ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「インタフェース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インタフェース」に関する情報が集まったページです。

全米再デビューのアイツが日本でも:
4K有機ELにOptane H10搭載の15.6型ノートPC「LAVIE VEGA」発売、インタフェースはUSB Type-Cのみ
NECパーソナルコンピュータは1月21日、「LAVIE」シリーズのフラッグシップモデル「LAVIE VEGA」を発表した。発売は2月20日で、価格は税別20万4800円〜となっている。(2020/1/21)

NAMM 2020:
Universal Audio、Apollo X、Arrowユーザー専用Mac版DAW「LUNA」を発表
Macに新たなDAWが誕生した。ハイエンドのオーディオインタフェースとして定評のあるApollo、Arrowを持っているMacユーザーは無料で使える。(2020/1/20)

第1回 工務支援 EXPO:
ドコモの建築向けクラウド型施工管理サービス、工程表のExcel出力が可能に
NTTドコモが展開するクラウド型施工管理サービス「ARCHITREND Do!Photo for docomo」は、機能拡充やユーザーインタフェースの改善が進められている。(2020/1/10)

Webサイトの通知許可リクエストは“ユーザーにとって迷惑”? Google ChromeやMozilla Firefoxがブロックへ
Googleは通知許可のリクエスト表示を目立ちにくくした新しいユーザーインタフェース(UI)を「Chrome 80」から導入する(2020/1/9)

いまさら聞けないumati入門(3):
「umatiとはUSBのようなもの」キーマンに聞くumatiの最新仕様と将来像
工作機械の共通インタフェースとして注目を集める「umati」。「umati」とはどういう規格でどう活用すべきかを紹介してきた本連載だが、第3回は「umati」の規格策定を進める組織の中核を担うアレクサンダー・ブルース氏へのインタビューの内容をお伝えする。(2020/1/10)

第4回 スマートビルディング EXPO:
デルタ電子のLOYTEC最新コントローラーは、“顔認証”などIoTへ対応
デルタ電子のビルオートメーションシステムは、日本のビル建て替え需要をターゲットに、基幹となるLOYTECのコントローラーを多様な機器に応じられる“オープン通信プロトコル”としている。現在は、スマート照明や顔認証など進化するIoTデバイスも、BAS上での一元的な制御を目指し、クラウドと連携する目的でプラットフォームにJavaScriptを採用。同時に将来的な遠隔でのビル多棟管理を見据え、Webインタフェースの開発も進めている。(2020/1/6)

Innovative Tech:
超音波で多様な触覚を生成 東大が開発した「ReFriction」
発泡スチロールに超音波を当てることで、触覚インタフェースにすることが可能に。(2019/12/29)

Innovative Tech:
「腕があと2本あったら」を実現するロボットアーム フランスと東大の研究チーム、「Co-Limbs」開発
4本腕のメリットがいろいろあることが分かる、新しい直感的ユーザーインタフェース。(2019/12/25)

モビリティサービス:
MaaS時代のクルマは視線もインタフェースに、音声と視線認識技術を握るCerence
自動運転やMaaSの社会実装が進む中、クルマが提供する体験価値も変革が求められている。音声認識に強みを持つ車載ソフトウェアベンダーのCerenceもクルマの新たな価値を提案する企業の1社だ。同社は視線検知と音声認識を組み合わせ、乗員とクルマの双方向コミュニケーションを実現するインタフェースを開発している。(2019/12/13)

SilverStone、M.2 SSDをPCIeスロットに装着できる変換カードを発売
ディラックは、台湾SilverStone Technology製のPCI Express x4接続対応インタフェースカード「ECM26」の取り扱いを開始する。(2019/12/11)

Happy Hacking Keyboardがラインアップを刷新 Type-C接続対応などインタフェースを進化
PFUは、同社製キーボード「Happy Hacking Keyboard」シリーズのラインアップ一新を発表、計3タイプの販売を開始する。(2019/12/10)

iPhone版「CLIP STUDIO PAINT」登場 月額100円から
イラスト・漫画制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」のiPhone版がリリース。ユーザーインタフェースをスマートフォン向けに最適化した。(2019/12/5)

ハイレゾ対応のオーディオエンジン搭載:
超低消費電力SoCで音声ユーザーインタフェース
ON Semiconductor(オン・セミコンダクター)は、「ET&IoT Technology 2019」(2019年11月20〜22日、パシフィコ横浜)で、192kHz/32ビットハイレゾ音源に対応した低消費電力のオーディオSoC(System on Chip)「LC823450/82345x」による音声ユーザーインタフェースなどを紹介した。(2019/11/28)

NXP LPC552x、LPC55S2x:
Cortex-M33ベースのMCU、40nm NVMプロセスで性能を向上
NXPセミコンダクターズは、高い性能効率を誇るマイクロコントローラー「LPC552x」「LPC55S2x」ファミリーを発表した。ピンや周辺機器と互換性があり、開発期間の短縮に貢献する。また、複数の高速インタフェース、先進セキュリティ機能を備える。(2019/11/22)

切った紙をインタフェース部品にできる「Tailored Controls」 ETH Zurichなど開発
紙を切り抜き、それにコンピュータ操作の機能をアサインすることで、インタフェース部品を構築できる。そんな技術が開発された。(2019/11/22)

今できること、すべきこと
脳とコンピュータのインタフェースがもたらす可能性
脳とコンピュータをつなぐブレインマシンインタフェースが成果を上げ始め、夢の技術ではなくなりつつある。今何ができるようになったのか。そして今、何をなさねばならないのか。(2019/11/15)

いまさら聞けないumati入門(2):
EMO2019に見る「umati」最前線、工作機械110台がつながった「umati@EMO2019」企画
工作機械の共通インタフェースとして注目を集める「umati」。「umati」とはどういう規格なのか、どう活用すべきかなどについて紹介する本連載だが、第2回はドイツの金属加工展「EMO2019」で紹介された特別企画「umati@EMO2019」について紹介する。(2019/11/8)

TDK HAL3900:
外乱磁界補正とSPI搭載の3Dポジションセンサー
TDKミクロナスは、外乱磁界補正を備えた3Dホールポジションセンサー「HAL 39xy」ファミリーに、SPIインタフェースをサポートする「HAL3900」を追加した。1つのデバイスで、3D磁界計測や直線位置検出など4種類の計測ができる。(2019/11/6)

テレダイン DHシリーズ:
13G〜25GHzに対応する広帯域差動プローブ
テレダイン・ジャパンは、13G〜25GHzの広帯域差動プローブ「DH」シリーズを発表した。複数のプローブリードを用意し、高速シリアルインタフェースやDDRメモリなどの用途に対応する。(2019/10/29)

開発者向けの新しいビューなどを追加:
Red Hat、Kubernetesコンテナプラットフォーム「Red Hat OpenShift 4.2」を発表
Red Hatは、Kubernetesコンテナプラットフォームの最新版「Red Hat OpenShift 4.2」を発表した。開発者向けの新しいビューやコマンドラインインタフェース、CI/CDやサーバレス用プラグインなどの新機能が追加されている。(2019/10/21)

ルネサス RAA278842、RAA278843:
MIPI-CSI2出力搭載ビデオコントローラー
ルネサス エレクトロニクスは、MIPI-CSI2インタフェースを搭載した、車載用フルHD対応LCDビデオコントローラー「RAA278842」を発表した。リアビューカメラの映像を即座に表示するなど、車載ディスプレイ用途に適している。(2019/10/16)

Facebook、非侵襲的神経インタフェースのCTRL-labsを買収 VR/AR部門強化
Facebookが、リストバンド型の無線操作端末を開発するCTRL-labsを買収した。このリストバンドは、脊髄から手に送られる操作指示の電気信号をデコードし、PCなどが理解できる信号に変換して無線でPCなどを操作するというものだ。(2019/9/24)

いまさら聞けないumati入門(1):
工作機械の共通インタフェース「umati」とは何か?
工作機械のスマート化に向けて注目されている通信規格が「umati」である。本連載では「umati」とはどういう規格なのか、技術的にはどういう背景があるのか、どのような活用シーンがあるのかについて、紹介する。第1回となる今回は「umati」とは何かをテーマに概要を取り上げる。(2019/9/13)

FAニュース:
LANインタフェースカードにModbus仕様を追加、生産設備の安定稼働に貢献
山洋電気は、無停電電源装置のオプション「LANインタフェースカード」にModbus仕様を追加した。Modbusスレーブおよびマスター通信機能により、生産設備と無停電電源装置をシームレスに接続し、機器の安定稼働に貢献する。(2019/9/4)

ザインエレ THCV241A、THCV242:
映像データの長距離伝送が可能なチップセット
ザインエレクトロニクスは、MIPI CSI-2インタフェースに直結できる、V-by-One HSチップセット「THCV241A」「THCV242」の量産出荷を開始した。映像信号の長距離伝送に対応する。(2019/8/22)

CAEニュース:
マルチフィジックス解析ソフトとのインタフェースプロダクトを発売
プロメテック・ソフトウェアは、粒子法理論に基づく流体解析ソフトウェア「Particleworks」とマルチフィジックス解析ツール「ANSYS」とのインタフェースプロダクト「Particleworks for ANSYS」を発売した。(2019/8/22)

CXL対CCIXという競争の構図も:
PCIeの進化が支える次世代インターコネクト技術
高速バスインタフェース「PCI Express 4.0(PCIe Gen4)」がまさに今、プロセッサ市場に登場しようとしている。しかし、多くの企業は既に、「PCIe 5.0(PCIe Gen5)」が数年以内に登場すると見込んでいるようだ。さらに、「PCIe Gen6」の開発も同時に進められているという。(2019/7/25)

インフィニオン KP276:
精度誤差0.77%のTurbo MAPセンサー
インフィニオン テクノロジーズは、精度誤差0.77%のXENSIV絶対圧センサーシリーズ「KP276」を発表した。センサーに外付けNTC温度センサー1つ分の信号処理回路が組み込まれ、圧力と温度、両方の信号を1つのインタフェースで出力できる。(2019/7/23)

イーロン・マスクが立ち上げたNeuralink、脳マシンインタフェースを披露
米NeuralinkがBMI(Brain Machine Interface:脳マシンインタフェース)デバイスを披露。2020年に人を対象とした臨床試験を行う方針を示した。(2019/7/18)

イーロン・マスクの「ニューラリンク」、脳埋め込みインタフェースを2020年にも臨床試験 iPhoneアプリで管理
脳をBluetoothで無線接続。(2019/7/17)

USBやHDMIなどの端子がLINE絵文字に 「家族への説明に便利」と好評
さまざまなインターフェースや映像入力端子を網羅。(2019/7/16)

“最悪のUI”を体験できるWebサイトをデザイン会社が制作 あまりの使いづらさにストレスがマッハ
真のインタフェースレジェンドへの道は険しい。(2019/7/13)

高速シリアル伝送技術講座(12):
デジタル方式のイコライザー「FFE」「DFE」の概要
民生機器の高速インタフェース(I/F)としても使われ始めたデジタル方式の信号補償技術であるFFE(Feed forward Equalizer)とDFE(Decision feedback Equalizer)について説明します。FFE/DFEの概要や動作の仕組みを紹介します。(2019/7/9)

日本TI TCAN4550-Q1:
CAN FD制御回路とトランシーバー内蔵の車載向けSBC
日本テキサス・インスツルメンツは、CAN FD用コントローラーとトランシーバーを内蔵した、車載向けシステムベーシスチップ「TCAN4550-Q1」を発表した。SPIを使用し、CAN FDインタフェースの実装やCAN FDバスポート数を増設できる。(2019/7/4)

AWS、言語やプロトコルに依存しないインタフェース定義言語(IDL)「Smithy」をオープンソースで公開
AWSが、言語やプロトコルに依存しないインタフェース定義言語(IDL)「Smithy」をオープンソースで公開。Smithyを用いてAPIを定義すると、さまざまなプログラミング言語に対応したAPIのソースコードとドキュメントが生成される仕組み。正確で確実に相互連携を可能にするソフトウェアの開発が容易になると期待される。(2019/6/28)

8K時代のDisplayPort 2.0、仕様公開
米VESAは、8K解像度を見据えた映像出力インタフェース規格「DisplayPort 2.0」を発表した。_(2019/6/27)

PCI-SIGが発表:
「PCIe 6.0」、最大データ伝送速度は64GT/秒
PCI技術の標準化団体であるPCI-SIG(PCI Special Interest Group)が、次世代バスインタフェース「PCI Express 6.0(PCIe 6.0)」を発表した。2021年に策定する予定だという。最大64GT/sの転送速度を実現する他、変調方式はPAM-4(4値パルス振幅変調)を採用する。既に使われている56G PAM-4が用いられている。(2019/6/25)

FAニュース:
SEMI規格対応のSMT向けM2Mコントローラー用通信インタフェース
シーメンスは、新たなSEMI規格に対応したSMT向けM2Mコントローラー用通信インタフェースをパッケージとして発売した。SMTラインの見える化、効率化、品質向上に貢献する。(2019/6/20)

ウェアラブルニュース:
聴覚障害者に音を光と振動で届けるウェアラブル、富士通が提供開始
富士通は2019年6月11日、音を光と振動で感じるユーザーインタフェース「Ontenna(オンテナ)」の販売および同デバイスを活用したイベント支援サービスの提供を同年7月から開始すると発表した。また、同日から一部のろう学校で先行して同デバイスの体験版を無償提供している。(2019/6/12)

