ニュース
» 2011年02月21日 17時54分 UPDATE

東芝、LEDバックライト搭載のスタンダード“REGZA”A2シリーズを拡充

東芝は、液晶テレビ“REGZA”の「A2シリーズ」に26V型と32V型を追加。3月下旬に発売する。

[ITmedia]

 東芝は、液晶テレビ“REGZA”の「A2シリーズ」に26V型と32V型を追加して3月下旬から販売する。26V型にはブラックとホワイトのカラーバリエーションを用意。価格はオープンプライスで、店頭では26V型が6万円台半ば、32V型は7万円台半ばとなる見込みだ。

ts_32a2.jpg 32V型の「32A2」

 A2シリーズは、エッジタイプのLEDバックライトや超解像技術を採用した「高画質スタンダード機」(同社)という位置づけ。販売中の19V型、22V型、2月中旬発売の40V型とあわせ、パーソナルサイズを中心に豊富な画面サイズをそろえた。

ts_a2w01.jpgts_26a2.jpg 26V型の「26A2」はブラックとホワイトを用意

 32V型と26V型はIPS方式の液晶パネルを搭載。解像度はどちらも1366×768ピクセルで、映像エンジン「レグザエンジン」と組み合わせている。地上、BS、CS110度対応のデジタルチューナーは1基搭載。倍速駆動はサポートしていない。

 超解像技術は、従来からの再構成型に自己合同性を用いる新技術を加えた「レゾリューションプラス4」。フルHDに満たないDVDや地上デジタル放送はもちろん、HDMI入力のアップコンバートされた映像に対しても精細感をアップすることができる。

 このほか、映像の内容や視聴環境に合わせて画質を自動調整する「おまかせドンピシャ高画質2」、ゲームプレイ時の遅延を抑える「ゲームダイレクト2」などを搭載している。

 HDMI入力は2系統。ほかにD5×1、S端子×1、およびコンポジット×2を用意した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう