ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「関西」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「関西」に関する情報が集まったページです。

空飛ぶ車、万博相が規制改革や予算措置検討を各省に要請
2025年大阪・関西万博の関係府省庁連絡会議で井上信治担当相は、人を乗せて空を移動する「空飛ぶ車」をはじめとする関連施策について、規制改革や予算措置の検討を進めるよう各府省庁に要請した。(2021/3/4)

「周回遅れ」感:
国産ワクチン実用化に立ちはだかる「壁」
新型コロナウイルスの緊急事態宣言は関西など6府県で解除され、残るは首都圏の4都県となった。ただ、収束への切り札となるワクチンをめぐっては世界的な争奪戦が続いている。(2021/3/3)

3万1000人を対象に調査:
関西の「住み続けたい街ランキング」発表 3位は天王寺区、2位は西宮市、1位は……
大東建託は「愛着のある街&住み続けたい街ランキング2020<関西版>」を発表した。約3万1000人を対象に調査した結果は?(2021/2/27)

大阪万博、地元パビリオン構想案 AIや再生医療わかりやすく
2025年大阪・関西万博で、大阪府と大阪市が地元パビリオンの内容を検討する有識者懇話会が、基本構想案を取りまとめた。AIや再生医療、アンチエイジングといった最先端技術について理解できるよう、実物や映像を多用した展示や体験を実施する。(2021/2/22)

生活支援に:
「ドライブインお化け屋敷」開設、幽霊役は?
車に乗った状態でお化け屋敷を体験できる、関西初の「ドライブインお化け屋敷」が3月、大阪市内に開設される。コロナ禍で職を失った外国人らを「お化け」役として雇用することで、生活支援につなげたいとの狙いもある。(2021/2/18)

NTTデータ関西、コロナワクチン接種の予約支援システムを無償提供 人口5万人以下の100自治体に
NTTデータ関西が新型コロナウイルスワクチンの接種予約を支援するシステムを5月から無償提供すると発表。人口5万人以下の100自治体が対象で、3月1日から申し込みを受け付ける。(2021/2/16)

名古屋が躍進:
2021年「住みたい街ランキング」関西版と中部版 圧倒的な強さを見せつけたのは?
不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営するLIFULLが住みたい街ランキングを発表した。関西版と中部版の結果は?(2021/2/13)

すでに世界初に挑戦中!:
PR:ソニーの新イメージセンサー開発拠点「大阪オフィス」の現状とこれから
ソニーセミコンダクタソリューションズにとって初めての関西地区におけるイメージセンサー設計開発拠点「大阪オフィス」がまもなく開設1年を迎えようとしている。スマートフォン向けCMOSイメージセンサーの設計能力拡充を目的に開設された大阪オフィスの現状とこれからについて、同拠点の統括担当者にインタビューした。(2021/1/26)

関西圏の「住みここちがいい沿線」ランキング 1位は関西屈指の高級住宅街を通るあの路線
「いい部屋ネット 街の住みここち沿線ランキング2020関西版」。結果は?(2021/1/25)

緊急事態宣言 大企業中心にテレワーク強化 地域差など課題
新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言発令を受け、大企業の多くはテレワークを強化し、感染対策に万全を期す。一方、現場に出なければ仕事が回らない業種が多い関西は首都圏より実施率が低いといった地域差も課題となっている。(2021/1/22)

緊急事態宣言 首都圏2週間・関西1週間 大企業中心にテレワーク強化 地域差など課題
 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた首都圏1都3県への緊急事態宣言発令が決まり21日に2週間を迎える。大阪府など7府県も20日、1週間となった。大企業の多くは昨年4〜5月の緊急事態宣言時よりテレワークを強化し、感染対策に万全を期す。一方、現場に出なければ仕事が回らない中小の製造業などはテレワークが難しく、こうした業種が多い関西は首都圏より実施率が低いといった地域差も課題となっている。(2021/1/21)

合併ありきの再編論にクギ 地銀トップが語る生き残り策
 「合併だけで良くなると思えない」。地方銀行のトップらはこう口をそろえ、強まる再編圧力にくぎを刺す。菅義偉首相が「数が多すぎる」と指摘、政府や日本銀行は経営統合を促すが、多くの地銀は単独での生き残りを模索する。新型コロナウイルスの感染拡大で苦境に陥る中小企業や飲食事業者から地銀に資金繰り支援を求める声が高まっており、「地域金融機関の正念場」と存在感を高めることも狙う。地銀を取り巻く環境や今後の展望を関西地銀のトップ4人に聞いた。(岡本祐大)(2021/1/19)

追加の7府県:
緊急事態宣言が大阪や愛知に拡大、ゴールドジムやコナミ、エニタイムの対応は? 会費を割引くジムも
2度目となる緊急事態宣言。1月13日には対象地域が大阪、兵庫、奈良の関西3府県と愛知、岐阜、栃木、福岡に拡大した。各スポーツクラブは、首都圏と同じ対応をとる店舗がある一方、慎重な動きを見せる企業もある。(2021/1/14)

2月7日まで:
串カツ田中、関西・東海など7府県でも直営店休業 首都圏と合わせて109店舗
串カツ田中ホールディングスは、首都圏1都3県に続いて、関西・東海地方など7府県の直営25店舗を1月12日から休業する。緊急事態宣言の対象地域は拡大される見通し。自治体からの営業時間短縮要請などを受け、休業店舗の拡大を決めた。(2021/1/12)

「どう森」きぬよさんが56センチの特大サイズで現実世界に! 作者に制作のこだわりを聞いた
元気な関西弁で話しかけてくれそう。(2021/1/12)

空飛ぶクルマで移動 大阪・関西万博基本計画を承認
計画では、会場を「未来社会のショーケース」に見立て、ドローン型の「空飛ぶクルマ」での移動やアバターのオンライン参加を実現するとした。(2020/12/28)

関西のスーパー、年末年始はどうなる
関西のスーパー各社で、年末年始の休業日を増やしたり、営業時間を短縮したりする動きが広がっている。(2020/12/28)

アバターで参加:
空飛ぶクルマで移動! 大阪・関西万博は「未来社会のショーケース」
2025年大阪・関西万博の運営主体「日本国際博覧会協会」は25日、理事会を開き、展示内容や会場設計などの基本計画を全会一致で承認、公表した。計画では、会場を「未来社会のショーケース」に見立てて……(2020/12/25)

サラリーマン、プリキュアを語る:
プリキュアの後、何見てる? 関東と関西で違いはある? 視聴データから振り返る2020年の「ニチアサ」
視聴データから2020年ニチアサコンテンツを振り返ったら興味深いデータが出ました。(2020/12/24)

地銀再編の盟主へ りそなの野心と強まる存在感
 菅義偉首相が「数が多すぎる」と発言したことで再編圧力が高まる地方銀行業界。その新たな盟主になり得る存在として、りそなホールディングス(HD)が注目を集めている。完全子会社化する関西みらいフィナンシャルグループ(FG)を「再編のプラットフォーム(基盤)にする」と意欲を示したからだ。各地域で「お殿様」として君臨する地銀は単独での生き残りを模索するが、りそなはネット金融大手SBIHDとともに再編劇の主役になる野心を見せている。(岡本祐大)(2020/12/21)

「焼き肉のワタミ」、関西の旗艦店オープン 配膳ロボット導入で省人化
ワタミが、焼肉チェーンの関西エリア旗艦店「焼肉の和民 南海難波駅前をオープンした。配膳ロボットやレーンで料理を運ぶなど省人化を図り、店員と客の接触を最大8割減らした。人件費の削減で、料理を安く提供できることも売りの一つになっている。(2020/12/21)

「ファミマがファミマ柄の靴下売ってる」 関西地区限定、緑と青のラインソックスに「かわいい」「他店もマネして」の声
全国展開は今のところ未定だそうです。(2020/12/18)

サガミオリジナル12代目宣伝大使に清水あいり、“ねとらぼ”で「関西弁あいうえお」をお願いしたら
ナチュラルすぎて気が付かなかった。(2020/12/15)

豊富な品ぞろえ:
「ガシャポンのデパート」が関西初進出 大型カプセルトイ専門店を積極出店
バンダイナムコアミューズメントが大型カプセルトイ専門店「ガシャポンのデパート」を関西に初出店する。同店は11店舗目となるが、今後も出店を加速させていくという。(2020/12/8)

広告外収入も高い比率:
「1局2波」 ラジオ淘汰の時代のFM802の挑戦
お薦めの曲を繰り返し流す「ヘビーローテーション」を日本に定着させ、関西では若者から圧倒的な支持を得るFM802が、外国語放送のFM COCOLO(ココロ)の事業を譲り受けてから8年がたった。ラジオ局による「1局2波」体制は国内初で、802は若者向けの番組編成に特化、ココロは40歳代以上にすみ分けて、リスナーを増やすことに成功している。(2020/12/2)

当面の間は無料で利用可能:
購入当日にスマホが届く ドコモオンラインショップの「エクスプレス配送」のエリアが首都圏と関西圏に拡大
NTTドコモのWeb通販「ドコモオンラインショップ」において、東京23区内限定で提供されていた「エクスプレス配送」。その対象範囲が首都圏と関西圏に拡大に拡大された。当面の間、利用料金は無料だ。(2020/12/1)

新しい販路開拓:
VR上で関西名物を販売 阪神食品館がバーチャルマーケットに出店
阪急阪神百貨店は、バーチャルリアリティー(VR)空間上で行われるイベント「バーチャルマーケット5」に「バーチャル阪神食品館」を出店すると発表。普段の営業で接点を持つことが難しい遠方に住む人や、若い世代の認知度向上を狙う。(2020/11/30)

関西人のルーツはイタリアだった? 古代ローマの調理器具が「どう見てもたこ焼き器」と日本からツッコミの嵐
これがパン焼き器だ……と……?(2020/11/27)

蓄電・発電機器:
水素で動く旅客船、日本企業らが2025年の大阪万博で実用化へ
岩谷産業、関西電力、東京海洋大学、名村造船所、日本政策投資銀行らが、水素で駆動する水素燃料電池船の商用運行に向けた検討を開始すると発表。2025年の大阪万博での実用化を目指すという。(2020/11/26)

利用者目線忘れずに:
関西の鉄道5社、最終赤字 具体的な改革案は?
JR西日本、関西の大手私鉄4社は、令和2年9月中間連結決算で全社が最終赤字となった。(2020/11/19)

新型コロナで航空貨物業界に好機 スペース不足、専用機の大型化も
 新型コロナウイルスの影響で大きな打撃を受けている航空業界では、貨物輸送にスポットライトがあたっている。旅客便需要が冷え込んだままなのに対して、経済活動を支える貨物便は荷物を満載。行き場をなくす荷物も出始めるほどだ。関西国際空港では大型の貨物専用機も登場。さらに今後はワクチンなど医薬品の輸送増も見込まれており、航空貨物ビジネスの好機をうまく捉えられるかが、関空の浮上のためのカギにもなりそうだ。  (牛島要平)(2020/11/13)

ドコモ、ダイドー自販機に5G基地局 年内に設置を開始
NTTドコモ関西支社が、ダイドードリンコの自動販売機の上部に5Gアンテナを設置し、5G通信のサービスエリアを広げると発表した。2020年内に始める。(2020/11/6)

モビリティサービス:
荷物受け取りは電柱で、関電や豊田自動織機が宅配ボックスの共同プロジェクト
関西電力送配電と豊田自動織機、日本ネットワークサポート、京都府、精華町、関西電力は2020年10月19日、京都府の対象エリア内にある電柱などに共用型の宅配ボックスを設置するプロジェクト「まちなか宅配ボックスサービス」を実施すると発表した。実施期間は2021年1月31日までの予定だ。(2020/10/22)

「住民に愛されている街」ランキング関西版、トップは?
「SUUMO住んでいる街 実感調査2020 関西版」を発表した。調査対象は大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・滋賀県・和歌山県に居住している20歳以上の男女。最も住民に愛されている街(駅)1位は?(2020/10/21)

モバイルICOCA、2023年春にスタート 関西圏もスマホで定期購入
JR西日本が、「ICOCA」の機能をスマートフォンで使えるサービス「モバイルICOCA」を2023年春にスタートすると発表した。(2020/10/16)

深夜ラジオの全盛期:
ヤンタン、ヤンリク 伝説のラジオ番組を生んだ法則
テレビがお茶の間の主役だった時代、家族が寝静まった深夜、若者は部屋でラジオにかじりついた。朝日放送の「ABCヤングリクエスト」や毎日放送の「MBSヤングタウン」など、関西でも各局はこぞって看板番組を放送し、ラジオは若いリスナーをとりこにした。(2020/10/2)

