ニュース
» 2009年03月31日 19時00分 UPDATE

青いレールで半世紀:50周年記念プラレール、初代と同じ「C12蒸気機関車」で登場

タカラトミーは、「プラレール」の誕生50周年記念商品「C12蒸気機関車 アーチ橋とレールセット」を発売する。プラレールの原型となった商品を現在の技術とデザインで再現した。

[ITmedia]

 タカラトミーは、2009年で「プラレール」が誕生50周年を迎えることを記念して、4月23日に「50周年記念 C12蒸気機関車 アーチ橋とレールセット」を発売する。価格は5250円。

photo 「50周年記念 C12蒸気機関車 アーチ橋とレールセット」。4両編成のC12蒸気機関車とアーチ橋を中心としたベーシックなセット

 1959年に発売され、プラレールの原型となった「プラスチック汽車・レールセット」を現代の技術とデザインで再現。オリジナルはカラフルでシンプルなデザインだったが、今回はプラレールならではの「リアリティーとデフォルメの絶妙なバランス」を楽しめる。

photo 1959年に発売された「プラスチック汽車・レールセット」

 また、記念商品では“50周年記念お客様還元企画”として付属レールを増量。通常の基本レイアウト分に加え、直線レール4本とY字ポイントレール2種(1組)がプラスされる。付属のプラキッズ(フィギュア)は“車掌さん”。

 プラレールは、これまでに累計約900種類、1億2800万個以上を販売したロングセラーの鉄道模型。青いレールは現在でも50年前と同じ規格で作られているため、親子3世代で楽しめるという。また最近では、「プラレール」ブランドとしてアパレルや文具雑貨なども展開。300以上の商品が販売されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう

アクセストップ10

2017年06月22日 更新
  1. 今もっともコスパの高い4K液晶テレビかもしれない――バズーカ搭載、地デジもきれいな“レグザ”「BZ710X」 (2017年06月22日)
  2. ピコ太郎さんナゾソングの正体はこれだった! 「レイトン教授」世界10カ国でリアルナゾ解き企画を開催 (2017年06月20日)
  3. ポケモンGOアプリがアップデート、レイドバトルの準備が進む 手持ちのポケモンがデカくなるバグも (2017年06月21日)
  4. 「toio」をきっかけにソニーも変わる? 体感型おもちゃが示す本当の価値 (2017年06月21日)
  5. 大人の女性にうれしいスマートウォッチ! 小さく軽くなったソニーの「ウェナリスト」――スワロフスキーをあしらったモデルも (2017年06月21日)
  6. ポケモンGOにレイドバトル実装、協力して強大なボスポケモンを倒せ! ジムにも新要素、「わざマシン」など新アイテムも続々 (2017年06月20日)
  7. ヘッドフォンみたいな扇風機「ヘッドホンなクーラー」、サンコーから (2017年06月20日)
  8. 人についてくる赤外線ヘリコプター「フォロミーヘリカル」 (2017年06月20日)
  9. 転んでも自分で起き上がるカメラ付きホームロボット「アボットライリー」 (2017年06月21日)
  10. AI技術がテレビの画質を上げる! 東芝レグザの「AI機械学習HDR復元」とは (2017年06月19日)