ニュース
» 2013年09月30日 13時01分 UPDATE

ヤマハ、ハイレゾ対応ネットワークレシーバーの新製品「CRX-N560」

ヤマハは、ネットワーク対応のCDレシーバー新製品「CRX-N560」およびCRX-N560との組み合わせを想定したスピーカーパッケージ「NS-BP182」を11月上旬に発売する。

[ITmedia]

 ヤマハは9月30日、ネットワーク対応のCDレシーバー新製品「CRX-N560」およびCRX-N560との組み合わせを想定したスピーカーパッケージ「NS-BP182」を発表した。いずれも11月上旬に発売する。価格はCRX-N560が6万3000円、NS-BP-182は1万8900円。

ts_yamahanet01.jpgts_yamahanet02.jpg 「CRX-N560」はブラックとゴールドの2色

 CRX-N560は、CD/FMチューナー/ステレオアンプ一体型のデスクトップオーディオだ。DLNA1.5準拠のネットワークオーディオ機能を備え、WAV/FLACは192kHz/24bit再生に対応する。またアップルのAirPlayやインターネットラジオもサポート。同社製アプリ「NETWORK PLAYER CONTROLLER」(iOS/Android)を使えば、スマートフォンやタブレットから同一ネットワーク内にある同機を操作できる。

ts_yamahanet03.jpgts_yamahanet04.jpg 前面USB端子はiPhoneなどのデジタル接続をサポート

 フロントUSB端子では、iPodやiPhoneのデジタル接続が可能。対応モデルは、iPod touch(第1〜第5世代)、iPod nano(第2〜第7世代)、iPhone 5、iPhone 4S、iPhone 4、iPhone 3GS、iPhone 3G、iPhone、iPad(第1〜第4世代)、iPad mini。

 内蔵アンプの最大出力は32ワット+32ワット。入力端子として光/同軸デジタルを各1とアナログRCA、ステレオミニを備えた。本体サイズは215(幅)×110(高さ)×288(奥行き)ミリ。重量は2.7キログラム。リモコンとFMアンテナなどが付属する。

 一方の「NS-BP182」は、2Wayバスレフ型のブックシェルフスピーカー。ツィーターは30ミリソフトドーム型、ウーファーには10ミリコーン型を採用している。インピーダンスは6オーム。1本あたりのサイズは、154(幅)×273(高さ)×230(奥行き)ミリ、重量は3.3キログラム。2メートルのスピーカーケーブル2本とサランネットが付属する。

関連キーワード

ヤマハ | iPhone | ネットワーク | AVコンポ | Hi-Fi | AirPlay | DLNA | iPad mini


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう