ニュース
» 2012年06月11日 18時46分 UPDATE

見ながら録画できる60V型、シャープ“LED AQUOS”に「W7ライン」

シャープは6月11日、液晶テレビ“AQUOS”(アクオス)の新製品として、地デジダブルチューナーを搭載した60V型スタンダードモデル「LC-60W7」を発表した。

[ITmedia]
ts_aqw01.jpg 「LC-60W7」の設置イメージ

 シャープは6月11日、地デジダブルチューナー搭載の60V型液晶テレビ「LC-60W7」を発表した。価格はオープンプライスで、7月10日に発売する予定。店頭では、28万円前後になる見込みだ。

 UV2A技術を採用したフルHD液晶パネルにエッジ型のLEDバックライトを組み合わせたスタンダードな大画面&録画モデル。地上デジタルチューナーを2基、BS/CS110度デジタルチューナーを1基搭載し、市販のUSB外付けHDDを接続すればテレビを視聴しながら裏番組を録画できる。ただし2番組同時録画には対応していない。また、バッファローの“長時間録画ハードディスク”を利用すると、地上デジタル放送で最大3倍の長時間録画が可能だ。

 選択した番組が自動的にワイド表示される「新・電子番組表」を搭載。組表から録画する番組を選ぶだけの「パッとカンタン予約」のほか、デジタル放送を視聴中に録画ボタンを押すとワンタッチで番組を最後まで録画して停止する「番組ぴったり録画」、事前に番組のジャンルやキーワードを登録しておくと、番組を自動検索して番組表上で色分け表示などをしてくれる「見つかる!番組自動検索」といった機能を備えた。

ts_aqw02.jpg 選択した番組が自動的にワイド表示される「新・電子番組表」

 ネットワーク関連では、同社のテレビ向けネットサービス「AQUOS City」対応に加え、「AQUOS PHONE」とWi-Fiで連携する「スマートファミリンク」、DLNA/DTCP-IPのプレーヤー機能などを搭載。HDMI入力は3系統(ARC対応)。ほかにD5映像入力、コンポジット入力、光デジタル音声出力、PC用のミニD-Sub 15ピンなどを備えている。

 外形寸法は、1383(幅)×344(奥行き)×873(高さ)ミリ。重量は約32グラム(スタンド込み)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.