ニュース
» 2013年04月08日 22時06分 UPDATE

NFC対応:パナソニック、タブレットを立て掛けられるBluetoothスピーカー「SC-NP10」

パナソニックは、Bluetoothスピーカー「SC-NP10」を発表した。タブレットを立てかけられるスタンドを搭載した2.1chシステムだ。

[ITmedia]

 パナソニックは、タブレットを立てかけられるスタンドを搭載したワイヤレススピーカーシステム「SC-NP10」を5月17日に発売する。価格はオープン。店頭では1万8000円前後になる見込みだ。

ts_panatablet02.jpg 使用イメージ。スタンドの角度は3段階で調節できる

 スピーカーは2.1ch構成。フロントL/Rには3×10センチの楕円(だえん)形ユニットをそれぞれ約12度外側に向けて配置し、ニアフィールド視聴でも音を広げる仕組み。また新開発の8センチサブウーファーを上向きに配置し、コンパクトながらダイナミックな重低音を再生するという。内蔵アンプの出力は合計21ワット。外部入力としてアナログミニジャックも用意している。

ts_panatablet01.jpg 「SC-NP10」

 Bluetooth ver.3,0およびNFC(Near Field Communication)に対応。NFC対応のAndroidスマートフォンに音楽再生アプリ「Panasonic Music Streaming」をインストールすれば、タッチするだけで接続できる。BluetoothのプロファイルはA2DP。コーデックはSBCとなる。

ts_panatablet03.jpg フロントは密閉型、サブウーファーにはバスレフ型を採用。筐体内でカーブさせたバスレフポートで低音を強化した

 このほか、ワイヤレス伝送時の信号圧縮で失われた高域信号を演算補正する「Bluetoothリ.マスター」やセリフを明瞭(めいりょう)にする「ダイレクト・ダイアログ・サラウンド」も搭載している。

 サイズは271(幅)×65(高さ)×186(奥行き)ミリ。重量は約1.6キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.