ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「認証」最新記事一覧

ネットワークやサーバへ接続する際に本人性をチェックし、正規の利用者であることを確認する方法。一般には利用者IDとパスワードの組み合わせにより本人を特定する。
Authentication − @ITセキュリティ用語事典

デル、最長17時間駆動が可能な13型ビジネスノート「Latitude 7380」
デルは、13.3型フルHD液晶ディスプレイを内蔵したプレミアムビジネスノートPC「Latitude 13 7000 シリーズ(7380)」など2製品の発表を行った。(2017/8/22)

ファーウェイ、8型WUXGA液晶を備えたエンタメ向けタブレット「HUAWEI MediaPad M3 Lite」
華為技術日本は、エンターテインメント向けタブレット“M”シリーズの最新モデル「HUAWEI MediaPad M3 Lite」を発表した。(2017/8/22)

家庭用レーザー加工機「Cubiio」が登場 デザインデータをもとに精密なカットや刻印が可能
工作だけでなく、パンケーキやマカロンにおしゃれな焼き印を入れるなんて使い道も。(2017/8/22)

Polyspace:
PR:宇宙ロケットをも吹き飛ばすソフトウェアバグは根絶できるのか
製品開発を進める上でソフトウェアバグへの対応は重要だ。特に、ランタイムエラーの検出や根絶は極めて難しい。MathWorksの静的検証ツール「Polyspace」を使えば、開発したソフトウェアコードにランタイムエラーが無いことを「証明」することができる。(2017/8/22)

次期iPhoneはどうなる?:
「iPhone 8(仮)」にはTouch IDが搭載されない?
次期iPhoneのプレミアムモデル「iPhone 8(仮)」は、ベゼルのないデザインになり、ホームボタンが廃止されると予想されている。そうなると、Touch IDはどうなるのか? 新たなセキュリティ機能が搭載される可能性も?(2017/8/21)

SMSでの緊急を煽るメッセージにご注意:
モバイルバンキングユーザーを狙う「スミッシング攻撃」の手口とは
McAfee Labsが、米国で発生しているSMSを利用してオンラインバンキングユーザーを狙うフィッシング攻撃の手口を公開。「不明な電話番号からのメッセージは常に疑うこと」と警鐘を鳴らした。(2017/8/21)

アリオン CarPlay認証試験:
CarPlay認証試験に国内初対応、ワンストップサービスの提供も可能に
アリオンは、「CarPlay」の認証試験項目であるUSB Signal Integrity Testの正式な試験機関として、アップルから認定を受けた。今回の認定により、USB-IF認定の試験機関でもあるアリオンは、USB SI TestとTID取得を合わせたワンストップサービスも提供可能になった。(2017/8/21)

太陽光:
太陽光パネルの出力保証に保険、LONGi Solarが初採用
エーオンジャパンとテュフ ラインランド ジャパンは、太陽光パネルメーカーの出力保証をバックアップする新たな保険スキームを開発。パネルメーカーが製品評価の費用を負担するというもので、中国LONGi Solarが採用を決めた。(2017/8/21)

PR:プレゼン好きの「小学生」がITに出会い、エバンジェリストになるまで
さまざまなITベンダーから登場している「エバンジェリスト」という職種。彼らがその道を選んだ理由はさまざまだが、幼少期に芽生えた「プレゼンが好き」という思いを貫き、エバンジェリストになった人がHPEにいるという。(2017/8/21)

全モデル“デュアルカメラ”――「ZenFone 4」ファミリーを写真でチェック
ASUSが「ZenFone 3」の後継機種となる「ZenFone 4」と、そのファミリーを発表した。現在多くのMVNOで取り扱われ、いわゆる格安スマホを代表する機種の1つとなっているZenFone 3だが、新機種はどうか。発表会のタッチアンドトライ会場からレポートする。(2017/8/18)

ソフトウェアを作る人、作らせる人に必須の知識を提供:
「“セキュアなソフトウェア開発”は夢物語ではない」──OWASPがトレーニングを無償で開催
OWASPが2017年9月30日に、アプリケーションセキュリティに関する無償トレーニングイベント「2017 OWASP World Tour Tokyo」を東京工業大学で開催する。開催の狙いをキーパーソンに聞いた。(2017/8/18)

“本当に進む”問題解決〜現場のコンサル力で事業を変える(4):
論理的にアイデアを導き出す「演繹法」ってご存じですか?
机上の空論になりがちな「問題解決」、それを本当に進めるための“現場のコンサル力”向上のヒントをお届けする本連載。第4回では、一つのテーマからモレ・ダブりなく解決策を生み出していくための「演繹法」についてお伝えします。(2017/8/18)

エンドユーザーコンピューティングではまさに「熱い」技術
「AIに職場を乗っ取られる」は大間違い 専門家が語るAI活用の未来とは
「企業のIT系社員は、AIに仕事を奪われる未来を恐れている」というのは間違いだ。多くの専門家は、AIが彼らの仕事を補佐すると指摘する。データ管理など、AIは人ができない仕事をこなしてくれるからだ。(2017/8/18)

セルフィーモデルは“デュアル”インカメラ――「ZenFone 4」ファミリーのミドルレンジモデルが3機種登場
「ZenFone 4」の派生機種としてデュアルインカメラを備えた「ZenFone 4 Selfie」「ZenFone 4 Selfie Pro」と、5000mAhバッテリーを備える「ZenFone 4 Max Pro」が登場する。【追記】(2017/8/17)

車載情報機器:
トヨタがカーシェア事業に本腰、2017年秋からハワイの販売店でサービス開始
トヨタ自動車は、同社販売店向けのカーシェア事業用アプリを開発したと発表した。2017年7月から米国ハワイ州の販売店であるServcoと試験的な運用を開始しており、同年後半には同州ホノルルで一般顧客向けのカーシェア事業を始める。(2017/8/17)

工場ニュース:
味の素が自動化を進めた包装工場稼働、ロボット採用で生産性1.7倍に
味の素は、ロボットなどを採用し自動化を推進した新工場を建設し、このほど稼働を開始した。(2017/8/17)

今からでも間に合う「GDPR」対策【第1回】
いまさら聞けない「GDPR」(一般データ保護規則)の真実 “罰金2000万ユーロ”の条件は?
EUで2018年5月に適用開始となる「GDPR」が、国内企業にとっても無視できないのはなぜなのか。具体的に国内企業にどのような影響があるのか。誕生までの歴史を含めて、あらためて整理します。(2017/8/17)

次期iPhoneはどうなる?:
次期iPhoneのカメラはどんな進化を遂げるのか
9月の発表が予想される新型iPhone。気になる進化の1つが「カメラ」だ。デュアルカメラの継承は必然といえるが、他にどんな機能が追加されるのだろうか。(2017/8/16)

Qualcomm、Android端末やVR/AR向け深度センサーカメラモジュール
Qualcommが、次世代Snapdragon向けの新しいカメラモジュールを発表した。虹彩認証や深度センサーを搭載し、顔認証やAR/VR HMDでの動画処理を改善するという。(2017/8/16)

パナソニック:
ベルギーZetesの物流ソリューション分野の強みを生かしビジネス拡大
パナソニックは、物流および人物認証、モビリティソリューション大手のベルギーZetes Industriesの発行済株式を100%取得し、非上場化を完了した。(2017/8/15)

Computer Weekly製品導入ガイド
ビジネスIoTセキュリティに特効薬は存在せず
優れたアプリケーション、既存のITセキュリティ対策の実装、そして新しいアイデアの採用によってこそ、IoTの脅威から企業を守ることができる。(2017/8/15)

機能美にうっとり:
モジュールで拡張できるコンパクトでスタイリッシュなPC「HP Elite Slice」を試す
「できるだけ小さく、機能は豊富なPCを」というニーズに対し、HPは「モジュール式」で拡張できるミニPCという答えを出した。デザインにこだわりつつ、性能面やセキュリティ面でも妥協していない。(2017/8/11)

各機能の要不要を見極めてから導入を
Windows 10「こんなはずじゃなかった集」、拡大画面が元に戻らない……
「Windows 10」の機能や共通アプリには、企業にとって“注意すべき”ものもあるという。導入後、思わぬトラブルに見舞われた複数の企業のIT担当者が語る。(2017/8/11)

ASUS、8月17日に新機種「ZenFone 4」発表へ
ASUSが台湾のサイトで「ZenFone 4」の発表を予告している。8月17日に発表する予定。背面に2つのカメラを搭載している。(2017/8/10)

シャープ、3辺挟額縁「Aquos S2」を中国で発売へ
シャープが画面占有率84.95%の3辺挟額縁端末「Aquos S2」を中国で8月14日に発売する。価格は2499元(約4万円)から。5.5型ディスプレイの下部に指紋センサーを備える。(2017/8/10)

不正が発覚した中国の認証局、Microsoftも無効化を通告
中国の認証局WoSignとStartComの証明書については米Mozilla、Google、Appleも無効化を通告しており、これで全主要ブラウザで両社の証明書が通用しなくなる。(2017/8/10)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(38):
続報、Windows 10のデスクトップ環境をDaaSのVDIで利用可能に――ライセンスの明確化
Microsoft製品およびサービスの使用権の説明資料である「製品条項(PT)」の2017年8月1日の改訂版に、「Windows 10マルチホスティング」の権利が追加されました。この権利が明文化されたことで、Microsoft Azureおよび認定クラウド上でWindows 10 Enterpriseを正式に実行できるようになりました。(2017/8/10)

最新技術よりも基本に目を向けるべし
セキュリティ“ずぶの素人”でも安全な「Windows 10」環境が手に入る“4つの基礎”
多くの企業のIT部門には、高度なサイバーセキュリティスキルを持つ優秀な人材が不足している。だがセキュリティ対策の基本を着実に実践すれば、「Windows 10」を安全に保つことが可能だ。(2017/8/10)

カルソニックカンセイ 新会社「WHITE MOTION」:
未パッチでも「停止」はできるように――過渡期ならではの「車のセキュリティ」を模索
カルソニックカンセイはフランスのサイバーセキュリティ企業であるQuarksLabとの合弁で、「車のセキュリティ」に取り組む新会社「WHITE MOTION」を設立した。サイバーセキュリティとセーフティの両立を目指すという。(2017/8/10)

コネクテッドカー向けセキュリティ基盤の実証実験を開始:
NTTデータ、ミラクル・リナックス、サイバートラスト、次世代IoT向けエッジデバイス基盤の開発で協業
NTTデータ、ミラクル・リナックス、サイバートラストの3社が次世代IoT分野で協業すると発表。各社の技術を持ち寄り、新世代IoTのセキュリティを踏まえた「エッジコンピューティング」基盤の体制を整える。協業の第一弾としてコネクテッドカー向けIoTセキュリティソリューションの開発を進める。(2017/8/9)

組み込み開発ニュース:
Bluetooth技術が多対多間デバイス通信可能なmeshネットワークをサポート
Bluetooth SIGは、多対多間デバイス通信が可能なmesh機能を有した「Bluetooth mesh」を発表した。大規模なデバイスネットワーク構築向けに最適化され、ビルオートメーションなどのIoTソリューションに適している。(2017/8/9)

変更は2017年8月24日から:
Office.comへの「条件付きアクセスポリシー」の適用方法が変更 管理者は「何」をすべきか
「Office.com」への条件付きアクセスポリシーの適用方法が、2017年8月24日に変更される。何が変わるのか、どんなシーンで影響があるのか、管理者は何をすべきかをまとめた。(2017/8/8)

思ったよりスゴい“筒”:
どこでも使えるボーズの360度モバイルスピーカー「Bose SoundLink Revolve」を試す
昨今では選択肢が非常に多いBluetoothスピーカー。ボーズの「Bose SoundLink Revolve Bluetooth speaker」もそのうちの1つ。この“筒”には、どのような魅力があるのだろうか。(2017/8/8)

半径300メートルのIT:
海外旅行中に“スマホで大失敗しない”方法
海外旅行中もスマホを手放せなくなった今、旅先で“スマホで失敗しない”方法とは。(2017/8/8)

医療機器ニュース:
医療業界の情報漏えいが深刻な米国、暗号化通信でないIPアドレスは2万件超
トレンドマイクロは、「医療業界が直面するサイバー犯罪とその他の脅威」を公開した。医療システムのセキュリティ状況について調査した結果、インターネットに露出した医療機関の機器が全世界で10万件以上あった。(2017/8/8)

生体認証はどこまで進むのか
十分に進化した生体認証は“手に埋め込んだチップ”すら不要になる
英国人の4分の1は、20年後には手に埋め込んだチップで決済するようになると考えている。さまざまな技術や方法が提案される中、将来主流となる決済方法は何だろうか。(2017/8/8)

