ニュース
» 2013年06月27日 17時57分 UPDATE

フロントにBDドライブ搭載:シャープ、BD/HDD一体型の“AQUOS”、「DRシリーズ」を発表

シャープがオールインワンタイプの“AQUOS”(アクオス)「DRシリーズ」2機種4モデルを発表した。少し制約はあるものの、裏番組録画や2番組同時録画が可能だ。

[ITmedia]

 シャープは6月27日、“AQUOS”(アクオス)の新製品として「DRシリーズ」2機種4モデルを発表した。Blu-ray Discドライブと500GバイトのHDDを内蔵したオールインワンタイプ。32V型と40V型の2サイズを7月26日に発売する。

ts_aqdr02.jpgts_aqdr03.jpg 40V型の「LC-40DR9」(左)と32V型の「LC-32DR9」(右)。いずれもブラック系とホワイト系のカラーバリエーションを用意している

 配線が不要で場所をとらない省スペースの一体型テレビ。画面とスタンド部を一体化し、画面を3度傾斜させることで省スペース性と視聴のしやすさを両立させたという。また前面からトレイが出てくるBDドライブ、ディスクを挿入すると自動的に再生が始まる「一発再生」機能などで操作性を向上させている。

裏番組録画や2番組同時録画が可能

ts_aqdr01.jpg BDドライブはトレーが前方に出てくるタイプだ

 液晶パネルは、32V型がWXGA(1366×768ピクセル)、 40V型がフルHD(1980×1080ピクセル)。地上/BS/CS110度対応の3波チューナーを2基搭載としており、テレビを視聴中でも裏番組を録画できる。

 長時間録画にも対応し、500Gバイトの内蔵HDDなら最長約524時間の録画が可能だ(12倍モード時)。さらにUSB外付けHDD(別売)を接続して直接録画やダビングをサポート。テレビを視聴していない時なら、内蔵HDDと外付けHDDに2番組同時録画も可能だという。このほか内蔵HDDや外付けHDDに録画した番組をレート変換しながらBDにダビングすることもできるが、DRモードで録画した場合に限られる。

 再生時には、録画番組の再生中に約5分または約2分30秒間隔で番組のシーンを子画面で一覧表示できる「見どころ」機能や、急な来客などがあったときに録画を始め、まるで放送を一時停止させるように使える「ちょっと待って」といった機能が利用できる。リモコンの「ちょっと待って」ボタンを押すだけで、1時間ぶんの番組を一時録画する仕組みだ。なお、一時録画した番組は録画リストに残らない。

ts_aqdr04.jpgts_aqdr07.jpg リモコン。上部に「見どころ」「ちょっと待って」ボタンがある

 HDMI入力は2系統。ほかにD5映像入力、コンポジットビデオ入力、光デジタル音声出力などを備えた。

 価格はすべてオープンプライス。店頭では40V型の「LC-40DR9」が16万円前後、32V型の「LC-32DR9」が13万円前後になる見込みだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.