ニュース
» 2013年04月02日 14時13分 UPDATE

ヤマハ、お手ごろ価格のAVアンプ「RX-V375」をアマゾン限定販売

ヤマハはAVアンプのエントリーモデル「RX-V375」を4月上旬に発売する。上位モデルと同じ全チャンネルディスクリート構成のパワーアンプを搭載。iPod/iPhoneのデジタル接続にも対応する。

[ITmedia]

 ヤマハは4月2日、AVアンプのエントリーモデルとして、5.1ch対応の「RX-V375」を発表した。4月上旬からAmazon.co.jp限定で販売する。価格はオープンプライス。amazonでの販売価格は2万5800円。

ts_375yamaha01.jpg 「RX-V375」

 ネットワーク機能などは搭載しないシンプルなモデル。ただし、従来モデルにあたる「RX-V373」がアンプ部にパワーICを採用していたのに対し、今回は上位モデルと同じ全チャンネルディスクリート構成のパワーアンプを搭載した。これにより、ヤマハはAVアンプの全モデルがディスクリート構成として、「性能の底上げを図った」(同社)。

 またRX-V373と比較すると、HDMI経由で日本語OSD(オンスクリーンディスプレイ)の表示が可能になった点も新しい。そのほかの機能はほぼ継承しており、独自の音場創生技術「シネマDSP」や音場設定技術「YPAO」を搭載。YPAOは、本体に付属のマイクを接続し、視聴位置に置いて調整モードをスタートするだけで、部屋に合わせた最適な音響特性が自動的に得られるというものだ。また、よく使う映像ソースや音場プログラムの組み合わせを簡単に呼び出したり、指定したテレビやレコーダーを連動して起動できる4つの「SCENE」(シーン)ボタンをフロントパネルとリモコンに備えている。

 フロントパネルのUSB端子は、デジタル携帯音楽プレーヤーやUSBメモリーなどを直接接続して音楽再生が楽しめる(USBマスストレージクラス対応)。対応フォーマットはWAV、MP3、WMA、MPEG-4 AAC。またiPod/iPhoneのデジタル接続による音楽再生と充電もサポート。AVアンプの電源がオフの時でもiPhoneなどの充電は可能だ。このほかFM/AMチューナーも内蔵している。

ts_375yamaha02.jpgts_375yamaha03.jpg リアパネルとリモコン。HDMI端子は4系統。D端子は省略されている

 HDMI入力は4系統。3D映像伝送やARC(オーディオ・リターンチャンネル)に加え、4Kパススルーにも対応した。そのほかの入力端子は、コンポーネント映像入力3系統、コンポジット入力4系統(うち前面に1系統)などとなっている。

 本体サイズは、435(幅)×151(高さ)×315(奥行き)ミリ。重量は約7.5キログラム。FM簡易アンテナ、AMルームアンテナなどが付属する。

型番 RX-V375
実用最大出力 135ワット/ch
定格出力 100ワット/ch
サラウンドプログラム数 17
音声入力 コンポジット×3、ステレオミニ×1、光デジタル×2、同軸デジタル×2
映像入力 コンポーネント×2、コンポジット×4
HDMI入力 4系統
HDMI出力 1系統
外形寸法 435(幅)×151(高さ)×315(奥行き)ミリ
重量 約7.5キログラム
付属品 FM簡易アンテナ、AMルームアンテナ、YPAOマイク、リモコン、電池

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう