ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SolidWorks」最新記事一覧

3D設計推進者の眼(14):
今も2D図面が必要である理由、そして中小企業を悩ます人と金の問題
機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は、3D CADが普及してきた今も2Dの図面が必須である事情について考えを巡らす。そこに常について回るのは、コストの問題だ。(2016/9/28)

3Dプリンタイベントリポート:
「書類のプリンタ出力と同じ感覚を目指す」「単に上に積み上げるだけじゃない」――3Dプリンティング最先端
ストラタシス・ジャパンは3Dプリンティング技術をテーマとした講演イベントを開催した。本稿では同イベントでストラタシスが明かした、3Dプリンティングの新技術「Demonstrator」、3Dプリントの出力処理を簡素化する「GrabCAD 3D Print」の情報について紹介する。お寿司(すし)も少しだけいかが?(2016/9/9)

CADニュース:
3次元公差マネジメントツールの最新バージョンを発売
サイバネットシステムは、グループ会社のSigmetrixが開発・販売・サポートする3次元公差マネジメントツール「CETOL 6σ」の最新バージョン9.0のCreo Parametric版/SOLIDWORKS版を発売した。(2016/9/6)

モノづくりの生産性/革新性を向上させる“道具”:
PR:3D CADエンジニアがSurface Bookを使ってみた
重さが3kg以上もあるモバイルワークステーションから軽量モバイルPCに置き換えることで、モノづくりの生産性/革新性をいかに向上させることができるか。CAD/CAEを使いこなし、出張や取引先、自宅などでモバイルワークステーションを実際にバリバリと活用している現役設計者に、より軽量なモバイル環境として「Surface Book」を使ってもらった。(2016/8/29)

サイバネットシステム CETOL 6σ:
公差設計をより最適な環境で効率的に行える3次元公差マネジメントツール
サイバネットシステムは、グループ会社のSigmetrixが開発・販売・サポートを行う3次元公差マネジメントツール「CETOL 6σ」の最新バージョン9.0を発表した。(2016/8/18)

3D設計推進者の眼(12):
3D設計推進者が考える、3D CADについてのあれこれ
機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は無償3D CADや、2D CADのデータ保全、異種のデータフォーマット間での受け渡しなど、CADの機能や開発にまつわるさまざまな話題を取り上げる。(2016/7/29)

CAEニュース:
CAD面自動修復/CADデータ変換ツールの最新バージョンを発売
ヴァイナスは、CAEのためのCAD面自動修復/CADデータ変換ツール「TransMagic」の最新バージョン「R12」を日本国内で販売開始した。(2016/7/19)

DMS2016:
概念設計からAR、複合最適化まで、3Dデータの活用提案が多数
「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS2016)」ではCADベンダーを中心に3Dデータをより活用するための提案が目を引いた。CAEでは注目材料の解析や複合最適化に関する展示が見られた。(2016/7/13)

3D設計推進者の眼(11):
自分が良いと思っても、その人にとっても良いとは限らず――自社に適した3D CADとは
機械メーカーで3次元CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は「自社に適した3D CAD」について考えてみる。(2016/7/1)

無償設計ツールで「つながる」「学ぶ」:
PR:モノづくりの世界を広げるコミュニケーションプラットフォーム
ソリッドワークスは3次元CADツール「SOLIDWORKS」のトライアルや学習、利用者同士のコミュニケーションなど、あらゆる情報を集約したサイト「MySolidWorks」の日本語版を2016年に公開した。ソリッドワークスはこのサイトだけでなく、ビジュアライゼーションツールや子供のための設計ツールなど、コミュニケーションとモノづくりを盛り上げるプラットフォームとなるような製品、サービスを提供し続けている。(2016/7/1)

ママさん設計者がやさしく解説「無償2D CAD」(2):
無償2D CADでA3の図面枠を作ってみましょう
ファブレスメーカーのママさん設計者が2D CADの使い方の基本を解説! 無償2D CAD「DraftSight」を例に、2D CADを使った図面の作成に必要な環境設定、図面作成の基礎などをゆるっと説明する。今回はA3の図面枠を作ってみる。(2016/6/30)

ミスミ meviy:
3次元設計データからダイレクトに部品調達、まずは金型部品から展開
ミスミは、設計、発注から納品までの業務を効率化する次世代モノづくりプラットフォーム「meviy(メヴィー)」の提供開始を発表した。(2016/6/21)

キヤノンITソリューションズ:
SOLIDWORKSとVectorworksを融合させた設計製造業向けCADソリューション
キヤノンITソリューションズは、機械系CADのSOLIDWORKSと建築系CADのVectorworksを融合させた設計製造業向けCADソリューションの提供開始を発表した。(2016/6/17)

CADニュース:
「Solid Edge ST9」が“クラウド対応”、3次元CADのモバイル運用を意識
シーメンスPLMソフトウェアが、ミッドレンジ3次元CADツール「Solid Edge」の最新バージョン「Solid Edge ST9」を発表。最大の特徴は3次元CADツールのトレンドとなっている“クラウド対応”だろう。Solid Edgeはどのようにクラウド対応を果たしたのだろうか。(2016/6/14)

CADニュース:
機械系CADと建築系CADを融合した設計製造業向けソリューション提供へ
キヤノンITソリューションズが提供開始する設計製造業向けCADソリューションは、機械系CADのSOLIDWORKSと建築系CADのVectorworksを融合。商品が置かれる空間全体を視覚化することで、使用感覚をイメージしやすくした。(2016/6/7)

ママさん設計者の「モノづくり放浪記」(2):
「不良発生率ほぼゼロ」を実現! 精密板金試作の相互的な意思疎通
ファブレスメーカーのママさん設計者が、機械系モノづくりの“生”現場を渡り歩き、ありとあらゆる加工の世界を分かりやすく解説していく連載。今回は精密板金試作の専業メーカーのトライアン相互を訪れた。(2016/5/17)

ELDC TransMagic:
ITコストの削減にも貢献できるマルチCADビュワー/CADトランスレーター
エレメンタルデザイン&コンサルティングは、マルチCADビュワー/CADトランスレーターの最新版「TransMagic version R12」の提供を開始した。(2016/5/13)

CAD読み物:
3D CADでワークステーションを使うとよい理由とは
3D CADは普通のデスクトップPCでも動かないことはないのですが、ワークステーションを使うメリットはたくさんあります。(2016/4/25)

CADニュース:
ジェネレーティブデザインを切削加工で生かす「Inventor 2017」、STLの再編集も
オートデスクは、製造業向け3次元CADツール「Inventor」の最新バージョン「Inventor 2017」を発表した。「Inventor 2016 R2」で追加した最適構造を導き出すジェネレーティブデザインの充実に加え、3Dプリンタの普及によってインターネット上での流通が広がっているSTLファイルの再編集機能などさまざまな強化を図った。(2016/4/7)

3次元って、面白っ! 〜操さんの3次元CAD考〜(49):
2015年度末! 水野的 3Dデータ関連動向まとめ
2015年度も終わりということで、ここ1年の3DプリンタやCAD関連の動きについて、水野的にまとめてみました。(2016/3/31)

製造マネジメントニュース:
プラットフォームが勝つ時代、産業の基盤を目指すダッソー
ダッソーは、2016年の事業方針説明会を開催。同社が展開する「3Dエクスペリエンス」プラットフォームを、モノづくり現場だけでなくビジネスプラットフォームとして展開する取り組みを強化し、スマートファクトリーやシステムズエンジニアリングなどへの提案を推進。さらに建築業界向けへのシステム提案を強化する。(2016/3/10)

3D設計推進者の眼(7):
3D設計推進者から見た SOLIDWORKS World 2016
機械メーカーで3次元CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は2016年1月31日〜2月3日に米国で開催された「SOLIDWORKS World 2016」について語る。(2016/2/26)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/02/18
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年2月18日)(2016/2/18)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
CADユーザーは見た目にこだわる!?
外見も大事だよね。(2016/2/18)

