ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「関西」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「関西」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「十津川警部」の舞台にも:
「1番」がないのに日本一が2つ JR京都駅の謎に迫る
古都の玄関口である京都駅。JR各線をはじめ、近鉄や京都市営地下鉄が乗り入れ、1日平均約60万人(新型コロナウイルス禍前)が行き交う関西有数のターミナル駅だ。(2022/5/1)

個性あふれる鉄道:
長さ日本一の「大阪モノレール」 一時はギネス 、「鉄むす」も3位に
今年は日本の鉄道開業150年。明治5(1872)年の新橋―横浜間の開通以降、各地に路線網が広がり関西も個性あふれる鉄道を生み出してきた。関西の鉄道の「ナンバー1」にまつわる話題をみる。(2022/4/30)

5月12日オープン:
ワークマン、福岡・宗像市に「#ワークマン女子」 九州初出店
ワークマンは5月12日、関西以西では初出店となる「#ワークマン女子 くりえいと宗像店」(福岡県宗像市)をオープンする。(2022/4/30)

猫の名前を、パパとママが同時に呼んだ結果→猫「えっ!?ほしかま!?」 まさかの反応に「爆笑しました」の声
関西弁をしゃべる猫ちゃんです。(2022/4/30)

平均1274円:
働く人の平日ランチ事情 外食とデリバリー、予算が高いのは?
ホットペッパーグルメ外食総研は、働く人のランチ事情を調査し、その結果を発表した。首都圏、関西圏、東海圏に住む有職者に平日のランチ事情を聞いた。(2022/4/21)

司書みさきの同人誌レビューノート:
台湾に行けないから関西圏のホテルに泊まってきた 1年半のホテル巡りが同人誌になるまで
机の使いやすさに目線を向け、40件を自腹レビュー。(2022/4/17)

「君ら関西人なんやから」 古文の授業で教わったまさかのテクが目からウロコ
ネイティブな方ならもっと理解が深いはず。(2022/4/25)

ミックスジュース発祥店の新業態:
関西発の昭和レトロ純喫茶「千成屋スタンド」 東京・表参道にオープン
LIFEstyleは4月15日、昭和レトロな喫茶店「千成屋スタンド」を表参道にオープン。関西発でミックスジュース発祥の店といわれる「千成屋珈琲」の新業態となる。(2022/4/15)

22年3月のバイト平均時給、「販売系」や「フード系」で高い伸び 学生の卒業が要因に
リクルートが2022年3月の三大都市圏(首都圏・東海・関西)のアルバイト・パート募集時平均時給調査結果を発表。「販売系」や「フード系」は、学生の卒業などに伴う欠員補充で給与が上昇した。(2022/4/15)

ご存じですか? 「中之島高速鉄道」と「関西高速鉄道」 路線図には出てこない、謎(?)の鉄道会社
縁の下の力持ち的な会社なのです。(2022/4/14)

レベル4相当の自動運転バス実験 大阪メトロなど10社
大阪メトロなどが自動運転移動サービスの実証実験を報道陣に公開した。自動運転は小型バスなどを想定し、特定条件下でシステムが無人の車を操作する「レベル4」相当となる。大阪・関西万博の会場周辺での利用を目指し、一般向けの体験会も行う。(2022/4/7)

外食市場 3カ月連続で前年同月比プラスも、2年前との比較ではマイナス拡大
 リクルートの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、首都圏、関西圏、東海圏に居住する約1万人を対象に2022年2月度の「外食市場調査」を実施した。(2022/3/31)

関西の「子育て世帯の住みここち」ランキング 3位「大阪市西区」、2位「大阪府箕面市」、1位は?
大東建託は、関西(大阪府・京都府・奈良県・兵庫県・滋賀県・和歌山県)に居住する成人男女2万8578人の回答を集計し、各ランキングを作成した。(2022/3/30)

住みたい駅も調査:
「関西の住みたい街ランキング2022」 2位は「大阪市北区」、1位は?
リクルートは「SUUMO住みたい街ランキング2022 関西版」を発表した。住みたい自治体と駅をそれぞれ調査した。自治体2位は「大阪市北区」、1位は?(2022/3/29)

