ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「MEANスタックで始めるWebアプリ開発入門」最新記事一覧

MongoDB、Express、AngularJS、Node.jsで構成されるMEANスタックを用いたWebアプリの開発方法について紹介していく連載。

MEANスタックで始めるWebアプリ開発入門(9):
AngularJSの「サービス」で理解するDI(Dependency Injection:依存性注入)の基本
MEANスタックを用いたWebアプリの開発方法について紹介していく連載。今回は、ビジネスロジックを実行するAngularJSの「サービス」の概要と種類、使い方に加え、DI機能の概要と設定方法を紹介する。(2016/4/7)

MEANスタックで始めるWebアプリ開発入門(8):
Web開発者が覚えておきたい、よく使うAngularJSのビルトインディレクティブ12選まとめ
MEANスタックを用いたWebアプリの開発方法について紹介していく連載。今回は、AngularJSにデフォルトで用意されている便利なディレクティブの使い方をサンプルコードと共に紹介する。(2016/2/1)

MEANスタックで始めるWebアプリ開発入門(7):
AngularJSの理解で欠かせないコントローラーとas記法、データバインディングの基本的な使い方
MEANスタックを用いたWebアプリの開発方法について紹介していく連載。今回は、AngularJSのコントローラーやas記法の使い方に加え、さまざまなデータバインディングの行い方などについて解説する。(2015/11/6)

MEANスタックで始めるWebアプリ開発入門(6):
いまさら聞けないAngularJSの基礎知識と5つの主な特徴、インストール、簡単な使い方
MEANスタックを用いたWebアプリの開発方法について紹介していく連載。今回は、JavaScriptのMVWフレームワークAngularJSの概要、セットアップ方法、基本的な使い方、AngularJS 2.0での変更点などを解説する。(2015/9/3)

MEANスタックで始めるWebアプリ開発入門(5):
いまさら聞けないMongoDBの基礎知識とインストール、CRUD操作の基本、モデリングツールMongooseの使い方
MEANスタックを用いたWebアプリの開発方法について紹介していく連載。今回は、ドキュメント指向データベース「MongoDB」の概要とセットアップの仕方、コマンドで基本的なCRUD操作をする方法、MongoDB用モデリングツール「Mongoose」の使い方と、Node.jsからMongooseモジュールでMongoDBを操作する方法などについて。(2015/7/14)

MEANスタックで始めるWebアプリ開発入門(4):
Node.jsのMVCフレームワーク「Express」における静的ファイル、ルーティング定義、セッション管理、エラー処理
MEANスタックを用いたWebアプリの開発方法について紹介していく連載。今回は、Expressを使ったWebアプリ開発に必要な4つの機能として、HTMLやCSS、JavaScriptなどの静的ファイルの使い方、HTTPメソッドや正規表現を使ったルーティング定義、MemoryStoreやRedisを使ったセッション管理、エラーハンドリングを紹介する。(2015/5/11)

MEANスタックで始めるWebアプリ開発入門(3):
Node.jsのMVCフレームワーク「Express」の基礎知識とインストール
MEANスタックを用いたWebアプリの開発方法について紹介していく連載。今回は、サーバーサイドJavaScriptのNode.js用MVCフレームワーク「Express」についての概要、インストールとひな型作成の方法を紹介します。次世代フレームワーク「Koa」の紹介も。(2015/3/4)

MEANスタックで始めるWebアプリ開発入門(2):
いまさら聞けないNode.jsの基礎知識とnpm、Gulpのインストール
MEANスタックを用いたWebアプリの開発方法について紹介していく連載。今回はMEANスタックの中心となる技術、Node.jsについて基本的な部分や環境構築方法、その周辺ツールとしてnpmとGulpを紹介します。(2015/1/13)

MEANスタックで始めるWebアプリ開発入門(1):
LAMPに代わる構成として注目のMEANスタックの基礎知識とインストール、ひな型作成
MEANスタックを用いたWebアプリの開発方法について紹介していく連載。初回はMEANスタックの特徴と構成要素MongoDB、Express、AngularJS、Node.jsの概要、インストールの仕方とひな型の作成方法を解説。(2014/12/1)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。