ニュース
» 2014年02月19日 19時04分 UPDATE

ハイレゾ対応の小型コンポ「SW Desktop-Audio」、2月下旬に発売

城下工業は“Sound Warrior”の新製品として、DSDを含むハイレゾ音源再生に対応したコンパクトオーディオシステム「SW Desktop-Audioシリーズ」を発売する。

[ITmedia]

 城下工業は2月19日、オーディオブランド“Sound Warrior”(サウンド・ウォーリア)の新製品として、DSDを含むハイレゾ音源再生に対応したコンパクトオーディオシステム「SW Desktop-Audioシリーズ」を発表した。昨年末の「ポタフェス」で参考展示したもので、ほぼそのままの形で製品化された。2月下旬から順次発売する予定だ。

ts_swcompo03.jpg 「SW Desktop-Audioシリーズ」

 いずれも146(幅)×165(奥行き)×40(高さ)ミリの小型アルミボディーを採用しており、机の上や本棚にも無理なく設置できるという。縦置き/横置きの両対応に加え、フロントパネルは“着せ替え”が可能。クリアパネルと本体の間に雑誌の切り抜きや自作デザインをプリントした紙などを挟んで楽しめるなど、遊び心のある製品に仕上げた。

ts_swcompo01.jpgts_swcompo02.jpg 縦置き/横置き両対応。横置き用のパネルシートも標準で付属する

 ラインアップは、最大192kHz/32bitのPCM音源およびDSD 5.6MHzまで再生可能なUSB-DAC「SWD-DA10」、真空管バッファー(12AU7)によるプリ段とクラスDアンプのパワー段を持つハイブリッドアンプ「SWD-TA-10」、最大192kHzのアップサンプリング機能や外部クロック同期機能を備えたCDトランスポート「SWD-CT10」の3製品。SWD-CT10は外部クロック同期用の75オームBNCジャックを備えている。

ts_swcompo04.jpgts_swcompo05.jpgts_swcompo06.jpg 左からUSB-DAC「SWD-DA10」、ハイブリッド型アンプ「SWD-TA-10」、CDトランスポート「SWD-CT10」のフロント/リアパネル。アンプは前面に真空管の明かりが見える

 価格は、CDトランスポート「SWD-CT10」が4万9000円(税抜き)、USB-DAC「SWD-DA10」は6万7000円、真空管バッファー付きアンプ「SWD-TA10」は5万5000円。全製品にゴム足や縦置き用のパネルシート、そしてフロントパネルを外すための六角レンチが同梱(どうこん)される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.