ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「インスタントカメラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

古いiPhoneで撮影した写真が“エモい”と評価されるワケ 「iPhone 3GS」で試してみた
若い世代の間では「エモい写真が気軽に撮れる」という意味で「古いiPhone」で写真を撮ることが話題だ。なぜ話題なのか実際に古いiPhoneを用いて撮影してみたり、同世代の友人等に聞き込みを行って考察してみることにする。(2024/7/14)

「ラピコタ帝国」「人間だったい」 “ラピュタ”のDVDを買ったと思ったら…… とんでもない“ニセモノ”が話題 「笑うw」「逆に見てみたい」
怪しい日本語がすぎる。(2024/7/7)

「来られて良かったです」――ASUS JAPANファンイベント「ROG FUNDAY 2024」の満足度が高かったのはなぜか?
6月29日にASUS JAPANは、スポンサーを務めるeスポーツ施設「esports Style UENO」(東京 台東区)で「ROG FUNDAY 2024」を開催した。応募初日に「想定外の」応募数があり早々に締め切ったということで話題にもなった。本イベントでファンたちが盛り上がった様子をレポートする。(2024/7/1)

“限界オタク化”の志田未来、推し活で聖地巡礼する姿が尊い 「ふるっぱー愛が伝わってきます」
かわえかわえ……。(2024/6/20)

AI美女説がささやかれる“奇跡の8頭身”タレントが限界突破でさらにデカくなる 「コラに見えた!」「ハイスペ過ぎる」
「身長184.3cmです」。(2024/6/17)

愛犬の写真をプリントしてみたら→「アイドルの生写真買った気分」 ワンコのかわいさを120%表現した出来栄えに「事務所決まってる?」
完璧なポーズとカメラ目線。(2024/6/10)

志田未来、本気の“推し活”で限界オタク化「かわええよぉおぉぉおお」 ライブハウス通う姿に「現場行ってるんだ!」
いい顔してる!(2024/6/5)

緊急帝王切開で出産した妻が退院する日、夫が感謝を伝えるサプライズ 号泣する姿に「もらい泣きした」「わたしも涙が……」
心のこもったプレゼント。(2024/6/4)

1枚の折り紙がムキムキに変身! 筋肉キャラへのアレンジもできる「マッチョ折り紙」がナイスバルク
ジーニーやジョジョのスタンドなど、いろいろ応用できます。(2024/5/17)

Innovative Tech:
“ビールは冷やす”となぜうまい? 中国の研究者らが調査 アルコール度数と温度の関係に迫る
中国科学院や中国の白酒メーカーである五粮液などに所属する研究者らは、異なるアルコール度数や温度によって味わいなどが変化するメカニズムを解明するために検証した研究報告を発表した。(2024/5/15)

Innovative Tech:
職場の「一部ネット接続できない規制PC」から機密データを盗むサイバー攻撃 米研究者らが発表
米ボイシ州立大学などに所属する研究者らは、インターネット接続を遮断された規制の厳しいPCであっても、CPUの処理速度を意図的に操作することで、一部のアプリケーションでひそかにデータをやりとりできる攻撃を提案した研究報告を発表した。(2024/5/13)

NEWS Weekly Top10:
「Evernoteは終わらない」記事に反響 使い続けるユーザーの声
クラウドメモツール「Evernote」の日本法人解散が大きな反響を呼んだ。2010年代のブーム以降、徐々にユーザー規模が縮小してきたこともあり「懐かしい」と感じる人も多いかもしれないが、Evernoteは今も進化を続けており、愛用し続けているユーザーもいる。(2024/5/7)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
発想が変、タイパ最悪、だがそれがいい! エフェクトがかけられる新型“チェキ”で味のある写真を撮りまくる
今回の「instax mini 99」は実に変なカメラ。完全にアナログの“チェキ”なのだが、強引なアナログ的手法でいろんなエフェクトをかけた写真を撮れるのである。(2024/5/4)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
技術者「本当にやるの?」──わざと光を被らせるエフェクトを搭載した大胆なインスタントカメラ、富士フイルム「INSTAX mini 99」開発秘話
富士フイルムの「INSTAX mini 99」というカメラが面白いのは、それが久しぶりに登場した「写真とは光だ」ということを思い出させてくれるからではないかと思う。(2024/4/29)

ホロライブ・桃鈴ねね、紳士向けゲーム「バニーガーデン」でまさかの号泣に視聴者爆笑 600万の借金を作り“衝撃の末路”へ
全てを間違え続けた末路。(2024/4/26)

令和の無駄学:
丸亀シェイクうどんの大ヒット 背景にある「あえてひと手間」が持つ効果とは……?
世の中には、「あえてひと手間」加えることでヒットした商品がたくさんあります。例えば、丸亀の「シェイクうどん」の大ヒットでも、「あえてひと手間」が効果的に作用しています。(2024/4/22)

藤岡弘、の次女・天翔天音、高校卒業で“最後の制服姿” 「充実した3年間」報告……2023年には「どうする家康」出演
写真が青春すぎる。(2024/4/13)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
復活した「ポラロイド」の新製品、アナログだけどイマドキだった 専用アプリでエモい写真をシェア
あの「ポラロイド」が日本で再度復活を果たす瞬間を見てきた。2023年秋に欧米で発売されたPolaroidのフラッグシップモデル「I-2」の日本での発売が発表されたのだ。(2024/4/13)

「キラキラドンキ」4店舗目はみなとみらいにオープン ライブ会場多い立地を生かし、推し活グッズを強化
ドン・キホーテは4月23日、横浜みなとみらい21新港地区にあるワールドポーターズ内に「キラキラドンキ横浜ワールドポーターズ店」をオープンする。(2024/4/4)

「ああいうアイドルになりたかった」 乃木坂46 1期生高山一実が見せた“ホンネ” デビュー小説が映画化のいまも続く“うれしさ”“寂しさ”を本人に聞いてみた【映画『トラペジウム』インタビュー】
映画は5月10日公開です。(2024/4/29)

富士フイルム、チェキ最上位モデル「INSTAX mini 99」発売 内部にLEDを搭載
富士フイルムは、アナログインスタントカメラの最上位モデル「INSTAX mini 99」を発売。カメラ内部にLEDを搭載し、6種類の色表現ができる「カラーエフェクトコントロール」などプリント表現の幅を広げる新機能を搭載する。(2024/3/27)

アイドルYouTuber、体調不良→逝去のファンに追悼メッセージ 「うちらの為に夜勤沢山お疲れ様だよ」
「貴方の人生に少しでも関われて嬉しかったよ!」(2024/3/25)

「しまむら」で3月27日から「春祭」 アウターや服飾雑貨などが特価に
(2024/3/25)

ビジネスフレームワークの教科書:
富士フイルムとワークマンが成長した要因は? フレームワークで分析
富士フイルムとワークマンはどのようにして成長してきたのでしょうか。フレームワークを使って分析しました。(2024/3/25)

岡田紗佳、まさかのコスプレで感情爆発「恥ずかしい!」→悶絶する姿に「なにやらせてんねん」「テンパリ気味で可愛い」
メイド姿は「キャラじゃない」とのこと。(2024/3/15)

3分インタビュー:
タイパ重視じゃないの? “音楽を持ち歩く”キーホルダーがZ世代にウケた理由
(2024/2/19)

退所後に暴れる元ジャニJr.が“彼女公表”でまたも物議 「退社したら何言ってもいいと」の声に、本人サイドは“反省し生まれ変わった”と反論
無敵になってる。(2024/2/14)

富川悠太さん、ジュノンファイナリストの“16歳息子”推し極まってご満悦 初舞台観劇&チェキ大量ゲットで「なんかすいません笑」
パパは最古参ファン。(2024/2/13)

「Qoo白ぶどう」11年ぶりに容器入りで復活 「熱すぎる!!」「待ってました!」と歓喜の声
飲食店でしか飲めなかったことから、愛飲者は歓喜。(2024/2/8)

「写ルンです」で撮った?→いいえ、AI生成です 一見“本物”にしか見えない写真が「見破れない」と衝撃
古い写真感を出すと見分けがつかなくなるかも……?(2024/1/30)

超高感度磁気センサーの実現に期待:
フレキシブル基板上の磁性薄膜で創発インダクタンスを観測
慶應義塾大学とブラウン大学、中国科学院大学らの共同研究チームは、フレキシブル基板上の磁性薄膜において、室温かつ低磁場の環境で「創発インダクタンス」を観測し、そのメカニズムについても解明した。(2024/1/30)

スマホプリンター「チェキ」とリラックマのコラボモデルが登場
富士フイルムイメージングシステムズは、キャラクター「リラックマ」のぬいぐるみと、スマホプリンターをセットにしたコラボモデルを数量限定で販売する。(2024/1/24)

