ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「関西」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「関西」に関する情報が集まったページです。

『ど根性ガエル』スピンオフアニメが令和にやってきたでやんす! オール関西弁のボケツッコミが楽しいそろ谷作品「ど根性ガエルやねん」
根性根性ど根性。(2024/2/16)

施工:
大阪・関西万博会場にCO2排出量を低減する地盤改良工法を初適用
竹中工務店は、コンクリート解体材由来のCO2固定微粉を使用し、従来の工法と比較してCO2排出量を低減する地盤改良工法を開発。大阪・関西万博の三菱未来館の地盤改良の一部に同工法を初適用し、地盤改良体としての性能を満たしていることを確認した。(2024/2/8)

建築設計×コンピュテーショナルの現在地:
落合陽一氏の万博パビリオンを手掛けた「NOIZ」が語る「フィジカルとデジタルの境界に浮かぶ未来の建築設計」
大阪・関西万博で、テーマ事業プロデューサーの落合陽一氏が企画するパビリオン「null2」の設計を手掛ける「NOIZ」は、建築のフィジカル要素とコンピュテーショナルデザインなどのデジタル技術との融合で、新しい建築設計の可能性を模索している。null2で具現化を目指す、未来の建築デザインをNOIZの設計担当者に聞いた。(2024/2/7)

NEWS Weekly Top10:
radikoでラジオは聴けるけど、あえて携帯ラジオを買いたい理由
筆者は在宅勤務なこともあって、ラジオをよく聴いている。インターネットラジオ「radiko」のおかげで東京にいながら、関西から北海道まで、いろいろな番組を聴いている。一方で、昔ながらの携帯ラジオも買った方がいいのではないか、と最近よく思う。(2024/2/5)

「おもしろ広告」大解剖:
きつね、月見、天ぷら……? 六本木駅に「関西人は歌える広告」が出現、ヒガシマル?油の狙い
2023年の年の瀬、東京・六本木駅に出現した「関西人は歌える」広告が話題となった。掲出したヒガシマル?油は、どのような広告戦略を練ったのか。(2024/1/27)

製品動向:
壁紙を剥がさず上から塗装 賃貸住宅の原状回復で施工時間を半減
関西ペイント子会社の関西ペイントブラーノなど3者は、賃貸住宅の原状回復工事で、壁紙を剥がさずに上から塗装する「クロスカラーリングサービス」の提供を開始した。一般的な壁紙の張り替えと比較して、施工にかかる時間を半減し、費用も最大で半分に抑えられるという。(2024/1/29)

9200キロ先にアバター 2025年、見たことない世界示せるか
意思や感情を伝え合うコミュニケーションを進化させてきた人類の歴史。はるか遠の人が目の前に−。2025年大阪・関西万博では、近未来の技術が出現する。(2024/1/21)

関西のインバウンド人気観光地 1位は「清水寺」、2位以下は?
「インバウンド人気観光地ランキング<関西編>」の調査から、インバウンドに人気な関西エリアの観光地1位は「清水寺」だと分かった。トップ3を京都市が占める結果となったが、2位以下は?(2024/1/20)

パナソニックはアマゾンと協業 シャープはAI技術PR CES
米ラスベガスで世界最大級の家電IT見本市「CES」が9日(日本時間10日)、開幕する。パナソニックホールディングス(HD)やシャープ、村田製作所などの関西企業も出展し、新型テレビや人工知能(AI)を活用したにおいセンサーなど、新たな製品や技術をPRする。(2024/1/10)

プロジェクト:
海や水面に浮かべた“床”が自動着岸する「海床ロボット」 大阪・関西万博で実用化目指す
竹中工務店を代表とする「海床ロボットコンソーシアム」は、海や水面に“床”を浮かべ、自動で動いて離着岸する「海床ロボット」を開発し、大阪城公園の東外堀で実証実験を行った。海床ロボットは、大阪・関西万博の会場予定地である夢洲での社会実装を目標に掲げる。(2024/1/10)

16億円かけ新設「国際線ターミナル」が大苦戦 和歌山・南紀白浜空港の誤算
関西有数の観光地・和歌山県白浜町に立地する南紀白浜空港に国際線ターミナルが完成し、昨夏に運用が始まった。地方空港の中には増築などをせずに既存ターミナルで国際チャーター便に対応するところもあり、専門家からは必要性に疑問の声も上がっている。(2024/1/8)

関西の病院に入院したら…… ご飯と一緒に「おかず」として登場した“まさかのもの”に「なんですって!?」と驚き
関東では見たことないかも。(2024/1/7)

製品動向:
LEDでエスカレーターの「片側空け」を抑制、日立が夢洲駅向けに開発
日立製作所と日立ビルシステムは、LED照明を利用して「片側空け」を抑止する新機能を搭載したエスカレーターを開発した。大阪・関西万博の開催に合わせて2024年度に開業する北港テクノポート線の夢洲駅に導入する。(2024/1/5)

夢洲駅に設置:
日立が「片側空け」を抑止するエスカレーターを開発、仕組みは?
日立製作所と日立ビルシステムは、「エスカレーターの片側空け」を抑止する機能を搭載したエスカレーターを開発。大阪・関西万博の開催に合わせて開業予定の夢洲駅に設置する。(2023/12/26)

大阪・堺市エリアのJR線が「ICOCA」で乗り放題!(注意点あり) KANSAI MaaSアプリで「(ICOCAでGO)大阪・堺おでかけパス」を発売
JR西日本が観光キャンペーン「ちょこっと関西歴史たび」を堺市内で展開するのに合わせて、KANSAI MaaSアプリ内でのみ購入できる企画乗車券のセット商品を発売する。大阪市内および堺市内の自社線をICOCAでフリー乗車できる他(注意点あり)、阪堺電車と南海バスが堺市内で乗り放題になる1日乗車券も利用できる(要引き換え)。(2023/12/22)

JR西日本、在来線の駅でQRチケットサービス展開へ 24年度下期から
JR西日本は20日、QRチケットサービスを2024年度下期以降、順次始めると発表した。25年の大阪・関西万博を前にさらなるチケットレス化を進める。(2023/12/21)

大阪・関西万博:
万博「大阪ヘルスケアパビリオン」バックヤード棟に、エクソルが「OSAKA」の形で太陽光パネル設置
エクソルは、大阪・関西万博の大阪ヘルスケアパビリオンバックヤード棟に、「OSAKA」の形に並べた“おもろい”を狙った太陽光発電システムを設置した。(2023/12/20)

脱炭素:
万博「カルティエ」パビリオン建設工事で建材のCO2排出を半減、大林組
大林組は、大阪・関西万博の「ウーマンズ パビリオン in collaboration with Cartier」(発注者:リシュモン ジャパン カルティエ)建設工事で、低炭素型の鉄骨やコンクリートの活用、過去の万博で使用されたファサードのリユース、基礎鉄骨へのリース材採用などにより、通常の建設資材を使用した場合と比較して、CO2排出量を約50%削減する。(2023/12/19)

2023年の調査:
家族での「お出かけ人気スポット」 関東・関西のランキングを発表
子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」を企画・運営するアクトインディの調査から「2023年の人気スポット」が分かった。関東・関西の人気スポット1〜10位は?(2023/12/16)

万博へ 空飛ぶクルマの飛行見学会 独ボロコプター社
2025年大阪・関西万博で「空飛ぶクルマ」の運航を予定するドイツのボロコプターが、大阪湾岸のヘリポートで自治体関係者や子供たちを招いた試験飛行見学会を開いた。空飛ぶクルマが実際に飛行する様子を披露し、安全性などを含めて社会に受け入れてもらうことを狙いとして開催した。(2023/12/13)

空飛ぶクルマ実証飛行 万博で使用へ 経産省などがデータ収集
2025年大阪・関西万博での商用運航を目指す空飛ぶクルマをめぐり、経済産業省や万博の運航事業者などによる実証飛行が11日、大阪市内で行われた。離陸から周遊、着陸まで約10分間の一連の作業が滞りなく実施されているかどうかなどを確かめ、データを収集した。(2023/12/11)

大阪・関西万博:
大阪・関西万博「いのちの遊び場 クラゲ館」の制作をDNPが担当 中島さち子氏や長坂真護氏とコラボ
DNPは、大阪・関西万博の「いのちの遊び場 クラゲ館」の企画・制作を担当すると発表した。その一環で、テーマ事業プロデューサーの中島さち子氏と美術家の長坂真護氏とのコラボレーションによる「ミドルクラゲ“海月(うみつき)”プロジェクト」が始動する。(2023/12/7)

大阪・関西万博へ“夢の乗り物”見て体感 大阪・八尾「空飛ぶクルマ」展示
2025年大阪・関西万博の目玉「空飛ぶクルマ」を紹介するイベントが、大阪府八尾市の商業施設「アリオ八尾」で開かれた。(2023/12/7)

大阪万博、SNS投稿用の公式ミャクミャク画像提供も使用は今日限り? 「ぜひポジティブなメッセージを」
大阪・関西万博まであと500日となった30日、運営を担当する2025年日本国際博覧会協会が、SNS投稿用の公式画像「500日前記念ビジュアル」の提供を始めた。(2023/11/30)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
蓄電池も後に続くか、関西がとてつもなく強かった2023年
経済面でも関西の盛り上がりに期待しています。(2023/11/27)

「ミャクミャク」のダンベルボールが登場 ミズノが大阪・関西万博グッズを発売
ミズノは、大阪・関西万博公式キャラクター「ミャクミャク」を使用したグッズを発売する(2023/11/19)

“香りがたこやき”の紅茶だと……? 関西で「たこやき紅茶」登場
パッケージには大阪おなじみの「しらんけど」の文字が。(2023/11/17)

大阪・関西万博:
万博工事で竹中工務店がStarlink搭載の“移動する工事事務所”を試験導入
竹中工務店は、大阪・関西万博の工事現場で、迫る建設業2024年問題に対し、現場と工事事務所の往復を削減するべく、移動する工事事務所として、「牽引式オフグリッド型モバイルハウス」を導入した。(2023/11/15)

“瞑想”体験トラック、パナソニックが大阪で実証実験
パナソニックは13日、移動式の瞑想体験空間「(MU)ROOM Ride(ムルーム ライド)」を発表した。12月にかけて関西のショッピングセンターなど3カ所で実証実験を行う。(2023/11/13)

空飛ぶクルマ デモフライトに向け暫定ポート完成 フライト体験も
2025年大阪・関西万博での「空飛ぶクルマ」の万博会場と兵庫県内との2地点間デモフライトに向け、同県側の離着陸拠点となる尼崎市の「デモフライト用暫定ポート」の整備が完成し、記念イベントが6日、開催された。(2023/11/9)

北九州のソウルフード「資さんうどん」が全国区に? 社長が関西で感じた“手応え”
(2023/11/9)

関西版「住み続けたい街」 3位「島本町」、2位「西宮市」、1位は?
大東建託が、関西版の「住み続けたい街」ランキングを発表した。「住み続けたい」「幸福度」の切り口から、人気の自治体・駅が明らかになっている。(2023/11/8)

クレカのタッチで改札通過 関西の私鉄3社が対応へ
阪急電鉄、阪神電鉄、近畿日本鉄道の3社はそれぞれ、タッチ決済対応のクレジットカードなどを使って通過できる改札を設置すると発表した。(2023/11/7)

関東と関西で違う文化 2位「エスカレーターの立ち位置」、1位は?
関東と関西で違う文化や風習といえば何か。CMサイト(大阪市)が調査を実施した。(2023/10/31)

万博「リング」緑化 大和ハウス子会社請け負い 3.5万平方メートル
2025年大阪・関西万博で、会場のシンボルとして建設されるリング型の大屋根において、人々が回遊できる屋上に施される緑化を、大和ハウス工業子会社の大和リースが請け負うことが26日、分かった。緑化は、強い日光や潮風にさらされる屋上を快適な空間にする働きがある。(2023/10/27)

モノづくり最前線レポート:
製造現場の理想の休憩室とは? イトーキが探るサステナブルなモノづくり
本稿ではイトーキ 関西工場における働きやすい環境の整備や、サステナブル、地域貢献への取り組みを紹介する。(2023/10/30)

施工:
「大阪・関西万博」イベントホール棟に竹中工務店が適用 CO2を8割削減したコンクリPCa部材
竹中工務店は、製造過程でのCO2排出量を80%以上削減したコンクリート「CUCO-建築用プレキャスト部材」を開発し、2025年に開催する大阪・関西万博のイベントホール棟の基礎部材に初適用した。(2023/10/24)

アプリは配信開始済み:
大阪・関西万博の公式電子マネーが登場 その名は「ミャクペ!」
2025年4月から開催される予定の「2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)」に向けて、公式デジタルウォレットサービスが提供されることになった。サービス自体は11月1日(一部は2025年5月)から提供される予定だが、スマートフォンアプリは既にダウンロードできるようになっている。(2023/10/23)

万博電子マネーの愛称は? ポイントは「ミャクポ!」
2025年大阪・関西万博を運営する日本国際博覧会協会は23日、独自の金融サービスで使用する電子マネーの愛称を「ミャクペ! MYAKU−PE!」、ポイントを「ミャクポ! MYAKU−PO!」とすると発表した。(2023/10/23)

スマート工場最前線:
5万通りのオフィスチェアづくりをサポート、イトーキ関西工場で進めるAI活用
創業130年を超えるオフィス家具のイトーキ 関西工場のチェア生産工程における自動化、無人化への取り組みを紹介する。(2023/10/10)

動く実物大ガンダムは大阪へ? 吉村知事「ぜひ万博で見たい」
バンダイナムコグループは6日、横浜の動く実物大ガンダムの経過報告と、大阪・関西万博の「ガンダムパビリオン(仮)」の名称発表などを行った。(2023/10/6)

関東民が関西に行ったらコンビニおにぎりにビックリ 衝撃を受けた体験描いた漫画にさまざまな反応
関東と関西の食文化の違いがここにも。(2023/9/30)

「三ツ矢、ウィルキンソン、カルピス」のルーツはどこか ゆかりの地を訪ねた
子供から大人まで親しまれるドリンク類。多くの商品が生み出されては姿を消すなか、関西は100年を超える3つの商品と深い関わりがある。アサヒ飲料の「三ツ矢サイダー」「ウィルキンソン」「カルピス」の3ブランドだ。(2023/9/22)

「パインアメ」、阪神の18年ぶり“アレ”でバカ売れ→注文停止 「うれしい悲鳴」
阪神タイガースが18年ぶりにリーグ優勝し、岡田彰布監督が試合中に口にしていた「パインアメ」に注目。製造元によると、8月時点の関西地域での売り上げが前年比2倍。注文が殺到し、現在はオンラインでの商品注文を停止している。(2023/9/16)

カラオケチェーン「ジャンカラ」、阪神優勝で “生ビール飲み放題3日間無料”に 関西地方の店舗で実施
とんでもない大盤振る舞い。(2023/9/14)

あの駅が混むのは何時? 平日朝ラッシュのデータ、ヤフーが公開
ヤフーは「Yahoo!乗換案内」の検索データをもとに、関東・関西の8つの主要路線で、朝の通勤ラッシュの混雑時間帯情報をまとめた。(2023/9/6)

Yahoo!乗換案内、主要8路線で通勤ラッシュの混雑時間帯を公開
ヤフーは、乗換検索アプリ「Yahoo!乗換案内」の検索データをもとにした通勤ラッシュの混雑時間帯情報を公開。関東と関西の主要8路線を対象とし、平日朝の混雑状況がどのように変化しているか駅ごとにグラフで紹介する。(2023/9/6)

万博海外パビリオンを「3Dプリンター」で 複数国から相談、兵庫のメーカーに
2025年大阪・関西万博の海外パビリオン建設準備が遅れている問題で、3次元プリンターによる建築に熱い視線が注がれている。(2023/9/5)

「冷凍おせち」強化で“アウェー”首都圏取りなるか 「大丸・松坂屋」正月商戦の今
おせちの予約商戦が本格化する中、大丸松坂屋百貨店が「冷凍おせち」の販売を強化中。関西圏での販売が多くを占める同社にとって、配送エリアを問わない冷凍おせちは、首都圏で存在感を高める大きな武器となる。(2023/9/2)

ロジスティクス:
三菱商事都市開発、兵庫県加東市で関西5件目となる物流施設を開発
三菱商事都市開発が、兵庫県加東市で関西圏で5件目となる物流施設の開発用地を取得した。(2023/8/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。