ニュース
» 2011年09月01日 18時25分 UPDATE

3D対応モデルも:三菱、USB接続の外付けHDD録画対応の「REAL」新製品2モデル

三菱は、液晶テレビ「REAL」の新製品として、「DRW2シリーズ」2モデルを発表した。USB接続の外付けHDDを利用して録画が可能だ。

[ITmedia]

 三菱電機は9月1日、液晶テレビ「REAL」の新製品として、USB接続の外付けHDD対応の2モデルを発表した。40V型の「LCD-40DRW2」(予想実売価格13万円前後)と32V型の「LCD-32MR2」(同7万円前後)で、発売日はLCD-40DRW2が11月21日、LCD-32MR2が10月21日。

Photo 40V型の「LCD-40DRW2」と32V型の「LCD-32MR2」。40V型は3D表示もサポートしている

 両モデルともUSB接続の外付けHDDに対応。市販の外付けHDDを接続するだけでテレビ放送を録画できる。また、地上/BS/110度CSデジタルチューナーを2基内蔵しており、録画しながら裏番組の視聴が可能。付属リモコンには録画や再生だけでなく「消去」のボタンも用意されており、ボタン操作をするだけで外付けHDD内の録画データも消去できる。

Photo リモコンには節電ボタンを装備

 40V型は倍速駆動のフルHDパネル、32V型は1366×768ピクセルのWXGAパネルを搭載。LCD-40DRW2はフレームシーケンシャル方式の3D表示もサポートしており、3Dシンクロトランスミッターを本体に内蔵している。2D映像を疑似的に3D化する2D-3D変換機能も備えた。ただし、3Dメガネは別売の“3Dレディー”という位置づけだ。これにあわせ、3Dメガネの新製品「EY-3DGLLC2」(予想実売価格1万円前後)も10月下旬に発売される。

 同社独自の省エネ機能である「節電アシスト」も搭載され、無操作が3時間続くと電源をオフにする「無操作節電」や、部屋が真っ暗になると電源をオフにする「消灯連動節電」、録画/再生を一定時間使用しないと外付けHDDを待機状態にする「ハードディスク節電」などの機能が盛り込まれている。

関連キーワード

外付けHDD | REAL | 録画 | 3D | 節電 | 三菱電機


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.