「Windows 10」がコンシューマーのみならず、企業にも急拡大している。背景には業務でのモバイル活用の普及がある。その領域において定評あるソリューションを持ち、Windows 10ユーザーの支援にも積極的な姿勢を見せているのがヴイエムウェアだ。(2016/2/5)

CAEニュース:
「設計の上流から製造まで」ニュートンワークスとESIがCAEで業務提携
ニュートンワークスと日本イーエスアイがCAE関連ツールにおける業務提携を発表。「上流から製品化まで」の開発を支援する体制を整える。(2016/1/27)

ソフトバンク、Pepperだらけの携帯ショップを期間限定オープン
呼び込みや受け付け、来店目的などのヒアリング、商品紹介などの業務を複数のPepperが分担して行う。(2016/1/27)

三洋買収で懲りた、パナは東芝の事業売却に興味なし
パナソニックが昨年末、業務用冷蔵ショーケースを手掛ける米ハスマン社を約1850億円で買収すると発表した。旧三洋電機から引き継いだ事業と合わせると、業務用冷蔵ショーケース分野で世界シェア1位に躍り出る。(2016/1/27)

製造ITニュース:
法務支援ツールのクラウドサービスを発売
リコージャパンは、契約情報を一元管理し、法務業務の効率を上げる法務支援クラウドサービス「RICOH Contract Workflow Service」を発売した。(2016/1/26)

産業機器の予防保全のためのIoTパッケージ:
産業機械の故障要因などを分析、TISが業務改善ソリューションの提供開始
TISは、産業機械向け業務改善ソリューションの提供を開始する。業務に影響を与える要因を特定する故障発生パターンなど、予測分析が可能である。(2016/1/25)

ローソン、伊勢志摩サミットの弁当供給業務を受託 三重県の食材を使用
ローソンが伊勢志摩サミットの関係者向けの弁当供給業務を受託した。(2016/1/25)

クラウドの活用がテレワーク導入のハードルを下げる
テレワークの特効薬「デスクトップ丸ごと配信」「アプリだけ配信」の使い分けとは
テレワークの実現には時間がかかる。テレワーク環境に適したクライアント環境の実現方法は1つではない。要件定義に悩んだとき、どうしたらよいだろうか。ユーザーの業務形態に合わせて柔軟に構築するポイントとは?(2016/2/5)

アルバイト職員が食器を洗うシンクに入った写真、Webに投稿 登別のホテルが謝罪
業務委託先の従業員が不適切な行為を行ったと登別グランドホテルが謝罪している。(2016/1/23)

ワタミ、米卸大手の神明HDと資本業務提携 経営再建待ったなし
居酒屋チェーン大手のワタミは、回転ずしレストラン「元気寿司」などを運営する神明HDと資本業務提携した。自己株式175万株を売却する。(2016/1/22)

組織改編のたびの“カスタマイズ”から情シスを解放
社内決裁を迅速に――“攻め”の組織変革を実現するワークフローの処方箋とは?
申請や承認など、一連の社内決裁の円滑化のために導入されるワークフローシステム。その使いやすさは、業務効率や生産性、企業の競争力に大きな影響を及ぼす。大手・中堅企業における理想のワークフロー基盤とは?(2016/1/19)

リアルコマーステクノロジーへ:
Yahoo! JAPANとipocaが協業、「Yahoo!ロコ」で商品情報が閲覧可能に
Yahoo! JAPANとipocaは2016年1月18日、業務提携を行うと発表した。ipocaが提供するO2Oアプリ「NEARLY」が持つ店頭情報データをYahoo! JAPANの「Yahoo!ロコ」に提供、商品情報の閲覧ができるようになる。(2016/1/19)

Pepperがショッピングセンター来場者のニーズを分析、パルコが提供
パルコ・シティがショッピングセンターの案内業務用Pepperアプリを開発。単なる案内にとどまらず、接客データを基に来場者のニーズを洗い出す。(2016/1/19)

ホワイトペーパー:
ビジネス・リーダーが示す“これからのクラウド戦略”とは
クラウドのメリットはコスト削減と業務効率向上だけではなく、成長を加速させることにある――調査結果から、クラウド利用で競争優位に立っているビジネス・リーダーが示す3つの「将来のクラウド」について見ていこう。(2016/1/19)

即席!3分で分かるITトレンド:
【図解】コレ1枚で分かる「ERPと他の手法との関係」
ERPの他にも、経営や業務の全体最適を目指す手法があります。その代表的なものを、製造から物流・販売、人事、財務といった一連の企業活動に沿って整理しながら解説します。(2016/1/18)

