ニュース
» 2010年08月12日 16時01分 UPDATE

200インチ大型スクリーンで:「バイオハザード」最新作の特別映像を無料上映

ソニーは、銀座ソニービル「OPUS」で最新3D映画「バイオハザードIV アフターライフ」の特別映像を無料上映する。

[ITmedia]
photo 「バイオハザードIV アフターライフ」

 ソニーは9月4〜17日の期間、東京・銀座ソニービルのコミュニケーションゾーン「OPUS(オーパス)」にて、9月10日公開の3D映画「バイオハザードIV アフターライフ」の3Dトレーラー映像を無料で上映する。200インチの大型スクリーンが使用される。

 バイオハザード・シリーズが3D映像化されるのは今回が初となるが、公開に先立つ9月2日、主演のミラ・ジョヴォヴィッチほかの出演者が舞台挨拶やフォトセッションを行うワールドプレミアが六本木ヒルズアリーナで開かれる。この模様のダイジェスト映像も上映される。

 会場では“アンデッド(ゾンビ)変身体験コーナー”として、カメラで撮影した自分の顔をディスプレイ上でアンデッド(ゾンビ)に変換するイベントも実施される。モーションポートレート社のアプリケーション「ゾンビブース」とソニー・エリクソン製のスマートフォン「Xperia」を使用するという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう