ニュース
» 2010年05月31日 18時21分 UPDATE

3Dテレビに“4原色革命”、シャープ「AQUOS クアトロン3D」登場

シャープは5月31日、3Dテレビ「AQUOS クアトロン3D」など夏の新製品を一挙に発表した。4原色パネル技術「クアトロン」を全面的に採用し、3D映像も“断然、明るい!”とアピールする。

[ITmedia]

 シャープは5月31日、3D対応の液晶テレビ「AQUOS クアトロン3D」や3D対応のBlu-ray Discレコーダー「AQUOSブルーレイ」など、2010年の夏モデルを一挙に発表した。北米市場で先行販売している4原色パネル技術「クアトロン」を全面的に採用し、3D映像も“断然、明るい!”とアピール。発表会であいさつに立ったシャープの松本雅史副社長は、「他社と差別化できる商品だと自負している」と胸を張った。

photo シャープの松本雅史副社長と「AQUOS クアトロン3D」

 AQUOSの新製品は、3D対応の「LV3」ライン4機種をはじめとする3シリーズ10機種。すべて4原色パネルとLEDバックライトを採用しており、40V型から60V型まで4サイズを用意している。いずれも北米モデルと同系統のモダンスタイルとなり、とくに薄型スタイリッシュモデルをうたう「XF3」ラインはパネル部の最薄部で約3.9ミリを実現した。

photophoto 3Dに対応したLED AQUOS LV3ライン(写真は60V型と40V型)。デザインも一新した

 3D表示方式は、先行した他社と同じフレームシーケンシャルタイプを採用しているが、4原色パネルとUV2A、スキャニングLEDバックライト、新開発の駆動方式「FRED」を組み合わせ、画面が暗くなりがちな3D表示でもクロストーク(2重像)を抑えながら明るい画面を実現している。光の利用効率は、従来のASV液晶に比べて1.8倍に達するという(→4つの技術で“明るい”3Dテレビ、シャープが製品化へ)。

photophotophoto 4原色技術の概要
photophoto 3D専用メガネは、シルバー、レッド、ブルーのカラーバリエーションを用意(右)

 LV3ラインでは、画面の下に3Dメガネを同期させる赤外線トランスミッターを内蔵。3D専用メガネは1つ付属するほか、オプションとして1つ1万円程度で購入できる(オープンプライス)。なお、標準添付の3Dメガネはシルバーのみだが、オプションはほかにレッド、ブルーのカラーバリエーションも用意する。また、2D映像の3D変換機能も搭載しており、リモコンの「3D」ボタンを押すと、テレビが映像信号を分析して、疑似的な3D映像を表示できる。

 新シリーズには、このほかにも多くの新機能が搭載されている。例えばLV3およびLX3ラインは、同社として初めて外付けHDDへの録画機能をサポート。背面のUSB端子に市販のUSB HDDを接続すると、テレビのEPGから録画予約が行えるほか、「常連番組」機能と連動した自動録画機能も利用できる。またUSBの無線LANアダプターをサポートしたことで、「AQUOS.jp」など各種ネットワーク機能をワイヤレスで利用することもできるようになった。

LED AQUOS LV3ライン LX3ライン XF3ライン
画面サイズ 60V、52V、46V、40V型 60V、52V、46V、40V型 52V、46V型
3D対応
USB HDD録画
ホームネットワーク(DLNA)
USB無線LANアダプター対応
ARSS
出荷時期 7月30日 7月20日 7月1日
実売想定価格 60V型:60万円前後
52V型:45万円前後
46V型:37万円前後
40V型:28万円前後
60V型:55万円前後
52V型:40万円前後
46V型:32万円前後
40V型:23万円前後
52V型:37万円前後
46V型:29万円前後
価格はオープンプライス

 AQUOSブルーレイは、「BD-HDW700」および「BD-HDW70」の2機種をラインアップした。どちらもBlu-ray 3Dの再生が可能で、既存モデルからMPEG-4 AVCによる2番組同時の長時間録画やスカパー!HD録画を継承している。両モデルの違いは、主にストレージの容量で、BD-HDW700には2Tバイト、同HDW70には1TバイトのHDDを内蔵した(→シャープ、Blu-ray 3D対応の「AQUOSブルーレイ」2機種)。

 ユニークな新機能として、サラウンド音声出力対応のヘッドフォン端子が挙げられる。同時発表のヘッドフォン「VR-HSA100」「VR-HSB10」と組み合わせれば、BDなどの音声を迫力のサラウンドで楽しめるという。

 このほか、新製品に合わせたサイズのラックシアター「AQUOSオーディオ」3機種もリリース。3DパススルーやARCに対応したHDMI 1.4a端子を備え、AQUOS クアトロン3DやAQUOSブルーレイとシンプルな配線で接続できる。もちろんHDMI CECを利用したAQUOSファミリンクもサポートしている(→シャープ、クアトロンやBDレコーダーの3Dに対応した「AQUOSオーディオ」)。

型番 HDD容量 3D対応 実売想定価格 発売日
BD-HDW700 2Tバイト 30万円前後 7月30日
BD-HDW70 1Tバイト 20万円前後 7月30日
photophoto AQUOSオーディオ「AN-AR530」
型番 適用画面サイズ 実売想定価格 発売日
AN-AR630 52V〜60V型向け 13万円前後 7月30日
AN-AR530 46V〜52V型向け 10万円前後 7月30日
AN-AR430 40V〜46V型向け 9万円前後 7月30日
photophotophoto シャープ初のヘッドフォン。「VR-HSA100」(中)と「VR-HSB10」(右)。サウンドデザインはパイオニアが担当した
型番 概要 実売想定価格 発売日
VR-HSA100 オープン型ヘッドフォン 1万円前後 7月30日
VR-HSB10 密閉型ヘッドフォン 5000円前後 7月30日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.