ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「CPU」最新記事一覧

Central Processing Unit:中央処理装置

質問!CPU・メモリ・マザーボード→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でCPU・メモリ・マザーボード関連の質問をチェック

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(12):
HPEが開発する「The Machine」のカギは、メモリのスケーラビリティ
Hewlett Packard Enterpriseが開発を進めている「The Machine」は、メモリをアーキテクチャの中心に据えている。理論上は1.35PBの共有メモリに対し、40960のCPUコアからアクセスできる。このスケーラビリティが新たなアプリケーションにつながる可能性がある。(2017/9/20)

PR:現役プロ3DCGクリエイターが触って実感!「Endeavor NJ6100E」の魅力
デスクトップ版CPUを搭載する15.6型ノートPC「Endeavor NJ6100E」の実力は? 国産RPGの金字塔「ファイナルファンタジー」の生みの親こと坂口博信氏が手がける最新ゲーム「テラバトル2」の公式トレーラーを制作したIKEDA氏に話を聞いた。(2017/9/19)

働き方をもっと自由に:
PR:デスクトップ並の高性能がもたらす「Endeavor NJ6100E」の価値
エプソンダイレクトの新鋭機「Endeavor NJ6100E」は、デスクトップ向けCPUと高性能GPUをノート型PCに収めたパワフルな製品だ。エンジニアリング、クリエイティブの現場を大きく変える!(2017/9/8)

Ryzen Threadripper“旧価格”購入者にAMDが補填を実施 クオカードで収拾を図る
日本AMDは、同社製最新CPU「AMD Ryzen Threadripper」の初期購入者向け補填の実施を発表した。(2017/9/7)

ASUS、ノートPCとして世界初のRyzen 7 1700採用17.3型ゲーミングノート「ROG STRIX GL702ZC」
ASUS JAPANは、8コアCPUとなるRyzen 7 1700を採用した17.3型ゲーミングノートPC「ROG STRIX GL702ZC」を発表した。(2017/9/6)

ファーウェイ、AI対応をうたった最新CPU「Kirin 970」を発表
Huawei Technologiesは、10nmプロセスを採用した同社製最新CPU「Kirin 970」の発表を行った。(2017/9/4)

AMD、企業向けCPU「Ryzen PRO」を出荷を告知 搭載製品は近日発売
米AMDは、ビジネス向け機能を盛り込んだ最新CPU「Ryzen PRO」プロセッサの出荷開始をアナウンスした。(2017/9/1)

マウス、Irls Plus 650を標準装備したスリム15.6型ノートPC「m-Book H」
マウスコンピューターは、最新のCPU内蔵グラフィックス機能となるIrls Plus 650を利用可能な15.6型ノートPC「m-Book H」を発表した。(2017/8/31)

古田雄介のアキバPickUp!:
Ryzen Threadripper、2週間目の大幅値下げに「効果なし、もくしは逆効果」の声
お盆直前に登場したAMDの上位CPU「Ryzen Threadripper」の国内価格がいきなり2万円近く下がり、一部で話題となっている。しかし、売れ行きアップにつながっているわけでなく……。(2017/8/28)

サイコム、Ryzen Threadripperを搭載した水冷デスクトップ「Aqua-Master X399A」
サイコムは、同社製水冷PC「Aqua-Master」シリーズのラインアップにAMD製ハイエンドCPUとなるRyzen Threadripper搭載モデルを追加した。(2017/8/24)

Synology、処理能力を大幅強化したエントリー4ベイNAS「DS418j」
台湾Synologyは、個人/SOHO利用に向く4ベイ搭載NAS「DS418j」を発表。従来モデルからCPUの強化などが行われている。(2017/8/17)

CPUやGPUが「総合職」なら、TPUは「専門職」
Googleの「Tensor Processing Unit(TPU)」は 機械学習処理の救世主か
Googleの発表した「Tensor Processing Unit(TPU)」は、機械学習モデルのトレーニングと実行向けに設計された。CPUやGPUと比較したTPUの長所と短所について解説する。(2017/8/15)

古田雄介のアキバPickUp!:
Ryzen Threadripper登場! X399マザーだけ買う人も
AMDのハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」と対応するX399マザーが売り出された。コアなファンの注目を集めているが、一方でX399マザーのみ購入する人もいるらしい。なぜだろう?(2017/8/14)

「Windows 10 Pro for Workstations」、4CPU・6TBのRAMサポートで今秋登場へ
Microsoftは「Windows 10」の「Fall Creators Update」で、ハイエンド向け新エディション「Windows 10 Pro for Workstations」を追加する。デフォルトで「ReFS」が有効で、最高4のIntel Xeon/AMD Opteron、6TBまでのメモリをサポートする。(2017/8/13)

データベースサポート最前線の現場から(14):
【Oracle Database 12c】Oracleライセンス「SE2」検証 スレッド数制限、“Oracle RAC環境”ではどのように制御されるのか
データベース管理システムの運用でトラブルが発生したらどうするか。データベースサポートスペシャリストが現場目線の解決Tipsをお届けします。Oracleの新ライセンス形態「Standard Edition 2」の機能制限がどのように行われるのか、今回は「Oracle RAC環境の場合のCPUスレッド数制限」を検証します。(2017/8/4)

子会社設立し、IPを販売へ:
デンソー、自動運転の判断を担う新プロセッサ開発へ
デンソーは2017年8月8日、自動運転システムに向けた新しいプロセッサを開発する子会社を設立すると発表した。CPUやGPUといったプロセッサとは異なる新しいプロセッサを開発し、半導体IPとして広くライセンス販売する計画。(2017/8/8)

TSUKUMO、Ryzen搭載ゲーミングPCが対象の無償CPUアップグレードキャンペーンを開始 100台限定
Project Whiteは、同社販売のBTOゲーミングPCを対象とした無償アップグレードキャンペーンを開始した。(2017/8/2)

データベースサポート最前線の現場から(13):
【Oracle Database 12c】Oracleライセンス「SE2」検証 CPUスレッド数制限、“同一サーバ内に複数のDBがある場合”はどう動くのか
データベース管理システムの運用でトラブルが発生したらどうするか。データベースサポートスペシャリストが現場目線の解決Tipsをお届けします。Oracle Database 12c(12.1)で採用されたライセンス形態「Standard Edition 2(以下、SE2)」の機能制限がどのように行われるのか、今回は「同一サーバ内に複数のデータベースがある場合」を検証します。(2017/8/2)

SMBの新たな脆弱性、研究者がDEF CONで発表 Microsoftは対処予定なし
悪用された場合、標的とするマシンにDoS攻撃を仕掛けてメモリとCPUリソースを枯渇させ、サービスを妨害することが可能とされる。(2017/8/1)

AMD、メインストリーム向け4コアCPU「Ryzen 3」を販売開始
米AMDは、メインストリーム向けの最新4コアCPU「Ryzen 3」の販売開始をアナウンスした。(2017/7/27)

データベースサポート最前線の現場から(12):
【Oracle Database 12c】Oracleライセンス「SE2」検証 CPUスレッド数制限はどんな仕組みで制御されるのか
データベース管理システムの運用でトラブルが発生したらどうするか。データベースサポートスペシャリストが現場目線の解決Tipsをお届けします。今回は、Oracle Database 12c(12.1)で採用されたライセンス形態「Standard Edition 2(以下、SE2)」の機能制限がどのように行われるのかを検証します。(2017/7/26)

「ARMコアの普及」(後編)――Intelの牙城に迫るプロセッサIP
ARMはCPUの設計図(IP)を開発販売する企業だが、現在のような地位は「製品の素晴らしさ」だけで培われたものではない。Intelの牙城を侵食しつつあるまでに至った、ARMの強さの源泉を探る。(2017/7/24)

Linux基本コマンドTips(129):
【 pidstat 】コマンド――プロセスのリソース使用量を表示する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、プロセスごとのCPUの使用率やI/Oデバイスの使用状況を表示する「pidstat」コマンドです。(2017/7/21)

「ARMコアの普及」(前編)――AppleとNokiaに見初められたプロセッサIP
ソフトバンクによる買収で知名度を上げたARMだが、ARMが扱う「CPUの設計図」である「ARMコア」の用途はスマートフォンに限るものではなく、さまざまな分野で利用されている。なぜ「ARMコア」は広まったのか。(2017/7/18)

