ニュース
» 2012年08月27日 21時17分 UPDATE

Bluetoothでスマホの音楽も:ソニー、“ダブルワイヤレス”のサウンドバー「HT-CT260」発売

ソニーはホームシアターシステムの新製品として、ワイヤレスサブウーファーをセットにしたサウンドバー「HT-CT260」を発売する。Bluetoothも搭載した“ダブルワイヤレス”。

[ITmedia]

 ソニーは8月27日、ホームシアターシステムの新製品として、ワイヤレスサブウーファーをセットにしたサウンドバー「HT-CT260」を発表した。スマートフォンなどからワイヤレスで音楽を再生できるBluetoothも搭載し、“ダブルワイヤレス”のリビングオーディオ機器として提案する。10月20日発売予定で価格はオープン。店頭では3万円前後になる見込みだ。

ts_wwireless02.jpgts_wwireless01.jpg “ダブルワイヤレスシアター”「HT-CT260」

 サウンドバー本体は、六角柱をモチーフにしたユニークなデザイン。両端に備えたフルレンジスピーカーを独自のフルデジタルアンプ「S-Master」で駆動する。付属のスタンドは六角柱の角を支える構造で、装着するとスピーカーが正面を向く設計。「スタンドなしの状態ならスピーカーは30度上向きになる。視聴距離に合わせてスタンドの有無を選択できる」(同社)。

ts_wwireless05.jpgts_wwireless06.jpgts_wwireless07.jpg スタンド有りでスピーカーは正面を向き、スタンドなしでは30度上向きになる仕組みだ

 サウンドバーの外形寸法は、スタンド有りの状態で約940(幅)×102(高さ)×89(奥行き)ミリ。スタンドなしでは高さが89ミリ、奥行きは97ミリとなる。

 一方のサブウーファーは、130ミリコーン型ユニットとバスレフダクトを下向きに配置。本体の電源に自動的に連動する仕組みだ。内蔵アンプは約100ワット。外形寸法は、約271(幅)×390(高さ)×271(奥行き)ミリ。重量は約7.2キログラムとなっている。

ts_wwireless08.jpgts_wwireless09.jpg サブウーファー。ステータス表示用LEDは、本体の電源に連動してオンなら緑、オフでは赤に光る

 ソニーお得意の「S-Force PRO フロントサラウンド」に加え、映画のセリフやニュースのアナウンスの声を聞き取りやすくする「クリアボイス設計」などの独自技術を搭載した。さらにオーディオ用に圧縮音源の高音域を再現する「ポータブルオーディオエンハンサー」も導入した。操作は付属のリモコンか、本体正面のタッチセンサーで行う仕組み。リモコンならBluetooth接続したプレーヤーの操作も可能だ。

ts_wwireless04.jpgts_wwireless03.jpg 本体背面のIRリピーター(左)と付属のリモコン(右)。Bluetooth接続したプレーヤーの操作に加え、ソニー、シャープ、パナソニック、東芝、日立、三菱、LGのテレビも操作できる

 設置性にも配慮している。例えばサウンドバー本体には赤外線リピーターを設け、テレビなど赤外線リモコンの信号をそのまま受け流す仕組み。また壁掛け設置のために左右2カ所のフック受けを装備。壁掛けテレビの音響を強化することもできる。インタフェースは、テレビと接続するための光デジタル音声入力のほか、同軸デジタル入力とアナログステレオミニジャックを装備。パッケージには光デジタルケーブル1本が付属する。

ts_wwireless019.jpg ソニーマーケティングの商品サイトでは、男性目線でワイヤレススピーカーの“こだわりの使い方”を紹介する「こだわり派タイプ別オレ的シアター宣言!」を公開中。濃いメンツがそろっている

news113.jpg

→ソニーストアで「HT-CT260」をチェックする
Bluetooth機能内蔵、ワイヤレスサブウーファーで部屋じゅうどこにでも置ける、シンプルで使いやすいスリムスピーカースタイル。価格は2万9800円(税込/予定)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.