ニュース
» 2013年02月20日 12時00分 UPDATE

スマホもタブレットも充電可:大容量バッテリー搭載のポータブルBluetoothスピーカー「JBL CHARGE」登場

ハーマンインターナショナルは、ポータブルBluetoothスピーカー「JBL CHARGE」を2月下旬に発売する。その名の通り、スマートフォンやタブレット端末の充電(CHARGE)が可能なワイヤレススピーカーだ。

[ITmedia]

 ハーマンインターナショナルは2月20日、JBLブランドのポータブルBluetoothスピーカー「JBL CHARGE」を発表した。2月下旬に発売予定で、価格はオープン。店頭では1万6800円程度になる見込みだ。

ts_jblcharge02.jpgts_jblcharge01.jpg 「JBL CHARGE」

 その名の通り、スマートフォンやタブレット端末の充電(CHARGE)が可能なワイヤレススピーカー。6000mAhという大容量リチウムイオンバッテリーを搭載し、側面に給電用のUSBポートを備えた。USBポートの出力は5ボルト/2アンペアのため、たいていの端末は充電できるだろう。また、スピーカー自体のバッテリー駆動時間はワイヤレス音楽再生で連続12時間以上で、「音楽を何時間も再生した後でも、スマートフォンを満充電にできる」(同社)。

ts_jblcharge03.jpgts_jblcharge05.jpg 向かって左側面に給電用USBポート、右側にはバスレフポートを装備

 俵型の「チューブスタイルデザイン」は、音響工学に基づいたもの。キャビネット容積をかせぎつつ、内部定在波の発生を抑えるという。38ミリ径のフルレンジユニットを2基搭載し、総合10ワットのデジタルアンプで駆動する。独自のデジタル・シグナル・プロセッシングも合わせ、小さなボディーでもナチュラルなJBLサウンドを実現したという。周波数特性は150〜2万Hz。

 Bluetoothは、Ver.2.1+EDR。A2DPおよびAVRCPをサポートした。このほか、3.5ミリミニジャックの外部入力も備えているため、接続する機器を選ばない。

ts_jblcharge04.jpgts_jblcharge06.jpg 背面にはACアダプター接続用のmicroUSB端子と外部入力の3.5ミリミニジャック

 本体サイズは、175(幅)×74(奥行き)×75(高さ)ミリで、重量は470グラム。USB対応のACアダプター、およびACアダプター用のUSBケーブル、ネオプレーン素材の専用キャリングポーチが付属する。

ts_jblcharge07.jpgts_jblcharge08.jpg 付属のACアダプター(左)とキャリングポーチ(右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.