ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「HELLGATE」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「HELLGATE」に関する情報が集まったページです。

オンラインRPG「HELLGATE」、大型アップデート「HELLGATE:TOKYO」を8月17日実施
ハンビットのオフラインイベントなどで予告されていた近未来のTOKYOがついに「HELLGATE」に登場する。(2011/8/10)

HUE、新規タイトル「Free Jack」はじめ2011年の展開を発表
(2011/2/16)

1名をロンドンへ招待する「研修ミッション」とは?――オンラインRPG「HELLGATE」謎のプロモーションを開始
ハンビットから、オンラインRPG「HELLGATE」に関して、意味深な「アルバイト募集」の告知が届いた。ARG(代替現実ゲーム)手法を採り入れたキャンペーンとのことなのだが、果たしてその中身とは?(2011/1/21)

冬休みはゲームしよう:
「これがPCゲームの世界だ!」――気炎を上げる秋葉原PCゲームフェスタ
最新のPCゲームを一堂に集めた1週間ぶっ通しのイベント「秋葉原PCゲームフェスタ」が開催中だ。初日はインテル・天野氏による「Sandy Bridge」にまつわるギリギリトークも飛び出した。(2010/12/27)

USTREAMでの生中継も決定――「HELLGATE」オープニングセレモニーを11月26日に開催
クローズドβテストが終了し、オープンβテスト開始を目前に控える「HELLGATE」。そのオープンβテスト開始直前より、カウントダウンを含めた「オープニングセレモニー」が開催され、USTREAMで生中継される。(2010/11/22)

オンラインRPG「HELLGATE」、11月26日よりオープンβテスト開始
オープンβテスト開始に向けイントロページもオープンし、プロモーション動画が公開されている。(2010/11/15)

テスター募集受付を開始――「HELLGATE」のクローズドβテスト開始日が11月3日に決定
テスター募集人数は3000人。テスト参加者にはオープンβテスト時にアイテムがプレゼンとされるほか、友達を誘ってプレイできる「フレンドアカウント」も配布される。(2010/10/15)

ハンビット、「HELLGATE」クローズドβテストのテスター募集を10月15日より開始
8月までに行われた2回の「評価・改善テスト」を経て、オンラインRPG「HELLGATE」のクローズドβテストがいよいよ11月からスタート。(2010/10/9)

新規プレイヤー募集も開始――オンラインアクションRPG「HELLGATE.」8月27日より第2回「評価・改善テスト」を実施
2回目となるテストでは、前回からの改良に加え新規コンテンツ「拠点防衛戦」も追加される。(2010/8/17)

ハンビット、5月25日から「HELLGATE(仮)」評価・改善テストのテスターを募集開始
(2010/5/25)

ハンビット、オンラインアクションRPG「HELLGATE:RESURRECTION」の日本国内独占ライセンス契約締結
ハンビットユビキタスエンターテインメントは1月28日、韓国のハンビットソフトとオンラインアクションRPG「HELLGATE:RESURRECTION」(日本正式タイトル未定)の日本国内独占ライセンス契約を締結した。(2010/1/28)

「ヘルゲート:ロンドン」日本語版の発売日決定
エレクトロニック・アーツより発売されることになった科学と魔術が交錯するPC向けオンラインゲーム「Hellgate:London」の発売日が6月26日と発表された。(2008/5/21)

「ヘルゲート:ロンドン」、バンダイナムコからEAに販売・発売元を変更
(2008/3/18)

E3を総括する 〜北米の北米における北米のためのExpo〜:
「E3」これだけ読めば大丈夫?
現地時間の7月10日〜12日の期間、北米カリフォルニア州サンタモニカで「E3」が行われたが、昨年までのものとは大きく様子が違っていた。今年のE3を紐解きながら、今後のゲーム市場動向を推測する。(2007/7/19)

アラジン、メールとWebに特化した中堅企業向けコンテンツゲートウェイ
アラジンジャパンは、中堅企業を対象にメール/Webコンテンツゲートウェイアプライアンスを販売する。(2007/7/6)

「Templar」のスキル紹介ムービー公開――「ヘルゲート:ロンドン」
(2007/5/25)

オンライン仕様と「カバリスト」、「ハンター」に属する各2つのクラス判明――「ヘルゲート:ロンドン」
「Templar」に属する2つのクラス「Blademaster」と「Guardian」を紹介した前回に引き続き、さまざまな術を使いこなす魔導師「Cabalist」(カバリスト)と遠距離攻撃を得意とする「Hunter」(ハンター)に属する各2つのクラスが明かされた。(2007/5/10)

テンプル騎士団に属する2つのクラス判明――「ヘルゲート:ロンドン」
バンダイナムコゲームスが全世界で展開する「ヘルゲート:ロンドン」のキャラクタークラスの1つ「Templar」に属する2つのクラス「Blademaster」と「Guardian」の存在が明らかになった。(2007/3/30)

2007 International CES:
過去にないほど多数のゲームタイトルを展示――マイクロソフトブース
今年のマイクロソフトブースは、当然Windows Vista一色かと思いきや、ここはE3か!? と思わせるほどゲーム関連の展示に力を入れていた(2007/1/10)

3番目のクラスは遠距離攻撃を主体とする“ハンター”と判明――「ヘルゲート:ロンドン」
バンダイナムコゲームスが販売権を獲得し、全世界での展開を準備している「ヘルゲート:ロンドン」の3番目のキャラクタークラスが判明した。(2006/11/9)

東京ゲームショウ2006:
「ヘルゲート:ロンドン」の本気度を体験してください――バンダイナムコゲームス
東京ゲームショウのバンダイナムコゲームスブースにおいて、日本語版が試遊できる「ヘルゲート:ロンドン」の説明会が行われ、バンダイナムコゲームスの本気度を宣言した(2006/9/23)

ChinaJoyで見かけた中国のMMORPG
ChinaJoyで展示されたゲームも、KONAMIとSCEIを除けば全てPC用オンラインゲーム。日本人が気になりそうな、ChinaJoyで見かけたMMORPGを中心に紹介しよう。(2006/7/31)

「Hellgate: London」E3に出展
(2006/5/12)

E3 2006「バンダイナムコゲームスブース」:
ついに起動、Xbox 360「機動戦士ガンダム(仮題)」――PSP「Ace Combat X」もプレイアブルで出展
バンダイナムコゲームスは、Xbox 360「機動戦士ガンダム(仮題)」、PSP「Ace Combat X」、「Tekken: Dark Resurrection」など、17タイトルのプレイアブル版を用意。ブース内にあるスクリーンでは、「鉄拳6」などのムービーも上映されていた。(2006/5/12)

ナムコ、PC用ゲーム「ヘルゲート:ロンドン」を日本で発売へ――製品発表会開催
本日9月15日、ナムコは北米サンノゼにある開発子会社ナムコ・ホームテックとフラッグシップ・スタジオによるオンラインゲーム「ヘルゲート:ロンドン」を日本でも販売することを決定、その発表会を行った。(2005/9/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。