ニュース
» 2013年10月10日 18時11分 UPDATE

JVCケンウッドが新「Kシリーズ」を発表、ハイレゾ対応のネットワークアンプ「A-K905NT」など4製品

ケンウッドから新世代の「Kシリーズ」が登場。ハイレゾ音源再生に対応したネットワークアンプ「A-K905NT」を含む4製品だ。

[ITmedia]

 JVCケンウッドは10月10日、ケンウッドブランドのコンパクトオーディオシステム「Kシリーズ」を一新すると発表した。ハイレゾ音源再生に対応したネットワークアンプ「A-K905NT」を含む4製品をラインアップ。同社オーディオ事業部長の宮本昌俊氏は、「団塊世代や団塊ジュニアが音楽やオーディオに回帰している。今の時代に求められる新しいオーディオを提供する」として新Kシリーズを紹介した。

ts_kseries01.jpgts_kseries02.jpg JVCケンウッドの宮本昌俊オーディオ事業部長と新Kシリーズ。ロゴも新しくなった

型番 A-K905NT A-K805 LS-K901-M K-735
概要 ネットワークアンプ CDチューナーアンプ スピーカーシステム コンパクトHi-Fiシステム(スピーカー付属)
価格 9万4500円 7万8750円 3万6750円 オープン(7万5000円前後)
発売時期 11月上旬 10月中旬

ハイレゾ対応のネットワークプレーヤーに新開発アンプ

 「A-K905NT」は、DLNA 1.5対応のネットワークプレーヤーとアンプを一体化したシステムだ。192kHz/24bitまでのWAV/FLACに加え、DSD、Apple Losslessなどの再生が可能だ。また、フロントとリアにUSB端子を搭載し、ハイレゾ音源再生やiPod/iPhoneの接続(前面のみ)をサポート。IPサイマル放送サービスの「radiko.jp」、スマートフォン用のリモコンアプリ「KENWOOD Audio Control WR2」(iOS/Android)にも対応する。

ts_kseries04.jpgts_kseries05.jpg フロントパネルは厚さ5ミリのアルミ製

 新開発のデジタルアンプはPWM(パルス幅変調)方式を採用し、ローパスフィルター通過前のデジタル信号と通過後のアナログ信号をそれぞれフィードバックする「バランスド・デジタル・フィードバック」方式を採用。電源の変動などで生じる音質への影響を抑制し、100kHzの広帯域再生と低ひずみを実現したという。「信号から徹底的に“ゴミ”を取り除き、ハイレゾ音源を忠実に増幅する」(同社)。出力は各チャンネル50ワット。

ts_kseries06.jpgts_kseries09.jpg 新開発デジタルアンプの概要と実際の基板

 さらにビクター・スタジオのハイレゾ音源配信などでも使われる「K2テクノロジー」を新搭載。44.1kHz/16bitのCD音源でも最大96kHz/24bitにビット拡張&アップサンプリングを行い、失われた高周波を補完する。「K2テクノロジーは、波形の変化を時間軸で監視し、“アナログ時の波形はどうだったのか”を予測・復元しようとする技術。その過程で20KHz以上の高周波成分も得られるため、それを生かす」。リモコンには「K2」ボタンを備え、ユーザーが任意にオン/オフできるようにした。

ts_kseries07.jpgts_kseries08.jpg K2テクノロジーの概要

ts_kseries10.jpgts_kseries11.jpg K2テクノロジー専用IC。基本的には業務用に使われるものと同じだという。リモコンには「K2」ボタンを備え、オン/オフできるようにした

点音源を目指したスピーカーも登場

 一方の「A-K805」は、CDプレーヤーとアンプを一体化したシステムだ。ハイレゾ音源ファイルの再生には対応していないが、内蔵アンプはA-K905NTと同じ広帯域デジタルアンプで、「K2テクノロジー」も搭載。手持ちのCDをビット拡張&アップサンプリングで楽しめるという。また、本体前面のUSB端子でiPod/iPhoneのデジタル接続が可能。USBストレージの楽曲再生(MP3、WMA、AAC)も可能だ。

ts_kseries12.jpgts_kseries13.jpg 「A-K805」と「LS-K901-M」の組み合わせ例(左)。「K-735」は2Wayスピーカーとのセットモデルだ(右)

 セパレート型の2機種と組み合わせることを想定したスピーカーシステム「LS-K901-M」は、アルミニウム振動版のツィーターとグラスファイバーコーンのウーファーを組み合わせた2Wayブックシェルフ型。ツィーターとウーファーを近接配置して取り付け時の奥行きを統一するUD(Uniform Delay)レイアウトを採用。「リスナーの耳に音が到達する時間を合わせ、点音源のようなフォーカス感にすぐれた音場を形成する」(同社)という。またユニットを支えるフレームに穴を開け、背圧を逃がす「エアーコントロールホール採用フレーム」も特長だ。

 「K-735」は、CDプレーヤーとフルデジタルアンプを一体化したメインユニットとUDレイアウト採用の2Wayスピーカーを組み合わせたシステム。ハイレゾ再生には対応していないが、USBの「PC IN端子」を備え、音楽ファイルやインターネットラジオをデジタル伝送で楽しめる。またiPod/iPhoneのデジタル接続やUSBマスストレージクラス対応のUSB端子も備えている。

ts_kseries14.jpgts_kseries15.jpg ハイレゾ音源対応のポータブルヘッドフォンアンプ(参考展示)

 また今後の製品展開として、ハイレゾ音源対応のポータブルヘッドフォンアンプを参考展示。仕様は未定で展示機もモックアップだったが、JVCブランドのヘッドフォンと合わせて「アウトドアでの提案も強化する」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.