ITmedia NEWS >
ニュース
» 2011年03月29日 15時42分 公開

3Dテレビと映画館で共用できる3Dメガネ仕様「M-3DI」

パナソニックとXPAND 3Dは3月29日、家庭用3DテレビとXpanD方式の映画館で共用できるアクティブシャッター式3Dメガネの共通仕様「M-3DI」を発表した。

[ITmedia]

 パナソニックとXPAND 3Dは3月29日、家庭用3DテレビとXpanD方式の映画館で共用できるアクティブシャッター式3Dメガネの共通仕様「M-3DI」を発表した。4月からライセンスを開始する予定で、パナソニックのほかに日立コンシューマーエレクトロニクスや三菱電機、セイコーエプソン、船井電機など10社が賛同している。

「M-3DI」のロゴマーク

 いわゆるユニバーサルメガネを作る動きは昨年から活発化しており、1月のInternational CESではXPANDのほか、Real D方式の偏光メガネなどが出品されている。

CESで展示されたXpanD方式のユニバーサルメガネ(左)とReal Dの互換メガネ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.