ニュース
» 2011年08月08日 20時42分 UPDATE

セッションできる演奏者向けSNS、パイオニア「music 演人(engine)」β版公開

パイオニアは、自宅にいながら音楽セッションが楽しめる演奏者向けSNS「music 演人(engine)」のβ版を公開した。

[ITmedia]

 パイオニアは8月8日、Webを通じて音楽セッションができる演奏者向けのSNS、「music 演人(engine)」のβ版を公開した。このサービスはパイオニアの研究開発活動の一環として提供されるもので、β版の利用は無料。公開は2012年3月31日までを予定しており、現時点での対応ブラウザはGoogle Chromeのみ。Open IDに対応し、Yahoo! JAPAN IDおよびmixi Open IDでのログインが可能となっている。

Photo 「music 演人」セッションのリストには曲名、アーティスト名や参加メンバー数が表示される

 音楽の演奏を通してコミュニケーションを楽しむ“演奏ソーシャルメディア”。楽器やジャンルなどからセッション対象の楽曲を検索して選び、そこで自分の演奏を録音して重ねるという形でセッションを行ない、多数のパートが集まってバンドを完成させることを目指す。エレキギター、キーボードなどライン接続できる楽器のほか、ピアノ、アコースティックギターなどもマイク入力によりセッションに参加することができる。

 自分の演奏を新たなセッション対象として登録することも可能。現在登録できるのはJASRACの管理する楽曲で、著作権の消滅した楽曲(パブリックドメイン)、自作曲についても順次対応予定だという。また一部の楽曲については五線譜やタブ譜などの楽譜も表示可能となっている。

 セッションや個々のパートに対してコメントをつける機能や、参加メンバーにメッセージを送る機能、フレンドやお気に入りプレイヤーの登録機能など、SNSとしての機能も多数用意されている。

Photo セッション内でパートが積み重ねられ、楽曲が完成していく

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう