レビュー
» 2007年07月10日 20時00分 UPDATE

ビデオカメラレビュー「HDR-CX7」vs.「iVIS HR10」“ソニー対キヤノン”再び。AVCHDカメラの最新2機種を比較する(前編) (3/3)

[浅井研二,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

起動時間は意外にも差がないものの、やはり、操作は全体に「HDR-CX7」が快適

 かたやメモリカード、かたやDVDとなると、使い勝手にも大きな差が生じそうだが、はたして実際のところはどうだろう。まず起動時間に関しては、予想に反してあまり違わない。「HR10」が起動から動画撮影開始まで11〜12秒程度かかるのはほぼ見込みどおりとしても、「HDR-CX7」でも9〜10秒程度の待ち時間が生じるのは少し意外だった。

 静止画モードと動画モードの切替に関しては、「HR10」は1〜2秒の間が空くものの、いずれも即座にスイッチ可能というレベルといっていい。ただ、大きく異なるのは電源を落とした際の処理で、「HR10」ではディスク記録を行ったあとなら10秒以上、それ以外の場合でも数秒ほどかかる。

 メディアの違いは動作音にも関係してくるが、「HR10」の撮影中でも本体に耳を近づけないと気づかない程度。ただし、起動時や、再生モードでのファイルブラウズにともなうシーク音は少し耳障りではある。

 体感的に最も差を感じるのは、撮影した動画の再生操作かもしれない。「HDR-CX7」はファイル一覧のサムネイル表示も非常に素早く、再生中のファイルスキップは約1秒。早送り/早戻し(5倍速/10倍速/30倍速/60倍速)中の表示も、滑らかとはいえないものの、シーンの流れが十分に把握可能な程度で描画され、操作に対する反応もよい。一方、「HR10」はファイル一覧ではサムネイル表示に数秒を要し(初回のみ)、ファイルスキップも3秒程度、早送り/早戻し(5倍速/15倍速)の描画や反応に関しても、やや鈍い。

 以上のように、操作の快適さに関しては、メディアにDVDを採用した「HR10」がやや劣勢な点は否めないものの、撮影時の機能や画質について見ていくと、その立場は逆転する。

最高12Mbpsだが、ハイプロファイルの採用で高い圧縮品質を確保した「iVIS HR10」

 前述のとおり、「HDR-CX7」はメモリースティックPROデュオを採用している。ただし、「HDR-CX7」には記録メディアが標準付属せず、別途購入が必要だ。最近は8Gバイトが2万円、4Gバイトが1万円程度で買えるので、できれば8Gバイトタイプを選択したほうがいいだろう。動画画質はXP(15Mbps)、HQ(9Mbps)、SP(7Mbps)、LP(5Mbps)の4モードが用意されており、8GバイトのメモリースティックPROデュオであれば、XPでも1時間の記録が可能だ。

 また、「HDR-CX7」では転送速度が高速な“メモリースティックPRO-HGデュオ”も使用可能だが、メモリースティックPROデュオでも最低書き込み速度15Mbpsを確保しているため、使用上特に問題はない。ちなみに、PRO-HGデュオは現状では最大でも4Gバイト容量で、価格は同じ容量のPROデュオの倍程度となっている(発売は8月下旬)。

 一方の「HR10」は、動画撮影には8センチDVD-R/-RW/-R DL、静止画撮影にはminiSDカードを使用する(DVDへの静止画撮影には非対応)。動画記録モードはXP+(12Mbps)、XP(9Mbps)、SP(7Mbps)、LP(5Mbps)で、最高品質時のビットレートがやや低い点以外は「HDR-CX7」とほぼ同じだ。8センチDVDの容量は通常の片面タイプで1.4Gバイト、両面タイプで2.8Gバイト、片面2層タイプで2.6Gバイトなので、XP+で撮影を行った場合は、それぞれ15分、30分、27分の記録が可能となる。

 最高で12Mbpsというのは、「HDR-CX7」に対して不利なようにも思われるかもしれないが、ハイプロファイル採用もあってか、実際に見比べた場合に画質で「HR10」が劣っているとは感じない。むしろ、冒頭で述べた“期待”どおりの解像感を見せてくれるほどだ。また、「HDR-CX7」では、特にSPモード以下において、動いている被写体に引きづられるようなかたちで、周囲の映像が若干荒れてしまう現象が目立って見えてしまうケースも多々あった。

 後編では、編集機能などの比較とともに、さらに多くのサンプル映像を掲載する予定だ。

動画撮影サンプル


photophoto HDR-CX7のXPモード(15Mbps)とHR10のXP+モード(12Mbps)

photophoto HDR-CX7のHQモードとHR10のXPモード(ともに9Mbps)

photophoto HDR-CX7のSPモードとHR10のSPモード(ともに7Mbps)

photophoto HDR-CX7のLPモードとHR10のLPモード(ともに5Mbps)
前のページへ 1|2|3       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう

アクセストップ10

2017年06月22日 更新
  1. 今もっともコスパの高い4K液晶テレビかもしれない――バズーカ搭載、地デジもきれいな“レグザ”「BZ710X」 (2017年06月22日)
  2. ピコ太郎さんナゾソングの正体はこれだった! 「レイトン教授」世界10カ国でリアルナゾ解き企画を開催 (2017年06月20日)
  3. ポケモンGOアプリがアップデート、レイドバトルの準備が進む 手持ちのポケモンがデカくなるバグも (2017年06月21日)
  4. 「toio」をきっかけにソニーも変わる? 体感型おもちゃが示す本当の価値 (2017年06月21日)
  5. 大人の女性にうれしいスマートウォッチ! 小さく軽くなったソニーの「ウェナリスト」――スワロフスキーをあしらったモデルも (2017年06月21日)
  6. ポケモンGOにレイドバトル実装、協力して強大なボスポケモンを倒せ! ジムにも新要素、「わざマシン」など新アイテムも続々 (2017年06月20日)
  7. ヘッドフォンみたいな扇風機「ヘッドホンなクーラー」、サンコーから (2017年06月20日)
  8. 人についてくる赤外線ヘリコプター「フォロミーヘリカル」 (2017年06月20日)
  9. AI技術がテレビの画質を上げる! 東芝レグザの「AI機械学習HDR復元」とは (2017年06月19日)
  10. 転んでも自分で起き上がるカメラ付きホームロボット「アボットライリー」 (2017年06月21日)