3Dプリンタ製培養肉、生産自動化へ 大阪大と島津製作所
動物の細胞を増やして作る「培養肉」の自動生産を目指して、大阪大と島津製作所などが協業する。3Dプリンタを用いて肉独特の食感などを再現できる技術で自動生産する。2025年に開催される大阪・関西万博での提供を目指す。(2022/3/29)

4500万円以上が半数超え:
関西の新築分譲マンション、平均購入価格「4780万円」で過去最高額を記録
SUUMOリサーチセンターは「2021年関西圏新築マンション契約者動向調査」の結果を発表・新築分譲マンションの平均購入価格は4780万円で、過去最高額を記録した。(2022/3/28)

「人生100年時代」はスマートモビリティ 大阪南部で実証実験 万博での活用も
市街地から離れた地域は、鉄道やバスなどの公共交通機関が少ない。大阪南部地域では「スマートモビリティー」の導入を目指している。大阪府は25年の大阪・関西万博をにらみ、スマートモビリティーの取り組みを後押ししている。(2022/3/25)

13年後「空飛ぶクルマ」日常に、大阪の官民が工程表
「空飛ぶクルマ」の実用化に向け、大阪府や事業者などでつくる官民の会議体が、大阪・関西万博後を見据えた工程表「大阪版ロードマップ」を公表した。国レベルの官民協議会が作成した工程表を踏まえ、実用化に必要な活動指針などを定めた。(2022/3/24)

いのち輝いてる! 大阪・関西万博の公式キャラクターデザインが決定
C案に決定しました。(2022/3/22)

関西圏の「借りて住んだ街」の住みここちランキング 3位「夙川」、2位は「神宮丸太町」、1位は?
当調査は関西圏(大阪府・京都府・奈良県・兵庫県・滋賀県・和歌山県)に居住する、成人男女10万221人を対象に実施した。(2022/3/17)

警備ドローン、接客ロボ…… 万博支援EXPO開催
2025年大阪・関西万博に向け、「第1回大阪・関西万博開催支援EXPO」が始まった。警備用ドローンや接客用ロボット、VRを活用したコンテンツなど、各企業が自社の製品やサービスを展示し、来場者らが興味深そうに足を止めていた。(2022/3/16)

ウクライナ影響:
大阪名物「粉もん」はどうなる? 値上げピンチ
ロシアによるウクライナ侵攻が続く中、お好み焼きやたこ焼きといった関西の食文化「粉もん(粉もの)」への影響が懸念されている。(2022/3/14)

良質な製品を長く使いたいという声が増加:
大創産業、新型300円ショップを関西初出店 出店を加速
大創産業は梅田エストに中心価格帯が300円の新業態を開業する。今回が4店舗目で、西日本エリア初。4月にも西日本に2店舗追加オープン予定とする。(2022/3/8)

PR:「ちょっと盛ったやろ?」「……盛った」 関西電気保安協会の新Web動画は、関西の「こんな感じ」の日常を描いた“ゆるっと”動画が6連発
ふしぎと続けて観たくなる。(2022/3/7)

関西エリアの「住みここち沿線ランキング」 3位「地下鉄谷町線」、2位は「阪急今津線」、1位は?
大東建託は、関西エリアの115沿線に居住する成人男女8万8924人の回答を集計し、各ランキングを作成した。(2022/3/4)

全部いのちが輝いてる…… 大阪・関西万博公式キャラ最終候補3作品発表、三兄弟のような統一感
選択の幅ぁっ!(2022/3/2)

「バーチャル大阪」本格稼働へ 吉村知事のアバターも登場
大阪府は、「メタバース」を活用して2025年大阪・関西万博の機運醸成を図る専用サイト「バーチャル大阪」を本格稼働させる。大阪市内の名所を凝縮した「新市街」エリアをオープンする。(2022/2/25)

FAニュース:
板金加工機の関西での需要増に対応し、京都府伏見区にショールーム開設
トルンプは2022年2月23日、関西圏での営業拠点およびサービス拠点として、京都市伏見区に関西ショールームを開設したと発表した。(2022/2/24)

