レビュー
» 2007年07月20日 08時00分 UPDATE

ビデオカメラレビュー「HDR-CX7」vs.「iVIS HR10」“ソニー対キヤノン”再び。AVCHDカメラの最新2機種を比較する(後編) (3/3)

[浅井研二,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

静止画撮影サンプル

サンプル画像はすべて、左がHDR-CX7、右がHR10。いずれもオートモードで、HDR-CX7はXP(15Mbps)、HR10はXP+(12Mbps)の最高品質で記録した。「HDR-CX7」の色合いが少し不自然なのは、x.v.Colorオンで撮影した動画から切り出しているせいかもしれないが(付属のPicture Motion Browserを使用。静止画保存時に「色補正」も可能だが、利用した場合でも色調に関しては特に変わらない。また、テレビで動画を再生した場合には、ここまでの不自然さは見受けられない)、いずれにせよ、解像感の差は明確に出ており、「HR10」にはやはり「HV10」「HV20」に通じる素性のよさが感じられる。

photophoto あじさい

photophoto 鶴岡八幡宮・舞殿

photophoto 鶴岡八幡宮・舞殿アップ

photophoto 浪子不動と逗子海岸

静止画撮影サンプル

 静止画撮影時の解像度は、HDR-CX7が2848×2136/2848×1602/2048×1536/640×480、HR10が2048×1536/1920×1080/1440×1080/640×480となる。ここでは両者の4:3画面での最高品質となる、2848×2136と2048×1536で撮影している。

photophoto 逗子マリーナ
前のページへ 1|2|3       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう

アクセストップ10

2017年06月22日 更新
  1. 今もっともコスパの高い4K液晶テレビかもしれない――バズーカ搭載、地デジもきれいな“レグザ”「BZ710X」 (2017年06月22日)
  2. ピコ太郎さんナゾソングの正体はこれだった! 「レイトン教授」世界10カ国でリアルナゾ解き企画を開催 (2017年06月20日)
  3. ポケモンGOアプリがアップデート、レイドバトルの準備が進む 手持ちのポケモンがデカくなるバグも (2017年06月21日)
  4. 「toio」をきっかけにソニーも変わる? 体感型おもちゃが示す本当の価値 (2017年06月21日)
  5. 大人の女性にうれしいスマートウォッチ! 小さく軽くなったソニーの「ウェナリスト」――スワロフスキーをあしらったモデルも (2017年06月21日)
  6. ポケモンGOにレイドバトル実装、協力して強大なボスポケモンを倒せ! ジムにも新要素、「わざマシン」など新アイテムも続々 (2017年06月20日)
  7. ヘッドフォンみたいな扇風機「ヘッドホンなクーラー」、サンコーから (2017年06月20日)
  8. 人についてくる赤外線ヘリコプター「フォロミーヘリカル」 (2017年06月20日)
  9. AI技術がテレビの画質を上げる! 東芝レグザの「AI機械学習HDR復元」とは (2017年06月19日)
  10. 転んでも自分で起き上がるカメラ付きホームロボット「アボットライリー」 (2017年06月21日)