ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「楽器」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
質問!楽器・演奏→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で楽器・演奏関連の質問をチェック

関連キーワード

「すごすぎる!」「もう楽器にしか見えなくなってきた」 “電卓だけ”で「銀河鉄道999」を演奏する離れ技に驚きの声集まる
まねできないテクニック。(2024/2/27)

ネオンが“楽器”になるってどういうこと!? 幽玄なネオンの声を聞く「ネオン笛」を見てきた
果たしてネオンの声とは……。(2024/2/23)

オリックス・バファローズの「オリメン投票」が2024年もやってきた! ボールを楽器に持ち替えて「ミュージシャン」が似合う選手は誰? 投票は2月14日まで
投票は2月14日まで。(2024/2/9)

べっこべこに潰れたトロンボーンが…… 修復不可能に見える楽器が元通りに! 見事な職人技に感動
見事な修復テクニック。(2024/1/8)

ジャズピアニストが鍵盤ハーモニカを演奏→「俺の知ってる鍵盤ハーモニカじゃない」など大反響
あの楽器は弾きこなせばこんなカッコいい音が鳴るんだ。(2023/12/7)

炊飯器の内釜が“楽器”になるだと……? 手作り楽器の見た目からは想像もつかない“まさかの音色”に驚きの声
一音一音が気持ちいい。(2023/10/16)

電子ブックレット(メカ設計):
設計者のためのシミュレーション活用事例集【コンシューマー製品編】
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、シューズ、プリンタ、電卓、電子楽器、腕時計の製品開発におけるシミュレーション技術の活用にフォーカスした「設計者のためのシミュレーション活用事例集【コンシューマー製品編】」をお送りします。(2023/10/5)

2年連続、楽器の売り上げ好調 背景には2つの要因
帝国データバンクの調査によると、2022年度の楽器店市場(事業者売上高ベース)は前年度から0.6%増の1939億円(21年度1927億円)。2年連続で前年を上回った。(2023/9/27)

ドラムで「キーボード」を作ってみた動画が圧巻 大量の太鼓とシンバルを叩いて文章を書く
鍵盤楽器じゃなくて文字を打つほう。(2023/8/25)

ギターのテーマパーク:
フェンダーが表参道に旗艦店オープン “楽器の聖地”御茶ノ水を選ばなかった3つの理由
フェンダーが目指す今後のビジョンについて、フェンダーミュージック アジアパシフィック統括のエドワード・コール社長と、ジョルジオ・グエッリーニ財務責任者に聞いた。(2023/8/19)

VR音楽制作環境「KORG Gadget VR」発売 「専用スタジオにいるかのよう」
VR用音楽制作ソフト「KORG Gadget VR」が登場。シンセサイザーなどバーチャル楽器に囲まれた空間で、まるで専用スタジオにいるかのように曲作りできるという。(2023/7/10)

ウメハラが突然135万円のベースを購入 理由はまさかの「左手のコマンド入力を鍛えたい」
格ゲー強くなりたくて135万の楽器を買う王。(2023/7/3)

経済の「雑学」:
ヤドカリ、ケンダマ、ハーモニカ――エプソンが不思議な名前の商品を販売しているワケ
エプソンが「ハーモニカ」「マラカス」を売っていることをご存じでしょうか。「えっ、楽器?」いえいえ違います。(2023/6/24)

勘だけで楽器を作ってみた結果 「カァーッ」と鳴るビブラスラップがそれっぽい完成度
そんな仕組みだったのかビブラスラップ。(2023/6/27)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
日本人ならすぐ吹ける? イタリアからやってきた電子リコーダー「ルナティカ」に挑戦
イタリアのARTinoiseが開発した、電子リコーダー的な楽器ガジェット「lunatica」が日本上陸。手にして驚くのは、普通のリコーダーのようなサイズと軽さ、そして電源なしでアコースティック楽器としても演奏できてしまうことだ。(2023/5/30)

【なんて読む?】今日の難読漢字「哨吶」(5文字の楽器名)
カタカナなのに、実は漢字で書けるもの。(2023/5/24)

