ニュース
» 2013年05月02日 21時20分 UPDATE

関西テレビなど4社、企業&視聴者参加型ドラマ「Cドラ」をネット配信

関西テレビは、コクーン、アソビシステム、博報堂DYメディアパートナーズと共同で「Co−Creationドラマ」(Cドラ)のネット配信を開始した。企業や視聴者が参加して完成する“共創型ドラマ”という。

[ITmedia]

 関西テレビは5月2日、コクーン、アソビシステム、博報堂DYメディアパートナーズと共同で「Co−Creationドラマ」(Cドラ)のネット配信を開始した。企業や視聴者が参加して完成する“共創型ドラマ”としている。

ts_lovesto01.jpg Cドラは特設サイトで視聴できる

 Cドラでは、ドラマ映像を複数回更新しながら配信する。初回は、劇中に登場する家具や家電、調度品などの商品が視聴者に特定されない映像を配信。その後で協賛企業を募集し、協賛決定した企業の商品が登場する映像を新たに制作、再配信するという仕組みだ。協賛企業は更新された映像を通じて自社商品のプロモーションを行う。

 また、初回配信後、特設サイトにて更新後のドラマに追加で登場する出演者を視聴者からオーディション形式で募集。Twitterを通じて視聴者から寄せられたコメントを更新後のシナリオに反映させる試みも行う。「視聴者は、ドラマ自体を楽しむだけではなく、更新の前後で商品・登場人物・シナリオが変化する過程も楽しめる。また、特設サイトを通じて出演者が着用していた衣服も購入できる」(同社)という。

ts_lovesto02.jpg 「Love×Stories」のロゴ

 5月2日に初回配信を開始したCドラ第1弾は、20代男女の恋愛がテーマの「Love×Stories」。主演はアソビシステム所属のモデル、武智志穂さん、プロデューサーは、「リアルクローズ」(2009年、関西テレビ制作)を手がけた重松圭一氏(関西テレビ、東京コンテンツセンターコンテンツ事業部担当部長)が務めている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう