ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「浮気」最新記事一覧

関連キーワード

初めて「全米が泣いた」映画が登場したのはいつ? → 本気で調査してみたら、俺が泣きそうになった
全米がッ! 泣くまでッ! 調査が終わらないッ(涙目)!(2017/9/21)

スピン経済の歩き方:
なぜ政治家とマスコミは「ダブスタ」に陥ってしまうのか
自民党議員の不倫スキャンダルを痛烈に批判して「政治家失格」のレッテルを貼っていたマスコミが、今回は「政治家の不倫などたいした問題ではない」なんて調子で態度を豹変している。なぜこのような「ダブルスタンダード」にハマってしまうのか。(2017/9/12)

川崎希、第1子出産後の体重減でふらふら アレク「沢山食べてもらってんのにな、、」
54.5キロから48.3キロに。(2017/9/10)

川崎希とアレクサンダーに第1子誕生 不妊治療乗り越え
おめでとうございます!(2017/8/29)

Over the AI ―― AIの向こう側に(14):
開き直る人工知能 〜 「完璧さ」を捨てた故に進歩した稀有な技術
音声認識技術に対して、長らく憎悪にも近い感情を抱いていた筆者ですが、最近の音声認識技術の進歩には目を見張るものがあります。当初は、とても使いものにはならなかったこの技術は、なぜそこまでの発展を遂げられたのか――。そこには、「音声なんぞ完璧に聞き取れるわけない!」という、ある種の“開き直り”があったのではないでしょうか。(2017/8/29)

レッドブルレーシング事例で紹介
企業がマルチクラウド環境に向かうべき“必然”と普及へのハードル
多くの企業は複数のクラウドサービスを利用する「マルチクラウド」体制を取っているだろう。だが複数のクラウドサービスを管理することは容易でない。合理的なマルチクラウド管理戦略とは。(2017/8/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
Uberのセクハラ騒動が、私たちに教えてくれたこと
世界的なIT企業が集まるカリフォルニア州のシリコンバレーがざわついている。「セクハラ問題」だ。騒動の発端は……。(2017/8/3)

世界を読み解くニュース・サロン:
上西、松居騒動になぜトランプが登場するのか
上西小百合議員のTwitter暴言と、松居一代氏の離婚問題騒動が盛り上がっている。興味深いのは、両ケースとも米国のトランプ大統領とからめた話が出ていることだ。なぜ大統領の名前が出てくるかというと……。(2017/7/27)

高橋一生×ミスチルで話題の感動CM 11日間のメイキングムービー公開
高橋さんと黒木華さんのインタビューも。(2017/7/24)

スピン経済の歩き方:
なぜ渡辺謙さんは「不倫謝罪会見」をこのタイミングで開いたのか
7月15日、俳優の渡辺謙さんが「不倫謝罪会見」を開いた。4カ月も逃げ回っていたのに、なぜこのタイミングで会見を開いたのか。背景にさまざまな大人の事情がからんでいて……。(2017/7/18)

インターネットを席巻する“フリー素材の巨乳美女”は何者か フリーランスのグラドル「茜さや」さんに話を聞いた
“フリー素材美女”のバックボーンを探りつつ、フリーランスとしての苦労や、フリー素材としての実情などを聞いてみました。(2017/7/15)

私の彼氏「超イケボ」なの…… 声優・山寺宏一や緒方恵美の“彼女”になれる写真が大流行
イケボ彼氏ができちゃった。(2017/6/1)

汗だくスマッシュ&しゃしゃしゃしゃー! 映画「ミックス。」卓球×ガッキーが案の定カワイイ!
かわいいしかない。(2017/5/25)

アレク、妊娠中の妻・川崎希のぽっこりお腹をサッカーボールに例え続ける
出産も近づいてきました。(2017/5/8)

福田雄一監督による吉野家CMがシュール テイクアウトする菅田将暉さんを実況する佐藤二朗さんが独特の世界観
「勇者ヨシヒコ」を思い出す人も。(2017/4/29)

「ただいまTwitter」 はじめしゃちょーが約1カ月ぶりにツイート、しかしリプライ欄はダンディ坂野まみれに
マクドナルド公式キャンペーンを使った荒らし行為が行われています。(2017/4/27)

イケメン三角関係がまた荒れる! 城田優に甘える赤西仁、“おやすみLINE”がただのカップル
もうなにがなんだか。(2017/4/26)