日本IBM、「IBM Cloud」の大阪リージョン開設
日本IBMが「IBM Cloud」の大阪リージョンを開設。東京リージョンに続き、国内では2カ所目の拠点となる。今後は関西圏の企業や、東京・大阪の両方に拠点を持ちたい企業に、より低遅延のサービスを提供する。(2020/9/29)

岡田眞善、お台場フジテレビへ向かうはずが東名高速で関西方面へ 140分におよんだ珍道中実況に「世にも奇妙な物語気分」
川崎→世田谷のフジテレビ→東名川崎→東名横浜青葉→お台場のフジテレビ。(2020/9/9)

こんなにうまいのになぜ関東で見かけない? 関西人はみんな知ってる「ポールウインナー」の謎
関西に引っ越して衝撃だった文化の一つ。(2020/9/5)

今日のリサーチ:
住民が「愛着」や「誇り」を感じる街 総合1位は「港区」――読売広告社「シビックプライドランキング2020」
関東圏では「港区」「文京区」「目黒区」、関西圏では「西宮市」「箕面市」「吹田市」が上位に。(2020/8/31)

大阪・関西万博のロゴマーク「いのちの輝きくん」、早くもイメージネイルになって召喚される
目が……合う……!(2020/8/27)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
DX時代に求められる「CAE」活用の真価、製品開発力を高めるヒントとは?
製造業のDXが加速する中、企業競争力を高める存在として重要性を増しているのがCAEによるシミュレーションの活用だ。その実践のヒント、AIやIoTとの融合などについて関西CAE懇話会 幹事も務めるオムロンの岡田 浩氏に聞いた。(2020/8/26)

大阪・関西万博ロゴマークが「なんかこわい」とネットざわつく 発表後即「コロシテ」がトレンド入りする事態
度し難い……度し難いぞ経済産業省!(2020/8/25)

「シュークリームと言えばヒロタ」「無くなるの寂しい」 洋菓子のヒロタ、関西の直営店4店舗を閉店
西日本の店舗は1店舗に。(2020/8/25)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
車両の交通規制エリア侵入感知システムと監視カメラ映像の統合ソリューション
西日本高速道路エンジニアリング関西は、走行車両が交通規制中のエリアに侵入したことを作業員に知らせ、接触事故を未然に防ぐシステム「危険さっち」や仕様が異なるカメラ映像を統合管理するソリューション「VICOMO」を開発した。(2020/8/6)

関西生まれの母の疑問……「子どもたちはマクドナルドをなんて呼ぶ」!? 東京育ちの子どもたちの“答え”が斜め上だった
あいむらびにっ!(2020/8/5)

歩く広告塔:
街中で客のマスクが広告に変身! 「アドノマスク」キャンペーン
関西を中心にPR支援事業を行っている会社が、ちょっとユニークな取り組みを展開している。サービス名は、通称「アドノマスク」キャンペーン。どんな内容かというと……。(2020/8/2)

7月10日から東海〜中国地方に拡大:
USJ、集客エリアを徐々に拡大 7月20日以降、全国から入場が可能に
ユー・エス・ジェイは、関西2府4県に限定していた「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」の集客対象エリアを拡大する。7月10日から関西に隣接する地方からの入場が可能となり、20日からは全国に拡大する。(2020/7/1)

「関西ウォーカー」月刊誌で復活 “3密”避ける休日の過ごし方を提案
KADOKAWAが「関西ウォーカー」の刊行を7月20日に再開する。これまでのように混雑する店舗やテーマパークではなく、自然の中での遊びや車を活用した週末の過ごし方を提案する。(2020/6/18)

「大阪コロナ追跡システム」も導入:
USJ、6月19日から地域限定で営業再開 8日からはプレオープン、段階的に来場者拡大
ユー・エス・ジェイは6月19日から「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」の一般営業を再開する。関西地方在住者や年間パス保持者を対象とした限定的な営業となる。それに先駆けて、6月8日〜18日をプレオープン期間とし、段階的に来場対象者を拡大する。(2020/6/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。