先進企業のマイナンバー対応:
PR:提携拡大で売上倍増! 成長企業を陰で支えるセキュリティ対策の取り組みとは?
酒類や食品の卸売を手掛ける饒田(にぎた)は、現場が中心となって重要な情報を漏えいのリスクから守る取り組みを進めてきた。マイナンバー対応に伴うセキュリティのさらなる強化のために、富士通マーケティングの「AZBOX マイナンバー業務システム連携PC」を活用している。(2016/1/20)

自販機のIoTプラットフォーム化:
キリンビバレッジと業務提携も 自販機ビジネス強化目指すダイドー
ダイドードリンコは中期経営計画の中で自販機ビジネスモデルの刷新などを打ち出している。キリンビバレッジとの相互販売提携もその一環といえる。(2016/1/15)

KDDIとGunosy、スマホ向け新メディアを2016年夏に提供へ
KDDIとGunosyがスマートフォン向けメディア事業での業務提携を発表。2016年夏をめどに新サービスを提供する。(2016/1/14)

50グラムのメガネ型ウェアラブル端末、東芝からB2B向けに
本体約50グラムと軽量で、接客業務への利用も考慮した自然なデザインのメガネ型ウェアラブル端末「Wearvue(ウェアビュー)TG-1」を東芝が受注開始した。(2016/1/13)

CADニュース:
CADを多用する設計業務にも使えるWindows 10搭載「Surface Book」
日本マイクロソフトは、「Windows 10」搭載の最新ノートPC「Surface Book」の販売を2016年2月4日から開始する。(2016/1/13)

特集:クラウド/OSS時代の「業務を止めない」運用ノウハウ(1):
「複雑な混在環境を使いこなす」クラウド/OSS時代の運用管理、4つの視点
近年の「先が見えない」市場環境の中、ビジネス要請へのスピーディな対応が求められるシステム運用管理にも新しいアプローチが求められている。本特集『クラウド/OSS時代の「業務を止めない」運用ノウハウ』では、そのアプローチを一つ一つ掘り下げていく。(2016/1/13)

4月から「ソフトバンクでんき」提供、3人家族で携帯+電気代が年8000円以上お得に
ソフトバンクが東京電力との業務提携により、4月1日から電力サービス「ソフトバンクでんき」を提供する。ソフトバンクの「おうち割」と連携することで、月額料金の割引を受けられる。【詳細追記】(2016/1/12)

CES 2016でデモ展示:
大型プロジェクタ向け4K DLPチップ
日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は、ホームシアターや業務用/教育用などの大きなプロジェクションディスプレイ向けに、0.67インチ4K UHDチップセットを開発したと発表した。(2016/1/12)

医療機器ニュース:
動物の先端医療技術・サービスを開発・提供する合弁会社
富士フイルムは、アニコム ホールディングスと、再生医療を中心とした動物の先端医療分野で業務提携し、来春に合弁会社を設立すると発表した。両社の強みを生かし、動物の先端医療発展に向けた取り組みを進めていく。(2016/1/12)

Excelとの親和性が高く、現場業務改善に効果:
PR:Oracle Application Express(Oracle APEX)とは何か。何ができるのか
「業務改善のためにデータを容易に活用できる環境が欲しいが、専用のシステムを導入するのは手間や予算の面でハードルが高い」と悩む組織は少なくない。「Oracle Database Cloud Service」に用意された「Oracle APEX」を使えば、さまざまな業務で組織的なデータ活用が容易となり、業務改善のハードルを大きく下げることができる。[パブリッククラウド][Oracle Cloud](2016/1/12)



余っているリソースを、主にはお金を介してソーシャルな形でシェアできるように仲介するサービス。インターネット上では以前からそうした要素を持ったサービスは存在していたように思うが、概念として名付けられることで一挙に注目が高まっている。

不正会計問題の発覚と対処、リストラ発表とその影響も含めた赤字の拡大というように、日本を代表する家電大手の一角がもろくも崩れようとしている。日本企業の苦戦が続き、それに伴う再編の進行は予想されていたが、この展開は想定外であり、どのような形で落着するものか、予断を許さない。

ビットコインの基幹技術としても知られる、P2Pネットワークを活用した台帳技術。これもまた昨今注目の的となっているFinTechのひとつとして、金融、IT・セキュリティ界隈では今やビットコインと同じくらいの頻度で取りざたされている。