「絵畜生になりました!」 元プロゲーマーたぬかな、VTuber化 本職VTuberにも辛口「嫉妬でおかしなるわ」
なんと。(2024/1/22)

39歳の石川梨華、“全盛期意識”のアイドル姿があの頃のまま プロのぶれない姿勢に「永遠に可愛いアイドル像でいてくれる」
アイドルのプロだ。(2024/1/19)

美女が『進撃の巨人』リヴァイに大変身……! 高すぎる再現度に「こんな自然で美しい兵長コス初めて」「本物リヴァイ様や」と反響
メイク前からきれいすぎる……。(2024/1/18)

名機「ローライ35」がAFに対応? 「Rollei 35 AF」なる新作フィルムカメラが突如姿を現す
1967年に登場し、高級コンパクトフィルムカメラの走り的存在ともいえる「Rollei 35」に、まさかの新製品が2024年夏に出るという。その名は「Rollei 35 AF」。文字通りオートフォーカスに対応したコンパクトカメラのようだ。(2024/1/15)

「ギヴン」シリーズの続編映画前編「映画 ギヴン 柊mix」、同シリーズOPでデビューのセンチミリメンタルが主題歌手掛ける
syhの出番が多い!(2023/12/15)

「KARA」ハラさん4周忌にメンバーが追悼、韓国では追悼広告も ファンから「ずっと大好き」「会いたい」
ハラさんは2019年11月に28歳で逝去しました。(2023/11/24)

片岡愛之助が本気で挑む“壮大な茶番劇”は「真剣にやればやるほど面白く」 スケールアップした「翔んで埼玉」の世界観を埼玉県民が聞いてみた
埼玉県人の解放から4年。(2023/11/22)

旧帝大卒アイドル「学歴の暴力」が読み解く、アイドル×高学歴の方程式 恥じらい・プライド・不安定、なぜ高学歴女子とアイドルは相いれないのか
日本一平均偏差値の高いアイドルに聞きました。(2023/11/15)

「推しの子」アイ×鈴木愛理のコラボCMに「リアルとフィクションの最強アイドル共演」「何この最高すぎるCM」の声 Amazon Music
2人のチェキ風カードを持ち帰れるピールオフ広告も登場。(2023/11/13)

「にじさんじ」のアクリルデスクカレンダー、11月10日発売 同梱のイラストカードを入れ替えて、好きなVTuberで飾れる
イラストカードはそれぞれ6種ずつ同梱。(2023/11/9)

日向坂46、「ひな図書」で「まどマギ」とコラボ 再びの魔法少女姿が最高すぎる
舞台マギレコは5年前だと……?(2023/11/7)

IoTセキュリティ:
“将棋の封じ手”暗号プロトコルが量子コンピュータに対応、一方向性関数で構成
NTTは、量子コンピュータに対する安全性と通信効率を両立する「コミットメント」を、暗号理論における最も基本的な構成要素である「一方向性関数」のみを用いて世界で初めて構成したと発表した。(2023/11/7)

過去最高の売り上げ:
スマホで撮れるのに、なぜ「チェキ」は人気なのか いまでも“論争”が起きる商品群
まもなく発売25周年を迎える富士フイルムの「チェキ」シリーズ。世界的に需要が高まっており、2022年は過去最高の売上高を記録した。人気の秘密は……。(2023/11/2)

“IWGP”から23年、窪塚洋介の現在地 民放から20年離れている理由も明かす、最新作は日韓共作「ナックルガール」
「自分探しって、どんどん自分に近づいていく作業なのかな」(2023/11/2)

大塚明夫、玉山鉄二の“かっこよさ”に「嫉妬した」 アニメと実写の「次元大介」が対談、男もほれる男の魅力を語る
次元の新たな一面を描く新作が誕生。(2023/10/13)

マルマンの「図案スケッチブック」がバインダーファイルに 宝島社からムック付録で登場
手帳や家計簿に。(2023/10/12)

キラキラOL→メンタル崩壊→今では小説家、さらに実写映画化 “残高10万円だった”元アイドルがぶっちゃけるリアル【大木亜希子インタビュー】
現在の作家活動をどう捉えているのか、じっくり伺いました。(2023/11/10)

素材/化学メルマガ 編集後記:
チェキが売れている要因の1つ、チェキ会の魅力について考える
チェキ会の威力についてつらつら語っています。(2023/10/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。