メカ設計メルマガ 編集後記:
「Aided」が進化する!? 今どき3次元CAD事情
設計者を支援するとは?(2016/2/16)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
米ソリッドワークスの皆さんの「渾身のおばか芸」
コレジャナイ感満載の寸劇です。(2016/2/12)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/02/10
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年2月10日)(2016/2/10)

製造ITニュース:
湯流れ解析精度を向上させた鋳造シミュレーションシステム
日立産業制御ソリューションズは、曲面形状の流れの直進性を上げることで、湯流れ解析の精度を向上させた、鋳造シミュレーションシステムの新バージョン「ADSTEFAN Ver.2016」を発売した。(2016/2/9)

SOLIDWORKS World 2016:
設計フォースを覚醒する「SOLIDWORKS 2017」の新機能
ソリッドワークスは、年次ユーザーイベント「SOLIDWORKS World 2016」を開催した。最終日の基調講演では、次期バージョンとなる「SOLIDWORKS 2017」に搭載予定の新機能を、映画『STAR WARS』のパロディーとともに紹介した。(2016/2/4)

SOLIDWORKS World 2016:
未来のエンジニアを育てる「SOLIDWORKS Apps for Kids」
ソリッドワークスは年次ユーザーイベント「SOLIDWORKS World 2016」の中で、開発中の教育向けアプリケーション群「SOLIDWORKS Apps for Kids」について発表した。(2016/2/3)

SOLIDWORKS World 2016:
製品のパーソナライゼーションを支援する「SOLIDWORKS Make」発表
ソリッドワークスは米国テキサス州ダラスで開催中の年次ユーザーイベント「SOLIDWORKS World 2016」の中で、製品のパーソナライゼーションを支援するための新しいソリューション「SOLIDWORKS Make」を発表した。(2016/2/3)

SOLIDWORKS World 2016:
設計者に最適形状を提案する「Xdesign」がデザインにイノベーションを起こす!?
米ソリッドワークスは、年次ユーザーイベント「SOLIDWORKS World 2016」を米国テキサス州ダラスで開催。最初の基調講演ではSOLIDWORKSブランドのCEOであるジャン・パオロ・バッシ氏が登壇し、ジェネレーティブデザインのアプローチを組み込んだWebブラウザベースの設計ツール「SOLIDWORKS Xdesign」の概要が発表された。(2016/2/2)

SOLIDWORKS World 2016:
世界中の「SOLIDWORKS」ユーザーが米国テキサス州ダラスに集結!
米ソリッドワークスは2016年1月31日〜2月3日(現地時間)までの期間、年次ユーザーイベント「SOLIDWORKS World 2016」を米国テキサス州ダラスで開催。18回目の開催となる今回も世界中から5000人を超えるSOLIDWORKSユーザーや関係者が集う。(2016/2/1)

3次元って、面白っ! 〜操さんの3次元CAD考〜(48):
クラウド3D CAD「Onshape」と「Fusion360」で2次元図面作成機能を試す
クラウドの3D CAD「Onshape」や「Fusion360」にいつの間にか2次元図面作成機能が! 今回、ちょっとだけ試してみました。(2016/1/29)

3D設計推進者の眼(6):
設計者教育と3D CAD
機械メーカーで3次元CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は設計者教育と3D CADについて語る。(2016/1/25)

CADイベントリポート:
リアルなロボットを追求するココロ、高度な3D設計環境を構築
話題のロボットを数多く手掛けるココロが、同社の設計現場における3D CAD導入の経緯や、3D CADを効果的に使うための環境構築について語った。(2016/1/18)

無償CADレビュー:
無償3D CAD「FreeCAD」でFEM解析に挑戦!
無償のCADソフト「FreeCAD」にはFEM解析機能が標準で搭載されていて、モデリングした部品の応力や変形を簡単にシミュレートできる。今回は片持ち梁(かたもちばり)の解析でFEM機能を試してみる。(2016/1/14)

TRIZ&TMでコマ大戦で勝てる!? コマを設計しよう(序章):
信州コマ倶楽部と一緒に「コマ大戦で勝てるコマ」を考えよう!
2016年1月から新連載が始まります。「信州コマ倶楽部」と一緒に、全日本製造業コマ大戦で「勝てる」コマを考えてみましょう。その前に、コマ大戦と信州コマ倶楽部について紹介します。(2015/12/28)

SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2015:
会社は小さいが、夢はでかい! 倒産の危機から回復、そして宇宙へ
小さな企業ながら航空機部品製造や宇宙ベンチャーとのコラボレーションなどを行う由紀精密。倒産の危機からのV字回復や、新たな挑戦を続けるわけを語った。(2015/12/25)

メカ設計 メルマガ 編集後記:
2015年はどんな記事がよく読まれたか? メカ設計編
師走。(2015/12/15)

3Dプリンタニュース:
RS、「DesignSpark Mechanical」の拡張モジュールと3Dプリンタをセット販売
アールエスコンポーネンツは、ムトーエンジニアリング製パーソナル3Dプリンタ「MF-500」と、同社の無償3次元CADツール「DesignSpark Mechanical」の拡張モジュール「Exchange」および「Drawing」を組み合わせた「3Dプリンターセット」の販売開始を発表した。(2015/12/9)

CADニュース:
AMD、CAD環境向けグラフィックスカード「FirePro W4300」発表
AMDは、米国ネバダ州ラスベガスで開催されている「Autodesk University 2015」において、CAD環境向けグラフィックスカード「AMD FirePro W4300」を発表した。(2015/12/4)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
今どきの3Dモデラーはどんなツールを使っている?
気になるアンケートの結果は……。(2015/12/3)

SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2015:
「イノベーションプラットフォームに育て上げる」――SOLIDWORKSの将来展望
ソリッドワークス・ジャパンは、年次ユーザーイベント「SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2015」の開催に併せ、「SOLIDWORKS」ブランドの最高経営責任者であるジャン・パオロ・バッシ氏を迎え、記者説明会を開催。SOLIDWORKSの近況と今後の展望について語った。(2015/11/12)

現場が語るモノづくり 〜創造をカタチに変える原動力〜:
PR:要素・設計・生産の技術継承と教育をCAE活用から考える
大学とソリッドワークスによるモノづくり対談。かつて日産自動車で生産現場へのCAE導入を推進した日本大学・高橋進教授が、教育現場で考えることとは?(2015/11/11)

PLMニュース:
製造のデジタル化は新たな経済モデルを生む
フランスDassault Systemes(ダッソー)日本法人であるダッソー・システムズは2015年11月6日、都内で会見を開催。ダッソーの社長兼最高経営責任者(CEO)であるベルナール・シャーレス氏が登壇し、デジタル化やIoTの進展など、製造業を取り巻く環境の変化と同社の取り組みについて説明した。(2015/11/10)

PTC LiveWorx Japan 2015:
実世界のデータを生かした製品設計が可能になる次期「Creo」
PTCジャパンは、ユーザーイベント「PTC LiveWorx Japan 2015」を開催。同イベントの分科会の中で「Creo」の最新情報と今後のロードマップについて発表した。(2015/10/28)

CADニュース:
使いやすさを追求した「SOLIDWORKS 2016」、国内ユーザー注目機能は?
ソリッドワークス・ジャパンは、3次元設計ソリューション「SOLIDWORKS」の最新バージョンである「SOLIDWORKS 2016」の国内販売を2015年11月2日より開始すると発表した。(2015/10/2)

CADの快適活用法:
2次元設計は、本当にこのままでいいのか?
CADは2次元から3次元へと移行してきたが、設計は3次元化されているのだろうか。2次元設計のままでは、競合製品に打ち勝つことはできない。3次元設計で効果をあげるためには、成功するための設計手法がある。(2015/10/1)

3次元って、面白っ! 〜操さんの3次元CAD考〜(46):
無償3D CGソフト「Blender」の操作 超基本
今回から3D CGの話題! 無償3D CGソフト「Blender」を紹介しながら、3D CGのあれこれについて説明していきます。(2015/9/30)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。