テクトロ、新製品2シリーズを発表:
大型タッチスクリーン搭載のミドルレンジオシロ
Tektronixの日本法人、テクトロニクスは2019年6月4日、同社のオシロスコープの製品ラインアップに、新製品の「3シリーズMDO」と「4シリーズMSO」を追加することを発表した。いずれも直感的なタッチ操作が可能なユーザーインタフェースで、それぞれ11.6型、13.3型と、大型フルHDディスプレイを搭載している。テクトロニクスは上位機種の「5シリーズMSO」「6シリーズMSO」を既に販売しているが、今回の新製品には、この5、6シリーズと同様のユーザーインタフェースを適応したという。(2019/6/6)

FAニュース:
ファナックがCNCのデザインを一新、独自の制御技術やカスタマイズ機能も搭載
ファナックは、CNC「0i」シリーズの最新モデル「Series 0i-MODEL F Plus」を発表した。デザインを一新するとともに、新たなユーザーインタフェースや独自の制御技術を搭載した。(2019/5/30)

KubeCon+CloudNativeCon Europe 2019:
MicrosoftがHashiCorp、Buoyantなどと、複数サービスメッシュ間の共通API、「Service Mesh Interface」策定プロジェクトを発表
Microsoftは2019年5月21日(欧州時間)、スペイン・バルセロナで開催中の「KubeCon+CloudNativeCon Europe 2019」で、サービスメッシュ技術間の相互運用性を向上する共通インターフェース、「Service Mesh Interface(SMI)」を開発していることを明らかにした。(2019/5/22)

LINEのUI変更でレビュー大荒れ 機能多すぎ? 「元に戻して」の声も
「LINEのUIがまた変わった」「使いづらい、元に戻してほしい」――LINEのユーザーインタフェースが7日に変更され、一部の機能が移動したり、操作法が変わったことが、波紋を広げている。機能の詰め込みと利便性を両立させることはできるだろうか。(2019/5/10)

用途によってはPLCの代替にも:
プロセッサ搭載のプログラマブル電源、コーセルが展示
 コーセルは、「TECHNO-FRONTIER 2019(テクノフロンティア)」(2019年4月17〜19日、千葉・幕張メッセ)で、標準電源の出力電圧や電流、入出力インタフェースをコントロールできる、次世代プログラマブル電源「PCA600-XPFP」を提案した。(2019/5/10)

沖電線 HSDSケーブルシリーズ:
最大5Gビット/秒対応の送差動伝送標準ケーブル
沖電線は、デジタルインタフェースケーブルとして、さまざまな用途に使用できる差動伝送標準ケーブル「HSDSケーブル」シリーズを発表した。最大5Gビット/秒までの高速伝送に対応し、汎用性を高めた。(2019/5/7)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Sets」騒動に見るWindowsのユーザーインタフェースあれこれ
MicrosoftがWindows 10への導入を考えていた「Sets」。紆余(うよ)曲折を経て、組み込みが断念されたようだ。その経過をたどり、そこから浮かび上がってきたことをまとめた。(2019/4/26)

TwitterのWeb版、デザイン刷新 気に入らなければ「従来版に切り替え」も
「TwitterのWeb版のユーザーインタフェース(UI)が変わった」とのツイートが4月24日朝に相次ぎ、「TwitterのUI」がトレンドに入っている。Twitterは1月から新デザインの適用をスタートしており、4月24日に適用範囲が急拡大したようだ。(2019/4/24)

iOS版「Yahoo!カーナビ」が「CarPlay」に対応 最適化されたUIで利用可能に
iOS版の「Yahoo!カーナビ」アプリが「Apple CarPlay」に対応。同規格に準拠した車載機器に、最適化されたユーザーインタフェースでナビ映像を投影できるようになる。(2019/4/15)

静電容量タッチキーマイコン利用:
ルネサス、非接触UIソリューションの供給を開始
ルネサス エレクトロニクスは、静電容量タッチキーマイコンを用いた「非接触ユーザーインタフェース(UI)ソリューション」の提供を始めた。(2019/4/8)

CADニュース:
シーメンスPLM、3D CAD「NX」最新版でAIによるUIパーソナライズを実現
シーメンスPLMソフトウェアは、機械学習とAIの技術を組み込んで機能を強化した「NX」の最新バージョンを発表した。機械学習とAIがユーザーの操作を学習し、ユーザーに合わせてインタフェースを変更するため、操作性や使用効率が向上する。(2019/3/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。