ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「喧嘩番長」最新記事一覧

「ガチトラ!」イメージキャラクターに南明奈さん&AMEMIYAさん
(2011/2/24)

週間ソフト販売ランキング:
狙うは変わらぬ順位
1月31日〜2月6日の期間に集計した今回のソフト販売ランキングでは、DS「逆転検事2」がトップとなりました。(2011/2/10)

食品に衣装、コンビニまで――「ガチトラ!」タイアップを紹介
(2011/2/10)

週間ソフト販売ランキング:
新作ざくざく
期末は新作が多く発表されるもの。すでに戦端は開かれていたようです。(2011/2/3)

500人がすでにダチ! 「喧嘩番長5」発表会で南明奈さんがやり込み具合を告白
(2011/1/26)

「喧嘩番長5」と格闘技イベント・THE OUTSIDERがコラボ
(2011/1/21)

成瀬直人とのタイマンが実現――2月10日まで「喧嘩番長 全国制覇」「喧嘩番長5」コラボキャンペーンを実施
ソーシャルゲーム「喧嘩番長 全国制覇」の世界に、「喧嘩番長5」の成瀬直人が「謎の転校生と」して殴り込みをかけるキャンペーンが本日からスタート。あなたは漢・成瀬とのタイマンに勝てるか?(2011/1/19)

PSP「喧嘩番長5〜漢の法則〜」とジーンズメイトがコラボしてTシャツ販売
1月27日に発売を予定しているPSP「喧嘩番長5〜漢の法則〜」が、ジーンズメイトとコラボレーション。1月20日よりTシャツを販売する。(2011/1/12)

持ち帰り弁当で回復! 本家かまどやと「喧嘩番長5」がコラボ
(2010/12/22)

「喧嘩番長5」にテーマソングのレザージャケットが登場!
(2010/12/15)

カジュアル服でキメろ! 「喧嘩番長5」とジーンズメイトがコラボ
(2010/12/3)

学ラン姿のアッキーナ再び――「喧嘩番長5〜漢の法則(オトコのルール)〜」、イメージキャラクターに南明奈を起用
「喧嘩番長4」のプロモCMで、学ラン姿でビーム発射を決めた南明奈が、シリーズ最新作でもイメージキャラクターを務めることに。果たして、今回アッキーナが披露する必殺技は何?(2010/11/30)

1位はやっぱりポケモン――「TSUTAYA」チェーンでの2010年ゲーム年間売上ランキング発表
ゲームのほかにCD/DVDレンタル・販売や書籍販売も手がける「TSUTAYA」チェーンが、今年10月までの年間売上ランキングを発表した。1位は誰もが予想通りの結果だが、それに続くタイトルは果たしていかに?(2010/11/15)

PSP「喧嘩番長5〜漢の法則〜」が“餃子の王将”とコラボ
2011年1月27日に発売を予定しているスパイクのPSP用ソフト「喧嘩番長5〜漢の法則〜」に“餃子の王将”登場。メニューも再現される。(2010/11/12)

モバゲーで抗争勃発――「喧嘩番長 全国制覇」提供開始
(2010/4/23)

日々是遊戯:
意外に多い! ゲームキャラのTwitterアカウントを探してみました
最近では政治家や芸能人もたしなむ、つぶやきコミュニケーションサービス「Twitter」。そんなTwitter上でよく見かける、ゲームキャラのアカウントをまとめてみました。(2010/3/12)

週間ソフト販売ランキング:
目からビーム出ます
敵は新型(1年生)です(在校生目線でいうところの)。(2010/3/4)

「torne(トルネ)」活用講座も――「体験!プレイステーション」2月27日開催
(2010/2/17)

アッキーナほか豪華ゲストが登場、ニュースも山盛り――期待の新作をプレイできたチュンソフト×スパイク “大収穫祭 09-10”開催
チュンソフトとスパイクの新作ソフト発表会が開催。豪華ゲスト陣によるステージイベント、新作の体験プレイなど密度の濃いイベントとなった。(2009/11/30)

ITmedia Gamezから20組優先招待:
最新作が体験できるプレミアムイベントに招待――チュンソフト×スパイク“大収穫祭 09-10”
スパイクとチュンソフトは、11月29日(日)にラフォーレミュージアム六本木において、プレミアムイベント「チュンソフト×スパイク“大収穫祭 09-10”」を開催する。(2009/11/6)

ニコ動は売り上げ7割増、赤字も拡大 ドワンゴ上半期
ドワンゴの10〜3月期は最終黒字に転換したが、ニコ動を含むポータル事業は売り上げが拡大したものの、赤字も増えた。(2009/5/13)