SAP×関西エリアの成長ストーリーに密着:
PR:SAP人材の「成長への次の一手」とは? SAPエンジニアやコンサルタントとして、さらなる高みへ踏み出す方法
SAP製品を扱うエンジニアやコンサルタントの成長の仕方が多様化していることをご存じだろうか。SAPを極めるキャリアを目指すか、それともSAPを主軸として他のソリューションやプラットフォームの技術や知識の幅を広げるキャリアを目指すか。成長への考え方は人それぞれだ。SAPの現場経験を持つ若手エンジニアやコンサルタントには、どのような具体的な可能性があるのだろう。関西で活躍している2人のSAP人材の対談を通して、これからの成長の在り方を模索する。(2022/2/17)

移動の変革MaaS 鉄道各社が争うデータ取得
次世代移動サービス「MaaS(マース)」の本格導入に向けた取り組みが関西でも始まった。(2022/2/21)

早大は2年連続で:
私大志願者数最終速報 1位は近大、躍進したのは?
大学通信の協力を得てまとめた、私大の「55校志願者数最終ランキング」が判明した。近畿大が9年連続で1位となったほか、法政大や関西学院大の躍進が目立った。その理由は――。(2022/2/16)

乃木坂46、5期生8人目は“兵庫県出身”の五百城茉央 初の関西出身美女に「関西きた!!!」の声
くしゃっとした笑顔の虜。(2022/2/9)

週末に「へえ」な話:
「関西シウマイ弁当」を手にするために行列! 担当者に開発秘話を聞いた
崎陽軒の「シウマイ弁当」を食べことがある人も多いのでは。日本で最も売れている駅弁だが、これとよく似た弁当が登場した。その名は「関西シウマイ弁当」。JR姫路駅で販売したところ、行列ができるほどの人気ぶり。駅弁を製造している「まねき食品」の担当者に、開発の裏話を聞いたところ……。(2022/2/5)

徳島県・阿佐海岸鉄道:
世界初の乗り物「DMV」の導入秘話 難条件をクリアできた理由は?
関西とは、どのエリアを指すのでしょう。大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山の2府4県は定番ですが、府県域を超えた行政機関「関西広域連合」では鳥取と徳島を加えた2府6県を関西と定義しています。(2022/2/3)

ゴミ屋敷はなぜ生まれるのか? 住人の年齢で最も多いのは「70代以上」
関西クリーンサービスを運営するA-LIFE(大阪市)は、役所に勤務している人を対象に「ゴミ問題の実態」に関する調査を実施した。調査から分かった、ゴミ屋敷が生まれる理由や住人になりやすい人とは?(2022/1/31)

34期連続増収:
「関西スーパー争奪戦」は始まりにすぎない!? 関西進出を狙う「オーケー」の恐るべき“実力”
2021年は「関西スーパー争奪戦」が注目された。オーケーは敗れたが、関西進出を検討している。競合他社と比較して見えたオーケーの実力とは?(2022/1/31)

船舶にワイヤレス充電 電動化で脱炭素 関電など万博に向けた実証実験
関西電力が船舶を使ったワイヤレス充放電システムの実証実験を開始した。運輸、旅客用の船舶の多くは重油や軽油を燃料としており、電動化を進めることで脱炭素への貢献が期待される。(2022/1/28)

auの5G、JR東海道線や名鉄名古屋本線など17路線で利用可能に
KDDIは、JR東海道線や名鉄名古屋本線などを含む鉄道17路線の主要区間のホーム/駅間の5Gエリア化を完了。引き続き、2021年度末までにJRや私鉄を含む関東21路線、関西5路線の5Gエリア化を目指していく。(2022/1/25)

プロジェクト:
関西初、東急不動産らが再生可能エネルギー100%利用の分譲タワーマンションを開発
東急不動産は、関電不動産開発とともに、大阪市中央区常盤町2丁目で、新築分譲タワーマンション「(仮称)ブランズタワー谷町四丁目」の開発を進めている。ブランズタワー谷町四丁目は、全住戸と共用部で、非化石証書を利用した実質再生可能エネルギー100%の電力を使用する。東急不動産の調べによれば、実質再生可能エネルギー100%利用の電力サービスを採用した分譲タワーマンションはブランズタワー谷町四丁目が関西初だという。(2022/1/17)

