ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  2

  • 関連の記事

「240Hz駆動」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「240Hz駆動」に関する情報が集まったページです。

アイ・オー、プロゲーマー推奨モードも選べる240Hz対応24.5型ゲーミング液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、240Hz駆動に対応した24.5型ゲーミング液晶ディスプレイ「LCD-GC251UXB/A」など2製品を発表した。(2019/11/13)

AOC、240Hz駆動対応の24.5型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ
MMD Singaporeは、AOCブランド製の24.5型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ「AG251FZ2/11」など2製品を発表した。(2019/11/8)

GIGABYTE、スリムノート「AERO」シリーズにOffice 365搭載モデルなど4構成を追加
台湾GIGABYTE Technologyは、同社製ノートPC「AERO」シリーズの家電量販店向けラインアップにOffice 365搭載モデルなど計4構成を追加した。(2019/10/30)

ソフトバンクが秋冬モデル発表 「Xperia 5」「AQUOS zero2」、LGの2画面化できるスマホなど
ソフトバンクが10月17日、2019年〜2020年秋冬商戦向けの新製品を発表。2019年10月25日から順次発売する。ラインアップはスマートフォン「Xperia 5」「LG G8X ThinQ」「AQUOS sense3 plus」「AQUOS zero2」の4機種に、「キッズフォン2」を加えた計5機種。(2019/10/17)

「AQUOS zero2」がドコモから 240Hz駆動の6.4型有機ELやデュアルカメラを搭載
NTTドコモがシャープ製のハイエンドスマートフォン「AQUOS zero2 SH-01M」を発売する。6.4型の有機ELディスプレイやデュアルカメラを搭載しながら、140g台という軽さを実現している。防水や防塵(じん)やおサイフケータイにも対応する。想定販売価格は8万円前後を見込む。(2019/10/11)

Mobile Weekly Top10:
SIMロック解除、本当にニーズないの?/「AQUOS zero2」はスマホゲーマーの心をつかめるか?
今から約6年前、ソフトバンクモバイル(当時)の孫正義社長(当時)が「SIMロック解除には需要がない」と言いました。そのSIMロック解除の要件は徐々に緩和されてきたわけですが、それでもまだ、解決すべき課題はあります。(2019/10/3)

石野純也のMobile Eye:
秋冬商戦を「ゲーム」と「コスパ」で攻めるシャープ スマホ市場が変化する中で勝算は?
電気通信事業法の改正で端末値引きが規制されることで、メーカーに与える影響は大きくなる。Androidスマートフォンで国内シェア1位を誇るシャープも例外ではない。発表したばかりの「AQUOS zero2」「AQUOS sense3」「AQUOS sense3 plus」の勝算はあるのか。(2019/9/28)

“何となくハイエンド”は終わり 分離プラン時代に投入する「AQUOS zero2」「AQUOS sense3」の狙い
シャープが新フラグシップスマホ「AQUOS zero2」を発表。ディスプレイの駆動速度や本体の軽さにこだわり、ゲーマーを強く意識した。より幅広いユーザーに向けた「AQUOS sense3」は、大容量バッテリーや必要十分な機能を特徴に打ち出している。(2019/9/25)

シャープが「AQUOS zero2」発表 高速240Hz駆動に対応した新有機ELを搭載
シャープが新たなフラグシップスマホ「AQUOS zero2」を今冬に発売する。AQUOS zeroの4倍となる、毎秒240回(240Hz)の高速表示が可能になり、ゲームをより快適にプレイできるという。スマートフォンAQUOSでは初となる、ディスプレイ内蔵の指紋センサーも採用した。(2019/9/25)

G-Tune、240Hz駆動対応液晶を備えたRTX 2070搭載15.6型ゲーミングノートなど2製品
マウスコンピューターは、G-TuneブランドからGeForce RTX 2070搭載のハイスペック15.6型ゲーミングノートPC計2製品を発表した。(2019/8/20)

PCもゲームもデバイスも試せて買える:
ドスパラ札幌店がリニューアル、本格的なeスポーツの拠点を体験してきた
サードウェーブが運営するPCショップ「ドスパラ札幌店」が7月26日にリニューアルし、eスポーツ体験スポット「プレイエリア」を開設した。そこではどのような体験が可能なのか、現地に飛んだ。(2019/8/8)

Razer、ゲーミングノート「Razer Blade」シリーズ7機種の国内販売を開始
Razerは、同社製ゲーミングノートPC「Razer Blade」シリーズ計7機種の国内販売開始を発表した。(2019/7/12)

JAPANNEXT、240Hz駆動に対応した24型フルHD液晶ディスプレイ
JAPANNEXTは、240Hzの高リフレッシュレート駆動を実現する24型フルHD液晶ディスプレイ「JN-24GT240FHDR」を発売する。(2019/6/5)

アーク、MSI製ゲーミングノート/クリエイター向けノート計15モデルの取り扱いを発表
パソコンショップアークは、このほどMSIから発表された最新ノートPC計15モデルの取り扱いを発表した。(2019/5/10)

GIGABYTE、第9世代Core搭載の15.6型ノートPC計6製品 240Hz駆動IGZOパネル搭載モデルも
台湾GIGABYTE Technologyは、第9世代Coreプロセッサを搭載した15.6型ノートPC計6製品を発表した。(2019/5/9)

CES 2019:
Lenovo、GeForce RTXを搭載するハイエンドゲーミングノートを発表
米Lenovoは、最新GPUのGeForce RTX 20シリーズを搭載したゲーミングノートPCの発表を行った。(2019/1/8)

エイサー、240Hz駆動モデルなども用意したゲーミング液晶「KG1」シリーズ7製品を発売
日本エイサーは、高リフレッシュレート対応モデルなどもラインアップしたゲーミング液晶ディスプレイ「KG1」シリーズを発表した。(2018/11/20)

LANパーティーからeスポーツイベントまでカバーする「LFS 池袋 esports Arena」 GTX1080Ti搭載ゲーミングPC100台を用意
サードウェーブと同グループ会社のE5 esports Worksは、4月15日から池袋にeスポーツ施設「LFS 池袋 esports Arena」(ルフス池袋イースポーツアリーナ)をオープンする。「NVIDIA GeForce GTX1080Ti」を搭載したゲーミングPC「GALLERIA GAMEMASTER」を100台常設し、ゲームの練習スペースや、eスポーツイベントの開催場所として利用できる。(2018/4/12)

アイ・オー、240Hz駆動に対応した24.5型ゲーミング液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、ゲーミングディスプレイ「GigaCrysta」シリーズのラインアップに240Hzの高リフレッシュレート表示対応モデルを追加した。(2018/4/11)

LG、240Hz駆動対応の27型ゲーミング液晶ディスプレイなど2製品
LGエレクトロニクス・ジャパンは、240Hzの高リフレッシュレートに対応した27型ゲーミング液晶ディスプレイ「27GK750F-B」など計2製品を発表した。(2017/12/14)

古田雄介のアキバPickUp!:
「ものすごく狭き門、でもすごくいい」――UHD BD対応ドライブが登場
4K解像の映像が扱えるUHD BDに対応するドライブがパイオニアから登場した。現状で対応環境をそろえるのは簡単ではないが、すでに買い手はいる模様だ。(2017/2/20)

PC USERアワード2014年下半期「ディスプレイ部門」でダブル受賞:
PR:「FlexScan EV3237」と「FORIS FS2434」に込められた“EIZOクオリティ”を探る
EIZOの4K対応31.5型ディスプレイ「FlexScan EV3237」、23.8型エンターテインメントディスプレイ「FORIS FS2434」が、PC USERアワード2014年下半期「ディスプレイ部門」にてそれぞれゴールドとシルバーを受賞。各製品に込められたEIZOならではのこだわりを開発陣に聞いた。(2014/12/18)

PC USERアワード:
2014年下半期の「ディスプレイ」おすすめ“7選+α”
4Kの台頭をはじめ、ここ数年では大きな変化があったディスプレイ市場の2014年。今年下半期に登場した製品の中から、ITmedia PC USER編集部が特におすすめのモデルを選出する(PC USER 20周年特別企画)。(2014/12/12)

ゲーマーなら見逃せません:
EIZO、東京ゲームショウ2014に最新ディスプレイを出展──プロゲーマーも登場
年に一度、ゲーム好きが大挙して集まる「東京ゲームショウ」。今年はEIZOが最新製品を出展する。(2014/9/2)

G-Tune、ゲーミングPC「NEXTGEAR」に240Hz対応のEIZO製23.5型液晶セットモデルを追加
マウスコンピューターは、G-Tuneブランド製ゲーミングPC「NEXTGEAR」シリーズのラインアップにEIZO製ゲーミング液晶付属のセットモデルを追加した。(2014/7/7)

TSUKUMO、ゲーミングPC「G-GEAR」に240Hz駆動液晶「FORIS FG2421」とのセットモデルを追加
Project Whiteは、EIZO製のゲーミング液晶ディスプレイ「FORIS FG2421」をセットにしたBTOデスクトップPCを発売する。(2014/7/1)

全機種に「X-Reality PRO」を搭載、ソニーがブラビア5シリーズ10機種を一挙リリース
ソニーは液晶テレビ“BRAVIA”(ブラビア)の新製品として、フルHDパネルを搭載する5シリーズ10機種を発表した。(2014/4/2)

2014年2月15日開催:
EIZO銀座ショールームで「AVA」ゲームイベント開催、「FORIS FG2421」の体感会も
移転オープンしたEIZOの銀座ショールーム「EIZO Galleria Ginza」にて、FPSゲーム「AVA」のオフラインイベントが開催される。(2014/1/31)

「2014年はe-Sports元年」:
アキバを“e-Sports”の聖地に――「e-sports SQUARE AKIHABARA」
PCゲーム競技、e-Sportsの専用施設である「e-sports SQUARE」が25日に秋葉原へ移転した。e-Sportsプレイヤーの裾野を広げ、世界に通じる国内プロゲーマーの育成を目指す。(2014/1/27)

新EIZO Galleria Ginza探訪:
PR:ようこそ、EIZOの奥深い世界へ――新しい銀座ショールームで知る「世界が認めた日本のディスプレイ」
EIZOの東京ショールームが銀座3丁目から7丁目に移転し、リニューアルオープンした。ホビーからビジネスまで幅広いユーザー層をカバーするほか、特定用途向けディスプレイの展示も充実。「ディスプレイの今」を体感できる。無料のセミナーやワークショップ、ギャラリーにも注目だ。(2014/1/27)

こんなゲーミングディスプレイを待っていた:
PR:“240Hz”ならライバルに勝てる!?――「FORIS FG2421」を実力派FPSチームが検証
動きが激しいゲームや入力タイミングが厳しいゲームでは、液晶ディスプレイの性能が勝敗に影響することも少なくない。EIZOが満を持して投入した「FORIS FG2421」は、業界初の240Hz駆動技術を搭載しつつ、入力の遅延も極限まで抑えた、非常に先進的なゲーミングディスプレイだ。その性能をトップゲーマーはどう評価するのか、国内でも実力派のFPSチームにじっくり試してもらった。(2014/1/20)

ディスプレイ愛好家の新聖地か:
EIZOの新しい銀座ショールームを訪ねてみた――貴重な実機展示、無料セミナー、ギャラリーも
国内ディスプレイメーカーのEIZO(旧社名:ナナオ)が、ショールーム「EIZO Galleria Ginza」を銀座の3丁目から7丁目に移転し、営業を開始した。EIZOの魅力がギュッと詰まったスペースになっている。(2014/1/13)

ゲーミングディスプレイ向けの残像チェックツールも公開:
EIZO、AVAゲームチーム「Galactic」とスポンサード契約――FORISを国内e-Sports市場へ積極展開
EIZOはオンラインFPS「AVA」のゲームチーム「Galactic」とスポンサード契約を締結。ゲーミングディスプレイ「FORIS FG2421」で国内e-Sports市場を狙う。(2013/11/28)

4倍速の23.5型VAパネル搭載:
EIZO、ゲーム向けPCディスプレイ初の“240Hz”駆動を実現した「FORIS FG2421」
120Hz駆動のゲーミングディスプレイを出さずに静観していたEIZOだが、いきなり“240Hz”駆動の「FORIS FG2421」を発売した。これがEIZO流の「倍返し」なのか。(2013/10/30)

内部240Hz駆動で動画ブレ軽減:
EIZO、“衛星画像表示”に向く120Hz駆動対応のGIS市場向け23.5型フルHD液晶「FDF2405W」
EIZOは、産業用ディスプレイ「DuraVision」のラインアップに120Hz駆動対応の23.5型フルHD液晶ディスプレイ「FDF2405W」を追加した。(2013/8/29)

本田雅一のTV Style:
薄型テレビ購入ガイド、個性派ぞろいの40インチ台!
40インチ台で“甲乙つけがたい”のが、ソニーのブラビア「W900Aシリーズ」と東芝レグザの「Z7シリーズ」。ただし甲乙つけがたいのは総合力であって、個々の個性はまったくといっていいほど違う。(2013/7/1)

65/55型の4Kテレビも登場、ソニーが“ブラビア”を一新
ソニーが液晶テレビ“ブラビア”の2013年春モデルを発表した。1月のInternational CESで話題になった4Kテレビ2モデルに加え、標準で壁掛けに対応するパーソナルサイズなど4シリーズをラインアップする。(2013/4/11)

