ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Q

  • 関連の記事

「Qt」最新記事一覧

えっコレ実物の音じゃないの? コーヒーをいれる音を身体だけで鳴らすCMがすごい
音の主は、「風立ちぬ」でも活躍した笠松広司さん。(2016/5/21)

アドバンテック ARMスターターキット:
「10分でARMの世界へ」――ARMアーキテクチャでの製品開発を支援する開発キット
アドバンテックは、ハードウェア設定からアプリケーション検証開始までわずか10分で実施できる、組み込み開発者向け「ARMスターターキット」を発表した。(2016/5/19)

「カチャカチャターン!」が捗りそう タイプライター風Bluetoothキーボード「QWERKYWRITER」
タイプライター特有のリターンバーまで搭載。(2016/5/18)

ESEC2016:
「10分でARMの世界に」アドバンテックがARM開発初心者に向けたパッケージ
アドバンテックがESEC2016で、「10分でARMの世界に」をキャッチコピーとした、ARM&Linuxアーキテクチャの開発を支援する「ARMスターターキット」を展示している。ボードからOS、開発環境、I/Oボード、PssSのAPIまでも含まれたオールインワンパッケージだ。(2016/5/12)

FAニュース:
ミーリング機能を搭載した、CNC複合旋盤のエントリーモデルを発売
ヤマザキマザックは、CNC複合旋盤のエントリーモデル「QT-COMPACT」シリーズを発表した。中軽切削に適したミーリング機能を標準で装備する。(2016/4/21)

車載ソフトウェア:
車載Linuxに新開発のディストリビューション、Tizen IVIではない
Linuxベースの車載情報機器関連のオープンソースプロジェクトであるAutomotive Grade Linux(AGL)は、新しいLinuxディストリビューションを開発した。Yocto Projectがベースになっており、TizenやGENIVIなど既存のオープンソースプロジェクトの最良のソフトウェア部分を利用している。(2016/1/6)

いずれも久方ぶりのメジャーアップデート:
セキュリティ検査やトラブルシュートの必携ツール、Wiresharkとnmapがバージョンアップ
ネットワーク解析やセキュリティ検査には欠かせない「Wireshark」と「nmap」が、それぞれ久しぶりにメジャーアップデートされた。(2015/11/27)

ET2015:
新SoC「Merlin Falcon」がその威力を見せつける
ET2015にて日本AMDは新型SoC「Merlin Falcon」を中心としたデモを行っている。4K映像を再生しながらCPU負荷が数%にとどまるなど、その能力を分かりやすく紹介しており、加えてAMD APU上で動く「Red Hat Linux Enterprise 7.1+Qt」も見逃せない。(2015/11/19)

「Mentor Embedded Linux」がAMD Rシリーズ向けのサポート拡大、無償版提供も
メンターが組み込みLunix「Mentor Embedded Linux」の「AMD Rシリーズ」向けサポートを拡大。対応無償版の提供を開始した。(2015/10/23)

「Fallout 4」日本語版は12月17日発売
「Fallout 4」日本語版は12月17日発売が決定。(2015/9/14)

車載半導体:
次世代サラウンドビュー開発が本格化、ルネサスがHDカメラ映像伝送用ICを投入
自動車の前後左右に設置した車載カメラの映像を使って、車両の周囲の状態を確認できるサラウンドビューの次世代システムの開発が進んでいる。より高画質が求められる次世代サラウンドビュー向けに、ルネサスがHDカメラ映像伝送用ICを開発した。(2015/9/14)

メカ設計 メルマガ 編集後記:
良い仕事とコミュニケーションの力
仕事全体を鳥瞰することとコミュニケーション(2015/8/25)

アパートでも使える静音性:
“カラフルなiMac“の衝撃をCNCに――5色展開の卓上CNC「KitMill Qt100」
オリジナルマインドは組み立て式卓上CNCフライス「KitMill Qt100」の販売を開始した。特徴はアパートでも使用可能な静音性と、5色展開のカラーバリエーションだ。(2015/8/21)

0.2ミリ単位でヒゲをカット:
フィリップス、メンズ用グルーミング6製品を発売――「ヒゲトリマー」「ヘアカッター」3機種ずつ
フィリップスは9月上旬から新製品の「ヒゲトリマー」「ヘアカッター」を3機種ずつ、計6製品を順次発売する。価格はすべてオープン。(2015/8/19)

自動運転技術 HERE インタビュー:
アウディもBMWもダイムラーも欲しがる高精度地図データの雄、HEREの現在地
HEREは、高精度な3次元地図データをはじめ、自動運転車を実用化する上で重要な技術を持つ企業だ。配車サービスのUberや、アウディ、BMW、ダイムラーの3社連合が買収に名乗りを上げるなど注目を集めているが、そのHEREの現在の事業展開はどのようなものなのか。同社のアジア太平洋地域担当本部長を務めるマンダリ・カレシー氏に話を聞いた。(2015/7/24)

ROS(Robot Operating System)概論(3):
ROSを使う手順、パッケージとシミュレータの活用
ロボット開発に有用とされるROSだが、習得には対応ロボットを入手した方が手っ取り早い。利用開始までの手順と、併用したいツールやデバッガも紹介する。(2015/6/11)

ESEC2015 開催直前情報:
IoTデバイスにリッチなUIと豊富な機能をQtで提供、SRA
アプリケーション開発全般をカバーするフレームワーク「Qt」(キュート)。ESEC2015のSRAブースでは、Qtにおけるクロスプラットフォームの柔軟性や3Dモデル描写といった最新機能を確認できる他、Red Hat Embedded ProgramによるLinuxで動作するQtのデモも見ることができる。(2015/4/23)

不整脈って何? 原因とメカニズムに迫ります!
不整脈の原因やメカニズムなど、基本的な知識についてお話しします。(2015/4/20)

FAニュース:
産業オートメーション向け組み込みシステムソリューションを発表
メンター・グラフィックスは、産業オートメーション向けの組み込みシステムソリューションを発表した。エンドノードからクラウドまで、幅広い組み込みシステム製品ポートフォリオを提供する、組み込みマルチプラットフォームとなる。(2015/2/27)

iPhoneが頭脳になるロボット「Romo」と遊んでみた
「Romo」は、iPhoneを頭脳として動くロボットだ。専用アプリをインストールしたiPhoneをセットするだけで、子どもから大人まで幅広い層がプログラミングを楽しめる。(2015/2/6)

STマイクロ RHF1009A/100:
高い放射線耐性を実現、STマイクロの電圧リファレンスIC
STマイクロエレクトロニクスの「RHF1009A」と「RHF100」は、宇宙空間に存在する高レベルの放射線に対する耐性を備えたシャント電圧リファレンスICである。航空宇宙用機器などの用途に向ける。(2014/10/20)

Apple、OS XやSafariなど大量のセキュリティアップデートを公開
OS Xでは任意のコード実行や情報漏えいなどにつながる多数の脆弱性を解決。一部の脆弱性はMountain Lion v10.8とLion v10.7にも存在する。(2014/9/18)

動画で見るFirefox OSスマホ「Flame」
Firefox OSスマートフォン「Flame」の外観やソフトウェアを動画でお届けしよう。(2014/8/4)

Biz.ID Twitterフォロワー倍増計画:
Biz.IDのTwitterが突然の人格化――最終兵器「まりか」登場
これまでRSSの垂れ流し状態だったBiz.ID編集部の公式Twitterアカウントが豹変! メンションを返し、キングジムやシャープのアカウントに絡み始めるなど人格を持ち始めた……。(2014/6/25)

「そこの車止まりなさい」 警察に呼び止められたと思ったら……サプライズが待っていた
待っていたのは違反切符ではありませんでした。(2014/4/21)

日本酒117種類、ワンコインで“利き酒” 新潟にある「日本酒ゲーセン」が想像以上のワンダーランドだった
日本酒の利き酒がゲームセンター感覚で楽しめる? ネットで話題になっていた、「日本酒ゲーセン」こと「ていすてぃんぐGALLERY 越の室」へ行ってきた。(2014/4/7)

車載ソフトウェア:
QNXが組み込みソフト基盤を刷新、ディスプレイオーディオに最適な開発キットも
QNXソフトウェアシステムズは、組み込み機器向けソフトウェアプラットフォームの最新バージョン「QNX SDP 6.6」と、WebkitベースのHTML5レンダリングエンジンやスマートフォンとのマルチメディア連携機能を利用できる開発キット「QNX SDK for Apps and Media 1.0」を発表した。同キットは、ディスプレイオーディオの開発に最適だという。(2014/3/10)

