ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「関西」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「関西」に関する情報が集まったページです。

共感どころか“怒り”買う:
事前にチェックはしていたのに、阪急電鉄の中吊り広告
関西の大手私鉄、阪急電鉄の中吊り広告が物議を醸した。働く人を応援するメッセージを掲示した企画列車を走らせたところ、「毎月50万円もらって毎日生き甲斐のない生活…」などの言葉が共感を集めるどころか、SNSで怒りを買い、阪急電鉄は11日から同列車の運転を取りやめた。(2019/6/13)

主治医はスマホ 「5G」でリアルタイム診断
5Gの実用化に向けて、関西の企業や自治体が動き始めた。従来のスマホより通信速度が100倍も速くなる5Gは、過疎地と大病院とをつないだ動画診察を普及させたり、自動運転のトラクターを使った遠隔操作での農作業を可能にしたりできる。人口減少と人手不足に悩む地方での5Gの活用が、先行して始まりそうだ。 (2019/6/6)

育てデータサイエンティスト 関西の大学が人材育成に本腰
最新技術を使った情報化社会が急速に進む中、蓄積された膨大なデータを分析してビジネスに生かすデータサイエンティストの育成に、関西の大学群が本腰を入れ始めた。(2019/6/3)

どこまでが「関東」で、どこからが「関西」なのか?
何によって分かれているんだ?(2019/5/22)

勝負メシグルメも:
「関西将棋会館」ってどんなところ? 名勝負の場
 関西将棋会館(大阪市福島区)は、西日本の将棋ファンにとっての殿堂だ。最年少プロ、藤井聡太七段(16)や、豊島将之棋聖(29)=王位=、斎藤慎太郎王座(26)ら関西を代表する棋士たちのホームグラウンドであり、藤井七段と師匠の杉本昌隆八段(50)の師弟対決など、数々の名勝負の場にもなってきた。(2019/5/10)

関西2府8県の観光PR動画に海外から「美しい」「行きたい」の声 没入感がすごいハイパーラプスを多用した8K映像に反響
海外から「お金を貯めて行きたい」といった声も上がっています。(2019/4/20)

猛省「ストロベリーナイト・サーガ」 1話で見せた二階堂ふみら新キャストの“それぞれのハマり方 ” 今野浩喜の関西弁もウザくて最高
「二階堂ふみは竹内結子を超えるのか」ってそういう問題じゃないんだよ。(2019/4/18)

学費納入、オンラインで可能に――近畿大学がインターネットバンキングとの連携開始、コスト削減や効率化に期待
近畿大学は、NTTデータ関西との協働により、インターネットバンキングを活用した新たな学費納入方式を導入。納付書なしで学費を振り込みできる。紙で運用していた納付書の送付を廃止し、事務手続きをペーパーレス化することで、管理作業の効率化やコスト削減、学費納付時の利便性向上を図る。(2019/4/8)

社員の自由な働き方を支えるために:
PR:ツールを最大限に活用して業務を効率化、価値あるシステムを提供できる情シスに――大和財託に見る「働き方改革」実践
関西圏を拠点に、プラットフォーム型の資産運用サービスを展開する大和財託が、エムオーテックスのエンドポイント統合管理ツール「LanScope Cat」とMDMツール「LanScope An」、業務自動化ツール「Syncpit」を導入し、業務効率化と生産性向上に成果を挙げている。IT戦略室リーダーの森本優氏に話を伺った。(2019/4/1)

俺たちの情シスin大阪 第1回 レポート:
今だから話せる、関西情シスの裏話「上司からのトンデモ特命」「“脱“で有名なアレも使いよう?」――「大阪俺情」の夜が熱かった
関西では初の開催となった2019年2月「俺たちの情シス」では、ライトニングトークに7人が登壇。SIerからユーザー企業に転身して見えた実情や、ソフトウェアライセンス管理で苦労の末に編み出した技、自社にサイバー攻撃を仕掛けた経験など、さまざまな話が飛び交いました。(2019/3/15)

大災害時も事業継続へ 企業が相次ぎ対策
東日本大震災で事業継続が困難になった教訓や首都直下地震への備えから、多くの企業が災害時に関西地方などで事業を継続するための準備を進めている。(2019/3/12)

女性の就業率改善につながるか:
女性起業家、SNS活用で成功へ 支援の輪広がる
女性が会員制交流サイト(SNS)を活用して起業したり、ビジネスを成長させたりする取り組みへの支援が関西各地で広がっている。SNSは無料で情報発信することができ、資本力や事業経験でハンディがある主婦らでも導入が容易なためだ。活用が広がれば、関西の府県で女性の就業率が低い傾向の改善につながることも期待されている。(黒川信雄)(2019/3/6)

関西の女子アナも夢中:
飼い主の心を癒やすペットたち 仕事の疲れも吹っ飛ぶ?
家族の一員として、飼い主の心を癒やしてくれるペットたち。仕事に追われ疲れたとき、悲しいことがあったとき…。言葉は通じなくても、逆に、言葉が通じないからこそ、じっとそばにいてくれるペットは、人の心に安らぎを与えてくれる。関西のテレビ番組で活躍し、視聴者から愛され続けている女性アナウンサー2人に、ペットとの心のふれあいについて聞いた。(加納裕子、木村郁子)(2019/3/4)

「かわいいサイヤ人」「ラムちゃん」 倖田來未、自身の想定上回るイメチェンで異次元の魅力を放つ
どのキャラでもきっと関西弁。(2019/2/26)

ジャニーズ初のバーチャルアイドル登場 SHOWROOMで生配信
第1弾として、関西ジャニーズJr.内のユニット「なにわ男子」の藤原丈一郎さん、大橋和也さんがバーチャルアイドルを演じる。19日午後9時30分ごろ、SHOWROOMでライブ配信を始める。(2019/2/19)

双子姉妹の三倉茉奈、関西出身の一般男性と結婚を発表 妹・佳奈も喜び
おめでとうございます!(2019/2/2)

関西初の「変なホテル」はロボホン19体がお出迎え 心斎橋に開業、スマート照明「Hue」も導入
関西地区初となる「変なホテル大阪 心斎橋」が2月1日に開業。おなじみの恐竜型ロボットのほか、シャープのロボット「ロボホン」が19体で迎え、多言語であいさつしたり、季節や時間に合わせてダンスを繰り広げる。(2019/1/31)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
ボトムアップ型第4次産業革命があったってええやん
腹の底から本気で伝えたいときは、関西弁でいいたい。(2019/1/31)

【マンガ】卵焼き器に「関東型」「関西型」がある理由
卵焼きの巻き方が違うのだとか。(2019/1/24)

「当初はほとんどが日本人客だったが……」:
訪日客は“ブランド牛”がお好き? 関西高級ホテルが「鉄板焼き」を強化
関西で訪日客をターゲットにした宿泊特化型ホテルの新規出店が続く中、飲食、宴会施設を持つ既存のホテルが相次いで、レストランの強化に乗り出している。宿泊特化型と差別化を図り、朝食のみの利用にとどまりがちな外国人宿泊客が飲食する機会を増やすのが狙いだ。なかでも、訪日客に根強い人気の「鉄板焼き」への注力が目立っている。(田村慶子)(2019/1/16)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
東京と大阪の“抗争”が激化 今年も高級食パン戦争から目が離せない
2018年には高級食パン専門店が大ブレイクした。これまでは関西で生まれた専門店が続々と東京に“殴り込み”をかけていたが、東京勢がここにきて関西に進出しはじめた。19年の高級食パン戦争の行方はどうなるのだろうか。(2019/1/6)

「もうえぇで!」 シャープの空気清浄機、ボタン連打で関西弁話す「隠しコマンド」発見→公式Twitterも反応
目の付けどころがシャープやな。(2019/1/5)

大阪名物“豚まん”でおなじみ「551蓬莱」の「551」って何? 関西人なら知っておきたい意外な由来
551の豚まん、大阪に行った際には絶対買っちゃう。(2019/1/2)

関西の力 エンタメ(1):
ブラタモリ、鶴瓶の家族に乾杯……街ブラ番組の元祖は
テレビやラジオの人気番組も、関西で生まれた、というものが少なくない。たとえば、タレントが街を歩き人々と触れ合うテレビの「街ブラ」番組、個性的なキャラクターの「パーソナリティー」が主役の朝のラジオ番組。どちらも、そのルーツは関西だ。(2018/12/18)

編集部からのお知らせ:
「俺たちの情シス in 関西」始動! 2月5日に第1回を開催します
エンタープライズ編集部主催の情シス交流会「俺たちの情シス」がついに関西に進出。第1回を2月5日に開催しますので、関西で働く情シスの皆さん、奮ってご参加ください!(2018/12/14)

関西発のマジックみたいなふりかけ「マジックふりかけ」第2弾が登場 「日本の味シリーズ」を全国展開
関西から全国へ!(2018/11/13)

モスバーガーがセルフレジ導入 都内と関西の7店舗から
モスバーガーがセミセルフレジを導入する。会計時間を短縮し、昼時などのレジ回転数を高める狙い。(2018/11/6)

「うめきた2期」が注目:
18年版「働きたい街」ランキング関西編 2位は京都「街並みきれい」 1位は……
転職サービス「doda」を運営するパーソルキャリアがビジネスパーソンを対象に働きたい街について調査した結果、2位は「京都」で332点だった。1位は……(2018/11/6)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(53):
マクロ編:「ワーケーション」で新しい働き方を切り開く、和歌山県の戦略
リゾート地でバケーションしながらワークする、そんな働き方はいかが?――ご当地ライターが、リアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実」。全国のIT先端エリアを紹介する「マクロ編」、第4回は関西のリゾート地「和歌山県」です。(2018/11/1)

楽しい大好きスタートアップ代表が見たロボット業界:
俺の相棒はロボット? 関西国際空港で自動清掃ロボット大戦がはじまる
ロボット派遣・就職・教育サービスを手掛け、これまでロボットと共に5千人以上を接客した経験を持つ田中智崇氏が、関西国際空港で本格運用が始まった最新型自動清掃ロボットをレポートする。(2018/10/30)

前年同月比で24円増:
バイト・パート時給、1036円に 三大都市圏 18年9月
リクルートジョブズが2018年9月のアルバイト・パート募集時平均時給を発表。三大都市圏(首都圏・東海・関西)は1036円と、前年同月より24円増加した。(2018/10/16)

マクニカ/Avidbots:
広範囲なフロア清掃を行う自動清掃ロボット「Neo」、関西国際空港に導入
マクニカは、関西エアポートが運営する関西国際空港に、Avidbots(アヴィドボッツ)の自動清掃ロボット「Neo」を導入したことを発表した。(2018/10/12)

横浜×京都の“鉄むす”夢のコラボ爆誕 「鉄道の日」イベント、関東・関西の両会場で販売
海と山のように正反対(?)な2人のかわいい珍コラボ。(2018/10/2)

ペン先から飛び出す魔法(マジック)! どう見ても「マジックインキ」だけど正体は“ふりかけ”が関西から発進
その名も「マジックふりかけ」。(2018/9/13)

「本当に助かりました。感謝しています」台風21号で孤立した関西国際空港 現場に居た当事者に利用客やスタッフのようすを聞いた
現地のようすやスタッフの対応について聞きました。(2018/9/8)

納期への影響を危惧:
再開見通し立たない関空、エレ各社に及ぼす影響
各地で甚大な被害をもたらした台風21号。供用再開の見通しが立たない関西国際空港を物流拠点とするエレクトロニクス各社にも企業活動への影響が広がっている。EE Times Japanでは、関西および北陸地方に事業所や工場が所在するエレクトロニクス各社について、操業状況や物流への影響をまとめた。(2018/9/5)

関西空港、海上に孤立 台風21号で滑走路が冠水、連絡橋はタンカー追突で分断され復旧めど立たず
台風21号の影響で大きな被害が出ています。(2018/9/4)

地方で働く:
東京のマスコミ生活を捨て、地方で暮らして思い知ったこと
私は10年間勤めたマスコミを退職して、関西の製造業に転職しました。「転職」「脱東京」に踏み切った背景には家庭の事情があります。東京を去りたかったわけではなかったし、年収も2割下がりましたが、決断に誤りはなかったです。そのわけは……。(2018/8/8)

アルティメットサイバーセキュリティクイズ2018:
あなたは解けるか? 関西発、セキュリティクイズ大会に登場した“あんなこんな問題”
エンジニアに限らず、セキュリティに関心を持つ人々が気軽に参加できる、楽しいイベントができないか――。そんな思いを形にした「アルティメットサイバーセキュリティクイズ2018」が、2018年7月14日に大阪で開催された。(2018/7/27)

KDDI、関西エリア初のカフェ併設直営店「au KYOTO」7月20日にオープン 
7月20日にKDDI直営店「au KYOTO」がオープンする。「au OSAKA」に次ぐ関西エリア2店舗目で、カフェ「BLUE LEAF CAFE」を併設。来店や成約記念品プレゼントを行うオープニングキャンペーンも実施する。(2018/7/18)

人文社会科学の学生も“AIを使いこなす人材”に 関西学院大、日本IBMとプログラム開講
関西学院大学と日本IBMが、AIを“使いこなす”人材を育てるプログラムを、2019年4月から同大学の生徒向けに開講する。(2018/7/10)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(9):
似非関西弁は見抜けても、似非アクセスポイントは見抜きにくいねん
情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第9列車は、悪意あるアクセスポイントへの注意喚起です。(2018/6/28)

大阪北部地震の被災地にシェアサイクルを無償提供 ソフトバンク系列の「HELLO CYCLING」
大阪府北部で発生した地震を受け、シェアサイクルサービス「HELLO CYCLING」が関西の一部エリアで無償提供される。(2018/6/18)

地震による運転見合わせ続く 関西・鉄道各社の運行状況
遅延や運休、見合わせが発生しています。【更新:19日10時】(2018/6/18)

「顔認証ゲート」成田空港などにも導入
羽田空港の上陸審査場に先行導入していた「顔認証ゲート」が、成田空港や関西空港などにも順次導入される。日本人の帰国手続き、出国手続きの両方で使えるようになる。(2018/6/8)

「多分100%充電済みや思うで 知らんけど」 iPhoneが関西人になる画像がTwitterで「天才か」と話題に
多分これ見たらiPhoneは関西人や思うで、知らんけど。(2018/6/2)

バンダイナムコ、VR旗艦店を大阪にも 今秋オープン
バンダイナムコアミューズメントが、VRエンターテインメント施設を2018年秋、大阪・梅田にオープン。東京・新宿の店舗に次ぐ、関西の旗艦店に位置付ける。(2018/5/28)

「駅のホーム」を再現できるマスキングテープがヴィレヴァンで発売 山手線や武蔵野線、関西仕様にも対応
どこでも駅のホーム!(2018/5/25)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
関西ローカルなのに知名度は全国区 「551蓬莱」が成長続ける理由
関西を中心とした2府4県に出店している551蓬莱。名物の豚まんがおみやげとして支持され、現在も成長を続けている。関西ローカルな企業なのに知名度は全国レベルだ。人気の秘密とは?(2018/5/22)

スヌーピーがテーマの「ピーナッツ ホテル」 8月1日神戸にオープン 関西初進出のカフェやレストランも併設
18室の客室は全て異なるコンセプト。(2018/5/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。