関西電力が「エヴァ電柱」開発 Wi-Fiやワイヤレス充電内蔵、大阪万博での活用目指す
関西電力は、5G・Wi-Fiスポット機能やカメラ、街路灯、デジタルサイネージなどを搭載した「スマートポール」の実証実験を始めた。スマートポールのデザインは、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」をモチーフにしたという。(2022/1/14)

メタバースで広がる「大阪国」の可能性
大阪府と大阪市が2025年大阪・関西万博の準備を本格化させている。21年12月には機運醸成に向けてメタバースを活用した専用サイト「バーチャル大阪」を立ち上げた。(2022/1/12)

「スタンダード」あえて選択 関西企業でも
東京証券取引所が11日発表した、4月4日の市場再編で発足する新市場の上場企業リストでは、最上位の「プライム」にパナソニックのほかシャープ、京セラ、エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングなど、関西を代表する大手企業が名を連ねた。一方、安定的な収益基盤の確保などプライム基準の厳しさもあり、現在東証1部に上場しながら、中堅企業を想定する「スタンダード」をあえて選択した関西企業もみられた。(2022/1/11)

リテール&ロジスティクス:
大阪市住之江区で延べ4.9万m2の物流施設を開発、ラサール不動産投資顧問
ラサール不動産投資顧問は、同社が組成した特定目的会社の関西1プロパティーを通じ、大阪府大阪市住之江区で計画を進めている物流施設の開発プロジェクト「(仮称)大阪住之江物流センター計画」が2022年1月6日に着工することを発表した。(2021/12/23)

万博にらみ関西版「MaaS」 来年度にアプリ運用開始
さまざまな移動手段の予約や決済などを一体的に提供する次世代交通サービス「MaaS(マース)」の構築に向け、鉄道、バスなど交通事業者をはじめ、国や自治体などでつくる「関西MaaS推進連絡会議」の初会合が21日、大阪市内で開かれた。国内外から多くの人が訪れる2025年大阪・関西万博に合わせ、官民共同でサービス提供を目指す。(2021/12/22)

ピーチの“旅ガチャ”、機内でも販売 袋の中からカプセル取り出す超アナログスタイルに
ピーチ・アビエーションは17日、行き先の選べない「旅くじ」の機内販売を始めた。成田空港着の11路線、関西空港着の13路線の機内で販売する。(2021/12/17)

再編の動きが相次ぐ:
関西スーパー争奪戦、混迷は続く
関西スーパーマーケットの経営権をめぐる、流通大手のエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングと首都圏地盤のスーパー、オーケー(横浜市)との争奪戦は混迷を極めた。(2021/12/9)

スマートシティー:
大林組らがスマートシティーでの実装を目指し、EVの走行中給電システム開発に着手
関西電力、ダイヘン、大林組は、非接触で給電可能な電気自動車の走行中給電システムを用いた「都市全体を対象としたエネルギーマネジメントシステム」の技術開発を進めている。今後は、両システムの技術開発を推進し、ダイヘンが大分県で保有する試験場で、エネルギーマネジメントシステムからの給電制御試験や電磁波などの安全性、給電システムの道路埋設に関する課題抽出を行う。そして、開発の成果を大阪府で開催される「関西万博」で実装するこを目指す。(2021/12/7)

「弟子」が「師匠」飲み込むか 関西スーパー争奪戦を検証
関西スーパーは関西で老舗の中堅スーパーとして親しまれている。買収提案をしたオーケーは人材を派遣して教えを請い、現在の隆盛の原点を構築したという。「師匠」を飲み込もうとする「弟子」と、立ちはだかるH2O。関西スーパー争奪戦の背景を検証する。(2021/11/30)

空港で最先端ロボのオモテナシ続々 人手不足、感染防止担う
関西国際空港などはさまざまな業務でロボットの導入を推進。省力化やコスト削減という経済的理由に加え、最先端技術の実験場として空港を活用する狙いもある。人との出会いだけでなく、ロボットとの「出会い」も空港での楽しみになりつつある。(2021/11/30)

まねき食品とのコラボ:
崎陽軒、関西版「シウマイ弁当」を発売 兵庫県・姫路駅にて
崎陽軒は兵庫の老舗弁当企業とコラボした関西版の「シウマイ弁当」を販売する。11月26日から姫路駅にて。コラボの狙いは?(2021/11/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。