古田雄介のアキバPickUp!:
新型「Core X」発売 一番人気はCore i7-7820X
Intelの新世代ハイエンドCPU「Core X」シリーズが店頭に並び、早速売れ筋が生まれている。一方、マイニング需要は一部のショップで落ち着いてきたとの声も。(2017/7/17)

16コアの「Ryzen Threadripper 1950X」は999ドル 8月初旬発売
AMDが最新デスクトップ向けCPU「Ryzen Threadripper」および「Ryzen 3」の発売時期と価格を発表した。(2017/7/14)

GPU、NVDIMMなどへの対応と密度が特徴:
スペックで見るDell EMCの最新サーバ「Dell EMC PowerEdge 14G」シリーズ
デルとEMCジャパンは2017年7月13日、インテルの最新サーバ用CPUを搭載した「第14世代Dell EMC PowerEdgeサーバ」(以下、PowerEdge 14G)シリーズを発表した。「Wave 1」(第1弾製品群)として、「Dell EMC PowerEdge R940」「R740」「R740xd」「R640」「C6420」の販売および出荷を全世界で開始した。スペックを中心に紹介する。(2017/7/14)

Linux基本コマンドTips(127):
【 mpstat 】コマンド――CPUごとの使用率を表示する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、CPUごとの使用率を表示する「mpstat」コマンドです。(2017/7/14)

AMD、エンタープライズ向けデスクトップCPU「Ryzen PRO」を発表
米AMDは、企業導入向けとなるデスクトップCPU「Ryzen PRO」の発表を行った。(2017/6/30)

知る人ぞ知る存在:
中国CPUコアメーカー、Alibabaが成長を後押し
中国のCPUコアベンダーであるC-Sky Microelectronicsは、米国テキサス州オースティンで開催された「Design Automation Conference(DAC)」に出展した。同社の成長を後押ししているのが、中国の大手eコマース事業者Alibabaだ。(2017/6/23)

取り組み状況を説明:
Intel、CPU+FPGAなど打ち出し自動運転攻略へ
Intel(インテル)は2017年6月22日、自動車分野に向けた取り組み状況に関するメディア向け説明会を開催した。(2017/6/23)

事業は売却される方針だが:
新MIPSコア、Mobileyeの「EyeQ5」に搭載へ
Imagination Technologies Groupが、64ビットのCPUコア「MIPS I6500-F」を発表した。同社は2017年5月に、MIPS事業を売却する方針と発表していて、今回の新製品はImaginationにとって重要な鍵を握るものとなりそうだ。(2017/6/20)

伝統の「TrackPad」か、新世代の「ForcePad」か
一番気持ちよく使える「ノートPCのタッチパッド」はどれだ
WindowsにしてもmacOSにしてもノートPCの動作にポインティングデバイスは不可欠だ。その使い勝手はCPUやSSD以上に製品そのものの使い心地を左右する。今選べるポインティングデバイスを比較する。(2017/6/18)

新iPadはi5 Macに匹敵する性能 iPad Pro(10.5-inch)ベンチマーク
MACお宝鑑定団が独自にベンチマークした結果、10.5インチiPad Proが搭載しているCPU、GPUのとんでもない性能がわかった。(2017/6/13)

組み込み開発ニュース:
ARMプロセッサがAI性能向上へ、最新のマルチコア技術「DynamIQ」を採用
英ARMは、新たなCPUコア「Cortex-A75」「Cortex-A55」とGPUコア「Mali-G72」を発表した。Cortex-A75/A55は、高度なAI実現に向けた同社の「DynamIQ」の技術をベースとした初の製品となる。(2017/6/13)

新しい「iMac」、RAMとCPUが(物理的には)換装可能──iFixitの分解で明らかに
AppleがWWDC 2017で発表した新しいiMacの21.5インチモデルをiFixitが分解し、RAMは取り外し可能なSO-DIMM×2でプロセッサもソケットでロジックボードに設置されていることを明らかにした。(2017/6/9)

モバイルPC向けプラットフォーム:
Qualcomm、新SnapdragonでIntelの牙城に参入
Qualcommが、最新SoC(System on Chip)「Snapdragon 835」で、Intelの独壇場であるモバイルPC向けCPU市場に参入した。(2017/6/7)

Apple、「iMac Pro」発表 CPU・GPU大幅強化、「過去最高パワーのMac」
プロ向けの一体型デスクトップ「iMac Pro」が登場。(2017/6/6)

ロイヤルティーフリーも検討:
Intel、いずれはThunderboltをCPUに統合へ
Intelの高速インタフェース「Thunderbolt」は、USBに比べて、対応製品の価格が高かったり、種類が少なかったりするなどの課題がある。同社はこれを解決すべく、将来的にはThunderboltをCPUに直接、統合する計画を立てているようだ。(2017/6/2)

DynamIQに初めて対応:
ARMの新型コア「Cortex-A75/A55」、AIを促進
「COMPUTEX TAIPEI 2017」開催前日の記者説明会で、ARMが新型CPUコア「Cortex-A75」と「Cortex-A55」を発表した。最大8種類の異なるCPUコアを1クラスタ上に構成できるアーキテクチャ「DynamIQ」をベースにした、最初のCPUコアとなる。新Cortex-Aシリーズの最大のターゲット市場は、AI(人工知能)だ。(2017/5/31)

Sensuで始めるクラウド時代のシステム監視(6):
InfluxDBとChronografでメトリクスを可視化する
新たなクラウド監視ツールとして注目され始めている「Sensu」の活用方法を解説する本連載。今回は、CPUやメモリの使用率などのメトリクスを可視化する方法を解説します。(2017/5/31)

Intel「Core i9」発表 18コア/36スレッドの新CPU
ハイエンドデスクトップPC向けの「Core i9」を含むプロセッサ・ファミリー「Core X」を発表した。(2017/5/30)

ソフトバンク傘下のARM、AI高速化の新CPU/GPU発表 搭載端末は2018年に
AppleやQualcommがアーキテクチャを採用するARMが次世代CPU「Cortex-A75」「A-55」およびGPU「Mali-G72」を発表。2018年にはAI高速化設計のこれらのプロセッサ搭載の端末が登場する。(2017/5/30)

Intel、「Thunderbolt 3」をCPUに統合し、ロイヤリティフリーに
IntelがAppleと共同開発した高速汎用データ転送技術「Thunderbolt」を自社のプロセッサに統合し、2018年にはプロトコル仕様をサードパーティーにロイヤリティフリーで公開すると発表した。(2017/5/25)

頭脳放談:
第204回 人工知能がFPGAに恋する理由
最近、人工知能(AI)のアクセラレータとしてFPGAを活用する動きがある。なぜCPUやGPUに加えて、FPGAが人工知能に活用されるのだろうか。その理由を解説する。(2017/5/25)

米SiFive、850万米ドル獲得:
RISC-Vベースチップ手掛ける新興企業が資金調達
RISC-VアーキテクチャをベースのCPUコアやカスタムSoCなどを手掛ける米国の新興企業SiFiveが合計1350万米ドルの資金を調達した。(2017/5/17)

PR:静音を極めたRyzen搭載スペシャルマシン「Silent-Master Pro B350A」
サイコムの静音PCシリーズ「Silent-Master Pro」にCPU市場で話題を独占しているRyzenを搭載したモデルが早くも登場した。(2017/5/16)

バッファロー、デュアルコアCPUを採用した小規模オフィス向けのスタンダードNAS
バッファローは、小規模オフィス向けNAS「リンクステーション for SOHO」シリーズのラインアップにデュアルコアCPU搭載モデル2シリーズを追加した。(2017/5/10)

レノボ、最大8基のストレージを装着できる1Uラックマウントサーバ「Lenovo System x3250 M6」など2製品
レノボ・ジャパンは、同社製エントリーサーバのラインアップに最新CPUを搭載した新構成モデル「Lenovo System x3250 M6」「Lenovo ThinkServer TS150」の2製品を追加した。(2017/4/18)

Ryzen 5搭載BTOデスクトップPCが各社より発売
AMD製最新CPUとなるRyzen 5搭載PCの発表が各社より行われている。(2017/4/12)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。