ニュース
» 2013年07月01日 13時31分 UPDATE

ガンダムの大理石像、まもなく公開

「東京ガンダムプロジェクト2013 夏フェスタ」で全高約1.5メートルのガンダム大理石像が公開される。

[ITmedia]

 TOKYOガンダムプロジェクト2013実行委員会は、7月30日から開催する「東京ガンダムプロジェクト2013 夏フェスタ」会場で、史上初となるガンダムの大理石像を公開する。

ts_gundamu03.jpgts_gundamu01.jpgts_gundamu02.jpg 制作風景。イタリア産の大理石を使用している(c)創通・サンライズ

ts_gundamu04.jpg 大理石像デッサン

 東京藝術大学の美術学部彫刻科が半年をかけて作製した12分の1スケール、全高約1.5メートルのガンダム像(台座を含め約2.7メートル)。2020年のオリンピック/パラリンピック招致の機運を高めるため、オリンピック発祥の地であるオリンポスの戦士をイメージ、走り出そうとする躍動的なポーズになった。新しいことが始まろうとすること、夜明けの意味を持つ「黎明(れいめい)」と世界中の人々から親しまれるようにとの思いを込め、「REIMEI white dawn」と命名されている。

 「東京ガンダムプロジェクト2013 夏フェスタ」は、東京のスポーツ振興を目的にしたイベント。東京都・江東区青海のシンボルプロムナード公園(実物大ガンダム立像横)で7月30日から8月22日まで開催される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.