不倫騒動の濱松恵、東京03豊本の“1回だけ”発言に反論 「最後くらい嘘つかないで!」
結局真相はどうなの……。(2017/4/21)

ドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」、正式タイトルが「サヨナラ、えなりくん」に決定 秋田県などから抗議受けて
えなりくんはきりたんぽだった……?(2017/4/21)

「アーウィン女性探偵社」経営会社が破産 SEO対策費の削減が裏目に
SEO対策費を削減したことで、受注機会の減少を招いたという。(2017/3/31)

不倫報道のアレクサンダー、妻・川崎希から“ブログでは書けない”お仕置き 親同伴で家族会議も
現場が自動車の中だったことから、車内も録画できるドライブレコーダーを購入したそうです。(2017/3/26)

「浮気してたなんて……」 飼い主の恋人が残したヘアピンを発見して立ち尽くす猫の画像が話題に
この、泥棒猫!(2017/3/24)

「のんちゃんの事情聴取 まぢできついよ、、」 不倫報道のアレクサンダー、川崎希の怒りにやつれる
「このまま済むと思うなよ 私は本当にぶちぎれたからね」(川崎希)(2017/3/24)

じんたんと順はいかに生まれたのか? 脚本家・岡田麿里さんの自伝「学校へ行けなかった私が『あの花』『ここさけ』を書くまで」発売
アニメと現実は少しだけ地続きです。(2017/3/9)

PR:地デジまで変わった! “自発光”を手に入れた東芝レグザ「X910」の実力
国内メーカーのトップをきって日本市場に投入される東芝の4K有機ELレグザ「X910」シリーズ。4K/HDRのUltra HD Blu-ray™はもちろん、情報量の少ない地デジもスッキリきれいに映し出す。AV評論家・本田雅一氏が自宅で徹底レビュー。(2017/3/10)

この匂いは……浮気にゃー! 猫カフェに寄ったら家の愛猫にバレて本気の激おこ状態に
猫「浮気、絶許!」(2017/3/1)

AbemaTVの暴挙(想定内) 今度はひな祭りの“アニメ7作品一挙放送”に「ヨスガノソラ」「BLOOD-C」をブチ込んできた
「ヨスガノソラ」は兄と妹が玄関でアレヤコレヤする作品。(2017/2/25)

“攻めてる”CMはどうやって生まれた? 五ヶ瀬ハイランドスキー場CM担当者に聞いてみた
毎年話題になる五ヶ瀬ハイランドスキー場のユニークなCM。制作者に裏側を聞きました。(2017/2/4)

ねとらぼレビュー:
ドラマ「バイプレイヤーズ」第3話 文春が引き続き大不倫キャンペーン中! 芸能人スキャンダル問題にヒヤヒヤしっぱなし
ウミガメの生命の営み。(2017/1/28)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
人工知能を武器にさらに愛されようとするクルマ、愛し過ぎてつらくなりそう
感情を理解するための人工知能を搭載したクルマ、精神年齢は小学校低学年程度になるそうです。だからこんな妄想が盛り上がってしまうのです。(2017/1/10)

安田美沙子、夫の不倫報道にブログでコメント「またゼロから、夫婦の形を」
週刊文春の報道を受けて。(2016/12/28)

Over the AI ―― AIの向こう側に(6):
時をかける人工知能 〜たった1つの数値で結果から原因に遡る
「ベイジアンネットワーク」は、私が最も使い倒している人工知能技術の1つです。ある事柄について、たった1つしか信頼に値する数字がなくても、「現在の結果」から「過去の原因」を、遡(さかのぼ)って推測できる。そんな技術なのです。(2016/12/28)

「もしかして俺たち……入れ替わってない?」 五ヶ瀬ハイランドスキー場のCMが今年も飛ばしている件
町長も出てます。(2016/12/20)

クリスマスは「嫁探し」だ! ニコ生、12月24日0時から「ごちうさ」「きんモザ」「のんのんびより」「うまる」など9作品全話一挙放送
ちなみにAbemaTVでは、「School Days」「WHITE ALBUM」を一挙放送。(2016/12/17)

炎上するリスクを減らすには:
ノンスタ井上の事件、吉本興業の正念場
お笑いコンビ「NON STYLE(ノンスタイル)」の井上裕介氏の事件は今、大きな岐路に立っています。厳しい状況であることは当然ですが、この先の対応は今正に正念場です。(2016/12/14)

AbemaTVはクリスマスに何か恨みでもあるの? 「WHITE ALBUM」「School Days」を一挙放送する暴挙に出る
なにこのラインアップ。(2016/12/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
支持率4% フランス大統領も不人気のワケ
フランスのオランド大統領の支持率がかなり低迷している。ル・モンド紙が行った調査によると、支持率は4%。1848年にフランスで初めて大統領が誕生して以降、史上最低の記録だというが、なぜここまで低迷しているのか。その理由は……。(2016/12/1)

Over the AI ――AIの向こう側に(5):
沈黙する人工知能 〜なぜAIは米大統領選の予測に使われなかったのか
世界中が固唾をのんで、その行方を見守った、2016年11月8日の米国大統領選挙。私は、大統領選の予測こそ、人工知能(AI)を使い倒し、その性能をアピールする絶好の機会だとみていたのですが、果たしてAIを手掛けるメーカーや研究所は沈黙を決め込んだままでした。なぜか――。クリントンvsトランプの大統領選の投票を1兆回、シミュレーションしてみた結果、その答えが見えてきました。(2016/11/29)

俺情出張企画「俺たちのGaroon」レポート:
PR:「経営者はクラウドが安いと洗脳されている!?」 情シスの悩みをサイボウズに直談判
サイボウズの年次イベント「Cybozu Days 2016」にITmedia エンタープライズの情シス交流会「俺たちの情シス」が出張。「俺たちのGaroon」として、グループウェア活用の悩みやメリットについて、ユーザーの皆さんとディスカッションを行いました。(2016/11/29)

世界を読み解くニュース・サロン:
夫の不貞に耐えたのに、ヒラリーの悲しき末路
2016年の米大統領選が終わった。1年半にわたって繰り広げられた大統領選は、大方の予想に反して、不動産王のドナルド・トランプが大統領に選ばれた。トンデモ大統領が誕生するわけだが、ひとつ気になることがある。それは敗北したヒラリー・クリントンと夫であるビル・クリントン元大統領との関係だ。(2016/11/10)

妻を取り戻すために戦うオスペンギンの姿に涙 ナショナルジオグラフィックの動画が話題に
夫婦仲良しと言われるペンギンたちも、ときには修羅場に……。(2016/11/8)

私にも構ってよっ! 新品のPCに嫉妬して甘えにかかるネコ
浮気してるわけじゃないんだよ。(2016/11/2)

Over the AI ――AIの向こう側に:
困惑する人工知能 〜1秒間の演算の説明に100年かかる!?
コンピュータは、入力値から出力値に至る演算のプロセスを、順番通りに説明できます。ところが、「なぜ、その結果になったのか」と尋ねると、途端に説明できなくなってしまいます。困惑し、黙りこくったり、自分が行った演算を“言い訳”のごとく延々と説明したりと、迷走を始めるのです。(2016/10/28)

「春画」の語源は「中国の健康本」だった!? 奥深い春画の世界
歴史好きの歴女さんたちに集まっていただき、春画の面白さを再発見。(2016/10/26)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
父・家康とは対照的 側室は一人もいなかった徳川秀忠はマジメ?
偉大な父親、徳川家康の陰であまり目立たない存在だった2代将軍・徳川秀忠。一人の側室も持たず、マジメキャラのイメージがありますが、実際には……?(2016/10/22)

杉田智和、アイマス声優の集合写真からNo.1ヒロインを決定 「右上(武内P)が一番かわいい」
気持ちはスゴく分かる。(2016/10/17)

元IT記者が描く近未来SF:
マンガ「AIの遺電子」出張掲載 第42話「ボタン」
週刊少年チャンピオン×ねとらぼ(2016/10/16)

Over the AI ――AIの向こう側に(3):
笑う人工知能 〜あなたは記事に踊らされている〜
AI(人工知能)に関する記事は、メディアにあふれ返っています。私は「これらの記事では“人工知能”のことがさっぱり分からん」との結論に至りましたが、では、人工知能を技術的に理解している人は実際どれだけいるのでしょうか。ざっくり推定すると、なんと、例えば「深層学習」を理解している人は50万人のうち4人、という結果を得たのです。(2016/9/28)

新しいプリンセスかな? 深田恭子、ミッキーとミニーに囲まれて大はしゃぎ「かわいすぎる3ショット」
かわいいが限界突破している。(2016/9/20)

スマートフォンのデータが法廷で不利な証拠になる可能性も
24時間365日、スマホを一時でも体から離せないというユーザーは多いでしょう。裁判の証拠にもなるスマートフォンに蓄積されたデータの扱いとは――。(2016/8/31)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。