おじさん「今からラジコン飛行機飛ばすよー」→ 目を離したスキにリス乗り込む 大空へテイク・オフしてしまう事案が発生
リアル・チップ&デール。(2014/3/1)

開発ツールも最新版に更新:
Slackware 14.1が公開、x64版はUEFIに対応
Slackwareの最新安定版「Slackware 14.1」が公開された。Linuxカーネルをバージョン3.10.17に更新し、x64版はUEFIに対応した。コンパイラや開発ツール、アプリケーション、デスクトップ環境なども最新版に更新された。(2013/11/12)

ET2013 開催直前情報:
充実の“Armadilloワールド”で開発から量産までをカバー、アットマークテクノ
2013年11月20〜22日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展」において、アットマークテクノは充実した組み込みプラットフォームへと成長した「Armadillo」シリーズとその周辺ソリューションの“広がり”をアピールする。(2013/10/29)

30日間の無料試用が可能:
組み込み向け開発ツール「Qt Enterprise Embedded」、フィンランドDigiaが発表
フィンランドのDigiaは、組み込み機器向けのアプリケーション開発ツール「Qt Enterprise Embedded」を発表した。11カ月かけて取り組んできたプロジェクト「Boot to Qt」の成果を統合した製品。(2013/10/28)

Tizen IVI基礎解説(後編):
HTML5プラットフォームを志向する「Tizen IVI」の特徴
Linuxベースの車載情報機器向けプラットフォームである「Tizen IVI」。前編では「Moblin for IVI」から始まり、Tizen IVIに至るまでの歴史と、Tizen IVIの開発に関わるさまざまな組織について紹介した。後編では、HTML5プラットフォームへの志向を強めるTizen IVIの特徴について解説する。(2013/9/20)

タダでビールがもらえる自販機 しかも何もしなくてもいい!
むしろ何もしちゃダメ。(2013/8/25)

徹底解説:
PR:いまさら聞けない GUI開発フレームワーク「Qt」活用 〜組み込み機器開発で選ばれる理由〜
タッチパネルディスプレイの搭載、スマートフォンライクなリッチUIによる高い表現力と直感的な操作への要求は一般化しつつある。この流れは組み込み機器でも例外ではない。こうしたトレンドを受け、いま急速にその存在感を増しているのが、C++ GUI開発フレームワーク「Qt(キュート)」だ。なぜ、組み込み機器開発でQtが選ばれているのか。その理由に迫る!(2013/8/21)

車載情報機器:
「QNX CAR」上でAndroidアプリの動作が可能に、HMIはHTML5に加え「Qt」にも対応
QNXソフトウェアシステムズは、車載情報機器向けアプリケーションプラットフォーム「QNX CAR」の最新バージョンにおいて、Androidアプリケーションの動作が可能になったことや、「Qt」で作成したアプリケーションをHMIで利用できるようになったことを明らかにした。(2013/7/18)

ESEC2013 開催直前情報:
インテリジェント&エコな組み込み機器を実現する「Armadillo-800シリーズ」
小型・省電力で、開発に必要な情報やソースコードも公開する“エコ”な組み込みプラットフォーム「Armadillo」でおなじみのアットマークテクノ。「第16回 組込みシステム開発技術展(ESEC2013)」では、インテリジェントカメラの実現や画像表示・動画再生に特化したプラットフォーム製品群を披露する。(2013/4/26)

ウェザーニューズ、情報コミュニティ「地震津波の会」を発足
ウェザーニューズが、スマートフォン用の有料会員向け情報コミュニティ「地震津波の会」を発足。地震や津波の最新情報を確実・迅速に得られるほか、津波接近や到達を視覚化した「津波レーダー情報」も確認できる。(2013/3/12)

リテールテックJAPAN2013:
インテリジェントシステムの旗の下、強い存在感を示すIA+Windowsプラットフォーム
2013年3月5〜8日の4日間、東京ビッグサイトで第29回 流通情報システム総合展「リテールテックJAPAN2013」が開催された。本稿では、小売業分野で強い存在感を示す、インテルと日本マイクロソフトのブースを中心にリポートする。(2013/3/12)