「子供の声は騒音ではない」と定めるだけで解決? 「子供が出す音」の問題は単純ではない
マンションにおける騒音問題には、やっかいなケースが多い。20世紀まで住宅地内の騒音問題は、「お酒を飲んで、夜中も騒ぐ人」や「静かな住宅地内で楽器を大きな音で演奏する人」など、「大きな音を出す人」によって引き起こされるケースが多かった。ところが、21世紀に入ったあたりから異なる理由でマンションの騒音問題が発生するようになった。(2023/5/28)

ネコ様が楽器ケースにおしっこ 困り果てた奏者を救ったのは楽器オタクの住職!? 超展開すぎるトラブルがTwitterで話題
無事に解決してよかった。(2023/3/31)

ピコ太郎ブームの裏にローランドあり?:
和太鼓や管楽器を電子化!? 創業51年目のローランドが挑む音楽市場のゲームチェンジ
2022年に創業50年を迎えたローランドでは、音楽や楽器の「ゲームチェンジ」を掲げ、その一環としてさまざまな楽器を開発している。果たしてどんな楽器として仕上がっているのか?(2023/3/29)

初の直営店もオープン:
海外売上が9割 電子楽器の雄・ローランドが狙う次の一手
2022年に創業50年を迎えた、電子楽器の雄・ローランド。昨今では同社初となる直営店を、国内ではなく海外にオープンしたり、アコースティック楽器市場に進出するなど、新たな動きを見せている。ゴードン・レイゾン社長へのインタビューを実施し、同社のこれからの戦略を聞いた。(2023/3/29)

600人に聞いた:
子どもの頃やっておけば良かった習い事 3位「そろばん」、2位「楽器」、1位は?
eスポーツ事業を手掛けるゲシピ(東京都千代田区)は、子どもの習い事と英語学習に関する調査を実施した。小学生の子どもを持つ親に「子どもの頃やっておけばよかった」と思う習い事を尋ねたところ、1位は「英語・英会話」という結果になった。(2023/3/11)

元司書みさきの同人誌レビューノート:
ガイダ、カヴァル、ドゥヴォヤンカ 同人誌『バルカン物産収集記』を読んで異国の楽器に思いをはせる
どこの国の楽器か分かりますか?(2023/2/26)

古代サンプラーがアプリになるまで:
仕組みは単純、なのに魅力的 サンプラーの元祖「メロトロン」の愛おしさ、アプリまで自作した筆者が語る
実機を手に入れたことがきっかけで、約1年前にメロトロンアプリの開発を始めたが、22年10月に、iOS/iPad OS版、Android版ともに無事リリースできた。連載の最終回は、メロトロンという唯一無二の楽器が持つ魅力や逸話、そして、3Dプリントしたミニチュアモデルなどを紹介して連載の幕を引きたい。(2023/2/24)

水曜日に「へえ」な話:
ヤマハが試しにつくった「エレキ」が面白い “牛肉の部位”に見えてきた
ヤマハがちょっとユニークなことに取り組んでいる。楽器の制作工程で使われなかった木を集めて、エレキギターを完成させたのだ。それにしても、なぜわざわざ手間のかかることをしたのか。その秘密を担当者に聞いたところ……。(2023/2/8)

IoTで生産プロセスを変革:
PR:ヤマハが楽器工場をスマートファクトリー化、デジタルツインで何を目指すのか
モノづくりを継続的に進化させ、IoTやデジタルツインの考え方を基にスマートファクトリー化を進め、成果を生み出しつつあるのが楽器製造大手のヤマハだ。同社の取り組みと、それを支えたウイングアーク1stのソリューションを紹介する。(2023/2/22)

IoTで生産プロセスを変革
ヤマハが楽器工場をスマートファクトリー化、デジタルツインで何を目指すのか
モノづくりを継続的に進化させ、IoTやデジタルツインの考え方を基にスマートファクトリー化を進め、成果を生み出しつつあるのが楽器製造大手のヤマハだ。同社の取り組みと、それを支えたウイングアーク1stのソリューションを紹介する。(2023/2/22)

洗濯機は楽器だった!? ふたをバタバタ、ボタンをピッピで奏でる演奏が見事
これが1年間の努力の結果。(2023/1/22)

IoTで生産プロセスを変革:
PR:ヤマハが進める楽器工場のスマートファクトリー化、デジタルツインで何を目指すのか
製造業にとって、モノづくりの継続的な進化は永遠のテーマだ。その中で、IoTやデジタルツインの考え方を基にスマートファクトリー化を進め成果を生み出しつつあるのが、楽器大手メーカーのヤマハである。同社のスマートファクトリー化への取り組みと、それを支えたウイングアーク1stのソリューションについて紹介する。(2023/1/6)

ギークによるギークのための贈り物リスト【第4回】
日本発「オタマトーン」に全米のオタクが大受け? “刺さる電子楽器”はこれだ
贈り物を選ぶ際は、送り先の人の好みを考慮するとよい。相手が音楽好きのギークの場合、どのような贈り物が喜ばれるだろうか。日本発の「オタマトーン」など、ギークお薦めの贈り物候補を紹介する。(2022/12/31)

購入したことがある楽器 3位「ハーモニカ」、2位「ピアノ」、1位は?
アクロスソリューションズ(金沢市)と浜屋(埼玉県東松山市)が共同運営する買取比較ちゃんねるは、「楽器に関する意識調査」を実施した。(2022/12/10)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(23):
なぜ電子音源が“生”の音を奏でるのか、ヤマハの歴史が生んだ新しいピアノ
音の問題などで家でピアノを弾きづらい場合、練習用に電子ピアノを使うことがある。だが、やはり生楽器とは音もタッチ感も違ってしまう点がもどかしく感じる人もいるだろう。その中で、ヤマハが発表したサイレントピアノのシリーズとして「トランスアコースティックピアノ」は、電子でありながら”生ピアノ”に近づける工夫が幾つも施されている点で注目だ。(2022/12/9)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第24回):
誰でもオーケストラの指揮者に? Webアプリでクラシックの名曲を演奏したら、拍手喝采だった!
オーケストラの指揮者になれるWebアプリ「Semi-Conductor」を紹介する。AIで腕の振り方を認識して、楽器を指揮する仕組みだ。モーツァルトの名曲を演奏したら、拍手喝采だった。(2022/10/29)

「ボカロはあくまで楽器」 最新「VOCALOID6」にAI採用 人間の再現にこだわりすぎないヤマハの考え
ヤマハが4年ぶりに発売した最新版の「VOCALOID6」。このバージョンからAIを活用した歌声合成に対応した。AI歌声合成システムは人間らしい歌声を生成できるが、ヤマハは人間の再現よりクリエイターにとっての使いやすさを重視していた。(2022/10/21)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第22回):
“シンセの名機”を3D空間で演奏できるWebアプリ テクノ版「かえるのがっしょう」を聴いてほしい!
“シンセサイザーの名機”を3D空間上に配置して演奏できるWebアプリがある。懐かしい電子楽器を触りながらテクノ版「かえるのがっしょう」を演奏したので、ぜひ聴いてほしい!(2022/10/15)

大人がやってみたい習い事ランキング 3位「楽器」、2位「パーソナルトレーニング」、1位は?
PLAN-Bは、「大人の習い事」についてアンケート調査を実施した。調査対象者は20歳以降の社会経験がある大人、併せて習い事をするなら「運動派か芸術派」のどちらかも尋ねた。(2022/8/19)

子ども用おもちゃで高速ギタープレイ! プロ打楽器奏者の演奏テクニックがすごい
ハイレベルな打楽器演奏。(2022/8/16)

古代サンプラーがアプリになるまで:
メロトロンアプリ「Manetron」、ついにAndroid対応へ 開発環境は? レイテンシー問題は?
レイテンシー問題からこれまで避けてきた楽器アプリのAndroid対応が遂に実現する?(2022/7/5)

Innovative Tech:
一度に複数の楽器を個別録音できる次世代マイク 米カーネギーメロン大が開発
米カーネギーメロン大学は、同時に演奏するそれぞれの楽器を一度に個別収録できるマイクシステムを開発した。理論上はオーケストラの演奏でも、各楽器を全て別々に録音できる。(2022/7/1)

自転車のホイールが楽器に! 子ども向け科学キットを使った回転式ミュージック・シーケンサーがおもしろい
なぜかずっと見ていたくなる。(2022/6/27)

「この世はオタクに優しすぎではと思った」 BEYOOOOONDS、初武道館公演成功の裏に楽器店の神対応
“カスタネット”巡る珍事が話題。(2022/4/26)

ヤマハが考案したマウスのデザインがかっこいい! 金管楽器やエンジンモーターがモチーフ
楽器・バイク好きにはたまらないデザイン。(2022/3/8)

スウェーデンの民族楽器「ニッケルハルパ」がいい響き 鍵盤+弦で奏でる華やかな音色にうっとり
日本では激レア民族楽器。(2022/3/2)

古代サンプラーがアプリになるまで:
「サンプラーの元祖」メロトロンの構造がアナログの極みすぎる そして複雑な楽器の著作権問題について
メロトロンの著作権については2つの派閥がある。(2022/2/24)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第2回):
今日から君もラッパーに! カメラで写した猫も楽器もAIでラップ化 「Giorgio Cam」でテンションUPだ
カメラで写したものをAIで認識して、即興でラップ化するWebアプリケーション「Giorgio Cam」で遊んだ。ペンや楽器、本物の猫などで試してみると、AIの得意/不得意が見えてきた。誤認識されてもラップでテンションは上がるので心配なし!(2022/2/22)

Innovative Tech:
ジャケットなど、ゆるい服の全身の動きを追跡 電子楽器「テルミン」をセンサーに利用
ドイツのDFKIとドイツのTU Kaiserslauternによる研究チームは、ゆったりとした衣服で全身の動きを検出するシステムを開発した。テルミン技術と導電性テキスタイルアンテナを使い、男性用ジャケットに組み込まれたプロトタイプでモーションキャプチャーを行う。(2022/2/14)

ローランド創業50年、その黎明期を振り返る シンセ、エフェクターがアナログからデジタルへ移り変わっていった時代
中学生の頃からローランドに貢ぎ続けてきたという小寺信良さんが、1970年代から80年代の電子楽器の歴史を補完する。(2022/1/30)

古代サンプラーがアプリになるまで:
ノイズ、不安定さが美点のアナログサンプラー「メロトロン」を“モノマネ”アプリ開発者が手に入れた
アナログのサンプラー、古代のサンプラーなどと表現される「メロトロン」という不思議な魅力を放つ鍵盤楽器メロトロンがiPhoneアプリになるまでの過程をお届けします。(2022/1/5)

104匹の猫たちが「第九」を演奏!? カリカリ音をつなげた壮大な1曲がかわいくて感動する
楽器にも挑戦しています。(2021/12/29)

CAE活用事例:
カシオが電子キーボードの鍵盤構造の変更にCAEを活用、その効果と展望
電子楽器開発で40年以上の歴史を誇るカシオ計算機は、グリッサンド奏法の操作性を維持するために採用してきた旧来の鍵盤構造を見直すべくCAEを活用。新たなヒンジ形状を導き出し、作りやすい鍵盤構造を実現することに成功した。その取り組み内容とCAE活用の展望について担当者に話を聞いた。(2021/12/22)

Innovative Tech:
指を電気で強制的に操るデバイス、米シカゴ大が開発 楽器の演奏指導などに活用
米シカゴ大学の研究チームは、指を電気で刺激し、それぞれ操作できるハプティクスデバイスだ。電気的筋肉刺激と、指の関節に配置される機械的なブレーキが備わった外骨格デバイスで、装着者の指4本(親指を除く)を器用に制御する。(2021/12/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。