ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SQL Server」最新記事一覧

質問!SQL Server→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でSQL Server関連の質問をチェック

関連キーワード

小規模環境/開発者向けの無償配布エディションも用意:
マイクロソフト、「SQL Server 2016」正式版を2016年6月1日リリース
マイクロソフトは、データベースソフトウェアの最新版「SQL Server 2016」を6月1日より一般向けに出荷開始すると発表した。(2016/5/11)

他社RDBMSからの乗り換えで特別価格に:
Oracleから「SQL Server 2016」へ、マイクロソフトが移行支援策を展開
日本マイクロソフトが「SQL Server 2016」の導入支援策を発表。Oracle Databaseからの乗り換えで、ライセンスを特別価格で提供する。(2016/4/20)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(46):
実録:Windows ServerコンテナでSQL Serverを動かしてみた
Windows Server 2016の新機能であるコンテナ管理技術「Containers」および「Windowsコンテナ」は、まだまだ不明な部分が多いです。ですが、Windows ServerコンテナでSQL Serverを動かせるという情報を得たので実際に確認したことをご紹介します。(2016/4/14)

Database Watch(2016年4月版):
「SQL Server 2016」に搭載される新たなセキュリティ対策を追う
パブリックプレビューが公開されているマイクロソフトのRDB次期版「SQL Server 2016」。特徴の1つとするセキュリティ対策機能のポイントと目指すところをキーパーソンに聞いた。(2016/4/11)

Oracleユーザー向け「SQL Server」無料化なども発表
Linux版「Exchange」の開発はあるか、「SQL Server on Linux」登場で高まる期待
「SQL Server」のLinux版を発表し、「Oracle Database」からの乗り換え客にライセンスを無償提供する。“奇策”にも見えるMicrosoftのこうした取り組みは、同社が起こそうとしている変化の序章にすぎない。(2016/4/7)

「AWS Directory Service」でセットアップしたディレクトリを適用:
「Amazon RDS for SQL Server」がWindows認証をサポート
米Amazon Web Services(AWS)の「Amazon RDS for SQL Server」がWindows認証をサポートした。(2016/3/24)

Amazon、データベースをダウンタイムほぼ0でAWSに移行するツールを公開
Amazonは、オンプレミスのSQL ServerなどのデータベースをAWSに移行するサービス「AWS Database Migration Service」のプレビュー版を公開した。ダウンタイムなしで移行できる。正式版の価格は1テラバイト当たり3ドルになる。(2016/3/17)

コスト競争力をアピール:
「Oracle Database」から「SQL Server」へ、マイクロソフトが無料乗り換えプログラム
マイクロソフトは、「Oracle Database」から「SQL Server」に移行する顧客に、SQL Serverライセンスを無償提供するなどの乗り換え促進プログラムを打ち出した。(2016/3/11)

Microsoft、Eclipse Foundationのメンバーに
Linux版「SQL Server」を発表したMicrosoftが、今度はオープンソースのIDE「Eclipse」の非営利団体Eclipse FoundationにSolutions Memberとして参加すると発表した。(2016/3/9)

クロスプラットフォーム対応が着々と前進:
マイクロソフト、Linux版「SQL Server」を2017年半ばにリリースへ
マイクロソフトは、2016年出荷予定の「SQL Server 2016」をベースにしたLinux版SQL Serverを2017年半ばに投入する計画だ。(2016/3/8)

Microsoft、Linux版「SQL Server」のプレビュー開始 提供は2017年半ば
サービスや製品のマルチプラットフォーム化を進めるMicrosoftが、RDBMSの「SQL Server」のLinux版を発表した。プライベートプレビューへの参加申し込みが始まっており、公式版の提供は2017年半ばの予定だ。(2016/3/8)

システムの裏で残り続け、IT部門が把握していない場合も:
マイクロソフト、隠れ“SQL Server 2005 Express”に注意喚起
マイクロソフトは、「SQL Server 2005」の無償エディション「SQL Server 2005 Express」のユーザーに向けて、間近に迫ったサポート終了への注意を喚起し、「SQL Server 2014 Express」へのアップグレードを呼びかけた。(2016/3/3)

次のサポート終了はSQL Server 2005、使い続けるならどこに注意する?
4月12日にSQL Server 2005の延長サポートが終了するが、もし継続利用するならどんな脅威と対応を考えるべきかについて、トレンドマイクロが解説している。(2016/2/17)