PS2「新宿の狼」ゲーム内に狩野英孝さんが登場
(2009/1/22)

PlayStation Store、ユーザーにクリスマスプレゼントを提供
(2008/12/10)

笑い要素ありのFlashゲームが登場―「喧嘩番長3〜全国制覇〜」
(2008/11/21)

「喧嘩番長3〜全国制覇〜」先行体験会を開催
(2008/11/14)

スパイク、「喧嘩番長3〜全国制覇〜」カスタムテーマを配信
(2008/11/13)

「喧嘩番長3〜全国制覇〜」、PlayStationStoreで体験版を配信
(2008/11/6)

プレイアブル版初公開2タイトルを披露――スパイク、新作タイトルスニークプレビュー開催
(2008/9/17)

いいえ、それは仕様です
間違いを真実のように見せるためには、勢いが大事。さらに、お金があればなおのこと、信憑性も増すというものです。(2008/9/3)

メンチビーム、PSPに登場――「喧嘩番長3〜全国制覇〜」発売決定
アクションゲーム「喧嘩番長」シリーズ最新作がPSPソフトで登場。全国の47都道府県の番長と対決!?(2008/8/25)

「喧嘩番長2」がPlayStation 2 the Bestに
(2008/2/7)

「喧嘩番長2 〜フルスロットル〜」レビュー:
再び放たれるメンチビーム! シブイ漢(おとこ)たちのシビアな喧嘩の世界
メンチビームがプレイステーション 2に帰って来た! 独特の不良文化を背景に自由度の高い喧嘩アクションが楽しめた「喧嘩番長」の続編は、前作以上に広大なマップ、新たな主人公、バイクの運転などの新要素が盛り込まれている。メンチきってタンカきって、ひたすらに殴れ!(2007/3/29)

「くるくる◇プリンセス〜フィギュアできらきら☆氷のエンジェル」レビュー:
タッチペンでの演技が新鮮――フィギュアスケートを題材にしたゲーム
スパイクの「くるくる◇プリンセス」は、中学2年生の女の子がフィギュアスケート界の頂点を目指すという少女マンガチックなゲーム。題材の目新しさもさることながら、ニンテンドーDSのタッチスクリーンを使って演技をするのがユニークで、トリプルアクセルはもちろん、なんと前人未到のクワドラプル(4回転)アクセルまで繰り出せる。(2007/3/28)

「エルヴァンディアストーリー」公式サイトでWebゲームランキング大会を開催
(2007/3/7)

今度は新宿に殴り込み――「喧嘩番長2」体験会をさくらやで開催
(2007/3/2)

「喧嘩番長2」TVCMを公式サイトで先行公開
(2007/2/26)

西東京地区に殴り込み――「喧嘩番長2 〜フルスロットル〜」先行体験会を開催
(2007/2/23)

「喧嘩番長2」公式サイトにWebゲームが登場。PVも公開
(2007/2/7)

「喧嘩番長2」発売日が3月8日に決定
(2007/1/19)

「喧嘩番長2」の発売日が延期に
(2007/1/5)

「喧嘩番長2」でもメンチ切る――嶋大輔さんがイメージキャラクターに
スパイクから2007年1月に発売されるプレイステーション 2ソフト「喧嘩番長2〜フルスロットル〜」のイメージキャラクターに、俳優・嶋大輔さんが起用された。嶋さんは前作「喧嘩番長」でもイメージキャラクターを務めた。(2006/12/25)

「ガンつけてんじゃねーやこら」――「喧嘩番長2〜フルスロットル〜」ブログパーツ配信
(2006/12/12)

「喧嘩番長2」の「ノブオのブログ」がスタート
(2006/12/4)

ツッパリアクションゲーム「喧嘩番長 -黒真連合編-」をiアプリで配信
(2006/10/13)

「喧嘩番長2 〜フルスロットル〜」公式サイトがオープン
(2006/10/11)

スパイク、無料ゲームサイト「スパGAME」を開設
(2006/8/17)

アートとエンターテインメントが交差する最先端を知る――「第9回 文化庁メディア芸術祭賞贈呈式」
CG-ARTS協会と文化庁は、「第9回 文化庁メディア芸術祭」が2月24日〜3月5日の日程で東京都写真美術館で開催するのに先駆けて、受賞作品に対し「第9回 文化庁メディア芸術祭賞贈呈式」を行った。(2006/2/23)

嶋大輔もお祝いのコメントを発表――「喧嘩番長」が10万本出荷を達成
(2005/7/1)

「喧嘩番長」のミニゲームがShockwaveで遊べる
(2005/5/2)

兄貴ィ! 番長連合の殴り込みです!!
(2005/4/15)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。