ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「業務」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「業務」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

botが人よりも適切な物件を提案
「AI」(人工知能)が不動産担当者の職を奪う?
不動産業務にAI技術を取り入れる動きが広がりつつある。反復作業によるミスを減らすといった日常業務の効率化だけではなく、顧客が好む物件を提案するなど、人の判断を代替する用途も現実的になってきた。(2018/11/16)

製造マネジメントニュース:
SUBARUの不適切検査、国交省は一連の事態をどう見たか
国土交通省は2018年11月14日、SUBARUが実施していた一連の不適切な完成検査について、同社に再発防止に向けて業務の再点検や、対策の見直しや実施を徹底するよう勧告した。(2018/11/15)

ドローン鉄塔点検:
飛行計画から点検報告書の作成までを自動化、“鉄塔”向けドローン点検サービスのβ版提供開始
センシンロボティクスは、“ドローンによる鉄塔点検”に特化した機体も含むパッケージソリューション「TOWER CHECK(タワーチェック)」のβ版提供を開始した。カメラを搭載したドローンを自動運行させて鉄塔を撮影し、撮影したデータはAIによる画像解析にかけて、錆や腐食の発生箇所を自動検知。その後の報告書作成まで、一気通貫のドローン点検業務がTOWER CHECKにより自動化される。正式なリリースは年明け以降となる見通し。(2018/11/15)

今日のリサーチ:
RPA導入、知識や人材の不足を感じている企業が84.2%――パーソルホールディングス調べ
RPAによる業務自動化に取り組む企業が増える中、課題も浮かび上がっています。(2018/11/15)

AIで保育所割り当てを自動化 最大限に希望に沿う結果を数秒で――富士通、自体向け保育所割り当て支援ソフトを発表
富士通は、自治体向けの保育所入所選考業務支援ソフトウェア「MICJET MISALIO 保育所AI入所選考」の提供を開始。ゲーム理論を応用した独自のAI技術により、申請者の多様な入所要望や自治体の選考基準を基に、最大限に希望に沿う入所選考割り当てを数秒で導き出す。(2018/11/13)

従業員 vs. 管理者の戦いを終わらせるには
働き方の「いつでも、どこでも」と「セキュリティ」を実現するには
モバイルデバイスとクラウドサービスの活用により、従業員は簡単に「いつでも、どこでも」社内と同じように業務を行えるようになった。一方で、企業のシステム管理者は見えないセキュリティリスクを懸念する。(2018/11/13)

「わずか数秒」AIが保育所入所選考 富士通、自治体のIT化に手応え
富士通が、AI技術を使って保育所の入所選考業務を効率化するソフトウェアを、市町区村の役所向けに提供すると発表した。これまで10日以上掛かることもあった複雑な入所選考業務を、AIを活用して数秒で処理するという。(2018/11/12)

CADニュース:
CAD「Vectorworks 2019」、大容量ファイル扱い時のパフォーマンスを大幅向上
エーアンドエーは、設計・デザイン向けCAD、BIMツールの最新バージョン「Vectorworks 2019」を2019年1月16日より発売する。大幅な作業環境と図面のグラフィック表現の改善により、ユーザーの業務を効率化する。(2018/11/12)

VRニュース:
資本業務提携によりMRとAI技術を組み合わせた新技術を開発
HEROZは、VR、AR、MRの実用アプリケーション開発サービスなどを提供するポケット・クエリーズと資本業務提携契約を締結した。MRとHEROZのAI技術を組み合わせ、新たな商品やサービスを開発する。(2018/11/9)

RPA導入のつまずきポイントを指南:
エラーに野良ロボに……RPA導入、かくも現実は厳しかった リクルートテクノロジーズが歩んだ「試行錯誤の道」
業務現場の生産性を高める手段として注目されているRPAだが、その運用は一筋縄でいかない部分も多い。今や業務の自動化に成功しているリクルートテクノロジーズも実にさまざまな壁に直面し、今でも試行錯誤を続けているという。(2018/11/9)

“LINE WORKS×kintone”連携のチャットbotをノーコーディング作成できる「Joboco」、ジョイゾーが販売開始
ジョイゾーは、ビジネスチャットサービスと業務システムをノーコーディングで連携させ、業務に合わせたチャットbotを容易に作成できるサービス「Joboco」の販売を開始。今回のリリースでは、「LINE WORKS」とサイボウズの「kintone」を連携させたチャットbotを作成できる。(2018/11/7)

業務を単に自動化するなら、やらない方がマシ:
3年後には138万時間分を自動化、1200トンの紙を削減 あいおいニッセイ同和損保のRPA導入、その勝算は?
「紙の作業が多い」といわれる損保業界。その中で、あいおいニッセイ同和損保が思い切ったRPA導入と業務改革に乗り出した。業務フローを根本から見直し、あくまで“内製”で進めるというその内容とは一体何か。(2018/11/7)

製造ITニュース:
過去の対応事例を活用して業務支援するAIサービス
東芝デジタルソリューションズは、トラブルなど過去の対応事例を知識として蓄積し、業務支援に活用できるソフトウェア「RECAIUS(リカイアス)ナレッジプラットフォーム」の提供を開始した。(2018/11/6)

ドコモは減益覚悟だが……:
SB孫社長、携帯料金値下げ検討も「増益目指す」 コスト削減で人員4割を配置転換
ソフトバンクグループの孫正義社長が決算会見に登壇。携帯料金値下げを検討しており、値下げによる減収を吸収するため、通信事業の人員を配置転換すると明らかにした。RPAで通信事業の業務を自動化し、人員を新規事業に回すという。(2018/11/5)

製造マネジメントニュース:
複数ロボットを統合管理して業務代行を可能にするサービスを提供
TISは、複数のサービスロボットを統合管理して、警備や案内などの業務を代行、分担する環境の構築を行う「サービスロボットインテグレーション事業」を提供する。2019年春頃に正式版を公開する予定だ。(2018/11/5)

デイサービスの送迎業務をAIで効率化 送迎業務時間を50%削減――ケアパートナー、パナソニックの「DRIVEBOSS」を導入
全国で77カ所のデイサービスセンターを運営するケアパートナーは、利用者の送迎業務にパナソニック カーエレクトロニクスの車両送迎支援サービス「DRIVEBOSS」を導入。時間のかかる送迎計画作成をAIで自動化し、業務の効率化を図る。(2018/11/5)

“差し戻し地獄”はもうイヤ 面倒な社内稟議、AIが作成サポート
NTTテクノクロスが、AIでバックオフィスを効率化するサービスを開発している。AIに企業の業務ルールを学習させることで、決裁申請や契約書の作成などをサポートできるようにする。(2018/11/5)

DMM.makeの中の人に聞く「IoTとスキル」(4):
本当にIoTでなければ解決できないのか
IoTを業務に活用したい人たちをサポートしている、DMM.make AKIBAのスタッフへのインタビュー。今回は、DMM.make AKIBAでテックスタッフとして活躍している日野圭氏。(2018/11/5)

OpenAMコンソーシアムがソースコード公開に至った狙いとは:
PR:オープンソースソフトウェアのシングルサインオン製品が求められる理由
多くの企業が複数の業務システムやアプリケーションを利用してビジネス活動を進めているため、IDとパスワードが増加している。またテレワークをはじめとした業務改革の推進により、クラウドサービスやモバイル利用者の利便性を損なうことなく自社のセキュリティポリシーを適応する仕組みが求められている。こうした課題を解決するのがシングルサインオン製品だ。中でも、オープンソースソフトウェアの「OpenAM」に改めて注目が集まっている。(2018/11/5)

働き方改革の「不都合な真実」
リモートワークをしたら業務時間増加? 矛盾に悩む企業の救世主とは
中堅企業における働き方改革への取り組みを調査した結果をレポート。昨今導入が増えているリモートワークの導入、利用状況などから見えた課題と、その解決策を解説する。(2018/11/5)

KDDI、楽天と業務提携 インフラ整備協力、サービスは競争
両社はローミング契約を結び、楽天が参入する際、KDDIが基地局などの通信設備を貸し出す。(2018/11/2)

KDDIと楽天が業務提携 スマホ決済・通信で
KDDIと楽天が、決済・通信などの分野で提携する。ローミング協定を結び、KDDIは楽天のケータイ事業参入を手助けする。一方、KDDIは「楽天ペイ」などの加盟店網を活用し、スマホ決済サービスを展開する。(2018/11/1)

本当にあったパワハラを味わえるブラック企業体験イベント「THE BLACK HOLIDAY」 よりによって勤労感謝の日に開催
架空の健康器具販売会社での業務を、劇団「子供鉅人」の演出で体感できます。(2018/11/1)

導入して成果を出す企業が急増中:
PR:え!? まだ使ってないの? ベストセラー『RPAの威力』を読み解く
RPAをバックオフィス業務などに導入して成果を出している企業が増えているが、実際、どのように活用しているのだろうか。ベストセラー『RPAの威力 〜ロボットと共に生きる働き方改革〜』(日経BP社)から具体的事例を読み解いていく。(2018/11/1)

製造現場でこそ使いたい! Fusion 360の魅力(6):
「Fusion 360」の現場導入、理想と現実【その1】
個人ユーザーを中心に人気を集めるオートデスクのクラウドベース3D CAD「Fusion 360」。ホビーユースだけではなく、本格的な設計業務でも活用できるというが、果たして本当なのか? “ママさん設計者”として活動する筆者が、現場目線でFusion 360の有効性や活用メリットを探る。連載第6回では、実際にFusion 360を導入した現場の状況を紹介する。(2018/11/6)

