ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「フォーマット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「フォーマット」に関する情報が集まったページです。

SBOM「3つのフォーマット」を比較【後編】
SBOMフォーマット「SWID Tag」は「CycloneDX」や「SPDX」と何が違う?
「SBOM」(Software Bill of Materials)の複数のフォーマットの中で、「SWID Tag」は他のものと少し位置付けが違う。CycloneDX、SPDXとは何が異なるのか。利用するメリットとは。(2024/2/1)

SBOM「3つのフォーマット」を比較【中編】
ソフトウェア部品表「SBOM」のフォーマットとは? 国際標準「SPDX」の中身
「SBOM」(Software Bill of Materials)を使うことで、セキュリティの向上を図ることができる。そのフォーマットの一つとして「SPDX」がある。これはどのようなフォーマットで、何ができるのか。(2024/1/25)

アクセシブルPDF作成における4ステップ【前編】
誰もが利用しやすいPDFを作るには? 定番フォーマットを改善する4ステップ
アクセシビリティーに配慮したPDFの作成は、企業にとってコンプライアンス(法令順守)とインクルージョン(包摂性)に関わる問題だ。具体的な4つのステップを紹介する。(2024/1/17)

SBOM「3つのフォーマット」を比較【前編】
ソフトウェア部品表「SBOM」は1つじゃない 「CycloneDX」とは何か?
企業はSBOM(Software Bill of Materials)を利用したソフトウェア管理によってセキュリティを強化することができる。SBOMにはどのようなフォーマットがあるのか。(2024/1/16)

ゲオの5478円激安コンデジを使ってみた 「渋くて素直」な仕上がりが楽しい?
ゲオから超安いデジカメ「BM-DC01」が出て、ちょっと話題になっているから使ってみる。かつて「トイコンデジ」などと呼ばれていたフォーマットに近いが、それなりに現代的で、昔懐かしい素直な写真が撮れる。(2023/12/10)

今日のリサーチ:
Z世代は就活の情報収集でもタイパ重視の傾向――No Company調査
タイパ重視のZ世代は就職活動においても、コンテンツをカジュジュアルに受け取れるフォーマットを求めているようです。(2023/9/27)

Googleが開発した技術に影響
ChromeやEdgeなど人気ブラウザを危険にする「画像フォーマット」の脆弱性とは
「Chrome」や「Edge」といった広く使われているWebブラウザに関連する脆弱性が見つかった。悪用されると、どのような危険のある脆弱性なのか。(2023/9/22)

WebPコーデックの重大な脆弱性対処でChromeなど主要Webブラウザが緊急更新
画像フォーマット「WebP」に重大なゼロデイ脆弱性が見つかり、Chrome、Edge、Firefox、Braveなどが修正のための更新をリリースした。既に悪用されている。(2023/9/14)

プレイバック注目コンテンツ:
先進企業は「Instagramリール」をどう活用しているのか?
Instagramで最も成長しているフォーマット「リール」を通じて消費者とつながることで、企業にはどのようなメリットがあるのでしょうか。(2023/8/27)

「SafeDocs」プログラムの成果、PDF Associationと協業:
米国DARPAがツール提供、ファイルフォーマットの脆弱性を軽減する「ドキュメントセキュリティ」とは?
DARPAは、Safe Documentsプログラムの成果として、人々が安全であることを確信してドキュメントを開き、画面に表示されるまでのプロセスを信頼できるようにする新しい方法とツールを開発した。(2023/6/19)

6月15日は「PDFの日」 アドビが制定
PDFフォーマットの発表30周年を迎えるに当たり、アドビが6月15日を「PDFの日」として登録した。本件に関連して、Twitterキャンペーン「PDF検定」を実施するという。【更新】(2023/6/14)

6月15日は「PDFの日」、アドビが制定 誕生30周年を記念し
アドビは、1993年6月15日に登場した文書フォーマット「PDF」が、発表から30周年を迎えるにあたり、6月15日を「PDFの日」として制定した。(2023/6/14)

SPDXを新しいユースケースにも対応させる狙い:
SBOMフォーマットSPDXの新バージョン「SPDX3.0 Release Candidate」をリリース Linux Foundation
Linux FoundationはSBOMフォーマット「SPDX」の新バージョン「SPDX3.0 Release Candidate」をリリースした。(2023/5/29)

SaaS対決特別編:
ちょうどいい案件管理ツール board
請求書を発行する、という処理だけでいえば、Web上で探せばExcelやWordの無料フォーマットも見つかる。そんな中ユーザー数を増やしているのがboard(ボード)だ。単に「請求書を発行する」だけでなく、その前後の業務プロセスをうまく機能に組み込むことでユーザーの支持を得ている(2023/5/22)

読み方を間違えやすいIT用語9選【第4回】
「GIF」の本当の読み方は“ジフ”なのか、それとも“ギフ”なのか?
どう読めばよいのか、開発者を悩ませる専門用語の一つが画像フォーマット「GIF」だ。GIFの読み方には“派閥”がある。正解はあるのか。(2023/2/3)

Googleが“見限った”「JPEG XL」の行く末【後編】
次世代画像フォーマット「JPEG XL」を“絶滅”から救う手段とは?
GoogleはWebブラウザ「Chromium」で「JPEG XL」形式の画像を扱えないようにする。JPEG XLを扱いたい開発者が進んで取るべき行動とは。JPEG XL開発の当事者が明かす。(2023/1/19)

Googleが“見限った”「JPEG XL」の行く末【中編】
次世代画像フォーマット「JPEG XL」を“強制的”に使えるようにする方法
GoogleはWebブラウザ「Chromium」で、「JPEG XL」形式の画像を扱えないようにする。JPEG XLに未来を感じる開発者が講じるべき回避策とは何か。JPEG XL開発の当事者が提案する。(2023/1/12)

Googleが“見限った”「JPEG XL」の行く末【前編】
次世代画像フォーマット「JPEG XL」は使わない――Google“衝撃の決断”の真相
GoogleはWebブラウザ「Chromium」で取り扱える画像フォーマットから「JPEG XL」を除外することを決定した。同社の意図とは何なのか。JPEG XLの開発に携わる当事者が、その背景を明かす。(2023/1/7)

解決!OSSコンプライアンス(10):
SBOMの2大フォーマット「SPDX」「CycloneDX」の違いとは?
OSSコンプライアンスに関するお悩みポイントと解決策を具体的に紹介する連載「解決! OSSコンプライアンス」。今回は、協力会社を巻き込んだ開発で重要性を増す、話題のSBOMと標準フォーマットを詳しく解説します。(2022/12/7)

メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2022:
安全教育や操作説明などの“文書”をオーダーメイドで動画化、ディーズアクト
建設現場では、図面をはじめ、設備取り扱いや施工手順の教育のために紙の説明書やマニュアルが大量に使われている。加えて、日々の報告書も作成しなければならず、書類は常時増えている。しかし、文書や書類は同じようなフォーマットで作られることが一般的で、理解度を高めにくく、実作業をイメージしにくいという問題があった。(2022/11/11)

スキマ時間にこっそり学ぶ「gRPC」入門(1):
サービス間通信技術「gRPC」の基礎知識――「Protocol Buffers」とは?
第1回は、サービス間の通信技術として古くから使われているRPCの解説から入り、gRPCの登場、特徴、サポートされるプラットフォームやプログラミング言語、データ交換フォーマットであるProtocol Buffersのあらましについて紹介します。(2022/11/11)

BIM:
ボックスカルバートのBIM/CIM配筋モデル自動生成ツールを開発、大林組
大林組は、建設技術研究所や八千代エンジニヤリングとともに、設計者が意図する条件で設定されたパラメータの入力により、ボックスカルバートのBIM/CIM配筋モデルを自動で生成し、設計から維持管理まで情報連携が行えるツールを開発した。今後は、属性の自動付与機能、縦断勾配、斜角、ウイングなど、ボックスカルバートの施工に対応する機能を順次実装するとともに、橋脚や橋台、擁壁など他の構造物に適用できるようにしていく。また、設計段階における構造計算ソフトとの連携や2次元図面の自動作成、施工段階における鉄筋の発注と加工などに使えるデータフォーマットを開発する。(2022/9/22)

商品のラインアップを紹介可能:
Twitterが「コレクション広告」のβテストを開始
よりクリエイティブで革新的な広告フォーマットを提供する取り組みの第1弾。(2022/9/5)

SBOM管理のフォーマットよりも「独学」が最大のリスク OSSセキュリティに有識者の苦言
Apache Log4j問題を取り上げるまでもなく、企業ITにも広くOSSが浸透する現在、セキュリティ対策でもこれらに対応する必要がある。OSS開発コミュニティーはサプライチェーン管理の現状とセキュリティリスクをどう捉えているだろうか。(2022/9/1)

3Dプリンタニュース:
機能強化した3Dプリンタ用スライス処理ソフトウェアの最新版
UELは、3Dプリンタ用スライス処理ソフトウェアの最新版「AMmeister Ver4」の提供を開始した。スライス機能や部品データの配置機能などが強化され、SLCフォーマットにも対応可能になった。(2022/4/28)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
FD・おぼえていますか あなたのフロッピーは何インチで何フォーマット?
おぼえていますか? ディスクとヘッドが触れ合った時を……。(2022/4/25)

5つのゾーン:
新フォーマット「ジョイホン」が誕生 小山駅前店の特徴は?
ジョイフル本田は4月20日、「ジョイホン小山駅前店」をオープンした。同店舗の特徴は……。(2022/4/20)

ウェアラブルニュース:
ウェアラブルセンサー信号のコンテナフォーマットの国際標準化に向けて審議開始
TISと広島市立大学、エー・アンド・デイ、帝人は、「ウェアラブルセンサー信号のコンテナフォーマット」の国際標準化に向けて審議を開始する。ウェアラブルセンサー信号の標準化でIoTへの適用が進むことにより、測定データを連携して活用できる。(2022/4/12)

なぜ「ネ申エクセル」は生まれたのか 誕生を目撃した元市役所職員が語る“美しさ”の追求
役所や行政に提出する書類でこんな書類を見かけたことはあるだろうか。セル結合を多用し、方眼紙のマス目状となった1セルに対してそれぞれ1文字のみを入力するようなExcelファイルのことだ。一時期と比べるとだいぶ減ってきたものの、まだ見かけることも多い。なぜこうした独自のフォーマットが生まれたのか。元市役所職員がその背景を語った。(2022/3/31)

「3回書き込みでデータ消去」ってホント?:
PR:データ消去はリスクだらけ? プロが解説する「よくある失敗例」と「正しい対処法」
昨今、さまざまなセキュリティ事件が絶えない。そんな中で見過ごされがちなのが、「データ消去」。ごみ箱に入れただけではもちろん、HDDのフォーマットや出荷時状態へ戻しただけで十分だと考えていたら、大間違い。本記事では、“ばか正直”を自称するデータ消去のプロに、正しい消去法を聞いた。(2022/3/8)

「イオン上飯田店」跡地:
イオン、名古屋市に“新”都市型ショッピングセンター「そよら」出店 小商圏の新フォーマット
イオンリテールは4月7日、名古屋市北区で2020年に閉店した「イオン上飯田店」の跡地に「そよら上飯田」をオープンする。(2022/3/3)

次世代ストレージの本命か?
次世代SSDフォーマット「EDSFF」に注目せざるを得ない理由
IntelのRuler SSDを起源とするEDSFFの存在感が増している。これが「U.2」および「M.2」の後継フォーマットになる可能性が高いという。その理由とは何か。(2022/2/25)

取引先のフォーマットに合わせて自動変換、セゾン情報システムズが「HULFT Master Entry Service」提供開始
セゾン情報システムズは、企業間マスターデータ連携ソリューション「HULFT Master Entry Service」の提供を開始した。手作業による入力作業を排除し、運用品質の安定と販売の迅速化を目指す。(2022/2/24)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(204):
Windows 10の最新はReFS v3.4、Windows 11はReFS v3.7、そしてどちらもReFS v2、さて何のことでしょう?
2022年1月の月例更新プログラム(Bリリース)では、ReFS形式でフォーマットされたドライブが正常にマウントできなくなるという重大な問題が報告され、1週間後の定例外の更新プログラムで修正されました。しかし、この問題の影響を受けるのは、利用できないとされている、「サポートされていない使い方」をしていた場合というオチが付いていました。(2022/2/24)

小寺信良のIT大作戦:
気がつけばフェードアウト?  ビデオカメラの歴史を振り返る
スチルカメラ以上に記録フォーマットの歴史そのものをなぞって成長してきたビデオカメラ。その歴史を辿っていく。(2022/2/7)

解決!Python:
[解決!Python]datetime型の日付や時刻と、ISO 8601形式の文字列とを相互変換するには
datetimeクラスのisoformatメソッドとfromisoformatクラスメソッドを使って、datetimeオブジェクトをISO 8601形式の文字列表現に変換する方法と、その逆を行う方法を紹介する。(2021/11/16)

製造ITニュース:
業種別のデータ様式に合わせ商品情報を商品マスターから自動作成するサービス
大日本印刷は2021年9月27日、メーカーの商品情報を管理して、卸や小売り、流通など業種別のデータフォーマットに自動変換して提出できる「DNP商品情報変換配信サービス LaConnect」を提供開始したと発表した。(2021/10/4)

「僕の髪型はどうでもよかったみたい(笑)」 『ザ・マスクド・シンガー』MC大泉洋が直面した“本国”の指示 それでもトークはフリーダムな理由
大泉「海外番組のガチガチのフォーマットの中に僕がいて、海外番組っぽく作っている感じ」。(2021/9/17)

CADニュース:
パフォーマンスや操作性、使い勝手がさらに向上した「ZWCAD 2022」
ZWSOFTは、主力CAD製品の最新バージョン「ZWCAD 2022」を発表した。図面オープンやズームなどの高速化が図られている他、操作性や使い勝手も向上。また、BIMモデルの業界標準フォーマットであるIFCファイルのインポートにも対応した。(2021/8/5)

製造ITニュース:
オフィス家具メーカーがクラウド型の購買時見積もり支援システムを導入
A1Aのクラウド型SaaSシステム「RFQクラウド」を、イトーキが採用した。購買時の見積もり業務を支援するシステムで、サプライヤーからの見積明細のフォーマットを統一し、適正価格を判断する下地を整える。(2021/7/27)

スマートファクトリー:
PR:積層信号灯で現場情報を「簡単見える化」、グローバル展開目指すパトライトの挑戦
スマート工場化の最初の一歩とされる「見える化」だが、どういうデータをどのようなフォーマットで集めるのかというのは製造現場が頭を悩ます問題だ。こうした状況を「今現場で見えている情報を使う」という“逆転の発想”で解決するソリューションを提供しているのがパトライトである。パトライトの「WDシリーズ」への取り組みと今後の展望について紹介する。(2021/7/8)

Google公式アプリストアの新アプリ受付は8月からAPKではなくAABに
Googleは、8月から「Google Playストア」でのアプリ公開標準フォーマットをAPKからAndroid App Bundle(AAB)に切り替える。対象は新アプリのみ。サイドローディングのためにはAPKとAABの両方を用意する必要がある。(2021/7/1)

ピカリング PXIモジュール:
PXIe対応の3G〜67GHz RF/マイクロ波PXI製品
ピカリング インターフェースは、周波数範囲3G〜67GHzのPXI RF/マイクロ波スイッチングモジュールを、オプションのPXIeフォーマットでも提供開始する。PXI製品をPXIeでも使用したい場合、同社に連絡することでサポートを受けられる。(2021/6/24)

DOCXやPDFの書式のまま直接翻訳できる:
Googleが翻訳APIの機能を強化、「Document Translation」を発表
Googleは100以上の言語について、DOCXやPPTX、XLSX、PDF形式のドキュメントを、書式設定やレイアウトといったフォーマットを保持したまま直接翻訳できる機能を発表した。「Cloud Translation」スイートに含まれる「Translation API Advanced」の新機能「Document Translation」(プレビュー版)で実現する。(2021/5/14)

3Dプリンタニュース:
標準フォーマットに対応し、高速化した3Dプリンタ用スライス処理ソフトの最新版
日本ユニシス・エクセリューションズは、3Dプリンタ用スライス処理ソフトウェアの最新版「AMmeister Ver3」を発売した。標準的なスライスフォーマットへの対応や、光造形3Dプリンタ向けサポート自動設計機能を強化している。(2021/4/8)

これでキミも人気漫画家!? 「ジャンプ作家みたいになれる」フォーマット、発明される
天才の発想。(2021/3/8)

なぜJPEG XLがお薦めなのか
次世代画像フォーマット「JPEG XL」のススメ
画像処理の研究者にして開発者でもあり、JPEG XLの仕様策定にも関わっているスナイアーズ博士が、JPEG XLの特徴を解説する。JPEGからの移行は進むだろうか。(2021/2/5)

Facebook、ページでの「いいね」を廃止し、「フォロー」に一本化へ
Facebookページのデザインが大幅に刷新される。これまで「いいね」と「フォロー」があったのが「フォロー」に一本化される他、専用ニュースフィードやQ&Aフォーマットが追加される。(2021/1/7)

Twitter、画面共有グループチャットのSquad買収 アプリは翌日シャットダウン
Twitterが、コロナ禍でユーザーが急増した画面共有グループ動画チャットアプリ「Squad」を手掛けるSquadを買収した。アプリは発表の翌日シャットダウンされ、SquadのチームはTwitterで「楽しく、意味のある、魅力的な会話を可能にする新しいフォーマットを構築」していく。(2020/12/13)

第5回 住宅・ビル・施設 Week:
河村電器産業がキュービクル式高圧受電設備の外形寸法図を出力可能なサービスを無料提供
河村電器産業は、建物の情報やトランス容量をクラウド上のフォーマットに入力することで、キュービクル式高圧受電設備の外形寸法図や施工底面図、単線結線図を出力可能なサービス「Qrespo」を開発した。(2020/12/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。