ニュース
» 2014年02月18日 23時30分 UPDATE

GfK Japan、2013年のセル映像ソフト販売動向を発表――数量・金額共に前年比減

ジーエフケーマーケティングサービス ジャパン(GfK Japan)は、2013年におけるセル映像ソフトの販売動向を発表。数量や金額は前年比減する一方、Eコマースでの販売は前年より拡大している。

[ITmedia]

 ジーエフケーマーケティングサービス ジャパン(GfK Japan)は2月18日、2013年におけるセル映像ソフトの販売動向を発表した。

Photo 「映像ソフトジャンル別金額構成比」

 これによると、DVD/Blu-rayなどをすべて含めたセル映像ソフトの市場は5018万枚、2177億円。数量は前年比3%減、金額は前年比1%減となっており、実売平均価格は前年から2%上昇の4300円となった。

 一方、販売チャネル別の金額構成比では、Eコマースが54%、メディアストアが27%、家電量販店が9%。ジャンル別の金額構成比は、邦アニメが前年から5%ポイント増の29%、音楽は前年から3%ポイント減の30%となっている。

 またBlu-rayソフト市場は1573万枚、882億円と数量は前年比23%増、金額は前年比29%増。セル映像ソフト全体に占めるBlu-rayソフトの割合は数量ベースで31%、金額ベースで41%という成長をみせている。販売チャネル別の金額構成比はEコマースの67%が最も多く、構成比も金額ベースで50%とDVDに拮抗。最大ジャンルは邦アニメで、音楽は20%。

 2014年の映像ソフト市場はこれまで同様に前年から微減と見込まれているが、Blu-rayソフトの平均価格上昇、通常DVDからBlu-rayへのシフトなどから金額市場規模は2013年とほぼ横ばいの水準が期待できるという。またBlu-rayソフト市場もプラス成長を維持するという予測だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.