ニュース
» 2012年01月24日 21時20分 UPDATE

パナソニック、スポット光を追加したLEDシーリングライトを発売

直接光/間接光/スポット光を組み合わせて4シーンに合わせた調色を行うLEDシーリングライト。2サイズで登場。

[ITmedia]
Photo 「HH-LC710A」

 パナソニックは、LED照明「EVERLEDS」の新製品として、独自の配光機能を搭載したLEDシーリングライトをラインアップ。3月1日に発売する。店頭予想価格は、10畳までの部屋に対応する「HH-LC610A」が6万5000円前後、12畳までの部屋に対応する「HH-LC710A」は7万円前後となっている。

 直接光/間接光/スポット光を組み合わせてシーンに合わせた調色を実現するLEDシーリングライト。従来の調色タイプが直接光と間接光を組み合わせていたのに対し、スポット光を加えているのが特長だ。スポット光は本体直下を照らすためテーブル面など比較的狭い面積を明るくする。この「あかりだまり」で、家族が集うイメージを作るという。

 用意されているシーンタイプは4つ。「普段のあかり」は昼光色から電球色で部屋全体を照らす。夏場や朝方には涼しげな昼光色、冬場や夕方は暖かみのある電球色に切り替えることが可能だ。「くつろぎのあかり」は天井や壁面に陰影を作る間接光。これにスポット光を組み合わせてくつろぎながらも本を読む、食事をとるといった使い方もできる。

ts_leds02.jpgts_leds01.jpg 「くつろぎのあかり」の光り方と室内のイメージ

 また、「シアターのあかり」は、間接光でテレビの背面にあたる壁面だけを照らして画面を見やすくする。スポット光を組み合わせて手元を明るくする設定も可能だ。「勉強のあかり」は部屋全体を照らしながらスポット光によって手元を約1.2倍の明るさにする。スポット光のみで周囲と明暗差をつけて集中しやすい環境をつくることもできる。

 省エネ機能として「エコナビ」を搭載しているほか、調光時の最大の明るさを約80%に落として消費電力を約20%削減する「ひかえめモード」も用意。カバーに撥水撥油樹脂と帯電防止剤を組み合わせた独自コーティング技術「キレイコート」を施すことで汚れがつきにくくなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう