ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「インスタントカメラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

「孤独ってこういうことかな」 芳根京子、笑顔の裏に秘めた不安と苦しみ明かす 映画「記憶屋 あなたを忘れない」での葛藤
「真希の愛のカタチは、かっこよくて、強いなと思いました」。(2020/1/17)

好きなアイドルの1分1秒が私の人生には必要なんです! 「推しが武道館いってくれたら死ぬ」1話 愛ゆえの暴走が止まらない
君は人生を賭けてアイドルを推せるか?(2020/1/16)

2020年は「信頼」「信用」の1年に 大原優乃インタビュー、ドラマ「ゆるキャン△」への意気込みも
20歳を機に、英会話教室に通い始めたようです。(2020/1/9)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
チェキとプリンターが合体してめちゃ楽しい「instax mini LiPlay」
やっぱチェキは面白いわー、と思うのである。今回取り上げる「instax mini LiPlay」が今までのチェキと違うのは「スマートフォン用プリンターとして使える」こと。これが実にいい。(2020/1/1)

推し活グッズ:
「やばい」「無限に遊べる」 セリアの「オタクの心情」シールを推しに貼るとめちゃくちゃ楽しい
使い方はめちゃくちゃ限られる。(2019/12/19)

推し活グッズ:
ブロマイドはもはやバッグに提げる時代 今までにない大きさの「レースアップブロマイドパスケース」がすごい
リボンのデザインもガーリー。(2019/12/17)

周防正行監督、成田凌に抱いた“違和感”から生じる初々しさ 役者がありのまま挑んだ映画「カツベン!」を視覚と聴覚で楽しめるわけ
成田さん「『カツベン!』自体がサイレントで流れていても大丈夫なんじゃないかな」。(2019/12/13)

いびつなエネルギーが生み出した“秘め事映画” 斎藤工と永野が語る、怪作「MANRIKI」が持つ“究極のリアル”
一度心をつかまれたら最後。(2019/12/13)

「商業的成功」が不可欠:
堀江貴文がミュージカル『クリスマスキャロル』で仕掛ける「新時代の舞台ビジネス」
ホリエモンこと堀江貴文が「演劇界の常識破り」に挑戦している。12月11日から15日まで東京キネマ倶楽部で、 12月24日から25日まで大阪市の味園ユニバースで計6日間、ミュージカル『クリスマスキャロル』を公演する。公演実施に際して、堀江が演劇を取り巻く状況をどのように捉え、今回の再演に際してどんな対策をしてきたのかをビジネス的な観点からインタビューした。(2019/12/12)

小島瑠璃子、「PUBG LITE」生配信でいきなり“ドン勝” 「1日1ドン勝」を目標に腕磨く
一発で決めたの本当にかっこいい。(2019/12/11)

さらに便利でかわいくなった! サンリオ「エンジョイアイドルシリーズ第2弾」が相変わらずオタクのこと分かりすぎてる
サンリオキャラに推しのうちわ、相性良すぎるでしょ。(2019/12/3)

「2.5次元がはやっている中では挑戦」 舞台「BIRTHDAY」平野良&宮河慶信&谷佳樹&鷲尾修斗4ショットインタビュー
ゲネプロ後のインタビューをお届けします。(2019/12/1)

瀬下寛之総監督×声優・島崎信長に聞くアニメ「Levius」 ポリゴン最新作で口をそろえる「過保護」というキーワード
セルルックCGの最前線を行くポリゴン。その先には、「限りなくカリカチュアされているのにもかかわらず十分な肉感がある」世界が見えているようです。(2019/11/30)

役者として成長を感じる舞台に 「暁のヨナ〜烽火の祈り編〜」生駒里奈、矢部昌暉、陳内将3ショットインタビュー
1年って大きい。(2019/11/17)

今日のリサーチ:
越境ECで売れる日本製品 「フイルムカメラ」「限定キャラクター商品」など――イーベイ・ジャパン調べ
日本からeBayに出品されたアイテムの販売動向が発表されました。(2019/11/15)

少年院上がりと呼ばれて――戦慄かなのが語る「少年院上がり」という肩書と将来の夢
戦慄「芸能活動にもアイドル活動にも“少年院上がり”はマイナスの経歴。でも、唯一プラスになるとしたら……」(2019/11/11)

eスポーツが身近に:
仮装しながらアキバでバトルロイヤル!?――マウスコンピューターの「ドン勝ハロウィンナイト Vol.2」レポート
各所でハロウィンパーティーが開かれる中、秋葉原ではマウスコンピューター主催「ドン勝ハロウィンナイト Vol.2」が開催された。「ドン勝」の称号を得たのは誰だ?(2019/11/5)

“ぽっちゃり”姿に「えーっ!」 難解な役に挑戦し続ける知英、映画「どすこい!すけひら」インタビュー
本人も驚くビジュアル。(2019/11/1)

本人たちも予測不能 LIVEミュージカル演劇「チャージマン研」とは何なのか、“4人のチャージマン研”に聞いてみた
台本からして普通じゃない。(2019/10/30)

声優・竹達彩奈がニャンニャン鳴く「CV部」動画のいきおいがすごい ここぞとばかりに声優への思いを聞いてみた
竹達さんにしては珍しい擬人化アテレコの現場で聞きました。(2019/10/28)

その表現をいかに日本語で豊かにできるか――江原正士&山寺宏一が「ジェミニマン」に吹き込む“3D化された言語”
声優界レジェンドの2人が、2人のウィル・スミスの吹き替えを務めます。(2019/10/25)

ワンコとのお散歩で平手友梨奈の笑顔はじける! 『週刊少年マガジン』16ページグラビアから厳選カットを紹介
笑顔の平手さんと白もふワンコの貴重なお散歩カットを紹介……!(2019/10/23)

「マレフィセント」から5年――上戸彩、苦しんだプリンセス役乗り越え生まれた“変化”とは
約5年ぶりに再びオーロラ姫の声を務めます。(2019/10/18)

教室のシーンは「すごく明るく見せたかった」 映画「惡の華」伊藤健太郎、玉城ティナ、飯豊まりえインタビュー
「学校が爆発しないかなって結構思うじゃない」と話す玉城さんに、「え、うそ(笑)」と驚く飯豊さん。(2019/9/24)

舞台「サザエさん」で10年後のカツオを熱演 荒牧慶彦、開幕初日インタビュー
初日公演の直後にお話を聞きに行っちゃいました。(2019/9/4)

NHKよるドラ「だから私は推しました」 札束勝負の投票企画、過酷なギャラ問題……アイドル業界とオタ活の巨大な暗黒面に斬り込む4話
推しの夢のためにエロいバイトをはじめるオタクの気持ちが分かりすぎてつらい。(2019/8/24)

NHKよるドラ「だから私は推しました」リアル友達を切り捨てて、アイドルを推す道を選ぶ3話 この関係は「二人三脚」か「共依存」か?
リア充な友達にオタク・カミングアウト。(2019/8/17)

サンリオからペンライトポーチやチェキホルダーなど推し活グッズが登場! ライブにおもむくオタクをキティちゃんたちが応援
店舗限定なので注意!(2019/8/16)

映画「二ノ国」には“真骨頂”が詰まってる? 宮野真守&梶裕貴&津田健次郎3ショットインタビュー
映画を支える実力派声優たちに聞きました。(2019/8/23)

駄菓子屋で買えるカップ麺「ブタメン」はなぜ生まれたか? 幻の生麺タイプや「焼そば」の存在も
開発担当者が本場九州のとんこつラーメンを片っ端から食べて、作り上げた味。(2019/8/14)

NHKよるドラ「だから私は推しました」新参女オタvs.古参のガチ恋オタのバトル勃発? 厄介オタの姿が見ていてつらい
月に60万円もつぎこむガチ恋オタク……。(2019/8/10)

“AV監督”に魅力を感じた理由――山田孝之、「全裸監督」で意識的に切り替えた“村西とおる”のスイッチ
山田さん「どこまで表現していいのかという葛藤が常にあった」。(2019/8/8)

もう推しとのツーショで悩まない “推し”サイドの人が教えてくれるチェキポーズの本が登場 速水奨やレイザーラモンRGも伝授
話題となったチェキ本の第2弾です。(2019/8/2)

Alibaba Groupの半導体メーカー:
中国Pingtougeが16コアの「RISC-Vプロセッサ」を開発
中国Alibaba Groupの半導体チップメーカーであるPingtouge Semiconductor(以下、Pingtouge)は2019年7月、AI(人工知能)、5G(第5世代移動通信)、IoT(モノのインターネット)、自動運転車のインフラストラクチャに向けたRISC-Vベースのプロセッサ「Xuantie 910」を発表した。(2019/8/1)

デジタルカメラ総合販売ランキング(6月24日〜6月30日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α7 III ズームレンズキット」に替わって「α7 III ボディ」がトップ10入り
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」は22連勝。前回のソニー「α7 III ズームレンズキット」に替わって今度は「α7 III ボディ」がトップ10入り。(2019/7/27)

KubeCon + CloudNativeCon + Open Source Summit China 2019:
Kubernetes、オープンソースとチャイナパワー
2019年6月下旬に中国の上海で開催されたコンテナとオープンソース関連のカンファレンス、「KubeCon + CloudNativeCon + Open Source Summit China 2019」で目立ったのは、OSSの世界における中国企業の存在感だ。OSSの消費者というだけでなく、有力なリーダーになりつつある。(2019/7/2)

令和初の「ビジュアルクイーン撮影会」に美女大集結 水も滴るいいビジュアルを激写してきた
豪雨にビチョビチョになりながら撮影してきましたぁぁぁ!(2019/6/23)

音も記録する新しいチェキ発売 写真にQRコードを印刷してスマホでメッセージが聞けちゃう
デザインもかわゆす。(2019/6/12)

新型「チェキ」は“音”も写す QRコード化してプリント
インスタントカメラ“チェキ”の新作として、音声をQRコード化して写真とともにプリントできる機能を備えた「instax mini LiPlay」が21日発売。実売予想価格は1万7500円(税別)。(2019/6/12)

「Mi Band 4」、カラー有機ELディスプレイで価格は169元(約2600円)から
Xiaomiが日本でも販売する「Mi Band 3」の後継リストバンド「Mi Band 4」を発表した。ディスプレイが約40%大きくなり、カラーになった。価格は非NFCモデルが169元(約2600円)、NFCモデルは229元(約3600円)。(2019/6/12)

川越の「丸広百貨店」屋上遊園地、2019年夏に閉園 名物の観覧車とともに51年の歴史に幕
建物の耐震工事に伴うスペース確保のため。(2019/4/24)

監督がマリ&チカにムチャ振り 映画「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」初のリアルイベントに潜入!
撮影のハードっぷりが分かるトークショーでした。(2019/2/17)

横浜に8メートルのビッグなスライムが出現! 「ドラゴンクエストビルダーズ2」イベント開催
クリスマスに ビッグスライムが あらわれた!(2018/12/20)

推しとのツーショットチェキ、どんなポーズすればいい? 「基礎」から「応用」までがわかるチェキ現場必携本が登場
「このポーズでお願いします!」を迷わず言える!(2018/12/5)

人気レイヤー五木あきらやうらまるらが登場 秋葉原にできた「会員制コンセプトカフェ」を直撃してみた
会員制って聞くだけでドキドキする。(2018/7/23)

「もっと男性に愛されるムッチリ体型目指す!」 人気コスプレイヤーえなこ、肉体改造宣言
『週刊ヤングジャンプ』グラビア掲載記念イベントに突撃!(2018/7/16)

2018年もひぇぇぇ 三和交通の「心霊タクシー2018」予約抽選開始 今年の恐怖ポイントを聞いてみた
冷ぇぇぇ。これ、ガチで涼しくなれるはず。受付は2018年7月12日12時まで。(2018/6/28)

水曜インタビュー劇場(3カ月10万台公演):
スマホの画像を印刷できる、「プリントス」はなぜ売れたのか
スマホで撮影した写真を印刷することができる「Printoss(プリントス)」が売れている。2017年12月、タカラトミーが発売したところ、すぐに品薄状態に。この商品の最大の特徴は「完全アナログ」なこと。時代に逆行しているような商品は、なぜ消費者に支持されたのか。(2018/6/27)

社長「世界で900万台売る」:
「チェキ」も正方形フィルム採用 “インスタ映え”ニーズ対応で世界拡販
富士フイルムがインスタントカメラ「チェキ」の新モデルを発表。「Instagram」の流行を機に、若年層で高まりつつある「正方形の写真」のニーズに応えた。(2018/5/15)

生テイラーが見られるぞぉぉぉ! テイラー・スウィフト、11月に3年半ぶりの来日公演決定
最高かよ。(2018/5/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。