ニュース
» 2013年02月12日 21時49分 UPDATE

小さくても無線LAN内蔵、パナソニックが“ビエラ”「X6シリーズ」2機種を発売

パナソニックは、薄型テレビ“VIERA”(ビエラ)の新製品として、パーソナルサイズながら無線LANを内蔵した「X6シリーズ」2機種を発表した。32V型と24V型をラインアップ。

[ITmedia]

 パナソニックは2月12日、薄型テレビ“VIERA”(ビエラ)の新製品として、無線LANを内蔵するなどネットワーク関連機能が充実した「X6シリーズ」2機種を発表した。32V型の「TH-L32X6」と24V型の「TH-L24X6」を3月上旬に発売する。価格はオープン。

ts_9x01.jpgts_9x02.jpg 32V型の「TH-L32X6」と24V型の「TH-L24X6」

 無線LANを内蔵したことで、DLNA/DTCP-IP対応の「お部屋ジャンプリンク」(プレーヤー機能のみ)を手軽に利用できるようになった。別室にあるディーガやビエラからワイヤレスで映像を転送し、録画番組やリアルタイム放送を楽しめる。またVoDサービスの「アクトビラ ビデオ・フル」もサポートした。

 USB外付けHDDを接続すれば、デジタル放送の録画が可能。録画予約は、番組表から選択して録画ボタンを押すだけで完了する。ただし、シングルチューナーのため、裏番組録画には対応していない。

 液晶パネルは32V型がIPS、24V型はVA方式を採用。LEDバックライトを組み合わせている。

 HDMI入力は2系統。そのほかの入出力端子は、コンポジット、LAN、USBなど。32V型にはD4映像入力も備えている。

関連キーワード

パナソニック | VIERA | 無線LAN | IPS方式 | DLNA | VA方式


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.