ニュース
» 2012年10月27日 21時32分 UPDATE

秋のヘッドフォン祭2012:「もうフォーマットは気にしない」、DSDネイティブ再生に対応したDACが続々登場

PCオーディオ関連機器の中でも性能向上が著しいUSB DAC。秋のヘッドフォン祭では、DSDネイティブ再生に対応したUSB DACがいくつも展示されていた。

[ITmedia]

 PCオーディオ関連機器の中でも性能向上が著しいUSB DAC。「秋のヘッドフォン祭 2012」でも多くの新製品がブースに並んだが、中でもDSDネイティブ再生に対応した製品が複数のメーカーから登場し、注目を集めている。

 DSD(Direct Stream Digital)は、音声信号を1ビットのデジタルパルスの密度で表現するオーディオ方式。SACDに採用されたことでも知られるが、広い周波数帯域、低ノイズ性に加え、比較的ファイルサイズが小さいといった特長もあり、近年は高品位楽曲(ハイレゾ音源)配信のフォーマットとしても普及しはじめている。「ototoy」や「e-onkyo music」といった大手音楽配信サイトが対応し、徐々に音源ファイルも増えてきた。

 

ts_pfes036.jpgts_pfes037.jpg ラトックシステムの「RAL-DSDHA1」は、DSDとPCM 24bit/192kHz対応。価格は7万2000円で11月中旬発売

 ラトックシステムは、10月23日に発表したばかりの「RAL-DSDHA1」を展示した。DSDのダイレクト入力が可能なWolfson「WM8742」を採用したUSB DAC搭載ヘッドフォンアンプだ。

 DoP(DSD Audio over PCM Frames) DSD Standard 1.0に準拠し、PCM伝送のフレームを使ってDSDを送り出す仕組み。このため、再生中にステータス表示LEDを見ると「DSD」と「176.4」(PCMの176.4kHzの意味)の両方が点灯する。伝送時の挙動がPCMの176.4kHzに近いからだという。

 再生ソフトには、Windowsなら「foobar2000」や「HQPlayer」、Macでは「Audirvana Plus」(有料版のみDSD再生に対応)といった定番のハイレゾ対応ソフトで再生できる。Windowsは専用ドライバー(ASIOドライバーでも動作)を導入する必要があるが、Macの場合は標準ドライバーで動作するため、インストール作業は発生しない。

ts_pfes039.jpgts_pfes040.jpg KORGの「DS-DAC-10」は11月中旬発売予定。価格はオープン

 KORGは、11月中旬発売の「DS-DAC-10」を参考展示した。DS-DAC-10は、Cirrus Logicの「CS4398」を搭載。専用ドライバーにより、2.8224MHzおよび5.6448MHzのDSDファイルをASIO経由でPCから転送することでネイティブ再生をサポートする。残念ながらMacでDSDネイティブ再生はできない。

 会場では、DSD音源をPCMに変換するときの定番でもある同社製のフォーマット変換ソフト「AudioGate」を使い、DSDをネイティブ再生して見せた。逆にWAVなどのPCMデータも5.6448MHz/DSDデータに変換して再生できるという。

ts_pfes044.jpgts_pfes043.jpgts_pfes045.jpg ティアックブースでは「UD-501」をデモ

 ティアックは、10月17日に発表した「Reference 501シリーズ」の「UD-501」を使ってDSD再生をデモンストレーションしている。UD-501は、ASIO2.1またはDoP方式によるDSDネイティブ再生をサポート。DSD 5.6MHzにくわえ、PCM(WAVなど)も384kHz/32bitまで再生できる。プレーヤーソフト「 TEAC Media Player」もオリジナルで、「シンプルな外観と操作。フォーマットを気にすることなく、PCオーディオが楽しめることが一番のメリット」(同社)と話していた。

ts_pfes038.jpg Nmodeの「X-DU1」。手書きのPOPがヘッドフォン祭らしくていい

 「Nmode」ブランドの高級オーディオ機器を展開するリリックもDSD 5.6MHz、およびPCMの384kHz/32bitまで対応する単体DAC「X-DU1」を展示していた。背面にはXLRバランス出力、RCA出力などを装備。入力はUSB、同軸/光デジタル。年内の発売を目指しており、価格は9万円を切る程度になるという。

 ほかにも展示機が間に合わなかったという海外ブランドもあり、DSDネイティブ再生対応のUSB DACも製品の幅が広がることが期待される。今後、PCオーディオにおける注目ジャンルになることは間違いない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう

アクセストップ10

2017年06月22日 更新
  1. 今もっともコスパの高い4K液晶テレビかもしれない――バズーカ搭載、地デジもきれいな“レグザ”「BZ710X」 (2017年06月22日)
  2. ピコ太郎さんナゾソングの正体はこれだった! 「レイトン教授」世界10カ国でリアルナゾ解き企画を開催 (2017年06月20日)
  3. ポケモンGOアプリがアップデート、レイドバトルの準備が進む 手持ちのポケモンがデカくなるバグも (2017年06月21日)
  4. 「toio」をきっかけにソニーも変わる? 体感型おもちゃが示す本当の価値 (2017年06月21日)
  5. 大人の女性にうれしいスマートウォッチ! 小さく軽くなったソニーの「ウェナリスト」――スワロフスキーをあしらったモデルも (2017年06月21日)
  6. ポケモンGOにレイドバトル実装、協力して強大なボスポケモンを倒せ! ジムにも新要素、「わざマシン」など新アイテムも続々 (2017年06月20日)
  7. ヘッドフォンみたいな扇風機「ヘッドホンなクーラー」、サンコーから (2017年06月20日)
  8. 人についてくる赤外線ヘリコプター「フォロミーヘリカル」 (2017年06月20日)
  9. 転んでも自分で起き上がるカメラ付きホームロボット「アボットライリー」 (2017年06月21日)
  10. AI技術がテレビの画質を上げる! 東芝レグザの「AI機械学習HDR復元」とは (2017年06月19日)