帰ってきた“ブラビア史上最高画質”、「HX950シリーズ」登場
ソニーは、液晶テレビ「BRAVIA」(ブラビア)のフラグシップモデル「HX950シリーズ」2機種を発表した。(2012/8/29)

スポーツの祭典も近いですし:
ソニー、4倍速パネルを搭載した初のスタンダードモデル「KDL-40EX750」
ソニーは、液晶テレビ“BRAVIA”(ブラビア)の新製品として、4倍速技術を採用した40V型「KDL-40EX750」を発表した。スタンダードモデルの「EXシリーズ」に4倍速パネルを搭載したのは初めて。(2012/7/5)

「もっとTV」対応:
パナソニック、パネルも強化したスマートビエラ第2弾を発表
パナソニックは、薄型テレビ“スマートビエラ”の第2弾3シリーズ計7機種を6月下旬から順次発売する。プラズマ、液晶ともに新パネルを採用。「ビエラ最高画質モデル」(同社)もラインアップした。(2012/5/29)

マジックリモコン採用:
LGエレ、日本向けスマートテレビを5シリーズ一挙投入
LGエレクトロニクス・ジャパンが「LG Smart TV」を日本国内で販売する。VODやゲーム、SNSなど多くのネットワークコンテンツに対応し、専用のUIと新しい「マジックリモコン」で操作性の向上を図ったスマートテレビだ。(2012/5/9)

本田雅一のTV Style:
巧みなローカルディミング、新型ブラビア「HX850シリーズ」をチェックした
先日ソニーが発表した新型“BRAVIA”(ブラビア)を視聴に適した環境でチェックできた。そこで今回は、珍しく新製品のインプレッションをお届けしよう。(2012/4/2)

インパルスモード搭載:
ソニー、「スマート高画質」の“ブラビア”春モデルを発表
ソニーが液晶テレビ“BRAVIA”(ブラビア)の2012年春モデルを発表。ブラウン管のインパルス駆動を模した「インパルスモード」搭載機やBDレコーダー一体型など、5シリーズ14モデルをラインアップ。(2012/3/23)

スマホ連携も:
もっとTVを楽しむ“スマートビエラ”、パナソニックが一挙5シリーズを発表
パナソニックは、薄型テレビ“VIERA”(ビエラ)の新製品として、「スマートビエラ」5シリーズを発表した。「ビエラ・コネクト」やスマートフォン連携などを実現した“スマート”なテレビだ。(2012/2/7)

2012年PC春モデル:
15.5型モバイル拡充、“Z”に新色、編集ソフト刷新――ソニーの「VAIO」春モデル
ソニーは「VAIO」の2012年春モデルを2月4日より順次発売する。オールインワンモバイルノート「VAIO S」のラインアップを拡充し、最上位モバイルノート「VAIO Z」には新色を追加した。動画/音楽編集ソフトも刷新している。【春モデル情報追加】(2012/1/25)

Air、VAIO、Ultrabook……:
私的ランキングで振り返る2011年のノートPC
PC USERでノートPCのレビューを中心に執筆しているテクニカルライターが、個人的なランキングとともに2011年のノートPCを振り返る。1位は意外なあの製品だ。(2011/12/31)

明るい3Dにワイヤレス! エプソン「EH-TW8000W」を試す
エプソンが発売した3Dプロジェクター「EH-TW8000W」は、明るくクロストークの少ない3D映像とWIreless HDによる簡単設置を実現した注目機だ。じっくりと試聴してみよう。(2011/12/20)

DLPと新型メガネがもたらした3D品質、三菱「LVP-HC7800D/DW」
三菱電機は、3D対応のDLPプロジェクター「LVP-HC7800D/DW」を発表した。DLPの採用に加え、強誘電液晶を採用した高速シャッターメガネの採用で3D映像をブラッシュアップ。詳しい話を聞いた。(2011/11/16)

今年は“3D”と“狭額”、FPD International 2011
「パシフィコ横浜」でフラットパネルの総合技術展「FPD International 2011」が開催中。今年は“3D”と“狭額”をアピールする展示が目立つ。(2011/10/27)

ソニー、ブラビア最上位機種に65V型「KDL-65HX920」を追加
ソニーは、直下型LEDバックライト搭載のブラビア最上位シリーズに65V型の大画面モデル「KDL-65HX920」を追加する。(2011/10/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。