ニュース
» 2009年12月03日 18時17分 UPDATE

ポラロイド復活、プリンタ一体型デジカメのほかフィルムカメラも投入

「ポラロイド」が復活する。ポラロイドブランドを冠したプリンタ一体型デジカメやデジタルフォトフレームを皮切りに、2011年夏には「ポラロイド1000」も登場する。

[ITmedia]

 ポラロイド、復活――サミット・グローバル・ジャパンは12月3日、「ポラロイド」ブランド製品を12月4日より販売開始すると発表した。まずはデジタルカメラ、ミニプリンタ一体型デジタルカメラ、デジタルフォトフレームなどを投入し、2011年にはフィルムを使うインスタントカメラ“ポラロイド”も投入する。

photo 2011年夏に投入を予定している“ポラロイド”を手にするサミット・グローバル・ジャパンの高田克之氏

 米ポラロイドは2008年12月に米破産法11条(チャプター11)を申請し、事実上の営業停止状態となったが、2009年4月にGolden brothers GroupとHilco Consumer Captalが合同で同社を買収し、その後、サミット・グローバル・グループが両グループとポラロイドブランド製品の生産/販売に関する独占契約を締結するに至っている。今回、国内で販売を開始するサミット・グローバル・ジャパンは、サミット・グローバル・グループの日本におけるポラロイド製品の独占販売権を所有している。

 「使って楽しい(Fun)、おしゃれ(Fashionable)、手ごろで便利(Feasible)。3つの“F”をお客様に約束します」(サミット・グローバル・ジャパン 高田克之氏)

 第1弾製品として投入されるのは、デジタルカメラ「a930」「i1237」「t1235」、デジタルビデオカメラ「DV130」、プリンタ内蔵デジカメ「Polaroid TWO」、モバイルプリンター「Polaroid PoGo Instant Mobile Printer」、デジタルフォトフレーム「i1201」など。カメラ/ビデオカメラは、いずれもポップなデザインと低価格が特徴だ。Polaroid PoGo Instant Mobile Printerについては、12月3日より予約受付を開始する。

 プリンタ内蔵デジカメ「Polaroid TWO」とモバイルプリンター「Polaroid PoGo Instant Mobile Printer」はプリンタ部分に、発色層を備えた専用印画紙を利用することでインクなしで印刷できるZINK社の「ZINK Zero Ink」技術を採用し、インク切れなどの心配なくデジカメ撮影―印刷の流れを楽しめる。

photophotophoto ラインアップ中では高機能型となるデジカメ「t1235」(1万5800円前後 写真=左)、プリンタ内蔵デジカメ「Polaroid TWO」(1万9800円前後 写真=中)、ビデオカメラ「DV130」(5480円前後 写真=右)※いずれも価格は実売想定価格
photophoto モバイルプリンター「Polaroid PoGo Instant Mobile Printer」はBluetoothにも対応しており、対応携帯電話から直接プリントすることもできる(写真=左)、デジタルカメラ「a930」のパッケージ(写真=右)

 インスタントフィルムカメラならびにフィルムについては、2010年春以降にモノクロフィルム、夏以降にインスタントフィルムカメラ「ポラロイド1000」、秋以降にカラーフィルムを販売する。フィルム/カメラともに価格は未定だが、「(生産中止によってプレミア価格がついてしまっている)過去製品よりも安価に提供したい」としている。

photophotophoto 「Polaroid one600」と600フィルム。いずれも現在は生産されていない(写真=左)、既存の「Polaroid 1000」。2011年夏の新製品はこれをベースにデザインされる予定(写真=中)、600フィルムとPolaroid TWOのプリント(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.