ニュース
» 2009年03月04日 12時06分 UPDATE

InstaPort採用:東芝、120Hz駆動の省エネREGZA「C8000」シリーズを発表

東芝はバックライトの効率化を図った省エネ液晶パネル搭載のREGZA「C8000」シリーズを3月下旬から順次発売する。倍速駆動の液晶テレビとしては「業界トップ」(同社)の低消費電力を実現したという。

[ITmedia]

 東芝は3月4日、液晶テレビ“REGZA”の新製品として、バックライトの効率化を図った省エネ液晶パネル搭載の「C8000」シリーズを発表した。倍速駆動の液晶テレビとしては「業界トップ」(同社)の低消費電力。価格はオープンプライスで、3月25日から順次発売する。店頭では、42V型が21万円前後、37V型が18万円前後、32V型は14万円前後になる見込みだ。

photophotophoto 左から「42C8000」「37C8000」「32C8000」。地上デジタル/BSデジタル/CS110度デジタルの3波対応チューナーとアナログ地上波チューナーを搭載する
型番 42C8000 37C8000 32C8000
画面サイズ(解像度) 42V型(フルHD) 37V型(フルHD) 32V型(1366×768ピクセル)
年間消費電力量 127kWh/年 119kWh/年 95kWh/年
実売想定価格(※) 21万円前後 18万円前後 14万円前後
発売日 4月下旬 4月下旬 3月25日
※価格はオープンプライス

 発光効率を高めた蛍光管と新型の光学フィルムを採用。42V型と37V型では省エネタイプの倍速IPS液晶パネルを搭載するとともに、蛍光管の本数を従来の18〜20本から12本へ削減した。32V型はVAタイプの省エネ液晶パネルを採用。蛍光管の本数は従来のままだが、新型フィルムにより従来より低い消費電力で駆動できるという。

 新型のフィルムは、これまで液晶パネルで遮られていた垂直方向の偏光を水平方向の偏光に変換することで、液晶パネルを透過できるというもの。「無駄になっていた光を効率よく利用することができ、少ない蛍光管の数でも従来のパネルと同等の輝度を実現した」(→120Hz駆動の“エコREGZA”が登場――東芝環境展)。

photo 付属のシンプルレグザリモコン

 倍速駆動は、最上位モデル「ZH7000」シリーズなどと同じ「倍速・モーションクリア」を搭載。120Hz駆動と中間フレーム生成により、1秒間に120コマを表示して液晶テレビの“動画ボケ”を抑える。視聴環境に応じて画質を自動調整する「おまかせドンピシャ高画質」機能も搭載。コントラストは42V型と37V型が1300:1(JEITA)、32V型は3000:1(JEITA)。ダイナミックコントラストでは42V/37V型で1万3000:1、32V型は3万:1となる。

 HDMI端子はいずれも3系統を備えている。シリコンイメージの「InstaPort」を初めて採用し、HDMI接続機器間の切替にかかる時間を短縮した(→HDMIの“切替”を速くする「InstaPort」とは?)。そのほかの入力端子は、D4×1、S2×2、コンポジット×3。光デジタル音声出力なども備えた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう