ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「認証」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ネットワークやサーバへ接続する際に本人性をチェックし、正規の利用者であることを確認する方法。一般には利用者IDとパスワードの組み合わせにより本人を特定する。
Authentication − @ITセキュリティ用語事典

NEWS TVが「Essential Phone」に注目する理由 最新のAndroid 9 Pieをいち早く使うには
(2018/8/16)

VRニュース:
VRの歴史は意外と長く、学生たちは失禁やもちもち感を再現する
デルは2018年7月24日、都内で「VR研究会 第1回会合」を実施した。「VR研究会」は同社が2018年3月に設立した産業向けVRの普及を推進するための組織である。今回の特別講演には奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 情報科学領域 サイバネティクス・リアリティ工学研究室 教授 清川清氏が登壇。(2018/8/16)

通信確立までの時間を短縮:
暗号化通信ライブラリwolfSSLが「TLS 1.3」に対応
wolfSSLは、同社が開発する組み込み向け暗号化通信ライブラリをTLS 1.3に対応させた。旧バージョンに比べて、通信を確立(ハンドシェイク)するまでの時間を短縮した他、デフォルトでより安全な暗号化方式を使用できる。(2018/8/16)

ドコモ、dアカウントユーザーに2段階認証呼び掛け 不正ログイン問題受け
「ドコモオンラインショップ」不正ログインによる「iPhone X」不正購入問題を受け、ドコモはdアカウントユーザーに対して、2段階認証を利用するよう改めて呼び掛けた。(2018/8/15)

ドコモのオンラインショップで不正購入 2段階認証の使用呼びかけ
パスワードの取り扱いについても「他サービスと使い回しをしないこと」「容易に推測できるパスワードを使わないこと」などを呼びかけ。(2018/8/15)

マキシム MAX32558:
セキュリティ機能内蔵マイクロコントローラー
Maxim Integrated Productsは、セキュアマイクロコントローラーの新製品「MAX32558」を発表した。複数の堅ろうなセキュリティ機能を小型パッケージに内蔵している。(2018/8/15)

Publickey:
Windows 10の次期アップデートでWebAuthnをEdgeに実装へ 生体認証やPINでWebサイトへログイン可能に
2018年10月ごろに予定されているWindows 10の大型アップデートで、パスワード不要でWebサイトにログインできる標準仕様「WebAuthn」をMicrosoft Edgeに実装する方向で開発が進んでいます。Windows 10 build 17723を入手できるユーザーは、その挙動を試すこともできます。(2018/8/15)

AMD、ワークステーション向けGPU「Radeon Pro WX 8200」を発表
999米ドルで、9月上旬に発売。(2018/8/14)

AppleのiPhone 6.1 LCDモデル、発売日決定か
次期iPhoneの一つとされるiPhone 6.1 LCDモデルは完品率1%の問題が解決し、発表日、発売日の予想も登場。(2018/8/14)

半径300メートルのIT:
“修羅場を誘うスマホ”のリアル 親しい人間関係を守る4つのルールとは
皆さんは、「スマホのセキュリティリスク」と聞くと、知らず知らずのうちに“悪意を持った第三者”を想定していませんか。実は、あなたのプライベートな情報が詰まったスマホをむき出しで置いておく最大のリスクは、もっと身近なところにあるんです――。(2018/8/14)

IoT/制御システムセキュリテイセミナー:
発電所や工場をサイバー攻撃から守れ、必要なのはOTとITの融和、経営陣の理解
MONOistとスマートジャパンが「IoT/制御システムセキュリテイセミナー」を開催。ネットワーク接続が当たり前になりIoTの利活用が進む中で、発電所などの重要インフラや工場などの産業制御システムセキュリティにどのような課題があるか、どのような対策が取り得るかについて、講演やセッションを通じて紹介した。(2018/8/14)

BAS:
ジョンソンコントロールズが考える“BAS”を進化させたスマートビルの未来像
ブルジュ・ハリファや上海タワー、あべのハルカスなど、世界を代表する90%以上の高層ビルに、ビル・オートメーション・システム(BAS)を提供しているジョンソンコントロールズ。次の展開として、AIやIoT技術を活用し、スマートビル・スマートシティーを実現する未来のBASを構想している。(2018/8/14)

「iPhone X」不正購入被害1000件 「ドコモオンラインショップ」に不正ログイン、リスト型攻撃で
「知らないうちに自分のアカウントでiPhone Xを買われ、代金が請求されていた」――「ドコモオンラインショップ」がリスト型攻撃による不正ログインを受け、悪意のある第三者に「iPhone X」を不正購入される被害が1000件発生していた。(2018/8/13)

佐川急便かたるSMSに新たな手口 iPhoneユーザー標的か 携帯番号・認証コード詐取
佐川急便の不在通知をかたるSMSに、iPhoneユーザーがターゲットとみられる新たな手口が。携帯電話番号と認証コードを詐取するフィッシングサイトに誘導する。「第三者にキャリア決済を上限額まで使われた」との報告も。(2018/8/13)

14万回以上の折り曲げに耐えるLightningケーブル オウルテックから
オウルテックは、9月7日にLightning充電ケーブル「Extreme Nylon OWL-CBCLTシリーズ」を発売。耐摩耗性・耐熱性に優れた新型強化メッシュ「ExtremeNylon」を被膜に使用し、14万回以上の折り曲げに耐える強化構造を実現している。(2018/8/13)

モバイルバンキング型トロイの木馬の検知数上位10種類は全てAndroid:
モバイルバンキングを狙うトロイの木馬が急増、カスペルスキーが「2018年第2四半期のサイバー脅威レポート」を公開
カスペルスキーが公開した2018年第2四半期のサイバー脅威レポートによると、モバイルバンキングを狙うトロイの木馬が急増している。検知数の上位10種は全てAndroidを狙ったものだった。(2018/8/13)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2018年7月版:
災害時のフリーWi-Fi、何が危ない?
7月のセキュリティクラスタは「豪雨災害とフリーWi-Fiスポットのセキュリティ」「不正アクセスで逮捕された若者がホワイトハッカーとして復活」「Chromeと非SSLサイトの警告表示」に注目が集まりました。(2018/8/10)

「Kaby Lake-G」を採用
Intel×AMDコラボCPU搭載の「XPS 15 2-in-1」 磁気浮遊式キーボードで薄型化
Dellの2-in-1デバイス「XPS 15 2-in-1」は、CPUとGPUをワンパッケージにまとめ、磁石の力でキーを浮かせるキーボードを採用するなどして薄型化を実現した。ただしタブレットとして使うには難点が残る。(2018/8/12)

指紋認証を初搭載! シリーズ最軽量の「mova F505i」(懐かしのケータイ)
国内で初めて、指紋認証センサーを搭載してセキュリティ機能の強化を図った「mova F505i」。動画撮影にも対応したメガピクセルカメラなどを搭載しつつ、505iシリーズでは最軽量を実現しました。(2018/8/12)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
2000円で買えるWi-Fiプラグ「NX-SM300」を試す Amazon EchoとGoogle Homeから家電の電源操作が可能
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は実売2000円で購入できる、NANXINのWi-Fiプラグを紹介する。(2018/8/11)

セルフィースマホから高性能カメラスマホへ Meituの新モデル「T9」で感じた変化
Meituの新スマホ「T9」は、同社の特徴であった美顔効果がブラッシュアップしただけではなく、アウトカメラの機能も強化している。「セルフィースマホ」から「高性能なカメラフォン」へと、Meituは製品の方向性を転換し始めている。(2018/8/11)

ASUS、13.3型の法人向け軽量モバイルノートPC「ZenBook 13 UX331UA」
薄型軽量モバイルPC「ZenBook 13」にWindows 10 Proを搭載した法人向けモデルが登場。(2018/8/10)

製造マネジメントニュース:
「検査員の運転スキル」が頼りの完成検査、ヒト依存から脱却へ
国土交通省は2018年8月9日、スズキとマツダ、ヤマハ発動機の3社において、排ガスの抜き取り検査で、正しい条件で測定できなかったデータを有効なものとして扱う検査不備があったと発表した。(2018/8/10)

MVNOに聞く:
なぜ貼るタイプなのか? H.I.S.モバイルと日本通信に聞く「変なSIM」の狙い
日本通信とH.I.S.の合弁会社、H.I.S.モバイルが、海外で利用できる「変なSIM」を発売。SIMカードに貼るタイプもあり、1つのSIMスロットで2枚のSIMを使える。この変なSIMの狙いを聞いた。(2018/8/10)

サムスンが「Galaxy Note9」発表 Bluetooth対応Sペンで操作性はどう変わった?
Samsung ElectronicsがNoteシリーズの新機種「Galaxy Note9」を発表。Bluetoothを内蔵したSペンを搭載。進化したポイントや使用感をレポートする。(2018/8/10)

メッセージキュー、APIゲートウェイ、FaaS:
ヤフーの、データフォレスト構想に向けたミドルウェア活用戦略とは
ミドルウェアに関連する大きなトレンドとして、「マイクロサービス化」や「API化」がある。「マイクロサービスはあくまでも1つの手段」と、ヤフーの福田氏は話す。だが、事業ニーズがこうした技術を求めつつあることは明らか。ヤフーはどのようなミドルウェア活用戦略を描いているのだろうか。(2018/8/10)

Mostly Harmless:
いまだに残るレガシー IEの“功罪”とは
「Microsoft Edge」をリリースして以来、「Internet Explorer」からの移行を呼びかけているMicrosoftですが、IEを完全にサポート外にはできない事情があるようです。(2018/8/10)

Ubiquitous TPM Security:
セキュリティモジュールの最新規格TPM 2.0/TSS 2.0対応ソフトウェアライブラリ
ユビキタスAIコーポレーションは、セキュリティモジュールの最新規格TPM 2.0およびTSS 2.0に対応したソフトウェアライブラリ「Ubiquitous TPM Security」を発売した。(2018/8/10)

決済ビジネスカンファレンス2018:
乱立する「QRコード決済」 普及の鍵を握るものは?
ここ最近、キャッシュレス決済、特にQRコードを使用した決済サービスの動きが活発だ。大手からベンチャー企業まで多彩なサービスを提供している。QRコード決済を日本で普及させるためには何が必要なのか?(2018/8/9)

東京五輪、日本の技術力アピールの場に 初の顔認証技術、NECが導入
2020年東京五輪・パラリンピックで、人工知能技術を使い、入場者の顔をIDカードに事前登録した顔写真と自動的に照合する認証システムを初めて導入すると発表した。(2018/8/9)

ベンダーの信頼性を評価する基準をおさらい
SOCサービス、信頼できるベンダー選びのコツは
SOC(セキュリティオペレーションセンター)は、社内に構築しないで外部委託することも可能だが、最適なベンダーの選び方は確実に理解しておく必要がある。(2018/8/9)

カブドットコム証券、オープンAPI「kabu.com API」の基盤をAWSで刷新 クラウド化でコスト半減
カブドットコム証券は、これまでオンプレミス環境で運用していた「kabu.com API」の基盤をAWSで刷新。OAuth 2.0の採用でセキュリティを強化した他、ユーザーニーズを生かしたAPIの改良も実施し、より使いやすいオープンAPIサービスを目指す。(2018/8/8)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
「このままじゃいけない」という危機感があるところにネタもある
必死な人たちはかっこいいと思うのです。(2018/8/8)

iPhone XやiPhone 8をワイヤレス充電できるスタンド ロジクールとAppleが共同開発
Qi規格準拠の充電スタンドがロジクールから登場。動画を見ながらiPhone XやiPhone 8をワイヤレス充電できる。(2018/8/8)

5分で読める簡単解説:
いまさら聞けない「デジタルツイン」
IoT活用やデジタル変革の流れの中で耳にすることが多くなった「デジタルツイン」。このデジタルツインとは何かを5分で分かるように簡単に分かりやすく解説します。(2018/8/8)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
ディスプレイ付きスマートスピーカーだからできること 「Amazon Echo Spot」をネットワークカメラの映像表示に活用する
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は「Amazon Echo Spot」から、ネットワークカメラ「Arlo Q(アーロ・キュー)」の映像を見る場合の設定方法と、その実用性をチェックしていこう。(2018/8/8)

混乱や待ち時間を解消?:
2020年東京五輪にNECの顔認証導入へ――関係者の認証チェックを「厳格かつ高速」に
※記事末尾に動画付き※ 東京2020大会の全会場と選手村、プレスセンターなどに、NECの顔認証が導入されることが分かった。関係者以外立ち入り禁止エリアの入場管理を、安全かつ迅速に実現できるという。(2018/8/8)

最新版では修正済み
「iOS 11」のApple純正カメラアプリで見つかった脆弱性 悪用例と対策を解説
「iOS 11」のカメラアプリに脆弱性が見つかった。最新版では修正済みであるこの脆弱性は、どのように悪用される可能性があるのか。どうすれば問題を回避できるのか。(2018/8/8)

AWS、Azure、WordPressを安全に運用する
クラウドやサーバレスが浸透、IT運用チームが実践すべきセキュリティ対策は?
企業のセキュリティ対策は、クラウド化やサーバレスプラットフォームの導入に伴い、ファイアウォールといった従来の対策にとどまらなくなった。新しい環境でデータとアプリケーションのセキュリティを確保するには。(2018/8/8)

自然エネルギー:
ブロックチェーンによる「非FIT再エネ」の環境価値取引、環境省が主導
ブロックチェーンにより、電力関連サービスの新しいスタイルを模索する動きが本格化している。ブロックチェーンを使えば、消費者間で再エネを取引することも可能になるという。ブロックチェーン技術は、再エネを取り巻く状況に、どんな変化をもたらすのか?(2018/8/8)

神戸市教育委員会、化学工業メーカーによるユーザー事例も:
PR:不適切なIT資産管理によりデジタルビジネスを失敗させないためには、どうすればいいのか――ITAM World 2018レポート
ビジネスとITの融合が進む中、SAM/ITAMの対象領域は大きく拡大し、ビジネスを遂行する上で欠かせない考え方になっている。そのような中で、IT資産管理とリスク管理、ビジネスの成長に向けて企業が押さえるべきポイントは何か。標準化の動向から、ツールやソリューションの使い方のポイント、人材育成、最新テクノロジーの対応までを対象に実施されたITAM World 2018からそのヒントを探る。(2018/8/6)

全会場は五輪初:
五輪で初の顔認証システム、NECが東京で導入
NECは、2020年の東京五輪・パラリンピックで、同社の顔認証システムが採用されたと発表した。(2018/8/7)

レノボ、手のひらサイズ筐体モデルも用意したエントリーWS「ThinkStation P330」シリーズ
レノボ・ジャパンは、エントリークラスモデルのデスクトップワークステーション「ThinkStation P330」シリーズを発表した。(2018/8/7)

画像ヒントを併用して短所を克服:
パスワードの後継となるか? 米研究者、新しいパスフレーズシステムを提唱
パスフレーズはパスワードよりも文字数が長いために安全だが、覚えにくく、入力ミスも多い。この欠点を取り除いた新しいパスフレーズシステムを米国の研究者が開発した。一週間以上経過した時点で従来のパスフレーズシステムと比較したところ、正答率が30ポイント以上向上したことが分かった。(2018/8/7)

東京五輪、関係者は「顔認証」入場 大会史上初 “改札並み”にスムーズ
2020年の東京五輪・パラリンピック競技大会では、関係者が会場に入る際、NECの顔認証システムが使われる。選手やスタッフ、ボランティアなど大会関係者約30万人が対象。(2018/8/7)

半径300メートルのIT:
「変えたパスワードをいちいち覚えられるか!」という人に、今知って欲しい方法
銀行口座にメール、会社のシステム――必要なパスワードが年々増えて、「面倒くさいから、いっそ同じパスワードで通したい」と思ったこと、ありませんか? 危ないからダメって言ったでしょ! とお母さんのようなことを言いたいわけではなく(言いたいけど)、実は「簡単で、覚えやすくて、しかも強い」パスワードを作る方法があるんです。(2018/8/7)

古田雄介のアキバPickUp!:
第2世代Ryzen対応の新チップセット「B450」がデビュー アキバの反応は?
X470の下位となるB450チップセットを搭載したマザーが一斉に売り出された。1万円切りモデルやmini-ITXモデルもあり、Ryzen自作の選択肢を増やしている。店頭の評判は……?(2018/8/6)

MSI、ビックカメラ専売のQuadro P2000搭載モバイルWS
エムエスアイコンピュータージャパンは、第8世代CoreプロセッサとQuadroを標準搭載したモバイルワークステーション計2製品を発表した。(2018/8/6)

製造マネジメントニュース:
トレジャーデータを得たArm、「ペリオンプラットフォーム」をIoTのゆりかごに
Armは、データマネジメントプラットフォームを展開するトレジャーデータを買収したと発表した。買収額は非公開。既に買収を完了しており、トレジャーデータのWebサイトにはArmのロゴが入っている。(2018/8/6)

LITE-ON Technology/STマイクロエレクトロニクス:
Sigfox認証取得済みワイヤレス通信モジュールをIoT市場向けに提供
LITE-ON Technologyは、Sigfox認証を取得したワイヤレス通信モジュール「WSG300S」「WSG303S」「WSG304S」「WSG306S」をIoT市場向けに提供すると発表した。(2018/8/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。