IoT機器の統合管理基盤:
ミラクル・リナックスら4社、IoT機器のセキュリティをクラウド提供
ソフトバンク・テクノロジーとサイバートラスト、ミラクル・リナックスがRambusと共同で、電子認証を用いたIoT機器の安全性確保に乗り出す。コネクティッドカーなど出荷後にも安全性の担保が必要なIoT機器に向ける。(2017/8/8)

アンカー、USB 3.1(Gen2)に準拠したUSB Type-Cケーブル2種を発売
アンカー・ジャパンは、8月5日に最大データ転送速度10GbpsのUSB 3.1(Gen2)に対応したUSB Type-Cケーブルを2種類を発売。最大100Wの給電ができる「USB PD(Power Delivery)」規格も採用している。(2017/8/7)

世界電子政府進捗度ランキング、日本は5位から4位へ
今年で13回目の「世界電子政府進捗度ランキング調査2017」の結果は、1位シンガポール、2位デンマーク、3位は米国。(2017/8/7)

Windows PowerShell基本Tips(18):
【 Search-ADAccount 】コマンドレット――特定の条件を満たすActive Directoryのアカウントを検索する
本連載は、Windows PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、「Search-ADAccount」コマンドレットです。(2017/8/7)

かつての課題は解決されつつある
「プライベートクラウド、実はこんなに魅力的」と評価が変わる日は来るか
コストは低下の一途をたどり、パブリッククラウドとの相互運用性も向上し続けていることから、プライベートクラウドを実装するメリットはますます顕著になっている。(2017/8/7)

「VALU」やめました やめるのは、とても大変でした
話題のネットサービス「VALU」を安易に始めてしまい、やめるまで四苦八苦した筆者の実録。(2017/8/4)

製造マネジメントニュース:
パナソニックが物流強化、ベルギーのソリューション企業を子会社化
パナソニックは、ベルギーの物流および人物認証およびモビリティソリューションの大手Zetes Industriesの発行済株式を100%取得し、非上場化を完了したことを発表した。(2017/8/4)

地方創生のカギはデジタル産業革命にあり NEC執行役員の石橋氏
さまざまな課題を抱える西日本の地方都市は、ITの力で再生できるのか。NEC 社会公共ビジネスユニット 西日本担当執行役員の石橋研二氏に聞いた。(2017/8/4)

イーソル eT-Kernel Multi-Core Edition:
eT-Kernelコアのプラットフォーム、「RZ/G1M」搭載ボードに対応
RTOS「eT-Kernel Multi-Core Edition」を中核としたプラットフォームが、ルネサス「RZ/G1M」を搭載した「Armadillo-EVA 1500」に対応した。(2017/8/4)

手持ちのPCでWindows hello指紋認証が可能になるUSB指紋認証リーダー
サードウェーブデジノスは、Windows Helloに対応した USB指紋認証リーダー「Diginnos DG-UA1」の販売を開始した。(2017/8/3)

デル、Windows 10 IoT Enterpriseを採用した14型モバイルシンクライアント
デルは、同社製ノートPC「Latitude」をベースとした14型モバイルシンクライアント端末「Latitude 3480 モバイルシンクライアント」を発表した。(2017/8/3)

バラして見ずにはいられない:
Galaxy S8+には“最先端”の中身が詰まっていた
Samsungの最新スマートフォン「Galaxy S8+」の分解レポートをお届けする。中身を見ると、最先端の部品が詰まっている。気になるバッテリーのメーカーも調べた。(2017/8/3)

Wi-Fi Alliance:
5GとLPWAに挟撃されるWi-Fiはどこに活路を見いだすのか
IoTに無線技術は欠かせないが“Things”への搭載を考えると「高速化するセルラー」「遠くまで届くLPWA」に比べ、老舗規格ながらWi-Fiの影は薄い。IoT時代にWi-Fiはどこでプレゼンスを発揮するのだろうか。(2017/8/3)

PR:スマートフォンだけでお出かけ! カードスロット付き&手帳型ケースで改札通過も支払いも楽々に
梅雨も明け、本格的な夏がやってきた。装いも薄手になり、持ち物を減らしたい時期だ。ICカードを収納して身軽にお出かけできるスマートフォンケースと、ICカードを便利に使う豆知識を紹介する。(2017/8/3)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。