Mobile World Congress 2013:
モバイルOS戦国時代、Firefox OSの勝算は――バイスプレジデントのナイチンゲール氏に聞く
Tizen、Ubutnu、Firefox OSなど、新たなモバイル向けOSが相次いで登場した2013年のMWC。WebベースのOSとしてモバイルOS市場に殴り込みをかけたFirefox OSは、どのような戦略でシェア拡大を目指すのか。(2013/3/4)

全身対応モデルも――フィリップス、男性用グルーミング製品3機種を3月中旬発売
肌の露出が増える春に向け、ヒゲ・頭髪だけでなく脇毛やすね毛になどにも使えるボディ用アタッチメント搭載のマルチグルーミングキットも発売される。(2013/2/19)

スマートフォン向けUbuntuをCanonicalが発表 2013年末に搭載端末リリースへ
Canonicalが、Linuxディストリビューション「Ubuntu」のスマートフォン版を発表した。有料アプリも販売できるアプリストアも用意し、独自のエコシステムを展開する。(2013/1/3)

ET2012特別企画ブースリポート(アットマークテクノ):
PR:手のひらサイズの賢いカメラを実現、CPUボードとカメラモジュールが一体化した「Armadillo-810」
「Armadillo」シリーズは、次の10年に向け新たな進化を遂げた――。ルネサス エレクトロニクスの最新プロセッサ「R-Mobile A1」を採用した「Armadillo-800」シリーズは、組み込み機器の可能性をさらに広げる。用途を“特化”した第1弾製品「Armadillo-810」は、“撮る”だけでなく、“考える”を実現する「インテリジェントカメラ」向けの組み込みプラットフォームだ。(2012/12/4)

標準GUI環境に「Qt 5」を採用予定:
画面出力に“特化”した組み込みプラットフォーム「Armadillo-840」発表
アットマークテクノは、先日発表したインテリジェントカメラ向けプラットフォーム「Armadillo-810」に続く、“特化”が特徴の組み込みプラットフォーム製品の第2弾、「Armadillo-840」を発表した。小型のデジタルサイネージ端末やセットトップボックスなど、画面出力機器向けだという。(2012/11/13)

ET2012 開催直前情報:
Armadilloで「インテリジェント&エコ」な組み込み開発を呼び掛けるアットマークテクノ
「Embedded Technology 2012」におけるアットマークテクノのテーマは、「インテリジェント&エコ」だ。新製品「Armadillo-800」シリーズを中心に、Armadilloが小型・省電力であることはもちろん、“開発者にもエコ”で、インテリジェント・システムにも最適な組み込みプラットフォームであることをアピールする。(2012/11/5)

ビジネスニュース:
「MeeGo端末の存続を目指す」、Nokiaの元開発メンバーが新企業を立ち上げ
NokiaのMeeGoスマートフォン「N9」の開発メンバーが立ち上げた新企業が、本格的に始動した。既に、中国の携帯電話機販売チェーンと、販売契約を取り付けている。(2012/7/25)

Google Earthでタイタニック号を探索 写真も見られる
海に沈むタイタニック号を、バーチャルで探索できます。画像や動画付きのツアーも。(2012/4/16)

IT技術書・注目の新刊(2012年4月):
IT技術書新刊・近刊まとめ3
自分研編集部が独断と偏見でまとめた、「IT技術書の新刊・近刊情報」をお伝えします。(2012/4/12)

D89クリップ(37):
【Qtカンファレンスインタビュー】 Qt5で10億人ユーザーへ、OSSコミュニティ化でますます健在に
ノキアから売却されてQtはどうなったのか? 弱体化してしまうのではとの心配をよそにダウンロード数は飛躍的に伸びている(2012/1/20)

革新的なインタフェースの提供を目指す:
スマホと車載機器をつなぐ「MirrorLink」対応システムを開発、仏ヴァレオ
自動車部品サプライヤである仏ヴァレオは、スマートフォンと車載機器との連携に関する規格「MirrorLink」に対応した技術開発を進めていると発表した。(2012/1/20)

キュートにクロプラ開発(3):
Qt Quickで地図をドラッグさせてみよう
Qt Quickを使った簡単なGoogle Mapsアプリを作成してみよう。Qt Quickデザイナでパーツを配置したり、地図をドラッグさせたりしよう(2011/12/15)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。