「Stretch Database」やインメモリ機能強化を盛り込む:
SQL Server 2016 CTP 3.3が公開
「SQL Server 2016」のCTP 3.3が公開された。正式リリースに向け「Stretch Database」やインメモリデータベース機能の強化が多数盛り込まれている。(2016/2/4)

SQL Server 2005のEOSも目前に控える
SSDを柱にハード最適化を目指す「SQL Server SSD Appliance」が存在する意味
処理性能を高め、導入コストを抑える工夫を凝らした「Microsoft SQL Server SSD Appliance」。この製品はどのようなものか。また、今後のロードマップとは。(2016/1/22)

Tech TIPS:
一目で分かる、SQL Server 2005〜2014とService Packのサポート終了時期
2016年4月にサポートが終わるSQL Server 2005。だが、それより新しいSQL ServerでもService Packレベルによってはすでにサポートが終了していることも。一目で分かる図で終了時期を明らかにする。(2015/12/4)

“詳しい人”も見落としがちな対策の落とし穴:
「隠れSQL Server」、まさかこんな場所に……
SQL Server 2005のサポートが2016年4月12日に終了する。残り約130日。日本マイクロソフトによると、エンジニアや情シス部門などの“詳しい人”も見落としてしまうSQL Server 2005の「ひっそり残っている、対策の落とし穴」があるようだ。(2015/12/4)

NTTドコモ、6600万超の契約データ管理にSQL Server 2014採用
全契約回線の課金・決済システムに最新版のSQL Server 2014を採用して、課金データの迅速な分析や活用を実現した。(2015/8/28)

金融機関でのSuperdome XとSQL Server 2014の検証も:
日本HP、中小規模インメモリデータベース向けサーバー製品を投入
SQL Server、SAP HANAを使ったインメモリデータベースを中小規模でも。日本HPでは製品ラインアップ拡充と共に、データのビジネス活用促進を本格的に支援する体制を強化する。(2015/7/17)

Database Watch(2015年6月版):
クエリストアって何だ? SQL Server 2016のパフォーマンス向上に注目
2015年6月に開催されたイベント「DB tech showcase」の講演の中から、2016年にも正式版がリリースされる次期SQL Serverの目玉機能をウオッチ。(2015/6/23)

CEOナデラ氏が語るクラウドの秘密兵器「Azure SQL」
違うようで実は似ているMicrosoftとAmazonのクラウド戦略、直接対決はより激化へ
米Microsoftは、コンピューティングのさらなる変革に力を注いでいる。その中心となるのは、同社の「SQL Server」と「Azure SQL」である。だが、同社は米Amazonとのクラウドをめぐる厳しい競争に直面している。(2015/6/8)

週間記事ランキング
思わず二度見する「SQL Server」の意外な移行先
最新版のSQL Server 2014ではなく、SQL Server 2012を選択する理由とは? 直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2015/5/1)

SQL Server 2012を推す7つの機能を紹介【後編】
「SQL Server 2012」へ移行しても大丈夫? 不安を消し去る注目機能とは
前編に引き続き、サポートが終了した「SQL Server」の移行先として、SQL Server 2012へのアップグレードをお勧めする理由を解説する。後編では残りの4つの機能を詳しく説明する。(2015/4/30)

SQL Server 2012を推す7つの機能を紹介【前編】
サポート終了の「SQL Server」、移行先の本命は“あの製品”
「Microsoft SQL Server」の各製品がサポート終了を迎える中、その移行先に最新版のSQL Server 2014ではなく、SQL Server 2012を選択するケースがある。SQL Server 2012へのアップグレードをお勧めする理由を解説する。(2015/4/28)

安さだけではなく管理性、保守性を追求したPSQL v12
「仮想化、クラウドならOracleかSQL Server」は本当に正しいのか
基幹系システムを仮想化、クラウド環境で稼働させる際、焦点の1つになるのがデータベース選びだ。選択肢は限られていたが、安価かつ導入しやすいデータベースの登場で状況が変わりつつある。(2015/2/2)

デルがお勧めするSQL Server
コストは従来の3分の1、「インメモリ=高い」を覆すDB高速化とは
データベース高速化を実現するインメモリ技術はこれまで、価格の高さが導入のネックになっていた。だが、SQL Server 2014のインメモリ機能とPCIe SSDの新規格「NVMe」によって、インメモリ技術の低価格化が実現した。(2014/12/25)

サーバーのサポート終了対策がまだなら、期間限定の乗り換えキャンペーンを利用せよ!
Windows ServerおよびSQL Serverのサポート終了対策は万全だろうか。旧バージョンを使い続けるとセキュリティや運用負荷増などリスクが伴う。対策がまだなら、期間限定の乗り換えキャンペーンを利用して、お得に安全を手に入れたい。(2014/12/4)

「Microsoft SQL Server」とSSDを組み合わせる10種のアプライアンス
【徹底比較】データベース処理を“超”高速化する「SQL Server SSD Appliance」10製品の違いは?
日本マイクロソフトが主導となり、2012年から提供するアプライアンス製品「Microsoft SQL Server SSD Appliance」。現在、提供されている10製品を比較した。(2014/11/18)

スペシャリストが対談で明かす
「SQL Server」の移行先をクラウドに求めるメリットとは
SQL Server 2005のサポート終了が近づいている。システムを移行する際に検討すべき事項や移行方法はさまざまだ。本稿では、その移行先として「クラウド」にスポットを当てて解説する。(2014/10/23)

ホワイトペーパー:
Oracle Exadataの4倍のパフォーマンスを4分の1の価格で手に入れる
競合製品と比較して、4倍のパフォーマンス、4分の1の価格を実現したという「Microsoft SQL Server SSD Appliance」。その4つの特徴を紹介する。(2014/10/20)

SQL Server 2005もサポート終了目前!
データベースの課題を解決する「SQL Server」アップグレード指南
サポート終了が迫るのはWindows Server 2003だけではない。SQL Server 2005も2016年4月に延長サポートが終了するのだ。サーバとデータベースを効率よくアップグレードするにはどうすればいいのだろうか。(2014/10/20)

ホワイトペーパー:
Oracle ExadataとSQL Server SSD Appliance、どちらが安い? どちらが速い?
「Microsoft SQL Server SSD Appliance」と、「Oracle Exadata」のコストとパフォーマンスを比較。より低コストで高速化を実現しているのは果たしてどちらだろうか?(2014/10/17)

追加コストは不要! 標準機能だけでOLTP、DWH、BIを高速化
データベースの性能課題を解決に導く SQL Server 2014のインメモリ機能に迫る
SQL Serverが本格的なインメモリDBに進化する。インメモリOLTP機能がSQL Server 2014の標準機能として利用できるのだ。アプリケーションを変更せずに平均10倍の高速化を実現する。多くの企業が抱えているDBの課題を解決に導くだろう。(2014/9/29)

Tech TIPS:
各Windows OSで利用できるSQL Serverのバージョンを知る
数年おきに新バージョンがリリースされるWindows OSとSQL Server。どの組み合わせならインストールできるのか、一目で分かるように整理してみた。(2014/9/5)

ホワイトペーパー:
今人気のクラウドデータベース5選、気になるところを詳しく紹介
「Microsoft SQL Server」ユーザーがクラウド環境で選ぶべきは「Windows Azure SQLデータベース」だけではない。これに代わる選択肢は幾つもあるが、今回は5社を取り上げて解説する。特に、4つのDBサービスを有する「Amazon Web Services」については詳しく扱う。(2014/9/3)

デルがお勧めするSQL Server
SQL Server、“最適”に使えていますか?
ビッグデータへの取り組みが本格化する中、低コストで取扱いやすいデータベースとして選ばれることの多いSQL Server。導入さえすれば何とかなると考えるユーザーは少なくないが、適切なチューニングは不可欠だ。(2014/7/14)

Database Watch(2014年6月版):
Azureの「SQLデータベース」とSQL Serverは何が違う?/Pivotal HD 2.0
Microsoft Azureで利用できるサービスの一つ「SQLデータベース」。Azure上でSQL Serverインスタンスを利用する場合と比較して、性能・料金体系はどう違う? SQL on Hadoopを実現するPivotal HDのHAWQとは?(2014/6/30)

「インメモリ」「マルチコア」で性能は“お値段以上”
Oracle DBやSQL Serverより手ごろなDBは、全て“安かろう悪かろう”なのか?
「Oracle Database」「Microsoft SQL Server」だけがDB製品ではない。中にはよりリーズナブルなDB製品も存在するが、“安かろう悪かろう”では安心できない。性能も価格も満足できるDB製品はあるのか?(2014/6/20)

スペシャリスト対談が浮き彫りにする解決方法
延長サポート終了になるWindows Server 2003上の「SQL Server」をどう移行する?
2015年7月に延長サポートも終了を迎える Windows Server 2003。その上で稼働するケースが多い SQL Server 2005 も2016年5月には延長サポートが終了を迎える。新バージョンへの移行はどう考えればいいのか。スペシャリストが対談で明らかにする。(2014/6/13)

連載:ASP.NETによる軽量業務アプリ開発:
第1回 軽量ASP.NET開発の概要とSQL Server Expressの準備
最近ではASP.NETを基盤として多様なフレームワークが開発されている。だが、小規模な業務アプリ開発において、これらは絶対に必要な存在ではない。本連載では、「素のASP.NET」を利用して、簡易的な業務アプリを開発する方法を紹介する。(2014/5/13)

クラウドバックアップ機能がさらに進化
Microsoft Azure連係で止まらない、SQL Server 2014のクラウド強化ポイント
Microsoft Azureとの連係機能が強化された「Microsoft SQL Server 2014」。災害復旧やバックアップ機能の強化により、ハイブリッドクラウド環境での活用を推進する動きが活発化している。(2014/5/8)

統計学は最強の学問か:
仮説ではなくオープンなクエスチョンでアプローチ――ビジネスパーソンが身につけたい「デザインリサーチ」手法
日本マイクロソフトが主催する「SQL Server 2014 発売記念フォーラム ビジネス成長を支えるデータ基盤とビッグデータ活用」が4月18日、東京・品川区で開催された。『統計学が最強の学問である』『1億人のための統計解析』などの著書がある統計家の西内啓氏によるセッション「1億総データサイエンティスト時代に向けて」の模様をお届けする。(2014/4/24)

SQL Server 2014 発売記念フォーラム レポート:
マイクロソフトはSQL Server 2014で“ビッグデータの民主化”を目指す
日本マイクロソフトは2014年4月18日、都内で「SQL Server 2014」の発売を記念して、イベントを開催。キーノートには米マイクロソフトのバイス プレジデントである沼本健氏が登壇し、「ビッグデータ活用を成功に導く鍵」と題した講演を行った。(2014/4/18)

「Microsoftは環境知能時代の分析ツールを提供する」とナデラCEO
Microsoftのサティア・ナデラCEOは、IoT(モノのインターネット)が生成するビッグデータの分析プラットフォームとして、SQL Server、Azure、Bingをバックエンド、Officeをフロントエンドと位置付けた。(2014/4/16)

「SQL Server 2012 SP2」は2014年後半にリリース
終了近づく「SQL Server 2008」のメインストリームサポート、気になる影響は?
米Microsoftはブログで「SQL Server 2012 SP2」を2014年中に提供すると発表した。2014年春に「SQL Server 2014」が正式提供される一方で、「SQL Server 2008」のメインストリームサポート終了が近づいているのをご存じだろうか?(2014/4/11)

データベース選定の常識を変える
「中小の業務システム向けDB」Oracle、SQL Server以外の選択肢
Oracle DBやSQL Serverは優れた製品だが、中小規模の業務システムにはオーバースペックな面もあり、何より高価だ。中堅・中小企業の製品選びでは、性能や信頼性はもちろんのこと経済性も大切な要素だ。(2014/4/7)

Database Watch(2014年3月版):
DB設計 基本の鉄則3カ条とは?/SQL Server 2014が間もなく登場!
Microsoft SQL Server 2014が間もなく登場! インメモリエンジン搭載、BI機能の強化、Microsoft Azure連携の強化と、盛りだくさんです。今月は、DB設計のありがたいお言葉も紹介します。(2014/3/31)

Database情報:
インメモリOLTPエンジン搭載「SQL Server 2014」、4月1日に正式ローンチが決定
インメモリOLTPエンジンを標準搭載したSQL Server 2014がついに正式ローンチへ。Azureとの連携も強化した内容になっている。(2014/3/19)

データベース選定の“常識”を疑う
Oracle DBやSQL Serverを使い続けるのは本当に正しい選択なのか?
データベース市場で高いシェアを誇る、Oracle DatabaseとMicrosoft SQL Server。この2製品は確かに優れた製品ではあるが、用途やニーズによっては、他の選択肢を選ぶ方が賢明だ。(2014/1/31)

ホワイトペーパー:
フラッシュ メモリ ストレージを利用したSQL Serverの高速化~SQL Server SSD Appliance~
OLTPなどの業務システムやBig dataの分析を行うためのデータウェアハウスにおいて、データベースのパフォーマンスを高速にするために最も低価格かつ容易な方法とは何か?その方法としてフラッシュストレージを利用したアプライアンス製品を紹介する。(2014/1/27)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。