RPAで始める業務自動化のススメ(7):
せっかく作ったRPAが逆効果? 「野良ロボット」にご注意を
さまざまなITツールの中でも、RPAは導入した後に考えるべきことが特に多いソリューションと言えます。めでたく自分の業務を自動化するロボットを作れた……しかし、それが周りから迷惑がられる場合もあるのです。(2018/11/1)

複雑な業務環境を一元管理
働き方改革推進のヒント 理想的なテレワーク環境で「本当に必要なもの」とは
デバイスやアプリケーションが多様化し業務を取り巻く環境は複雑になっている。こうした中で働き方改革を推進するためには、どのような環境が必要なのか。(2018/11/6)

対象業務の選定が重要:
RPAの導入企業は過半数に満たず課題も多い、日本CHO協会が調査
日本CHO協会は、RPAの導入と活用に関する調査結果を発表した。RPAを導入している企業は半数に満たず、導入しても一部の業務でしか利用されていないなど、課題を抱える企業があることが分かった。(2018/10/31)

保護者への対応などが原因:
教員8割がストレスや悩み 過労死白書を閣議決定
過重労働が多いとされ、国の調査重点職種となっている教職員や医療関係者らが精神疾患など「心のストレス」を抱える原因として、保護者への対応や患者からの暴力・暴言が多いことが30日、厚生労働省などの調査で分かった。教職員への大規模調査で約8割が業務上のストレスや悩みがあると回答。調査内容を含む平成30年版の「過労死等防止対策白書」は同日、閣議決定された。白書は過重労働の是正に加え、ストレス対策も重要と指摘した。(2018/10/31)

ドローン測量:
測量CADシステム「TREND-ONE」とドローン業務のクラウドサービス「AEROBO Cloud」が連携
福井コンピュータは、将来的にドローンによる3次元測量が一般的になることを見込み、測量CADシステム「TREND-ONE」と、エアロセンスのドローン業務をサポートするためのクラウドサービス「AEROBO Cloud」のデータ連携を行った。(2018/10/31)

ネットワークと認証がセキュリティ強化の鍵
パッと使えて安全なPC通信環境をどう実現? テレワーク課題の解決方法とは
テレワークでは端末本体のセキュリティはもちろん重要だが、自席と同じように業務を進めるためには社内ネットワークに接続する通信環境も重要だ。(2018/10/29)

ジョイントベンチャーも設立:
グリーと中国「ビリビリ動画」運営元が提携 ゲーム開発・VTuber事業で協力
グリーと中国Bilibiliが業務提携。12月に合弁会社を設立し、スマホゲームアプリを共同開発していく。「VTuber」事業でも協業し、配信でも連携する。(2018/10/30)

グリー、中国「ビリビリ動画」と協業 スマホゲーム・VTuber事業で「巨大市場」狙う
グリーが「ビリビリ動画」などを運営するBiliBiliと業務提携。VTuber事業、スマホゲーム事業で協業する。(2018/10/30)

東芝デジタルソリューションズ:
熟練者の知見とセンサーデータを活用したAI業務ソリューションを実現
東芝デジタルソリューションズは、東芝コミュニケーションAI「RECAIUS」の新サービスとして、熟練者の知見とセンサーデータを活用して業務支援を行う「RECAIUS ナレッジプラットフォーム」の提供開始を発表した。(2018/10/30)

サポート延長だけでは済まないJava 8の移行検討
Javaアプリケーションを超軽量にしてマイクロサービス化する方法
Java 8業務アプリ利用の猶予はいつまでか。流動的な状況に多くの企業が混乱するが、オンプレかクラウドかの2択ではなく実態に即した支援を打ち出すベンダーがある。(2018/10/31)

DMM.makeの中の人に聞く「IoTとスキル」(3):
「何でも分かる」は強みか弱みか
IoTを業務に活用したい人たちをサポートしている、DMM.make AKIBAのスタッフへのインタビュー。今回は、DMM.make AKIBAでテックスタッフとして活躍している日野圭氏(2018/10/29)

モバイル端末のコスト、交換タイミングなど
スマートフォンを会社で支給する際にまず考えるべき4つのこと
組織が従業員に業務用モバイル端末を支給すれば、セキュリティやコストの点でIT部門の負担はいくらか軽くなる。従業員のモバイル端末をIT部門はどう管理すべきか説明する。(2018/10/28)

社員の“悲鳴”がきっかけで開発:
複雑過ぎる契約書の審査、AIの力で24時間から1分に――リコーの新技術「ディープアライメント」を見てきた
今まで隠れていた社員のニーズをきっかけに、AIで企業向けの新機能を開発した企業がある。新たに“文章の意味を比較するAI”を使い、法務部門が行う契約書の審査を自動化する新機能を「第2回 AI・業務自動化展 秋」に展示しているリコーだ。商品化の狙いを聞いた。(2018/10/26)

