ニュース
» 2013年04月16日 22時27分 UPDATE

パイオニア、「スマートモバイル オーディオ」にインターネットラジオやスマホからのコントロール機能を追加

パイオニアがワイヤレススピーカー「スマートモバイル オーディオ」シリーズを機能強化。新しいファームウェアを公開した。

[ITmedia]

 パイオニアは4月16日、同社製ワイヤレススピーカー「スマートモバイル オーディオ」の新ファームウェアを公開した。ダウンロードは無料だ。

Photo 「Pioneer ControlApp」の操作画面

 今回のバージョンアップにより、専用アプリ「Pioneer ControlApp」(無料)を使ってiPhone/iPod touchからの音量調整やインターネットラジオの操作、端末内に保存した楽曲の転送といった操作が可能になる。また、インターネットラジオのポータルサイト「vTuner」を使い、120カ国以上で放送中のラジオ・楽曲などを高音質で楽しむこともできるという。

ts_sma3.jpgts_sma1.jpg 「スマートモバイル オーディオ」の「XW-SMA3-K」と「XW-SMA1-K」

 スマートモバイルオーディオは、ネットワークプレーヤーの機能を包含したアクティブスピーカー。IEEE 802.11b/gの無線LANを搭載し、AirPlay/DLNA 1.5対応により、同一ネットワーク内にあるiPhone/iPadやAndroid端末、PC/NAS(DLNAサーバ)からワイヤレスで楽曲を再生できる。また、独自の「Wireless Direct」機能により、無線アクセスポイントがない環境でもiPhoneやスマートフォンなどと直接ワイヤレス接続が可能になっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.