ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「新型うつとの付き合い方」最新記事一覧

新型うつは、本当に病なのか?―― 若手のメンタル不調、特に新型うつと呼ばれる症状が近年増加傾向にある。本連載では、新型うつの特徴や予防法、そして身近な人が症状を見せたときの対応法などを、メンタルヘルス研修の草分け的な存在であり、職場復帰支援などの現場で同症状と向き合ってきた見波利幸氏に解説いただく

「もしかして?」と思ったら〜 新型うつとの付き合い方(5):
新型うつと決別するために必要なもの
まず日々のシチュエーションを変えることだ。そこから感動が生まれ、価値観の創造につながるだろう――新型うつ解説連載記事、最終回は筆者、見波さんから読者への熱いメッセージをお届けする。(2014/7/7)

「もしかして?」と思ったら〜 新型うつとの付き合い方(4):
新型うつの予防法
新型うつは対岸の火事ではない。社員が新型うつ傾向に陥らないように企業が行っている予防と対策の実例を紹介する。(2014/6/5)

「もしかして?」と思ったら〜 新型うつとの付き合い方(3):
新型うつ社員への対応法
同僚や部下に新型うつの傾向が見られる人が出たら、どのように対応すればよいのでしょうか。今回はその考え方やケースごとの対応を見ていきましょう。(2014/5/15)

「もしかして?」と思ったら〜 新型うつとの付き合い方(2):
「新型うつ」と「従来型うつ」の違い
新型うつは単なる病気なのか――その特徴や従来型うつとの違い、原因となる3つの要素を職場復帰支援などの現場で同症状と向き合ってきた見波利幸氏が解説する。(2014/4/10)

「もしかして?」と思ったら〜 新型うつとの付き合い方(1):
新型うつは、職場にも問題を引き起こす
新型うつは、本当に病なのか?―― 若手のメンタル不調、特に新型うつと呼ばれる症状が近年増加傾向にある。本連載では、新型うつの特徴や予防法、そして身近な人が症状を見せたときの対応法などを、メンタルヘルス研修の草分け的な存在であり、職場復帰支援などの現場で同症状と向き合ってきた見波利幸氏に解説いただく。(2014/3/3)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。