マルチデバイス対応で「Windows 10」も快適に管理
社外業務を安全にサポート、テレワークに必要なモバイルデバイスの統合管理とは
テレワーク導入を検討する際、モバイルデバイス管理において重要視すべきはセキュリティ対策だろう。管理の負担を軽減しつつ、確実に企業を守るにはどうすればよいか。(2018/10/29)

RPAで始める業務自動化のススメ(6):
RPAを試しに使ってみたい……けど、結局どのツールを選べばいいの?
RPAを試したい、と思った人がほとんどつまずく「一体、どのツールを使えばいいのか」という問題。今回はRPA導入プロジェクトの進め方として、PoC用のツール選定の基準から、適用する業務の選び方までを解説していきます。(2018/10/25)

ロボット導入事例:
ブロンコビリーはなぜロボットを導入したのか「より良いもの求めて常に試行錯誤」
ステーキレストランチェーンのブロンコビリーは、店舗内でのバッシング(食器の片付け)やサラダバーの補充といった業務の支援を目的にロボットを導入した。同社はなぜロボットを導入したのか、担当者に聞いた。(2018/10/24)

48の業種とセグメントをカバー:
データ主導型マーケティングを支援する「Oracle Data Cloud」の新たなSMBデータソリューション、Oracleが中小企業向けに発表
Oracleは、データ主導型マーケティングを支援する「Oracle Data Cloud」の新たなSMBデータソリューションを発表した。企業間(B2B)マーケティングの担当者の業務に役立つ。150万社以上の中小企業に散らばる1億1500万件以上のIDにコンタクトできるよう支援するという。(2018/10/24)

IT活用:
東北電力、変電所の運用作業に「スマートグラス」を導入
東北電力が変電所の運転・保修業務に「スマートグラス」を導入。現場作業員への作業支援による作業品質の向上や、効率化などの効果が見込めることから導入を決めたという。(2018/10/24)

AbemaTVが電通、博報堂と資本業務提携 広告拡販を強化
サイバーエージェント子会社のAbemaTVが電通、博報堂DYメディアパートナーズと資本業務提携する。広告拡販やコンテンツ調達を強化する。(2018/10/23)

日頃のPC操作からRPA適用業務を選定、RPAロボ作成・運用支援ツールも提供――NEC、RPAソリューションを拡充
NECは、RPAに適した作業候補を分析、提案するSIサービスを2019年2月に、RPAロボットの作成・運用を支援するパッケージソフトを2018年12月に提供開始するなど、RPAソリューションの拡充を図る。(2018/10/23)

医療機器ニュース:
独の医療機器メーカーと手術支援ロボット開発において業務提携を締結
メディカロイドは、KARL STORZと手術支援ロボット開発に向けた業務提携について基本合意書を締結した。両社の強みを生かし、安心して使える手術支援ロボットを国内外の医療現場に提供することを目指す。(2018/10/23)

カーシェアリングやドローンのもたらす新たなリスク
AI時代の保険業界 新しいテクノロジーにどう対処するか
保険会社でAIの活用が進んでいる。AIは社内の業務改善だけでなく、顧客対応や保険請求の処理に利用される。自動運転やサイバーセキュリティなど、AIが新たな損失リスクとなることも考慮しなければならない。(2018/10/23)

TikTokが音楽配信「AWA」と提携 年内に500万曲利用可能に
音楽定額配信サービス「AWA」が動画共有アプリ「TikTok」と業務提携。TikTok内での楽曲利用など両サービスの連携を進める他、新人アーティストの発掘やオリジナル楽曲の制作にも取り組む。(2018/10/22)

幸せと生産性を考える:
離職率28%だったサイボウズは、どうやってブラック企業から生まれ変わったのか
今から13年前、当時ベンチャーだったサイボウズは20人以上の社員が退社し、離職率が28%となりました。どんどん社員は辞めていくが、業務は山のようにあり、休日出勤も常態化しているといった、いわゆるブラックな労働環境だったという。そこからどうやってホワイト企業に生まれ変わったのだろうか。(2018/10/22)

感情分析ソリューション:
PR:働き方改革や健康経営を実現する「感情の可視化」とは
製造業をはじめとする企業の働き方改革や健康経営に向けてNECが開発したのが「感情分析ソリューション」だ。ウェアラブルデバイスで計測した従業員の生体データをクラウドに集めて分析し、感情の状態を可視化することで、適切な業務支援や注意喚起を行うとともに、これまで気付いていなかった業務プロセスや職場環境の改善に役立つ。(2018/10/25)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。