ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「サクセス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サクセス」に関する情報が集まったページです。

「テロップは全て人力でした」 史上初の「パワプロ風野球中継」 実現の陰にあった3つの壁とパワプロ愛
プロ野球の試合中継をゲーム「実況パワフルプロ野球」風に配信し、大きな反響を呼んだAbemaTV。実現までにはさまざまな苦労が――プロデューサーの押目隆之介さんに話を聞いた。(2018/10/21)

杉山淳一の時事日想:
台湾で「なめこ列車」が走っていた――日本でもどう?
人気キャラクターでローカル鉄道を活性化する。それは日本だけではなかった。台湾のローカル線でも観光キャンペーンでキャラクターとのタイアップが行われており、なんと今年は日本のゲームキャラクター「なめこ」が採用された。その経緯と効果を聞いた。(2013/9/20)

インタビュー:
ゲームに賭けてきたからこそ見せたい意地がある 業界からはみ出たおっさんたちは「モンケン」で何を壊すのか
インタビュアーは「モンケン」プロジェクトに30万円を出資した、「ゲームのちからで世界を変えよう会議」代表・Noah氏でお送りします。(2013/6/17)

なめこの3DSパズルゲーム「おさわり探偵 なめこ大繁殖」発売決定
んふんふ。(2012/11/29)

萌えだらけ? 萌え専門ポータルサイト「萌えとぴあ」のティーザーサイト開設
サクセスは萌えに特化したコンテンツのみを集めた専門ポータルサイト「萌えとぴあ」のサービスを予定している。(2011/6/21)

いざ、牧場友達とともに害獣狩りへ――「まきば生活 ひつじ村」大型アップデートを11月18日に実施
今回の大型アップデートで、害獣を退治できる「狩りシステム」が追加される。狩りに成功すると、狩りポイントやアイテムが追加となるほか、失敗しても仲間に追撃を頼めるシステムとなっている。(2010/11/18)

シロかクロか、はたまたグレイか?――「ガサ入れ彼女」配信
今日はなんとしても、浮気の証拠を見つけてやるんだからっ!(2010/8/26)

ねとらぼ:
浮気発見ゲーム「ガサ入れ彼女」
「もしかして、浮気……?」――彼を疑う彼女の気持をリアルにシミュレーションできるという携帯電話向けゲーム「ガサ入れ彼女」が無料配信されている。(2010/8/26)

DeNA、サクセスネットワークス株式を取得 SAP投資の一環
DeNAが、モバゲーで「モバ 7」を運営するサクセスネットワークスの株式を取得。(2010/8/3)

非会員5人を抽選で招待――MCFがソーシャルアプリの会員限定セミナーで
モバイル・コンテンツ・フォーラムが、6月21日に開催する「ソーシャルアプリの可能性について」と題した会員限定セミナーに、非会員5人を抽選で招待する。(2010/6/8)

「聞いて覚える英単語〜アルクのキクタン」体験版が公開に
(2009/3/5)

「アオイシロ」「STRANGLEHOLD」が新価格で登場
(2009/2/27)

ねずみ小僧リーチや金さんリーチも――「CR遠山の金さん」アプリ先行版を無料配信
(2009/1/20)

PSP版「クリムゾン・ルーム リバース」発売記念のリアル脱出イベントが大阪で開催
(2008/12/5)

龍の背に乗った牌を消す――「ドラゴンダンス」
サクセスは、ニンテンドーDSとPSPにおいて麻雀牌パズル「ドラゴンダンス」を発売する。(2008/11/28)

「パワプロクンポケット11」発売日決定
(2008/11/14)

「おさわり探偵 小沢里奈 シーズン2 1/2 〜里奈は見た!いや、見てない〜」が新価格で登場
(2008/11/12)

実に人間らしい思考をする――プロ棋士がうなる「最強将棋 BONANZA」発売記念発表会
サクセスは12月18日に発売を予定しているPSP用ソフト「最強将棋 BONANZA」の記者発表会を開催。女流棋士の上田二段を招き、その魅力を語った。(2008/11/11)

PC「アオイシロ」体験版が公開
(2008/10/3)

“リストラ探偵”が繰り広げる探偵アドベンチャー──「LastOrder第4章〜流れ出る死〜」
(2008/7/29)

PS3版「STRANGLEHOLD」で発売記念プレゼントキャンペーン実施
(2008/7/11)

「箱庭生活 ひつじ村DS」メイキングムービーをYouTube「SUCCESS Channel」で配信
(2008/7/11)

3人の君主が三つ巴の戦い──ファンタジーシミュレーション「ドールウォーズ」
(2008/6/27)

YouTubeに「SUCCESS Channel」開設
(2008/6/24)

“鉄”さんも納得?──「電車ボイス」登場
(2008/6/20)

大一商会「CRバトルヒーローV」が携帯アプリに
(2008/6/18)

2940円のオリジナル脱出アドベンチャー「ジョニーの脱出大作戦」発売決定
(2008/6/13)

今日は何の日? 萌え曜日!:
女の子にドキドキしながらフーフーしよう! 魅惑の恋愛吐息アドベンチャーを体験してみました
女の子の体にタッチするという欲望に忠実なゲームはあるけれど、息を吹きかけるという奥ゆかしい(?)スタイルで、気になるあの子のハートを鷲掴んでいく恋愛アドベンチャーは本作のみ。今回はそんな、ある種ストイックな恋愛模様が楽しめる「Breath 吐息は茜色」をご紹介。(2008/6/9)

「やわらか戦車」と「くわがたツマミ」でゆる〜く脳みそコネコネ
サクセスは7月24日、フラッシュアニメでおなじみの「やわらか戦車」と「くわがたツマミ」のニンテンドーDS用パズルゲームを発売する。(2008/6/6)

サクセス、「幻霧ノ塔ト剣ノ掟」Web体験版を公開
(2008/5/2)

唇を肌に合わせ、血を吸う――「アオイシロ」
(2008/5/2)

「落シ刑事 〜刑事さん、私がやりました〜」「野獣刑事 東京同時多発テロを鎮圧せよ!」発売延期
(2008/4/17)

“湘爆”がパチスロケータイアプリに──「パチスロ湘南爆走族」
(2008/4/9)

魔法と友情の物語「レインボーマジック」のケータイサイト開始
(2008/4/3)

「IT」は“アイス・食べる?”──ケータイでレッスン「若者言葉」
(2008/3/21)

“麻雀トレーニング”アプリ、「Maru-Jan麻雀脳力塾2」登場
(2008/3/21)

サクセス、Xbox Live マーケットプレイスで「RAIDEN FIGHTERS ACES」の体験版配信
(2008/3/18)

全国の鉄道路線を巡りながらクイズに答える――「クイズの旅〜鉄道旅情編」
(2008/3/12)

「実は麻雀が弱かった」と告白する和田アキコさん――「朝青龍はジェロを見習え」
サクセスはニンテンドーDSゲーム「アッコでポン! 〜イカサマ放浪記〜」発表会を開催。会場にはキャラクターとして登場する和田アキコさんが姿を見せ、本作の魅力について語るともに、最近の芸能情報についても意見を聞かせてくれた。(2008/2/28)

実機に先駆けてパチスロをケータイで楽しめる――「スロット伝説 中森明菜」
(2008/2/12)

サクセス「SuperLite2500 BRICKDOWN ブロックくずしのフランス革命やぁ〜!」の試遊台を秋葉原に設置
(2008/1/18)

「SuperLite2500シリーズ」発売記念購入者対象プレゼントキャンペーン
(2007/12/21)

「オペレーション・ダークネス」体験版をXbox LIVEマーケットプレースで配信開始
(2007/12/20)

8台同時走行可能、905iシリーズ対応の3Dレースゲーム──「イレーサー」
(2007/11/30)

縦スクロールシューティングの金字塔完全移植――「RAIDEN FIGHTERS ACES」
サクセスは、Xbox360用縦スクロールシューティングゲーム「RAIDEN FIGHTERS」シリーズ3部作を、1本のソフトに収録した「RAIDEN FIGHTERS ACES」を2008年に発売する。(2007/11/30)

「ケータイ小説をもっとメジャーに」――オリコンなどが投稿サイト
オリジナル小説を投稿できる携帯サイトを、オリコンなどが開設する。コンテストを通じて新人作家を発掘するほか、作品の映像化も検討。人気ケータイ小説作家の作品も読める。(2007/11/22)

大当たりで、あの『男の勲章』再生──パチスロアプリ「パチスロ湘南爆走族」登場
(2007/11/19)

「降魔霊符伝イヅナ 弐」発売記念イベントを秋葉原で開催――吉田音氏のサイン会も
(2007/11/16)

戦車で戦うRPG「METAL SAGA 〜旋律の連鎖〜」、ソフトバンク携帯版も登場
(2007/11/15)

「アオイシロ」のWebノベルを公式サイトで掲載
(2007/11/9)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。