ニュース
» 2012年02月02日 21時09分 UPDATE

南海放送で実証実験:カメラで「パシャーン」、スマホにテレビ番組の関連情報

博報堂DYメディアパートナーズとTメモは、撮影したテレビ番組の映像に関連した情報をスマートフォンへ自動配信する映像認識アプリケーション「パシャーン」を共同開発。南海放送で実証実験も行う。

[ITmedia]

 博報堂DYメディアパートナーズとTメモは、テレビ番組と連動した映像認識アプリケーション「パシャーン」を共同開発した。

Photo 映像認識アプリケーション「パシャーン」の画面イメージ

 パシャーンは、視聴者がスマートフォンで撮影したテレビ番組の画像情報を専用サーバーに送信すると、あらかじめ登録された番組映像とのマッチングを実行。送られてきた番組映像に応じ、関連情報を配信するというもの。テレビ番組と連動した視聴者参加型企画をはじめ、インフォマーシャルやCMなどへの活用が期待できるという。この画像認識技術は、ゼータ・ブリッジの保有する技術を活用したもの。

Photo 「パシャーン」のシステムイメージ

 また、愛媛エリアの南海放送で毎週木曜日に放送している情報番組「makiコレ」において、2月2日から4回にわたり実証実験を開始する。視聴者はパシャーンを使い、番組本編やインフォマーシャル、CMなどの放送画面を撮影。番組や広告主のサービス・商品に関する詳細情報の閲覧、クーポンやプレゼント応募のほか、撮影回数に応じて取得できるポイントステッカーを使った視聴者参加型の企画も展開するという。

 対応OSはAndroid2.1以上だが、一部の機種は非対応となっている。

関連キーワード

テレビ | 実証実験 | 博報堂 | Android | 画像認識


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう