ITmedia NEWS >
ニュース
» 2013年06月27日 20時07分 公開

新GUIも:「Astell&Kern AK100」がギャップレス再生に対応、アユートが新ファームウェア「ver.2.01」を公開

アユートは6月27日、「Astell&Kern AK100」向けの新しいファームウェア「ver.2.01」を公開した。「ギャップレス再生」に対応。

[ITmedia]

 アユートは6月27日、ハイレゾ音源再生対応のポータブルオーディオプレーヤー「Astell&Kern AK100」向けの新しいファームウェア「ver.2.01」を公開した。同社サイトからダウンロードできる。

「Astell&Kern AK100」

 5月の「春のヘッドフォン祭 2013」で対応を示唆した「ギャップレス再生」のサポートに加え、ホーム画面を追加した新しいGUI(グラフィカル・ユーザー・インタフェース)が新ファームウェアのメインフィーチャー。ホーム画面は4種類から選択できる。

ギャップレス再生やヘッドフォン出力のブースト機能は任意でオン/オフが可能(画像は英語版のもの)


新GUI。ホーム画面は4種類から選択できる

 このほか、ヘッドフォン出力の3dBブースト機能(オン/オフ可能)、アルバムアート表示の「フル/フィット」切替機能、スリープタイマー、内蔵メモリのフォーマット機能が追加された。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.